敏感だ。. 聡いという言葉を辞書などで調べると大きく三つの意味があります。一つ目は的確に判断し、理解が早く、賢いという意味です。二つ目はその分野を得意とするという意味です。三つ目は感覚が鋭く感じやすいという意味です。例文としては「この青年は聡い」というように使います。 さと・い【 × 聡い/ 敏い】の解説. 聡い/敏い(さとい)とは。意味や解説、類語。[形][文]さと・し[ク]1 理解・判断が的確で早い。賢い。「この子は―・い」2 感覚が鋭い。敏感だ。「耳が―・い」「利に―・い」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 賢い。. 「耳が―・い」「利に―・い」. [形] [文]さと・し [ク]. 2 感覚が鋭い。. 「心の機微」の意味と使い方・例文・類語などをご紹介します。「心の機微」に続く言葉は、敏感・聡い・感じる・触れる・疎いなどがあります。心の機微は内面の問題なので、表面では見えてこないものですが、相手の気持ちに寄り添うことで、心の機微に触れることができます。 あなたは「聡い」という漢字の読み方を知っていますか。もし知らないのであれば、この記事から「聡い」の読み方を理解しましょう。そして「聡い」を自分の会話の中でどのように使うことができるのかも調べてみましょう。きっと今後の生活の役に立つはずです。 「聡い」の用例・例文集 - 襲撃艦なる艦種をつくったことが聡い考えであるのかどうか、いまのわたしは知らぬ。 聡い者であれば、もうこんなふうに一瞬で気がつくことなのだ。 だから、教へぬに日月を語ることは、極めて聡い人の事として居た頃である。 聡いの関連情報 「二子さといも」出発式 北上特産の粘りと味わい (2020-9-19) (しつもん!ドラえもん:3721)やまがた編 こたえ (2020-7-7) 山形)いい里芋とは? 県、わかりやすい規格表に改良 (2020-3-15) 1 理解・判断が的確で早い。. 「この子は―・い」.