「秋」の漢字を使うと実りある人生を歩んでくれるイメージの名前になりますね。またこちらに『あきと』以外に「秋」という漢字を使った名前がありますので、こちらも合わせてご覧下さい。, 自然をイメージした『あきと』という名前にはどんな漢字があるのでしょうか。自然をイメージする名前と言えば「空」や「天」という漢字を使った名前ですよね。この「空」や「天」という漢字を使った自然のイメージの『あきと』には空飛・天季大・空柊などがあります。

文人・光人・壮人・成人・旭人・映人・昭人・亮人・啓人・彬人・愛人・煌人・照人・彰人 などがありました。, 「明」を使った『あきと』と読む漢字は などがありました。, やはり赤ちゃんに名付ける時は漢字の字画数も気になりますよね。ここからは男の子の赤ちゃんに「あきと」と名付ける時に人気の漢字の暁・人・光・昌・明・晶・空・天・了・翔・壮の字画数とその漢字と相性の良い字画数の漢字や、相性の良い組み合わせの字画数の漢字をご紹介したいと思います。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『暁』の字画数は12画です。『暁』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『人』の字画数は2画です。『人』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『光』の字画数は6画です。『光』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『昌』の字画数は8画です。『昌』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『明』の字画数は8画です。『明』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『晶』の字画数は12画です。『晶』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『空』の字画数は8画です。『空』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『天』の字画数は4画です。『天』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『了』の字画数は2画です。『了』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『翔』の字画数は12画です。『翔』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんの名前に人気の漢字の『壮』の字画数は6画です。『壮』という漢字に相性の良い漢字の組み合わせは以下の通りになります。, 男の子の赤ちゃんに『あきと』と名付ける時に字画数も気になりますが、漢字の意味や由来も大事ですよね。ここからは男の子の赤ちゃんに『あきと』という名前を付ける時に人気の漢字の意味や由来を詳しくご紹介したいと思います。漢字の意味や由来を知るとお父さんやお母さんの想いを込められる名前が見つかりやすいと思うので、是非名付けの際の参考にしてくださいね。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『暁』の意味は【夜が明ける時・悟る】。由来は【太陽を意味する「日」と土を高く盛り上げている状態を形にした文字と人間の上部に横に線を引いた状態を形にした文字を合わせて『日が高く上る様』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『人』の意味は【人間・人数を数える時に使う】。由来は【人が手と足を伸ばしている状態を横から見た時の形をそのまま文字にしてこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『光』の意味は【目に明るいと感じさせる】。由来は【人間がひざまずきその頭上に明るい火がともり光っていたことを表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『昌』の意味は【盛ん・繁栄・朗らか・美しい】。由来は【明るく光を放出する太陽を意味する日を2つ合わせてこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『明』の意味は【明るい光・物事を見分ける力】。由来は【「朙」の略字。「囧」は家の窓という意味があり「月」と合わせて『月明かりが窓から入り辺りを明るく照らしている様子』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『晶』の意味は【明るくキラキラと輝いている】。由来は【キラキラと光って輝いている星を形にした文字を合わせて『光輝いている様』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『空』の意味は【地上を広く覆っている空間】。由来は【「穴」と突き抜けているという意味のある「工」を合わせて『上部に何もない状態』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『天』の意味は【上空・自然・神様や精霊がいると言われている場所】。由来は【仁王立ちしている人間の頭を強調した姿を形にして『頭上に広がる大きい空間』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『了』の意味は【終わり・理解・悟る】。由来は【手足を巻かれるようにくるまれた赤ちゃんの姿を形にし『物事の終わり』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『翔』の意味は【羽を広げ空高く飛ぶ】。由来は【洋服を作る際に使用される「羊」は豊かなものの象徴と言われており、そこに飛び回る鳥の羽の字を合わせて『翼を広げ空高く飛び回る様』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 男の子の赤ちゃんに名付ける際に人気な漢字の『壮』の意味は【若くて元気・威勢が良い・立派で大きい】。由来は【壮の左側のしょうへんは元は「爿」と書いておりこの「爿」は台を縦にした姿を形にしており長くて高いという意味を持っています。「土」はまさかりという意味を持っておりこの2つを合わせて『まさかりを持つ背の高いたくましい姿』を表すためにこの漢字が生まれた】と言われています。, 赤ちゃんに「あきと」と名前を付ける時のポイントがいくつかありますがその中でも特に大切なポイントが3つあります。1つ目は名付けをする時の注意点。2つ目は名付ける時に使わないほうが良いといわれている漢字。3つ目は漢字の組み合わせ。それではそれぞれのポイントについて詳しくお話ししていきたいと思います。, 「あきと」と名前を付ける時の注意点が4つあります。1つ目は名前に使える漢字を使用しているか。2つ目は難しすぎる漢字を使ってないか。3つ目は漢字を間違えていないか。4つ目は名字とのバランスです。それではそれぞれの注意点について詳しくお話ししていきたいと思います。, 日本には名前に使用できる【常用漢字・人名用漢字】と名前に使用できない漢字があります。今現在日本に漢字は十万個ほどあると言われていますが、その中で名前として使用できる「常用漢字」と「人名用漢字」は合わせて約3000字ほどしかないと言われています。名前として使えない漢字を使用していると役所に出生届けを出した際に受理してもらえませんので、もう一度しっかり確認してから届けを出しましょう。 などがありました。, 「翔」を使った『あきと』と読む漢字は

晶大・晶士・晶斗・晶仁・晶友・晶永・晶冬・晶叶・晶哉・晶治・晶歩・晶都・晶祷・晶登・晶翔・晶渡・晶跳

今回はこの【秋のイメージ】【自然のイメージ】【明るいイメージ】【知的なイメージ】【力強いイメージ】の5つのイメージの『あきと』の漢字をご紹介します。お父さん・お母さんの想いが込められる『あきと』が見つかればいいですね。, 男の子の赤ちゃんに『あきと』と名付ける時に人気のある漢字は暁・人・光・昌・明・晶・空・天・了・翔・壮などがあります。それではこの『あきと』と名付ける時に人気の漢字を使った5つのイメージの『あきと』をご紹介したいと思います, まずは秋をイメージする『あきと』という名前の漢字からご紹介します。秋をイメージする『あきと』という名前ならやはり「秋」という字を使うのが一番ですよね。「秋」という漢字を使った『あきと』は秋人・秋兎・秋奏などがあります。

「明」・「光」・「昌」という漢字を使うといつも朗らかな笑顔で明るい男の子の名前のイメージですね。, 知的な人をイメージする『あきと』という読む漢字にはどんな漢字があるのでしょうか。知的なイメージの漢字といえば日本書紀の略字である「紀」・さとるという意味のある「了」・聡明の「聡」ですね。この「了」・「聡」・「紀」を使って『あきと』と読む漢字は了飛・天希聡・紀人などがありました。

赤ちゃんの名前はお父さんとお母さんが赤ちゃんに贈る初めてのプレゼントです。その初めてのプレゼントにお父さんとお母さんのありったけの想いを込めて、赤ちゃんに素敵な名前をプレゼントしてあげてくださいね。, 男の子の名前『あきと』の漢字や字画数・意味の由来を徹底調査!のページです。Cherish [チェリッシュ]は、女性のライフスタイルに関する情報をまとめたWebメディアです。「こんなサイトが欲しかった」を目指し、様々な場面で疑問や悩みを持つ女性のために役立つ情報を日々発信しています。.

などがありました。, 「天」を使った『あきと』と読む漢字は などがありました。, 「空」を使った『あきと』と読む漢字は

これらとは別に、室町時代から漢名を取り入れ、「ヒスイ(翡翠)」とも呼ばれるようになった[17]。, カワセミは、それを表す(読む)漢字が沢山ある。川蝉、翡翠、魚狗、水狗、魚虎、魚師、鴗など[18]があり、川蝉はセミとは関係がなく、「カワセミ」の音を当てた漢字。魚狗、水狗、魚虎、魚師などの漢字はカワセミが巧みに魚を捕らえる様子から来た。, ヨーロッパおよびアフリカ北部からインド、東南アジアにかけて分布し、広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれている[1][19]。暖かい地方では定住するが、高緯度地方のものは冬には暖かい地域に移動する。日本では亜種カワセミ A. a. bengalensis (Gmelin, 1788) が生息し、北海道で夏鳥だが、ほかの地域では留鳥として1年中見ることができる[8]。, 国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリストの軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]。, 日本では1960-70年代に河川の護岸がコンクリート化にされるに伴い、土壁の垂直面の巣にできる場所を失い、都市周辺で著しく減少した[8]。1980年代に東京都で徐々に見られるようになり、90年代には都市部にも戻って来た[20]。清流のある環境に生息することから、環境汚染のバロメータとされている[21]。1992年度(平成4年度)から北海道旭川市で石狩川にかかる秋月橋付近に、カワセミが巣穴を掘り進むための入り口の穴をあけた護岸ブロックが設置され、効果があった[22]。以後、カワセミ営巣ブロックが日本の各地に設けられた。都市環境に適応して、護岸の水抜きパイプの穴を巣に利用することがある[8][20]。, 宝石のヒスイはこの鳥の羽の色に由来して名付けられた。漢字の「翡翠」は、カワセミ、ヒスイどちらとも読める。, また、アカショウビンなどの「ショウビン」はカワセミの古語で、これも同じ「翡翠」を当てる。「翡」は赤い羽、「翠」は青い羽を指しているとも、「翡」はオス、「翠」はメスを指しているともいわれている。, 紀宮清子内親王(現・黒田清子)が山階鳥類研究所で研究を担当しているのは「カワセミ」である。カワセミに対する思い入れが強く、宮内庁職員文化祭に「川瀬美子」(かわせ・みこ)の名前で手芸作品を出品したことがある。, 天野月子のシングル『翡翠』の別バージョン「翡翠 〜スリムType〜」にはカワセミのギミック(擬声音)が使われている。, ギリシア神話には、一国の国王でもあった夫ケーユクスを海難事故で失った女性アルキュオネーが、死んだ夫と共に姿をカワセミへと変え、2羽でつがいを組んでその後も仲良く暮らし続けたという話が存在する。, 日本では多数の市町村で、「自治体の鳥」の指定を受けている。(括弧表記)はかつて存在していた自治体。, 高野伸二 『野鳥識別ハンドブック』改訂版、日本野鳥の会、1983年、206-207頁。, 三省堂編修所 『何でも読める難読漢字辞典』 株式会社三省堂 1995年9月10日初版発行, NHKアーカイブス保存番組詳細「みどりの地球 カワセミがもどってきた」(1985年6月25日放送), NHKアーカイブス保存番組詳細「野鳥百景カワセミ多摩川」(1996年4月1日放送), NHKアーカイブス保存番組詳細「ふるさと自然発見 青い宝石・カワセミに魅せられて 〜北海道旭川市・江丹別〜」(1997年6月21日放送), NHKアーカイブス保存番組詳細「ハイビジョンスペシャル カメラマン嶋田忠 野生の瞬間に挑む カワセミ 最古の森にきらめく」(2004年3月23日放送), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カワセミ&oldid=79635904. 春の鳥~冬の鳥と四季の鳥を紹介させていただいてます、たくさんの渡り鳥もお り春になるとどこからともなく集まった鳥たちのさえずりが聞こえてきます、美しい 声きれいな色の鳥も沢山いますね。 暁大・暁士・暁斗・暁仁・暁友・暁叶・暁永・暁冬・暁哉・暁音・暁飛・暁都・暁登・暁翔・暁渡・暁跳 などがありました。, 「壮」を使った『あきと』と読む漢字は

「空」や「天」という漢字を使うと空を飛ぶ鳥のように自然なイメージの名前になりますね。またこちらに『あきと』以外の自然をイメージした名前がありますので合わせてご覧ください。, 明るいイメージの『あきと』にはどんな漢字があるのでしょうか。見たままの「光」・「明」や明らかという意味のある「昌」という漢字が『あきと』に使えます。この「明」・「光」・「昌」を使って『あきと』と読む漢字は明飛・光人・昌利などがありました。 空大・空士・空叶・空永・空冬・空兎・空杜・空利・空和・空治・空歩・空哉・空音・空飛・空途・空疾・空敏・空跳・空橙

赤ちゃんが出来たら必ずと言っていいほど名前に悩みますよね。今回は『あきと』という名前について、どんな漢字があるのか、『あきと』に使われる漢字の字画数や意味・由来などを詳しくご紹介します。きっとお父さん・お母さんの想いが込められる『あきと』が見つかりますよ。 カワセミ(翡翠[5]、翡翆、魚狗[6]、川蟬[6]、学名:Alcedo atthis)はブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に属する鳥。水辺に生息する小鳥。鮮やかな水色の体と長いくちばしが特徴。ヒスイ、青い宝石、古くはソニドリ(翠鳥[7]、鴗[注 1])と呼ばれることもある。, 全長は17 cmほどで[8][9][10] (16-20cm[3]) 、スズメよりも大きいが[11]、長いくちばし(嘴峰長3.3-4.3 cm[12])のため体はスズメほどの大きさ[13]。日本のカワセミ科のなかでは最小種となる[10]。翼開長は約25 cm[8] (24-25cm[3])。体重19-40g[3]。くちばしが長くて、頭が大きく[10]、頸、尾、足は短い。オスのくちばしは黒いが、メスは下のくちばしが赤いのでオスと区別できる[14]。また、若干メスよりオスの方が色鮮やかである[11][15]。500系新幹線のノースデザインはカワセミのくちばしをモチーフとしている[8]。頭、頬、背中は青く、頭は鱗のような模様がある。喉と耳の辺りが白く、胸と腹と眼の前後は橙色。足は赤い[10]。幼鳥は全体に黒っぽく、光沢が少ない[9]。, カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える[8]。これを構造色といい[8][16]、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理。この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる。特に両翼の間からのぞく背中の水色は鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見える。漢字表記がヒスイと同じなのはこのためである。, 海岸や川、湖、池などの水辺に生息し、公園の池など都市部にもあらわれる。古くは町中でも普通に見られた鳥だったが、高度経済成長期には、生活排水や工場排水で多くの川が汚れたために、都心や町中では見られなくなった。近年、水質改善が進んだ川では、東京都心部でも再び見られるようになってきている。, 川ではヤマセミよりも下流に生息するが、一部では混在する[8]。飛ぶときは水面近くを速く直線的に飛び、このときに「チッツー!」「チー!」と鳴き声[注 2]を挙げることが多い[8]。, 採餌するときは水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や水生昆虫をくちばしでとらえる。エビやカエルなども捕食する[8]。ときには空中でホバリング(滞空飛行)しながら飛び込むこともある。水中に潜るときは目からゴーグル状のもの(瞬膜)を出し水中でも的確に獲物を捕らえることが出来る。また、水中に深く潜るときはいったん高く飛び上がってから潜る個体も存在する。捕獲後は再び石や枝に戻ってえものをくわえ直し、頭から呑みこむ。大きな獲物は足場に数回叩きつけ、骨を砕いてから呑みこむ[9]。消化出来なかったものはペリットとして口から吐き出す[8]。瞬膜は地上にいるときでも時々見ることが出来る。