仕事に関する要件を本文に書いた後で、書き残した内容がある時、「追記」という言葉を使って、その後に文章を書きます。 以上、この記事では、「追伸」と「追記」の違いについて解説しました。 追伸 :手紙などで本文の後に何か書き足したいことがある場合に使う 追記 :本文に付け加えて記載する文章のこと 「追記」は「後から付け加えて、本文の後に書き足すこと」 「追伸」は「本文を書き終わった後で、新たに書き足すこと」 「追記」と「追伸」は意味は同じですが、使い方が異なります。 「追記」は「文書」、「追伸」は「手紙」で使います。 二つの言葉はほとんど同じ意味を持っていますが、使用する相手に違いがあります。 「同級会」とは? 「今年も例年通り、夏祭りが開催されるよう... この記事では、「苦手」と「下手」の違いを分かりやすく説明していきます。 このように「追伸」には、「手紙などで、本文の後にさらに書き加える文」という意味があります。 「古墳」とは? この記事では、「例年通り」と「従来通り」の違いを分かりやすく説明していきます。 「追伸」という言葉は、手紙などでよく見かけるものです。一方、これとは別に「追申」という表記を目にすることもありますが、一体この2つはどのような点が違うのでしょうか。また、「追伸」と似た意味の「追記」との違いも気になるところです。, そこで今回は、「追伸」「追記」「追申」の意味や違いなどについて解説したいと思います。, 「追伸」の意味は、「手紙などで、本文のあとに付け加える文章の冒頭につける語」というものです。手紙やメール等において、本文を書いた後に何か付け加えたいことがある時、その加える文の最初に記す言葉になります。読み方は、「ついしん」です。, 「追伸」の「追」の字は、「見送る」という意味を持ちますが、「後をおう」の意味もあります。一方「伸」の字は、「のびのびする」「のばす」を表しています。つまり「追伸」の語は、「(本文の後を)追ってのばす」という意味を表していることになります。, 「追記」との違いは、相手がいる場合にのみ使われるということです。後述するように、「追記」は特に決まった相手に対して使われる語ではありません。この点は、両者の使い分けのポイントとなります。, 「追記」とは、「後からさらに書き足すこと」という意味の言葉です。本文を書いた後、それに何か文章を加えることを指します。また、そうして加えられた文章についても言います。読み方は、「ついき」です。「追記」の「記」は、「しるす」「書く」などの意味があります。「書き洩らした事項を追記する」「但し書きが追記してある」のように使われます。, 「追伸」との違いは、上で述べたように、特定の相手を必要としないという点にあります。「追伸」が、手紙やメールなどの特定の相手に向けたメッセージで使われるのとは違い、「追記」は小説や論文など文章全般で広く使うことができます。ただ、手紙等では普通「追伸」が使われるので、「追記」はそれ以外の文章で使うことが一般的です。, 「追申」の意味合いは、「追伸」と同じです。やはり、「手紙などで本文の後に加える内容の頭につける語」を指しています。読み方も、同じく「ついしん」になります。「追申」の「申」の字は、「のびる」「天の神」を表しており、「もうす」「述べる」の意味もあります。, このように「追伸」と意味に違いはありませんが、もともとは「追申」の表記だけが使われていました。前述のように、「追申・追伸」は「追ってのばす」ことを指していますが、だんだん「申」の字が「もうす」の意味で使われることが多くなったことから、「のばす」の意味を分かりやすくために「伸」の字があてられるようになったという経緯があります。現在はどちらの表記を使ってもOKですが、一般的には「追伸」の表記がよく使われる傾向にあります。, 「社会人の教科書」は社会人のためのビジネス情報マガジンです。ビジネスマンやビジネスウーマン向けに働く上で欠かすことができない情報・ノウハウや仕事上で役立つツールなどをまとめてお届け致します。. 例えば、状況下学生が、実家の家族に手紙を書くことがあるかもしれません。 本文を書き終えた後で、書き残した内容をさらに書き加える時、「追伸」という言葉を使います。 さらに「追伸」と「追記」を使った例文と意味を紹介し、解釈して行きます。, 「追伸」には、「手紙などで、本文の後にさらに書き加える文」という意味があります。 また「追記」には「後からさらに書き足すこと、またその文章」という意味があります。 「同級会」の意味 本文は、自分の近況や、仕送りをしてくれている両親に対する感謝などが中心になるかもしれません。 みなさんはメールは日ごろ活用していますか?今や仕事先や友人、家族などと連絡を取る時はメールを活用していますよね。今回はそんな便利なメールの「追伸」の書き方や「追伸」の使い方から始まり、いろいろなことに関して説明していきます。 「追伸」が、手紙やメールなどの特定の相手に向けたメッセージで使われるのとは違い、「追記」は小説や論文など文章全般で広く使うことができます。ただ、手紙等では普通「追伸」が使われるので、「追記」はそれ以外の文章で使うことが一般的です。 ただ、たまには友達に手紙を送ることがあると思いますし、ビジネスの場面では手紙を書くこともあるかもしれません。, そして、「追伸」と使うべき場面で「追記」を使ってしまったりすると、相手から常識がない人だと思われてしまうかもしれません。, つまり、「追伸」では必ず相手がいる必要がありますが、「追記」では相手がいてもいなくても大丈夫なのです。, ちなみに、「追」は「軍が出発する時に奉じる肉」と「行く」という意味を選らわす部分とを組み合わせてできた漢字で、敵を追うというのが本来の意味です。, そこから、「求めるものを追う」「既存のものにさらに加える」「既存のものに従う」などの意味が生まれました。, なぜなら、書き足したいほど書きたいことがある、という気持ちが相手に伝わるからです。, 例えば、「今度飲みに行きましょう」などと書くと相手との仲がより深まるのではないでしょうか。, 追伸を使ってはいけない場面には大きくわけて6つほどあります。それぞれについて見ていきましょう。, なぜなら、追伸はそもそも手紙で用いられるものであり、メールでは書き足すのが簡単だからです。, 「追伸」は基本的に親しい人のみに使い、ビジネス場面ではあまり使わないほうがいいでしょう。, 目上の人に対する手紙で何かを書き忘れた場合には、おとなしく最初から書き直すべきでしょう。, なぜなら、追伸は基本的に友達のような関係の人に使うものであるため、ビジネスで付き合いのある人へ使うのは失礼にあたるからです。, なぜなら、感謝や謝罪などは重要なことがらであり、書き足すような事柄ではないからです。, 特に、謝罪を追伸で行ってしまうとクレームにつながりかねないので、絶対にやめたほうがいいでしょう。, なぜなら、本文に書き足したいことを重ねてしまうと、結婚を重ねることを連想させてしまうからです。, どんな文章にも用いることができるので、それを伝える相手がいるかどうかは関係ありません。, なぜなら、手紙やメールなどで書き足したいことがある場合には、「追伸」を使うからです。, ちなみに、追記には通常、絵やグラフや表などを含まず、文章だけが書かれていることが多いです。, また、内容の補足というわけではないので、内容とはあまり関係のないことが書かれている場合もあります。, 「追伸」では必ず相手がいる必要がありますが、「追記」では相手がいてもいなくても大丈夫.