日本でのパンデミック(h1n1)2009の発生と流行 わが国では、2009(平成21)年5月9日に成田空港検疫で新型インフルエンザの患者が検知され、その後5月16日神戸市、ついで5月17日大阪府内で確定例の確認があり、兵庫県内、大阪府内の高校を中心にした集団感染が明らかとなった。 2009年新型インフルエンザの世界的流行(2009ねんしんがたインフルエンザのせかいてきりゅうこう、Pandemic 2009H1N1)は、2009年春頃から2010年3月頃にかけ、豚由来インフルエンザである A(H1N1)pdm09型インフルエンザウイルス の人への感染が世界的に流行した事象である 。CDCによるインフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては、カテゴリー1に分類されるパンデミックである 。 「新型」発生をめぐる報道 ~「海外で57人死亡」の衝撃 「メキシコ市周辺で57人が死亡した疑いがある」。

経緯パンデミックインフルエンザ(H1N1)2009年 4月12日: メキシコ・ベラクルスの町で発生した原因不明の呼吸器感染症集団発生が whoに報告。 4月15・17日: アメリカ・カリフォルニア州南部の子ども二人から新型インフルエンザウイ ルスが分離。

新型インフルエンザの死亡率の各国比較 ... (2008-2009年) 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 39 41 43 45 47 49 51 1 3 5 7 9 11 13 15 17 週数 (2008-2009年) ... 致死率・妊婦重症化率は、世界最低・・・・ (ウイルスは同一) •空港などでの検疫強化? 2009年新型インフルエンザ ―「未知の感染症」をどのように報じたのか?― 日本経済新聞社 編集局社会部次長 前村 聡 Ⅰ. 新型インフルエンザの死亡率の各国比較 ... – 2009年:第48週- 8465件 • 2009-2010年シーズンに重症と報告さ ... 致死率・妊婦重症化率は、世界最低・・・・ (ウイルスは同一) • 空港などでの検疫強化? • 大規模な学校閉鎖?