「天荒」は凶作などで、雑草などが生い茂った荒れ果てた土地。または、未開の土地のこと。 」, ・・・夕もよ、空腹を抱えて対岸のアレシキに行って見るとダビドカの野郎に・・・ 有島武郎「かんかん虫 春の暖かい風で雪が解けるという意味から、春の訪れをいう言葉。 氷が解けて消えるように、屋根の瓦の一部分の崩壊から全体が次々と崩れるように、ばらばらになるという意味から。 「妄談」は根拠のない適当な主張、「臆解」は本人だけの勝手な解釈のこと。 凍解氷釈【とうかいひょうしゃく】の意味と使い方の例文(語源由来) 「こ」で始まる四字熟語 2017.9.17 紅毛碧眼【こうもうへきがん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳) 「せ」で始まる四字熟語 2019.2.6

「不解」は服を脱がないこと。 「土崩」は盛っていた土の山が崩れること。 (10/17更新).

「瓦解」は落ちてきた瓦が砕けてばらばらになること。, 「杯酒」は杯に注いだ酒。またはそれを飲むこと。 「庖」は仕事として料理をする人。 酒の酔いを酒の酔いで解くという意味から。, 恩を受けた人が、恩人の危機に助けに行くこと。 「解弛」は怠ること。 「解牛」は牛を骨と肉に解体すること。

厳島神社に行ってきました。 10年ほど前にも行ったのですが、そのときはなかったと思います。 鳥居から対岸を望んで写真を撮ろうとすると、ちょうど鳥居の中に何やら白い建物が目に... gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 芥川竜之介「日光小品 中国で季節を表す七十二侯の一番初めの期間をいう。 「幢相」は寺の庭に立て、小さな旗のついた幢に袈裟の形が似ているということから。 「氷と消え瓦と解く」とも読む。 《向こう岸の火事は、自分に災いをもたらす心配のない意から》自分には関係がなく、なんの苦痛もないこと。対岸の火災。, ・・・対岸の山は半ばは同じ紅葉につつまれて、その上はさすがに冬枯れた草・・・ 芥川竜之介「日光小品 「東風氷を解く」とも読む。, 物事が根元から崩壊して、手の施しようが無いこと。 または、常識では考えられないやり方をすること。 「解」は解送者のことで、中国の科挙の本試験を受けるための地方試験に合格した人のこと。 「衣帯」は着物と帯のこと。 「瓦解」は落ちてきた瓦が砕けてばらばらになること。 」, ・・・川の流れをへだてて、対岸のともしびが黄いろく点々と数えられる。川・・・ 芥川竜之介「老年 「開悟」は悟りを開くこと。 「解脱同相」とも書く。, 二日酔いの気持ち悪さをごまかすために、酒を飲むこと。 「推食」は自分の食べ物を推して食べさせること。 「解」を含む四字熟語の一覧です。衣帯不解・一知半解・解衣推食・解甲帰田・解語之花・瓦解土崩・瓦解氷消・瓦解冰消・瓦解氷銷・瓦解冰銷・空中分解・傾揺解弛・解脱幢相・解脱同相・酒酔酒解・食馬解囲・大惑不解・転迷解悟・凍解氷釈・東風解凍、などがあります。 または、完全に無くなること。 または、計画や組織などが、途中でつぶれたり、くずれたりしてだめになることのたとえ。, 気持ちが落ち着かず不安で、やるべきことがいい加減になること。 氷が解けて消えるように、屋根の瓦の一部分の崩壊から全体が次々と崩れるように、ばらばらになるという意味から。 「大惑解けず」または、「大惑は解らず」とも読む。, 煩悩による迷いを捨てて、悟りの境地へ至ること。 「半知」は全体の半分だけ知っていること。 料理の達人とされる丁は、牛を解体する技術がすぐれていたということから。 」, 検索ランキング 「衣帯を解かず」と読む。, 非常にすぐれた技術のたとえ。 「半解」は半分だけ理解していること。, 人に恩を施すことや人を重用すること。

他のことを忘れるほど、あることに集中すること。

「馬を食らいて囲みを解く」とも読む。, 自分の心にある迷いを理解できない人は、いつまでも心理を悟ることができないということ。 衣服も着替えず、不眠不休で仕事に取り組むということから。 「傾揺懈弛」とも書く。, 僧侶が着る服装、袈裟のこと。 「傾揺」は不安で落ち着きがないこと。 」. 「半知」は全体の半分だけ知っていること。, 知っているだけでほとんど理解していないこと。 」, 芥川竜之介「老年 仏教で修行していない人の仏道の間違った解釈のことをいう仏教語。. 「解」と「釈」はどちらも氷が解けるという意味。, 冬から春に変わる季節の変わり目のこと。 「土崩」は盛っていた土の山が崩れること。, 物事が崩れてばらばらになること。 一つのことの半分しか理解していないという意味から。, 物事が崩れてばらばらになること。 ・類語/同義語 ・意味/定義: 解氷の類語と意味: 文中検索(小説・作品) 解氷を含む文書:小説等から検索: ニュース記事: 解氷 » ニュース記事データ無し: 連想語/共起語句: 解氷 » 連想語データ無し 「解脱」は煩悩の迷いから開放されて悟りの境地に達すること。 「衣帯を解かず」と読む。, 知ってはいるが、完璧には理解していないこと。 「解脱幢相衣」を略した言葉。 その後、穆公が戦争で危機に陥ると、駆けつけた野人のおかげで穆公は戦争に勝利したという故事から。 「丁」は人の名前。

中国の秦の穆公は、逃げた愛馬を探していると、野人が馬を捕らえ食べようとしていたが、穆公は野人の気持ちを察して馬だけでなく酒も出してやった。 対岸(たいがん)とは。意味や解説、類語。向こう側の岸。向こう岸。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 中国の荊州では、長い間地方試験に合格する人がいなかったために「天荒解」と呼ばれ、劉蛻が始めて合格したときに、天荒を破ったと人々に言われたという故事から。, ほとんど理解していないこと。 「解語」は言葉を理解するという意味で、唐の玄宗が「蓮の花の美しさも、言葉を理解する花には及ばない」と楊貴妃をさして言った故事から。, 物事が根元から崩壊して、手の施しようが無いこと。 「庖丁牛を解く」とも読む。, 本人だけの勝手ででたらめな解釈や考え方のこと。 「半解」は全体の半分だけ理解していること。 「半解」は全体の半分だけ理解していること。 」, 有島武郎「かんかん虫 「衣帯」は着物と帯のこと。 「転迷解悟」とも書く。, 氷が解けるように疑問や問題などが解決すること。 「大惑」は酷く迷うということで、自分の心にある迷いを理解できない人をいう。 または、完全に無くなること。

杯を酌み交わして、怨みを忘れるという意味。, 今まで誰もできなかったことを成し遂げること。 料理で使う道具の「包丁」の語源とされている。 または、様々なことを疑い迷って、疑問を解くことができないこと。 「解衣」は着ている衣を解き与えること。 「氷」は「冰」とも、「消」は「銷」とも書く。, 航空機が飛んでいる途中に、空中でばらばらに壊れること。

「一知」は一つのことを知っていること。 衣服も着替えず、不眠不休で仕事に取り組むということから。 「衣を解き、食を推す」とも読む。, 美人のたとえ。 「氷」は「冰」とも、「消」は「銷」とも書く。, あることに非常に専念すること。 「転迷」は煩悩による迷いを捨てること。