その32#四海樓#四海楼#ちゃんぽん#2杯目#長崎#大浦天主堂 近く#2015年#ライジングフェス#フェアリーズ pic.twitter.com/0qpOoY9Ho4, ※情報は記事作成時のものです。内容は予告なく変更・削除する場合もございますのでご了承ください。おでかけの際は公式サイト等で最新情報をご確認くださいませ。 渕脇直樹(2014年9月20日). B級グルメ 第16回 鳥取県実食編 スタートは山陰チャンポン, 명사 70인과의 동행 (38) “중국 초마면 본 일본인이 짬뽕이라 불러”…한국 근대를 맛보다, http://www.wel-shikoku.gr.jp/welcome/shikoku/eat/chanpon/main.htm, http://www.hondo-cci.or.jp/kanko/event/cyanpon/tanken.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ちゃんぽん&oldid=79508709. ゴロゴロとした大きめに切られた野菜と、野菜と同様に大きな豚肉は驚くほどボリューミーです。風味豊かなので、お酢が苦手な方でもパクパクと食べられます。なお酢豚(スーパイコ)の値段は、1,540円です。, 四海楼のエビチリ(*´▽`*) pic.twitter.com/binWbROemg, 4つ目は、エビチリです。エビチリも酢豚同様に、老若男女問わず人気が高いメニューの1つです。四海楼のエビチリは、肉厚なエビにネギや玉ねぎなどを一緒に調理しています。 ちゃんぽんは、クリーム色のスープとモチモチした麺が絡み合い得も言われぬ美味しさだと評判です。またちゃんぽんは野菜がたっぷりと入っているので、食べ応えも抜群。そしてクリーム色のスープはコッテリとしていないので、あっという間に飲み干せられます。なお、ちゃんぽんの値段は1,080円です。, 2つ目は、ちゃんぽんと並ぶくらい人気が高い皿うどんです。四海楼の皿うどんは細麺タイプと太麺タイプの2種類があり、メニューを注文する際に選ぶことが出来ます。 今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!, 「さんち 〜工芸と探訪〜」がアプリ「さんちの手帖」として登場しました。記事を読むだけではなく、旅の栞や旅印帖として使える、あなたのおともになるアプリです。, 会員登録を行うことでお気に入りの読み物に栞を挟むことが出来ます。記事に栞を挟んで自分だけの栞帖をつくってみませんか?, ※ 「長崎ちゃんぽん発祥の店 四海楼」監修だから、当然!? なんとお水は不要で、鍋に入れてあたためるだけで食べられるんです。 冷凍長崎ちゃんぽんの作り方! 外袋を開けると、具材、麺、凍ったスープがきゅっとパックされています。 長崎市にある中華料理店・四海楼は、全国的にも有名な長崎ちゃんぽん発祥のお店です。四海楼の歴史は長く、今では長崎を代表する人気店となりました。今回は四海楼で味わえるおすすめの中華料理や値段、そして予約の有無などを特徴を踏まえながら解説していきます。, 西日本横断ツイッ旅九州編。4日目の9軒目は、四海楼@大浦天主堂下へ。ちゃんぽん発祥の店。余談ですが、ここも丸幸かそれ以上かというくらい巨大な外観ですね(笑)。 pic.twitter.com/SX2k7e43MN, 異国情緒を感じさせる長崎県長崎市は、カステラや皿うどん、トルコライスなど様々な美味しいグルメがあり、どれも全国的に有名な逸品ばかりです。 列島あちこち 食べるぞ! ※2018年8月1日より長崎の路面電車(長崎電気軌道)の13ヶ所の停留場名が変更となりました。リンク先は新しい路線案内図となります。, 長崎ちゃんぽん発祥のお店として全国的にも有名な「四海樓」。元祖長崎ちゃんぽんや長崎皿うどんが堪能でき、長崎観光では外せないスポットとなっています。グラバー園や大浦天主堂などの観光スポットにも近いので長崎旅行の際に立ち寄ってみるのはいかがですか?, 平成の食べ歩きを振り返る。 長崎市松が枝町4の5。ちゃんぽん1100円。午前11時半~午後3時、午後5時~午後8時(新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮する日もある)。不定休, 「落地生根」という中国の言葉がある。古里から離れた地で根を張るとの意味で、この言葉を胸に異国で生きる人も多い。福建省出身の陳平順(ちんへいじゅん)(1873~1939)もその一人。19歳で長崎に渡り、ちゃんぽん発祥の店となる中華レストラン「四海楼」を開いた。戦禍を乗り越え、その味は脈々と伝わっている。, 店は大浦天主堂の程近く、豪奢(ごうしゃ)なビルが目印だ。5階まで上がって、長崎湾が望める大広間に通される。テーブルに着き、さっそく名物のちゃんぽんを注文した。, 熱々のスープから頂いた。まずは炒めた具の香ばしさが立つ。そして鶏がら、豚骨だしが舌を包む。コシと風味のある麺もいい。錦糸卵、キャベツ、イカ、豚肉など食感の違う具材がまた楽しい。, 「この一杯は、受けた善意を次の世代に渡す『恩送り』という曽祖父の理念を具現化したものと思っています」, テーブルにやってきた平順のひ孫で4代目の優継(まさつぐ)さん(54)はそう語る。そして代々伝わる歴史を教えてくれた。, 平順が来日したのは1892年。裸一貫の若者は同郷の貿易商を頼った。住まいや金銭の援助を受けて生活基盤をつくり、反物の行商で資金を蓄えた。四海楼を創業したのは来日7年目のことだった。, 開業後、すぐに「恩送り」を実践したそうだ。多くの中国留学生の身元引受人になり、彼らのために安くてボリュームのある料理を考えた。古里の豚肉入りの麺料理「湯肉絲麺(トンニィシィメン)」をイメージし、長崎の野菜、魚介類を採り入れて「支那饂飩(しなうどん)」として売り出すと大ヒット。これがちゃんぽんのルーツというわけだ。, 「明治の終わり頃までには、ちゃんぽんという呼び名が定着したようです」と優継さん。由来は諸説あるが「飯を食べる」という意の福建語「吃飯(シャポン)」が有力。1907年刊行の「長崎県紀要」には「書生の好物」として市内に十数店舗ある、と記される。, ちゃんぽんの存在を全国に知らしめたのは中央の文人たちの存在が大きい。その代表格が斎藤茂吉である。, 19年、医師で歌人の茂吉はそんな歌を詠んでいる。当時、長崎医学専門学校の教授として長崎に居住。「かがやくやうに美しかった」と書くなど、平順の長女で看板娘の玉姫に入れ込んでいたようだ。, 茂吉は芥川龍之介、菊池寛を連れてきた。ほかにも坪内逍遥、吉井勇、辻潤らが訪れ、ちゃんぽんを食している。大正、昭和初期はさながら文化サロンのようだった。ただ、暗い時代の足音は着実に近づいていた。, 満州事変、日中戦争と続く中、華僑への風当たりは強くなる。「それでもだれも祖国に帰ろうとはしなかった。長崎の人を信じていたからだと思う」(優継さん), 44年に一時廃業。翌年には空襲での延焼を防ぐ「建物疎開」の対象に。2代目の揚俊、揚春兄弟は、父親の平順から継いだ建物を自ら引き倒した。その年の8月9日、上空で原子爆弾がさく裂した。, 戦後の再建、移転を経て、2000年に現在のビルに建て替えられた。その際、2階の一画に店の歴史をまとめた「ちゃんぽんミュージアム」を併設した。その入り口には、大きく引き延ばした創業当時の写真が掲げられている。, 優継さんにとって、ちゃんぽんは「商品」ではなく「文化」だという。それを引き継ぎ、記録するのが4代目の使命と考えている。, 最後にこんな逸話を教えてくれた。ちゃんぽんが定着したころ、特許申請を勧められた。しかし、平順は「日本中の人に食べてもらいたい」と受け入れなかったという。, 平順自身は親類縁者に教えることをいとわず、ちゃんぽんは各地に広がりをみせた。老舗中華料理店である熊本市の「紅蘭亭」、福岡県久留米市の「光華楼」は親類の経営。同じく久留米市の豚骨ラーメン発祥の店「南京千両」は創業者が長崎ちゃんぽんを参考にラーメンを考案したことが知られている。, 「落地生根」を貫いた平順。その根からは今、芽が出て花を咲かせている。 (小川祥平).

そして5階のレストランは、全面窓ガラスとなっていて長崎の景色を眺められます。四海楼は海辺の近くにあるので昼間は長崎湾、そして夜はキラキラとした夜景を望める絶景ポイントとしても有名です。, 絶景の長崎港を望むためには、窓側の席が一押しです。ただし窓側の席は高い人気があります。早めに来店されると窓側の席に座れることもあるので、ぜひ昼時前に訪れるのがおすすめです。また長崎港だけではなく、その向こうにある稲佐山の素晴らしいパノラマも望めます。, 松が枝の四海楼ビルの塀が竜をかたどっていて、背中を塀瓦で表現してあって面白い。 pic.twitter.com/Es1taIdF0B, 2つ目は、こだわり抜いた豪華な内装についてです。四海楼は美味しい長崎ちゃんぽんや中華料理を味わえるのはもちろんのことですが、お店の内装や外装も注目ポイントです。 四海楼は5階建ての大きなビルで、とても煌びやかで華やかな造りとなっています。特に階段にある龍の浮彫は圧巻なので、ぜひチェックしてみてください。またお店の外には、中国の魔法陣や大きな龍があり写真映えスポットとしてもおすすめです。, 階段にある龍の浮彫は、「龍踊りの龍」がテーマとなっています。龍踊りは日本三大祭りの一つであり、長崎の伝統的な祭りです。まるで龍が舞い踊っているような踊りは、約250年前に中国から伝えられてきました。龍踊りの龍の浮彫は、そんな長崎と中国の歴史を感じさせるスポットなのでぜひご覧ください。, 3つ目は、店内の広さについてです。全体的に店内はとても広く、ゆっくりと食事を楽しむことが出来ます。特に5階にあるレストランは、100名近くの人が食事を楽しめるスペースです。また予約専用の3階4階は、8人から30人まで対応している部屋が何部屋かあります。 「ちゃんぽん」 —— そう聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、きっと長崎だと思う。当然ながら、そうだろう。なんと言っても、長崎はちゃんぽん発祥の地であるのだから。, ただ、少し待ってほしい。実は、ちゃんぽんは長崎だけのものではない。全国には「ご当地ちゃんぽん」がいくつも点在するのだ。, また、福岡県には北九州市・戸畑に蒸し麺を用いたちゃんぽんが根付く。愛媛県・八幡浜市にもご当地で愛されてきたちゃんぽんがあり、そのほかにも、滋賀県・彦根市、栃木県・高根沢町といったように、全国のさまざまな地域でちゃんぽんは愛されている。, なぜ、ちゃんぽんは、そしてちゃんぽん文化は各地へと広がっていったのか。ちゃんぽんについて考えるにあたり、まずはその出自について掘り下げてみたい。, 明治・大正時代の四海樓。中国語に加え、英語でも表記されている点に、海外に開かれた町・長崎を感じることができる, ちゃんぽんが長崎にもたらされたのは1899(明治32)年。その年に開業した「四海樓(しかいろう)」の創業者・陳平順(ちんへいじゅん)さんによる功績であることはご当地・長崎では有名な話だ。, 陳さんは中国から日本へと渡ってきた留学生たちに安く、栄養価の高い食事を楽しんでほしいという願いを込めて「支那饂飩(しなうどん)」というメニューを考案。, これは福建料理の「湯肉絲麺(とんにいしいめん)」がルーツになっているそうで、四海樓の代表取締役社長・陳優継さんは「麺を主体に、豚肉やシイタケ、タケノコ、ネギなども入ったあっさり味のスープです。これを初代がアレンジし、ボリュームをつけ、さらに濃い目のスープにし、豊富な具材を加えて、独自のコシのある麺を日本風にアレンジしました」と教えてくれた。これこそが現在の「ちゃんぽん」だ。, 以降、ちゃんぽんという食べ物は、長崎市内、そして長崎県内、近隣、そして遠く離れた地へと広がり、それぞれの地域に浸透していく。, ちゃんぽんはその生まれた時から大きく姿、形は変わっておらず、今もその味において、当時を感じることができる。, その具材は肉(基本的に豚肉)、キャベツやタマネギ、ネギといった野菜、かまぼこなどの魚肉の加工品といったような具材に加え、時にはエビなどの海鮮の食材も入る。, これらを中華鍋で豪快に炒め、豚骨や鶏ガラでとったスープを合わせて、仕上げに“ちゃんぽん用の中華麺”を投入し、煮込んで仕上げる。, ちゃんぽん用の中華麺、とあえて断り書きを入れたのには理由があり、長崎では、唐灰汁(とうあく)という長崎独自のかん水を入れて製麺していて、これが長崎におけるちゃんぽんの最大の特徴だ。, なお、ちゃんぽんの由来は、当時の長崎華僑同士の挨拶言葉だった「吃飯(チーファン)」(ご飯食べた?という意味)の福建語発音が「シャポン」または「ジャッポン」という音だったということから「ちゃんぽん」と呼ばれるようになったという。つまり、ちゃんぽんとは、当時の長崎華僑の挨拶言葉が起源なのだ。, ちなみに、長崎でちゃんぽんを注文しようとすると、メニューに「そぼろ」という聞き慣れない言葉が度々登場することに気付く。, 実は、「そぼろ」とは長崎の方言で「特上」の意味。“鶏そぼろ”のようなものがトッピングされるわけではない。ちょっと張り込みたい時は「そぼろ」を注文してみてほしい。, 長崎市内では町の小さな中華料理屋から大型の中華レストラン、喫茶店や食堂まで、実に様々な場所でちゃんぽんが提供されている(出展:長崎県観光連盟), なぜ、ちゃんぽんは、そしてちゃんぽん文化は各地へと広がっていったのか —— 先の問いに対するぼくなりの答えは、ちゃんぽんの根っこにある「安く、栄養価の高い食事を楽しんでほしい」という思いだ。, この思いが大前提にあり、そしてそれぞれの地域に合った食材や製法によって、ご当地ちゃんぽんが育まれていったように感じている。というのも、スープ、麺、肉や野菜、海鮮といった具材の3つから成り立つちゃんぽんは、その3つの構成要素のおかげで、地域性も表現しやすい。全国へと広がるポテンシャルは十分だ。, 前述のとおり、ちゃんぽんは注文ごとに具材を鍋で振り、スープで煮込むという「調理」が発生し、例えば、席についてすぐに料理が提供されるということは、まずない。, そして、肉、野菜、そして魚介という具沢山なビジュアルがデフォルト。店によっては具材が山盛りになっていて、その「たーんと食べていって」という気持ちと対峙した際には、あわせる手の密着が自ずと強まる。, 価格においても一般的にラーメンやうどんの倍するということはない。下世話な話だが、食材が多い分、結構、原価率も上がるものだし、昔に比べると野菜の価格が高騰しがちな昨今だからこそ、それでもちゃんぽんを作り続けるということは、つまり愛なのだと言い切ってしまいたい。, そんな愛のかたまり、ちゃんぽん。長崎でちゃんぽんを食べるなら、まずは、先に挙げた発祥の店「四海樓」を押さえておきたい。, そして、四海樓は一度、行ったことがあるという人には、地元っ子が愛してやまない「群来軒(ぐんらいけん)」がおすすめ。, 思わず目尻が下がる美しい佇まいのちゃんぽんは、まずスープが美しい。清楚な色白美人を思わせるその色目は、食欲を静かにかき立ててくれる。, 長崎の中華街は、どちらかというと観光客が多いイメージがあり、それでいうと「群来軒」は地元の大衆中華の店という位置付け。, ランチタイムはいつも地元の方々で満席という人気ぶり。日常的に長崎で親しまれているちゃんぽんの姿がここにはある。, 長崎県大村市の「協和飯店」もまた、「群来軒」同様に地域密着の名店。周りに飲食店が集中しているわけでもなく、ポツンと立っているような、加えて、別段変わったところもない極一般的な中華料理店の佇まいだが、昼は待ちが出るほどの大賑わい。, この店のちゃんぽんはスープがかなり力強く、質感としてはかなりずっしりしており、濃厚だ。このパワフルなスープをまとった麺は箸を持つ手を止めさせない。一度、食べ始めるとノンストップ。記憶にしっかりと刻まれること請け合いだ。, これまでは一般的な長崎のちゃんぽんを紹介してきたが、長崎県平戸市には、平戸ちゃんぽんという食文化があるので触れておきたい。, 戦前に長崎から伝わったとされる平戸のちゃんぽん。地元の製麺所「もりとう」の麺を使うという特徴があるが、もう一つ忘れてはならないのが、独自のスープだ。, 長崎では一般的に主に豚骨や鶏ガラによってスープをとるが、平戸では特産であるアゴ(トビウオ)を用いる。, その提供店の一つ、「手打ち蕎麦 冨喜」では、平戸産の焼きアゴと昆布でとった出汁に、豚骨スープを“重ね着”させたWスープがウリ。, もともと蕎麦屋ということもあり、アゴ出汁の質はお墨付き。焼きアゴの風味が際立つよう、あえて具材に海鮮を入れない徹底ぶりも好印象だ。, 仕上げに焼きアゴの削り節をかけるため、香りもいい。ぜひ食べる前に丼に顔を近づけ、大きく深呼吸してほしい。ただし、むせないようにご注意を。, 大きく2つの潮流があり、一つは武雄市に見られる武雄ちゃんぽん、そしてもう一つが佐賀市内に浸透している食堂系ちゃんぽん。, 武雄におけるちゃんぽんはソウルフードである。かつて炭鉱産業で賑わっていた武雄・北方エリアでは、長崎でのちゃんぽんと同じ理由、つまり「安く、美味しく、お腹いっぱいになる」という三拍子揃った料理として支持されてきた。, 現在では国道34号線が道路沿いにちゃんぽん提供店が集中していることから“ちゃんぽん街道”と称されている。, その代表格が創業68年の老舗・井手ちゃんぽん本店だ。元々、その原点にはカツ丼があり、初代がカツ丼のタレを学ぶという目的で大阪で修業を積み、戦後にこの店を食堂として開業したところ、ちゃんぽんの人気に火が付く。, 1980(昭和55)年には現在のちゃんぽん専門店に。ここのちゃんぽんは一度食べると絶対に忘れないくらいに強烈なインパクトがある。野菜が文字どうり“山盛り”なのだ。, かつての炭鉱夫たちの胃袋を十二分に満たしてきたちゃんぽん。その当時のあり方が、今、目の前で体感できるという点において、生ける歴史遺産とも言える一杯だ。, 佐賀市内の食堂系ちゃんぽんとは、いわゆる大衆食堂においてちゃんぽんが提供されているスタイルのことであり、しかも、極めてハイレベルなクオリティなのだ。, 「池田屋」はそんな食堂スタイルを今も大切に守る一軒。元々、ちゃんぽんが苦手だったという初代店主だったが、今はなき、佐賀ちゃんぽんの名店「中村食堂」の味に惚れ込み、その味を受け継ぐ。, そんな池田屋のちゃんぽんは、昆布の旨みを土台とし、さらに削り節数種を合わせたという和風だしが味の決め手。, まろやかで、口に含むほどにやさしい味わいが膨らんでいくスープには、大盛りの野菜からのエキスもしっかりと溶け込んでいた。, 最後に、もう一軒紹介するなら、老舗「春駒(はるこま)」へ。大正11年の創業以来、佐賀市民の胃袋と心を満たしてきた名店だ。, ただ、名店ではあるが、一切偉ぶった様子はなく、例えば近所の人が小さな鍋を持ってきて、ちゃんぽんを買いに来るというようなことも珍しくないという。, ここで食べておきたいのが、名物の「皿うどん」。ちゃんぽんじゃない?そんな声が聞こえてきそうだが、長崎ではちゃんぽんと同じように愛されている独自の麺料理であり、ちゃんぽんがもたらした副産物的な食文化といえる。, 主に使われる食材は豚肉や野菜、魚介類というように、ちゃんぽんと同じだが、麺が2通りあり、その違いによって大きく料理の在り方が異なる。一つが細い中華麺を油で揚げたパリパリタイプ。そしてもう一つが、ちゃんぽん麺を事前に蒸す、焼く、茹でるといった下準備をしておき、その麺にスープを吸わせるもっちりタイプがある。, こちらの皿うどんは後者。そのスープは、思いの外、力強い。アットホームな店ゆえに、味わいもやさしいかと思っていると、バシッと脳に届く出汁の旨味に心が踊る。, “濃厚”という言葉を使いたくなるが、とはいえ脂っこい感じではなく、毎日食べたくなるような絶妙な塩梅だから、感激しきりだ。, 長崎、佐賀エリアのちゃんぽんをずらりと紹介してきたが、数を挙げれば挙げるほどに、その実体が掴めなくなる。ただ、それがちゃんぽんなのだろう。, スープが変わり、麺の形状が変わり、そしてその土地ごとの地域の食材が加わり、さらには作り手の趣味嗜好が合わさることで、無限の広がりを見せる。ちゃんぽんとは、どこまでも美味しい底なし沼だ。, 文・写真:山田祐一郎 山田祐一郎福岡県出身、現在、福津(ふくつ)市在住。日本で唯一(※本人調べ)のヌードル(麺)ライターとして活動中。麺の専門書、情報誌などで麺に関する記事を執筆する。著書に「うどんのはなし 福岡」。 http://ii-kiji.com/, < 四海樓 >長崎市松が枝町4-5095-822-1296営業時間 : 9:30~18:30定休日 : 不定休http://shikairou.com/, < 群来軒 >長崎市江戸町5-11095-826-3618営業時間 : 11:30~14:30 / 17:00~21:00定休日 : 水曜日, < 協和飯店 >長崎県大村市森園町1590-20957-52-6143営業時間: 11:30~13:30 / 17:00~21:00定休日 : 火曜日Facebook, < 手打ち蕎麦 冨喜 >長崎県平戸市魚の棚町332-10950-22-3303営業時間 : 10:00〜14:00 / 17:00〜24:00定休日 : 日曜日, < 井手ちゃんぽん 本店 >佐賀県武雄市北方町志久19280954-36-2047営業時間 : 10:30~21:00 定休日 : 水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日)http://www.ide-chanpon.co.jp/, < 池田屋 >佐賀県佐賀市赤松町241-390952-22-7508営業時間 : 11:00〜15:30 / 18:00〜21:00定休日 : 月曜日http://www.ikedaya-saga.com/, < 春駒食堂 >佐賀県佐賀市高木町3-10952-23-5329営業時間:[月~木・祝] 11:00~16:00[土・日] 11:00~16:00 / 17:00~19:00定休日 : 金曜日, さんち〜工芸と探訪〜の読み物は各種ソーシャルメディアでも配信中。

一般的に皿うどんと聞くと、カリカリとした油で揚げた麺の上に野菜の餡をかけた料理を想像するでしょう。しかしながら四海楼の皿うどんは、もちっとしたうどんが提供されます。なお発祥当時の皿うどんを味わいたい方は、太麺タイプを選択するのがおすすめです。また皿うどんの値段は、972円です。, 「四海楼のちゃんぽん、うまいっすよ」の一声で現地到着ちゃんぽん、海老チリ、炒飯、酢豚、カニ玉…大食漢と来たので大変なことに\(^o^)/ pic.twitter.com/B3IZpWe9g2, 3つ目は、酢豚です。揚げた豚肉と野菜に餡を絡ませた酢豚は、甘酸っぱさから老若男女問わず高い人気があります。四海楼の酢豚も人気メニューのひとつとして、よく注文されていると評判です。 長崎県の郷土料理「ちゃんぽん・皿うどん」は肉、魚介類、野菜など山海の食材を炒めて中華麺と一緒に煮込んだ料理で、長崎県の郷土料理です。「ちゃんぽん」と「皿うどん」は具材は同じですが、「皿うどん」は汁は少なく出前や持ち帰りに適しています。 ちゃんぽんは、「様々なものを混ぜること、または混ぜたもの」を意味する言葉であり、そのような料理の名称。各地に存在する郷土料理 「. 長崎ちゃんぽん発祥店として有名な「四海樓」。四海樓では元祖長崎ちゃんぽんや元祖長崎皿うどんが堪能できます。また四海樓名店街では長崎ちゃんぽんや長崎皿うどんのお土産も購入できるので観光客にも大人気です。そこで今回は、グラバー園や大浦天主堂などの観光スポットから徒歩圏内にある長崎ちゃんぽん発祥店「四海樓」について詳しくご紹介します。, 長崎発祥のご当地グルメといえば長崎ちゃんぽん。長崎に言ったら本場の長崎ちゃんぽんをぜひ食べてみたいと思う方は多いのでは?photo by 中華料理四海楼ショッピングページ

四海樓の周辺にはグラバー園や大浦天主堂などの観光スポットがあるので公営&私営の駐車場がたくさんあります。四海樓の敷地内にも数台停められるコインパーキングがあり、このコインパーキングを利用した場合は1時間のサービス券がもらえるそうです。, ☆長崎電気軌道 路線案内図 (STREETCAR MAP)

窓際で海を見ながら、クリーミィな皿うどんを食べました。デザートはマンゴープリン! pic.twitter.com/WVYEqjbia4, 四海樓は長崎駅前から路面電車で約15分、大浦天主堂停留場(旧停留場名:大浦天主堂下)から徒歩約2分の場所にあります。クルーズ船が発着する長崎港松が枝国際客船ターミナルからは徒歩約4分です。 今日は長崎。長崎は今日もうまかった編。長崎は大浦天主堂下。四海樓さんにお邪魔しました。しかし、凄いお店です。アニメに出て来そうな、荘厳な中華風のビルディングです。エレベーターに乗って、5階へ参ります。 “八幡浜ちゃんぽん:食べ歩き楽しんで 24店紹介の双六”.