「不毛」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味を立体的に知る事ができるでしょう。, 「肥沃」は「ひよく」と読み、「土地の生産力が高い、肥えた土地の様子」という意味があります。
さらに「不毛」の英語や対義語、類語や例文などを紹介して行きます。, みなさんは「不毛」という言葉を知っているでしょうか。 例えば、「この土地は『不毛』で、作物が何も作れない」などという言い回しをする事があります。, 「不毛」は「ふもう」と読みます。



例えば話し合いが無駄に終わってしまい、何の成果も得られない時、「『不毛』な話し合いに終わってしまった」などと言います。, 「不毛」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。 一方で活字慣れしている人は、「不毛」という言葉を使いこなしているかもしれません。 そのため「不毛の地」というフレーズを英語にすると、“barren land”(バレンランド)になります。

引越し先などで野菜が育てられない時に、「不毛」という言葉を使ってみましょう。 また比喩的な意味で「不毛」を使う時、努力しても何も成果が得られないという意味になります。 恋愛の場面でも「不毛なやり取り」をする事があります。 ビジネスシーン「不毛」という言葉を使う時は、こちらの比喩的な意味で使っています。

ビジネスシーンで「不毛」という言葉が登場した時に、「どのような意味だろう」と感じたことがあるかもしれません。 「不毛」は英語で“barren”(バレン)になります。 そして次回から「不毛な時間」を過ごさないよう気を付けましょう。, 当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。, 「彼女と『不毛なやりとり』をし、1時間話し合っても、デートする場所すら決まらなかった」. 「ふけ」「ふげ」などと読み間違えないように気を付けましょう。

様々な場面における「不毛」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。, 「彼女と『不毛なやりとり』をし、1時間話し合っても、デートする場所すら決まらなかった」 逆に言えば土地を肥やす事ができれば、一気に生産性が増す、夢のある土地と言えるでしょう。, 「不毛」という言葉を使った例文を紹介します。

また「不毛の議論」というフレーズは英語にすると、“barren discussion”(バレンディスカッション)になります。 お互いが行きたい場所を主張して、相手に譲らないとデートする場所すら決まりません。 荒蕪 読み方 こうぶ 意味 土地が手入れされずに荒れていて雑草が生い茂っていること。 用例 「―地」 活用 「―する」 対義語 “barren”には「不毛」という意味があります。 「荒蕪」 「荒蕪」 は 「こうぶ」 と読む、読み方が難しい言葉です。 「荒蕪」 には、 「土地が荒れ果てている事」 という意味があります。 例えば荒れ果てた時を開墾する時、 「『荒蕪』の地を開墾する」 などと言います。 このような会議が続く時、「また『不毛な会議』が始まるよ」などと嫌味を言われるかもしれません。, 「不毛な大地」は、土地がやせていて、作物が育たない広い土地の事を言います。 このような時に、気持ちの整理を付けるため「不毛だった」などとつぶやいてみましょう。 例えば恋人同士が激しく言い争った後、何も生産的な意見が出ない時に「不毛なやりとり」という表現をします。, 一生懸命話し合ったのに、結論が出ない会議を「不毛な会議」と言います。 長時間話し合いをしたのに、意見が分かれて何も結論が出ない時、「『不毛』な話し合いが続いて疲れてしまった」などと言います。 荒蕪 肥沃 こうぶ ⇔ ひよく 2 明瞭 模糊 めいりょう ⇔ もこ 3 軽侮 畏敬 けいぶ ⇔ いけい 4 卑近 迂遠 ひきん ⇔ うえん 5 出家 還俗 しゅっけ ⇔ げんぞく 6 回復 失墜 かいふく ⇔ しっつい 7 賢明 愚昧 「不毛」とよく似た言葉を知る事で、この言葉の意味をより深く理解できるかもしれません。, 「未開」という言葉は、テレビのドキュメンタリー番組や旅番組などで使われる言葉です。 「ランド」も「ディスカッション」も良く使うカタカナ語のため、知っている人は多いと思います。

話し合いだけなく、間違った方法で作業をしてしまい、何も成果を得られない時も「不毛」だと感じます。 「不毛」には、「土地がやせていて作物が何もできない事」という意味があります。 「不毛」という言葉の意味や使い方を紹介します。

生産性がないのに、長い時間を費やした事に徒労感を覚えるでしょう。 例えば、だれも人が入っていないジャングルなどは「未開の地」と言われます。, 「荒蕪」は「こうぶ」と読む、読み方が難しい言葉です。

その話し合いや作業に捧げた時間を思い「不毛な時間」だったと感じるでしょう。, 「不毛」の類語や類義表現を紹介します。

1.豊沃 - 荒蕪 (こうぶ) 「豊沃(ほうよく)」は土地が肥えていて作物がよく育つこと。 「荒蕪(こうぶ)」は土地が荒れ果てて雑草が生い茂ること。 「不毛」には、土地がやせていて農作物が育たない様子という意味があります。 例えば荒れ果てた時を開墾する時、「『荒蕪』の地を開墾する」などと言います。, 「不毛」という言葉の意味や使い方を見てきました。 みなさんも、「無駄だったな」と感じる時間を過ごす事があると思います。
このように「不毛」は英語で、“barren”になりますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。, 「不毛」の対義語を紹介して行きます。

どのような作物でも育ちやすい土地に対して「肥沃な土地」というフレーズを使います。, 「豊穣」は「ほうじょう」と読み、「地味が肥えていて、穀物が良く実る事」という意味があります。 「不毛」はどちらかと言えば比喩的な意味で使われる事が多く、話し合いの場面で使う事が多いため、結論が出ない会議などを終えた後で「不毛」という言葉を使ってみましょう。, 次に「不毛」を使った言葉と、その意味を解釈して行きます。 「荒蕪」には、「土地が荒れ果てている事」という意味があります。 「不毛」には土地がやせていて作物を作れないという意味がありますが、比喩的な意味で「努力しても成果が得られない事」という意味があります。 この例文のように、何も成果が出ない話し合いは「不毛」だと感じます。 「未開」には、「土地がまだ切り開かれていない事」という意味があります。 「大地」には「広い面積を持つ土地」という意味があるため、そのような広い土地の生産性が低い事は、かなりショックな事です。 今回は彼女の行きたいところ、次回は彼の行きたいところに行くなど、譲り合いの精神を持つ事が大切です。, 「8時間も話し合ったのに何も決まらない、信じられない『不毛』な時間だった」

野菜を育てたり米を育てるのに向いている、生産力が高い土地の事を「豊穣な農地」などと言います。, 「不毛」という言葉はどのような場面で使えばいいでしょうか。 「不毛」という言葉を使った定型句のような言葉のため、知っておくと使い勝手がいいでしょう。, 「不毛なやりとり」はあらゆる場面で登場する言葉です。