次は「送付」を使う場合の注意点について見ていきましょう。, 「送付」という言葉は、ビジネスシーンでよく使われる言葉の1つです。ではビジネスシーンのどうようなシチュエーションや場面で使用されるのでしょうか。

まず「送付」という言葉の意味についてですが、「送付」というのは「品物や資料を送り届けること」を意味します。この場合、郵送で送ることをはじめ、遠隔地にいる人・所定の場所に送ること全般を指して「送付」の意味合いが使われるため、「送付」が持つ意味合いはとても広くなることをまずインプットしてきましょう。 ・必要書類を送付いたします。 ・先日、お約束しておりました品々を送付させていただきました。 ・それでは、今週中に必要物品を送付いたします。 このように、「送付」という … ビジネスシーンでは「送る」ではなく「送付」という言葉を使用することでフォーマルかつ丁寧な印象を与えることができます。, ビジネスシーンに限らず普段の生活でも「送付」という言葉を使用するシーンの1つが、品物を相手に送る場面です。 「送付」の類語 「送付」の類語には、以下のようなものがあります。 【類語】 送り届ける:送って目的の所へ届ける。 差し出す:送り出す。発送する。 「送付」の反対語 「送付」の反対語には、以下のようなものがあります。 受け取る:受けて取る。渡されたものを受け収める。 「送」という言葉には、届ける、おくるなどの意味があります。「付」とは、何かを加える、つけるなどの意味があります。 たとえば、郵便で荷物を送る場合やメールで資料をおくる場合にも「送付」という言葉を使用することができます。基本的には物に対して使用する言葉で、人間を送る場合には使用しません。 「送付」は、相手先の企業に資料を送り届ける場合や荷物を送る場合などに使用します。ではそ「送付」という言葉を使用する場合はどのような点に気をつければいいのでしょうか。 「送付」という言葉の使い方をご存知ですか。職場などの普段の会話で、この表現を使っているものの、正確な意味や使い方に精通していない人は少なくありません。この記事から「送付」という言葉の正確な意味と実用的な使い方をご紹介します。 たとえば、相手先の企業に資料をおくる場合は「明日中に資料を送付させていただきます」というように表現します。

たとえば、サンプルを送る場合は「本日弊社のスタッフがサンプルを送付いたします」のような表現方法を使用します。, もしあなたがものではないメールなどを相手に送ろうとしているなら、言葉遣いには注意が必要です。 「送付」という言葉は、ビジネスシーンでよく耳にします。しかし、送る物によっては、他の言葉と使い分ける必要があるのです。この記事では、「送付」の意味の解説をはじめ、類語である郵送や発送との使い分けのほか、送付されたものを受け取った場合に必要となる反対語についても紹介しています。, 「送付」は「物を送り届ける」という意味を持った言葉で、「そうふ」と読みます。「送付」という熟語を構成している「送」には「物などを他の場所へおくりとどける」「つかわす」という意味が、「付」には「添える」「与える」という意味があります。「送付」はビジネスの場面でよく用いられる言葉ですが、日常の会話で使用するときには「送る」で問題ありません。, ビジネスで送るものは、書類や品物のほかメールやFAXなどです。しかしメールやFAXを送るときには「送付」ではなく「送信」を使用するケースが多く見られます。, 一般的には、書類や品物のような「物品」を梱包して宅配などで送り届ける場合に「送付」が、メールやFAXなどのような電子信号やデータを送るときには「送信」が用いられる傾向があります。, メールやFAXなどが普及した現在でも、祝電や弔電など電報の需要はなくなっていません。最近ではぬいぐるみや生花などのような「物品」付きの電報もあり、「送付」と「送信」のどちらを使用すればよいか迷ってしまうようなケースもみられます。, 本来の電報は、電気信号を送るものであるため「送信」を用いることが適切でした。しかし、ぬいぐるみなどのような「物品」が主役と考えられるようになり「送付」が用いられることも増えています。, 「送付」の類語としては、「郵送」があります。「郵送」は郵便で送るときに使用し、宅配便を利用するときには「輸送」を用い「郵送」とは言いません。送り先に物品を「送付」するときに輸送手段を明確にしたい場合には、「郵送いたします」あるいは「宅配にて送付いたします」というように使い分けます。, 「発送」も「送付」の類語です。厳密に区別すると、「発送」は荷物や商品などを送り出すことを意味する言葉で、送り出す行為に重点が置かれたものです。, 「ご注文いただいた商品は、本日発送いたしました」という場合は、今日発送作業を行い郵便もしくは宅配便業者に商品を渡したということを意味しています。このように物品を送り出したことを相手にしっかりと伝えたいときには、「送付」ではなく「発送」を使うことをおすすめします。, メールを送ることは「送信」といいますが、メールに資料を付けることは「添付」といいます。なお、資料を添付して送付するメールの文面は「資料を送付させていただきます」が正解で、「資料を送信させていただきます」とは表記しないので注意が必要です。, 少しくどくなりますが、使い分けを詳しく言い表すと「『メールに資料を添付して送付いたします』という文面のメールを送信する」となります。, 「送付」は送ることを指す言葉です。したがって、反対語となるものは「受け取る」という意味のある言葉で、相手から送られてきた物品を受け取るときに使用します。ビジネスシーンでは、物品が届いた旨を相手に連絡する必要があるケースがよくあるので、適切な言葉をいくつか知っておくと便利です。, 「受理」は、提出した書類が処理されたときに使います。たとえば願書や辞表などが受け取る側に届いただけでは「受理」とはいいません。受け取り側が内容を確認して有効と認めた段階で「受理」されたことになるのです。, その他、役所などに書類を送付した場合に役所から送られてくるメールの文面で「提出いただいた書類を本日受理しました」というように使われます。, 「受領」は送られてきた物品などを受け取ったときに使用します。「受領」は受け取ったことを伝えるもので、まだ内容を確認していない段階で使うことができます。, ビジネスにおいてこまめな連絡を怠るとトラブルの元となるため、「本日◯◯を受領いたしました」というように、まずは受け取った旨を相手に伝えることが大切です。なお、会費や参加費などの金銭を受け取った場合にも「受領」を使用しますが、金銭に関しては金額を確認してから連絡したほうが無難です。, 「受領」をていねいに伝えたいときには「拝受」「拝領」を使います。「拝受」「拝領」は「受領」の謙譲語にあたり、目上の方に対して失礼のない言葉です。「拝受」「拝領」のあとに「いたしました」と続けると、よりていねいな表現になります。, なお、謙譲語である「拝受」「拝領」は自分に対して使うもので、自分以外の人に「拝受してください」というように使うと失礼にあたるので注意してください。, 「送付」の意味や、類語である郵送や発送との使い分けや反対語について解説しました。メールを送る場合や輸送手段による言葉の使い分けや、送られてきたものを受け取る場合に適切な言葉の選び方には注意が必要です。しかし言葉の意味の違いを正確に理解して使い分ける習慣をつけておけば、いざという時に慌てずにすみます。. しかし、メールに資料を添付し送る場合は、「資料を送付させていただきます」が正しい「送付」の使い方となります。シーンにわけて正しく言葉を使いわけましょう。, 「送付」という言葉には送り届けるという意味がありますが、ビジネスシーンなどで頻繁に使用する言葉の1つです。では、どのような文章で使用するのが正しいのでしょうか。 相手に対して品物を送る場合もありますが、相手から品物を受取る際にも「送付」という言葉が使われます。 「送付」の前後に登録されている対義語・反対語: 躁病(そうびょう) 双発(そうはつ) 送付 () 双幅(そうふく) 送別(そうべつ) ビジネスで送るものは、書類や品物のほかメールやFAXなどです。しかしメールやFAXを送るときには「送付」ではなく「送信」を使用するケースが多く見られます。 一般的には、書類や品物のような「物品」を梱包して宅配などで送り届ける場合に「送付」が、メールやFAXなどのような電子信号やデー … 「送」と「付」の漢字の意味からもわかるように、「送付」は相手に何かを送り届けるという意味でビジネスシーンではよく使われる言葉の1つです。 似たような表現や言葉もあるので、状況に合わせて正しく使いわけるようにしましょう。, ビジネスシーンでは、会議資料や契約書などを相手におくる場合がよくある傾向にあります。このような場面では「送付」という言葉を使用することができます。

©Copyright TRANS.,Inc..All Rights Reserved. 皆さんこんにちは、今回は「送付」の意味と使い方・添付・送付との違い・反対語|メールと題して、「送付」の意味と使い方・添付・送付との違い・反対語|メールについての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「送付」の用例についてご紹介します。, 記事に記載されている内容は2018年09月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!, まず「送付」という言葉の意味についてですが、「送付」というのは「品物や資料を送り届けること」を意味します。この場合、郵送で送ることをはじめ、遠隔地にいる人・所定の場所に送ること全般を指して「送付」の意味合いが使われるため、「送付」が持つ意味合いはとても広くなることをまずインプットしてきましょう。・必要書類を送付いたします。・先日、お約束しておりました品々を送付させていただきました。・それでは、今週中に必要物品を送付いたします。このように、「送付」という言葉はそのまま「送ります」の意味合い・用法によって使用することができ、相手にとってもスムーズに「送られてくる」という情報・内容を受け取ることができます。, メールで「送付」という言葉を使う場合でも、先述しました「送付」の意味合い・用法をそのまま使うことができます。特にビジネスメールでは、どんな状況でも失礼のない敬語表現を使用することが求められるため、この「送付」という言葉を使う際でも、しっかり場面・状況に見合わせた表現をするようにしましょう。・先日にお約束しておりました資料を本日送付いたします。・大変恐縮ではございますが、必要資料のご送付を至急よろしくお願いいたします。・この度は、必要資料をすみやかにご送付くださり、誠にありがとうございます。このように「送付」の意味合い・用途をそのまま活用する形でメールでも使用することができ、相手に対する「物品の送付・郵送」などについて明確に伝える形で表現されます。, 先述のメールの場合でもそうですが、FAXやその他の電子ツールを活用して「送付」の旨を伝える際には「送付状」という公式書類を作成することがあります。FAXを利用する場合はこの「送付状」の活用が非常に多くなるため、あらかじめ覚えておくことが大切です。送信年月日/相手先の会社名や受取者氏名/書類作成者の氏名と会社名/送信枚数/送付内容と備考基本的に上記の内容を明記した書類が「送付状」となるため、これらの必要情報をあらかじめ記入しておき、その上で「○○を送付いたします」と文言を添えておくことがマナーとなります。, 「送付」という言葉を使う際の敬語表現についてですが、これは主に「送る」という言葉をそのまま敬語表現に直すことをイメージするとよいでしょう。まず「送付」をそのまま敬語表現に直すことは可能で、その場合は「ご送付」という形にし、接頭辞に「御(ご)」という字を付け足します。この「ご送付」の他にも「送る」という言葉の敬語表現としては、「お送りいたします・お送りさせていただきます」、「お送りいただきまして・お送りくださった」などと、そのまま「送り」に同じく「御(お)」という字を付けて敬語表現に直すことが一般的に多く用いられます。, 履歴書を送る場合でも、この「送付」が一般的に使われています。この場合でも「ご送付」や「お送りいたします」などと、「送る」という言葉の意味合い・用法が基本となるため、「送ること」を主に意識して敬語表現に直すことを心掛けておきましょう。・先日、面接させていただきました○○○○と申します。本日に、改めて作成させていただきました履歴書をご送付させていただきます。・履歴書をご送付ください。・履歴書のご送付の際には、必ず勤続先会社の基本情報を証明する書類もお送りください。履歴書は基本的に手渡しか郵送で送ることが基本になるため、場合に見合わせた「送付」の使い分けをすることが肝心です。手渡しの際には「送付」を使うことはできません。, 郵便で物品を送る場合には一般的に「郵送」が使われますが、状況によっては「送付」が使われることがあります。この場合は特に誤った表現として扱われず、「送る」ということをメインにしたやり取りとなるため、この場合でも「ご送付」や「お送りいたします」などと先述の用法で使ってかまいません。・必要物品をご郵送(ご送付)させていただきます。・それでは郵送の形で書類をご送付させていただきます。・郵送でも配送でも、どちらの送付の形でもかまいません。, 「添付」という言葉の意味は基本的に「何らかの特定の物に添えて、別の物品を送ること」を言い、特に「添付資料」などの名称で有名ですが、「メールの本文に付け添える形で別の資料を送る」などといった使用がなされます。「交付」という言葉の意味は一般的に「公的事業所(市役所・区役所など)」から一般市民に向けて幅広く資料・物品が送られる際に使われる用語であるため、これは「送る主格」が市役所や国になるため、人が個別で物を送る際には使われない言葉となります。, 「送付」と「配布」の意味の違いについてですが、まず「送る・渡す」という意味合いでは両者の言葉の意味合いは同じになります。しかし、「配布」という言葉の意味合いでは「手渡すこと」がメインの意味になるため、配送ツールを使って遠隔地にいる人に物を送る場合には、この「配布」という言葉は使われません。・それでは今からプリントを配布します。・図書館のロビーではパンフレットが配布されています。・今からシナリオを皆さんに配布いたします。このように、「配布」が使われる場合は必ず「配る人・送る人・渡す人」が受け取る側の身近にいることが条件となります。, 「送付」と「郵送」の意味の違いについてですが、これはほとんど同じ意味合い・用法で使われる場合が多く見られるため、場合によっては「同じ意味」として扱われることが多くなるでしょう。しかし厳密にそれぞれの意味の違いでは、「郵送」と言う場合は必ず「郵便を利用して物を送る」ということが基本になるため、「送る」という内容から少し離れてみた場合、その「送るために使用するツール・機関の違い」に両者の意味合いの違いが明確に表れます。, 「送付」と「配送」の意味の違いについてですが、まず「配送」という言葉の基本的な意味は「発送した時点から配達されるまでの経過」を指して言うため、「送付」の意味合いにある「資料・物品を送り届けること」そのものの意味は含みません。この点において、「資料・物品が送られる経過の違い」に配慮する場合に両者の意味が違ってきます。, 先述でも「送付状」についてご紹介しましたが、ここで少し具体的に「送付状の書き方」についてご紹介しておきます。まず送付状というのは「○○を送りました」という旨を相手に知らせるために作成する、特にビジネスシーンで利用される公式書類になります。「送信年月日/相手先会社の名称/書類作成者の氏名か会社名/挨拶文と結びの文句/送付内容(主に何を送付したかの説明)」というものが基本的にメールで「送付状」を送る内容になります。上記の送付状の内容はそのままFAXを活用する際にも流用できますが、FAXの場合は書面で相手に伝える形となるため、メールの場合よりもさらにしっかりとした公式書類の体裁を整えておく必要があります。, さて、「送付」という言葉を実際にビジネスシーンで使う際の具体例についてですが、「送付」の敬語表現では先述のように、まず「相手に○○を送る」という内容が基本となるため、この「送ること」を念頭に置いた敬語表現の工夫をすることが大事になります。その際でも、あまり堅苦しい表現にならないよう配慮しておき、まずは「○○を送った」という旨がきちんと相手に伝わる表現方法を意識しましょう。, 「ご送付しました」という表現ですが、これは「送付」という言葉を使う際には最も多くの分野で使われる慣用句的な表現となるでしょう。・本日に、お約束の資料をご送付しました。・今週中には必要提出書類をご送付できるかと存じます。・今月末には、新しい事業プランの起案書をご送付いたします。, 「お送りいたしました」という表現は「○○を送る」という旨を伝える際に、最もよく使われる表現となるでしょう。これは「送付」の代わりに使われる代表的な言葉となります。・本日、石鹸をお送りさせていただきました。・先ほど、メールの添付ファイルにて必要書類をお送りさせていただきました。・ただいま、ローンカードを郵送でお送りいたしました。このように、「お送りいたしました」と言う場合には「郵送でもメールでも、その送るためのツールがどんなものであっても関係なく使える表現」となるため、非常に広い分野で使われる慣用句となります。, 「お送りさせていただきます」という表現も先述の「お送りいたしました」と同じく、「送る」という言葉に「御(お)」を付けた尊敬語・謙譲語表現として使われるため、その使用分野と頻度はかなり増えてきます。・本日中に、ご購入いただきましたパソコンをお送りさせていただきます。・それでは今週末に必要な書類をお送りさせていただきます。・それではご希望どおりにご自宅へお送りさせていただきます。このように、「させていただきます」という表現を使う際には、必ず前もってその相手との「送ること」についての約束・情報交換がなされていることが前提となります。, 「ご郵送させていただきます」と言う場合は先述のとおり、まず「郵送で物を送る」ということが前提となるため、手渡しや、佐川急便などの別の配送ツールを利用する場合には使えません。・それでは本日に、ローンカードをご郵送させていただきます。・先日お約束させていただきました資料を、ご郵送の形でお送りさせていただきます。・先日のお約束どおりに、履歴書をご郵送させていただきます。この場合の「ご郵送」の接頭辞に付けられた「御(ご)」というのは、相手に対して謙譲の姿勢を示す場合の敬語表現として扱われます。, 「交付させていただきます」と言う場合は、先述のとおり「市役所や政府などを含め、公的機関によって一般市民に物品が送られる」という内容を指すため、人が個別で物品を送る際には使用されません。・この度、市民の皆さまには特別なクーポン券を交付させていただきます。・2019年以降より、新しいマイナンバーカードを交付させていただきます。・2040年には、政府から国民の皆さまへIDカードを交付させていただきます。, 先述でも少し触れましたが、「御(お・ご)」という接頭辞の使い方というのは基本的に「尊敬語表現において使用される特有の敬語表現」として扱われるのが一般的ですが、状況によっては「話者が相手に示す謙譲語表現」として使われることが多々あります。そもそも「御(お・ご)」という接頭辞は「言葉の表現を丁寧にするために用いられる古来の表現」として認められているため、相手に敬意を示して物事を伝える際には、尊敬語表現でも謙譲語表現でもどちらでも使い分けることが可能になります。, 「送付」の意味の反対語についてのご紹介ですが、この場合は「送ること」の反対語をそのまま調べればOKで、「送る」の反対語は「受け取る」となるため、「受理すること」の類語を探してみるとよいでしょう。受理/受け取る/受領/受領する/了承/承諾/確認/受諾/快諾/受付/受け付ける/獲得する/確保する/キャッチする/呑む/呑み込む/了解/もらい受ける/ちょうだいする上記の言葉が一般的に「送付」の反対語としてピックアップされますが、どの言葉にも「相手からの情報や物品を受け取る・確認する」といった意味合いが含まれます。, 「送付」の読み方はそのまま「そうふ」となります。日本語には当て字や造語などの「非常にむずかしい読み方」をする言葉があるため、1つ1つの言葉や表現を覚える際にはそれぞれの読み方を正確にインプットしておきましょう。, 「送付」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。・sending(送付、送ること、発送)・forwarding(送付、回送、発送、出荷)・remitting(送付、送ること、配送)・ship(船で送る、派遣する、送る、送付)・delivery(配送、送る、送付)・distribution(配達、配送、送付)・transmission(伝達、伝授、伝播、送付)・communication(伝達、送付、行き届かせる)・extradition(引き渡す、送付、送り届ける)・present(プレゼントする、送る、贈る、給付、送付)・offshoot(派遣する、送る、分身、送付)・mailing(郵送、配達、送付)・posting(投函、郵送、送付), 先でご紹介しました「送付」の英語表記を参考にして、「送付」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。・We will send necessary documents at the end of this week.「今週末には必要書類を送付いたします。」・I will send all promised goods during this month.「今月中に、お約束の物品をすべて送付させていただきます。」・Please be sure to mail us about sending this required document.「この必要書類の送付に関しては、必ず郵送をご利用ください。」, 先述しました「送付」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「送付」の例文をご紹介します。・When sending these required documents by postal mail, please be sure to send by general registered mail, and bring us officially registered seal on the occasion of further visit.「これらの必要書類を郵送によって送付する際には、必ず一般書留郵便による送付をお願い申し上げ、さらにご来店の際には実印をご持参くださるようお願いいたします。」・Please send us the necessary documents to be submitted this month.「必要提出書類のご送付は今月中にお願いします。」, 先述の具体的な「送付」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「送付」の例文をご紹介します。・The term "sending" mainly means "sending goods", but different expressions are often used as business terms.「「送付」という言葉は主に「物品を送ること」を意味しますが、ビジネス用語としては別の表現が使われることが多くあります。」・The difference between the meaning of "sending" and "delivery" is the difference between sending things individually and being sent by public institutions.「「送付」と「交付」の意味の違いは、個別で物を送ることと、公的機関によって送られることとの違いがあります。」, いかがでしたか。今回は「送付」の意味と使い方・添付・送付との違い・反対語|メールと題して、「送付」の意味と使い方・添付・送付との違い・反対語|メールについての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「送付」の用例についてご紹介しました。「送付」という言葉は基本的に「物を相手に送り届けること」を意味し、その場合は「郵送」や「配送」によって物が送られる場合でも普通に「送付される」という表現が使われます。しかし、厳密に言えば「郵送」と「配送」の意味合いが違うように、「送付」の使われ方も場面・状況によって使い分けられなければなりません。このように、日本語にはいろいろな意味合い・用法が密接に絡んだ使用法が見られるため、1つ1つの言葉の意味と用法をしっかり把握しておき、どんな場面でも適切な表現を区別しておくことが大切です。, ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多いドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!, 稼げないタクシー運転手には特徴があります。効率よく車を回したり、顧客の立場に立った接客ができなければ稼げるタクシードライバーになることができません。また、自分の普段の作業を振り返ることで稼げない原因を突き止めることができます。, バッテリーは、電気を蓄えるもので中にはバッテリー液と言う液体が入っています。バッテリー液は、自然と少なくなってしまい最後には性能を発揮することができなくなります。また、バッテリー液が無くなってしまうと火災などの原因となりますので注意が必要です。, ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。, エンジンオイルの漏れが気になることはありませんか?こちらでは、エンジンオイルの漏れによる影響を7つご紹介していきます。エンジンオイル漏れの対処法や費用が気になるという方は、ぜひご覧ください。車のオイル漏れについて理解を深めてみましょう。, キャッシュレスで便利なタクシーチケットはお客様の交通費などに使われるイメージですが、個人で利用可能です。個人で利用すると交通の管理などに便利です。今回はタクシーチケットの購入方法や購入の際の注意点についてご紹介します。タクシーチケット購入の参考にしてください, 車が好きで運転が得意で地理にも詳しい人なら、希望する職種に「運転手」を思い浮かべるでしょう。ただし「運転手」といってもその種類はさまざまです。ここでは「役員運転手」という職種に焦点を当て、役員運転手を目指す人に必要な資質や心得について考えていきましょう。.

「送付」は丁寧な言葉の1つなので、相手先の企業に資料や品物を送る場合などに使用します。, 「送付」という言葉はどのようなシチュエーションやシーンで使われることが多いのでしょうか。「送付」という言葉は、ビジネスシーンなどでは特に使用される頻度が高い傾向にあります。 「送付」の意味は「品物・書類などを送り届けること」「送り渡すこと」です。「送」は音読みだと「ソウ」、訓読みだと「おくる」と読みます。「送」は「人や物を別の所に運びおくる」を意味します。「付」は音読みだと「フ」、訓読みだと「つく」「つける」と読みます。「付」は「よせる」「届 … 記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 「送付」という言葉の使い方をご存知ですか。職場などの普段の会話で、この表現を使っているものの、正確な意味や使い方に精通していない人は少なくありません。この記事から「送付」という言葉の正確な意味と実用的な使い方をご紹介します。, 「送付」という言葉には、「送り届ける」という意味があります。 「送付」という言葉の意味は「送り届ける」という意味ですが、メールを送る場合には「送付」ではなく「送信」を使用します。 「送付」はビジネスシーンで頻繁に使用される言葉だからこそ、正しい表現方法を身につけなければなりません。「送付」という言葉の意味を正しく理解し、例文を参考にしながら「送付」の使い方をくわしく見ていきましょう。.