経緯 [編集]. 安倍首相が最低でも2021年まで総理大臣を務めることがほぼ確定しました。完全に石破茂氏の大敗北です。自民党総裁の任期を3期9年に延長するか、そもそも任期の制限自体を撤廃するという2つの選択肢にしぼられたようです。2016年の間に結論をだし、 つまり、 自民党総裁としての任期は2021年9月末日までとなります 。 (引用:nippon.com) 任期いっぱいまで首相を務めると、在任期間は3567日となり自身の記録を抜くこととなります。 安倍晋三首相の任期延長の可能性は 自民党総裁選に関するニュースは定期的に放送されますが、仕組みに関してはどうなってるのかイマイチ分からない方も居ると思います。最近では自民党・二階俊博幹事長による、安倍総理がやるなら4選もあり得るという趣旨の発言もありました。現在の自民党総裁 自民党は大勝し、任期の1年延長に繋がったのです。 ところが、選挙期間中のある発言が大きな問題となりました。 中曽根康弘総理大臣(当時)の発言 ‐1986年6月-

概要. 中曽根総裁の2期目の任期は本来1986年9月に満了することになっており、当時の総裁は3選が禁止されていたことから、いわゆる「ポスト中曽根」として次期総裁に誰が就くかが政界の焦点と … こうして第三次中曽根内閣が発足しましたが、中曽根総裁のめざましい指導下にかちとられた選挙結果をうけて、九月の党大会に代わる両院議員総会で、中曽根総裁の党総裁としての任期を、翌年十月三十日まで一年間延長することが決定されたのです。 中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 だが、総裁「4選」を可能にするには自民党規約の改正が必要で、ゴリ押しすれば党内の反対論が高まり、権力闘争の火に油を注ぐことになりかねない。そこで安倍-麻生陣営内では、安倍首相の総裁任期を特例で「1年延長」するという秘策が練られている。 こうして第三次中曽根内閣が発足しましたが、中曽根総裁のめざましい指導下にかちとられた選挙結果をうけて、九月の党大会に代わる両院議員総会で、中曽根総裁の党総裁としての任期を、翌年十月三十日まで一年間延長することが決定されたのです。 中曽根裁定(なかそねさいてい)は、1987年10月20日に自由民主党総裁の中曽根康弘が、竹下登幹事長、安倍晋太郎総務会長、宮沢喜一大蔵大臣の3人(安竹宮)の内から竹下幹事長を次期総裁に指名したことを指す。 自由民主党総裁は、自由民主党党則6条及び総裁公選規程により、党所属の国会議員・党員・自由国民会議会員・国民政治協会会員による公選が原則であり実施年の大晦日までに満年齢20歳となる日本国民で、前年や前々年の党費や会費を2年連続納入していなければ参加不可能である。