取り急ぎ、メールにて受領のご報告とお礼まで。 署名 相手の手間のお陰で、どのように助かったかを明記する: 無理なお願いを聞き入れてもらったときは、相手の厚意によって、どのような恩恵を受けることができたかを簡潔に書き添えることにより、感謝の気持ちが最大限に伝わります。 ・「光栄です」の意味とは?目上に使える例文から類語まで詳しく解説!, 「拝受」と同じように「します」などと組み合わせて「拝見します」と使われます。「拝受」は「受ける」の謙譲語、「拝見」は「見る」の謙譲語と言葉の意味が全く異なるので、同じ意味では使用されません。少し言葉が違うだけで違う意味になるので、使い方には気を付けましょう。, 例えば相手からメールを受け取ったとき「メールを拝受しました」と返信するとメールを受け取っただけ、という意味になりますが「メールを拝見しました」と返信するとメールを読んだという意味になります。, 「ご査収」とは、「(請求書などの内容を)しっかりと調べて受け取る」という意味の敬語です。, 尊敬語の接頭詞である「ご」を付け「ご査収ください」とすることで、「よく確認してお受け取りください」という意味になり、ビジネスシーンでよく使われます。, ビジネスメールなどで「よろしくご査収ください」と送られてきたとき、「拝受しました」と返答するとスムーズです。このように、「査収」と「拝受」は対義語ではありませんが、ビジネス上セットで使われることが多い組み合わせの言葉です。, 【「例文」で使われている敬語】 その折はご対応の程、何卒よろしくお願い申し上げます。, 相手の手間のお陰で、どのように助かったかを明記する:無理なお願いを聞き入れてもらったときは、相手の厚意によって、どのような恩恵を受けることができたかを簡潔に書き添えることにより、感謝の気持ちが最大限に伝わります。定型的な文章ばかりで構成されたお礼メールにならないよう気をつけましょう。また、突然のお願いを申し出たことに対するお詫びの一文を添えてもよいでしょう。. 誠にありがとうございます。 簡易な資料のやり取りのほかに、確認のため正式文書の写しを送付したり、問い合わせ内容を文書して提出したり、やりとりの内容は様々ですが、受け取ったことについて返信するシーンがあります。, ビジネスメールにおいて使用される言葉として、「受領」や「拝受」といった言葉があります。, いずれも、「受け取りました。」という意味であることには変わりありませんが、「受領」「拝受」いずれも、正式な書類、重要な書類や物品を受け取ることをいみしますので、日常会話で使用することはほとんどないでしょう。, 漢字をみると分かりますが、「拝受」には「拝」という文字が用いられており、へりくだった意味をもつ漢字が使用されています。, 「資料を受領しました。」というよりも「資料を拝受しました。」としたほうが、より丁寧な表現となります。, 「拝受」という言葉は、書類や物品のほかに、気持ちのような精神的なものにも使うことができますので、まずは言葉として覚えておくとよいですね。, やや堅苦しい印象を受けますので、若い世代の人はあまり使わないかもしれませんが、中高年の方はよく使う表現ですので、覚えておくと良いでしょう。, 正式な資料などを受け取ったときには、「確かに受領いたしました。」「拝受いたしました。」と表現することが多くあります。, ビジネスメールにおける、「受領」「拝受」の意味の違いについては、前述のとおりですが、「受け取りました。」ではだめなのでしょうか。, 慣れないうちは、「受領」や「拝受」といった言葉に違和感を覚えるでしょうから、使用に違和感のない、「受け取りました。」としても構いません。, 受け取ったことを示す言葉としては、「受け取りました。」という表現は、最もシンプルで分かりやすい言葉でしょう。, まれに、「お受け取りいたしました。」や「受け取らせていただきました。」という表現をする人がいます。, これらの表現方法ではへりくだりすぎている印象を与えますので、これらの言葉に限らず謙譲語を多用しすぎないよう気をつけましょう。, 自分が使用する言葉には、自らの気持ちが反映され、また自分の言葉に責任を持つことにつながります。, また、相手からの信頼にもつながるものですので、言葉を選ぶときには、責任を持って使用するようにしましょう。, 前述の言葉の意味と同じように見えますが、「査収」とは受け取る側が使用する言葉ではありません。, やりとりの例としては、「先日お問い合わせいただきました件、添付のとおり書類を作成いたしました。本書につきましては、別途郵送いたします。ご査収の程よろしくお願いいたします。」に対して、「資料のご送付をありがとうございます。本日、確かに受領いたしました。」といったものでしょうか。, つまり、「ご査収ください。」という表現は、送る側が内容を精査し、間違いが無いことを充分確認した上で送付するものですから、送る側のみ使用する表現であり、受け取り側が使用する表現ではないのです。, 「確かに査収しました。」といってしまうと、受け取り側が良く確認して受け取りました、ということになり、本来の書類のやりとりにおいてあるべき姿ではなくなってしまいます。, 学生の場合、たくさんのバイト経験のあることも少なくありません。 さらにバイトの掛け持ちということもあります。 正社員として働いていてもダブルワークという場合もあります。 そんなバイト経験を履歴書に書く …, 履歴書は、書き方・写真の貼り方などさまざまな点に気を配らなければなりません。 それは会ったことのない会社の採用担当者に自分をアピールするための書類だからです。 そのため、写真や封筒ののり付けであっても …, 電車が運休になったら仕事はどうなる?運転見合わせの時の仕事はどうすればいい?遅刻したら会社の対応は?, 都会で生活している場合、電車通勤の方も多くいらっしゃると思います。 電車は通勤や通学に欠かせないものです。 ところが、通勤通学に欠かせない電車も、台風や大雪といった自然災害で遅延や運休といった事態に陥 …, 子供がインフルエンザにかかると本人が辛いのはもちろん、看病するお父さんお母さんも スポンサーリンク 「いつ治るのかしら…」 「いつから幼稚園や学校に行かせていいの…」 「会社はどうしよう…」 と、心配 …, 全身に渡る倦怠感・38度以上の高熱・つらい咳やくしゃみなどインフルエンザは学生や就業者にとって大きな影響を与えますね。 体調管理は万全にしているつもりでも、疲れた時や家族の間でインフルエンザや風邪のウ ….
不明な点がございましたら、改めてこちらからご連絡を差し上げます。

1 ビジネスメールの返信「受領しました」の使い方. ビジネスシーンでよく使われる「受取」や「受領」という言葉の動詞は「受け取る」や「受領する」になりますが、使用する相手や場面によって敬語表現が変わります。, 「受け取りました」「頂戴いたしました」「受領いたしました」「お受け取りください」「ご査収ください」「お納めください」など、なんとなく意味は理解できると思いますが、どのシーンでどれを使うべきか、はっきりと理解しておいた方がよい言葉です。, 主体はどちらでもなく、話し手が「です」「ます」をつけて丁寧に表現している言葉です。, 「受け取ります」は、どんな場面でも使用できますが、同僚など同じ立場の人に使うことが多いです。, 目上の人や取引先が受け取る場合に尊敬語の「お受け取りになる」「お納めになる」を使うことが多いです。, 目上の人や取引先に対して自分が「受け取る」場合に謙譲語の「頂戴する」「いただく」を使うことが多いです。, なお、付き合いが長い取引先やよくメールのやり取りがある取引先の場合には、堅苦しい「頂戴する」ではなく、堅苦しさがない「いただきました」でも失礼には当たりません。, また、「頂戴いたします」という表現は、「頂戴する」+「いたします」の2重敬語になりますので、ビジネスシーンでの使用は避けた方が無難です。, この謙譲語は先程の「頂戴する」「いただく」のように相手を立てる敬語であるのに対して、相手を立てることなく自分の動作を丁重に言う場合の表現です。, 「受領する」は「受領」+「する」となり、「する」の丁寧語「します」を使って、「受領します」になります。, 「する」の尊敬語は「なさる」、「される」となり、「受領なさる」、「受領される」になります。, 付き合いのある親しい相手には「される」を使っても構いませんが、自分よりもずっと目上の人や顧客などに対しては、必ず「なさる」を使用します。, 「する」の謙譲語は「いたす」、「いたします」となり、「受領いたす」、「受領いたします」になります。, 目上の人に対して丁寧な言い方をしているつもりで「いたす」「いたします」を使っている人がいますが、実は間違った使い方で正しくは相手を立てるのではなく自分の動作を丁重に言う場合の表現になりますので注意しましょう。, ビジネスシーンは、資料などの書類の受領に対するメールを送る際に、「受け取りました」や「受け取りました」などの言葉を使いますが、この言葉はどのような場面で使えばよいのでしょうか。, 特に送り先が付き合いの長い取引先や頻繁にやり取りがある取引先であれば問題なく使用できます。, 一方「受領しました」といった言葉は、多少堅苦しい印象を与えますが、こちらを使っても問題ありません。, 「お受け取り致しました」も丁寧な表記ですので、受領確認のメールを送る場合は、相手によって受領の言い回しを変えると良いでしょう。, ビジネスメールでよく使用される「ご査収」ですが、その意味は「よく確認して、受け取ってください」ということになります。, 送る側のみが使用する言葉ですので、受領を確認する受け取った側が使用すると意味が通らなくなってしまいますので注意しましょう。, 「拝受いたしました」とすると、「拝受」+「いたす」の両方で謙譲の意味となるので控えましょう。, 特に相手から大事な情報を伝えられた場合や、こちらが依頼した情報や添付ファイルを受け取った場合は、なるべく早く、読んだ(受け取った)ことだけでも伝えるのが親切です。, 依頼していた書類を受領した際に送るお礼のメールは、どのように送ればいいのか迷ってしまう時もあります。, 感謝の気持ちを相手の心に届けるには、どう感動したか、役立ったかを具体的に伝えることが大切です。, 先日依頼致しました○○○○の書類を 貴社の「〇〇カタログ」を拝受いたしましたので ・「ご査収ください」の正しい使い方とは?目上の人にも使える例文まで徹底解説, 同じ「もらう」の謙譲語に「いただく」がありますが、「いただく」より丁寧な言葉遣いをしたい場合によく使われます。「賜る」は、ものだけでなく人に何かをしてもらう場合にも使われる敬語です。, 「拝受」と同じようなシーンで使われることもありますが、「賜る」の方が応用範囲が広いといえるでしょう。ただし、「賜る」を使う相手は取引先などが多いです。親しい上司相手に使うには少し丁寧すぎる言葉といえるでしょう。, 「排受」の対義語は「断る」の謙譲語である「拝辞」です。「謹んでお断りします」と似たような意味で使われるので、「受ける」の謙譲語である「拝受」とは真逆の意味になります。, 「拝受」の対義語と勘違いされがちなのが「査収」ですが、こちらは「どうぞお受け取りください」といいたいときに尊敬語として使われる言葉なので、「拝受」の対義語ではありません。「拝辞」にはもう一つの意味があり、「いとまごいすること」をへり下る場合に使われます。, 「reply」は手紙やメールの返信を受け取る際にのみ使える単語なので、「recieve」に比べると使われる頻度が少なくなります。また、「recieve 」が「get」に比べてやや格式張ったいい方になるため、ビジネスシーンでは「get」より「recieve」が適しているといえるでしょう。, どのような動作をするのかや使う相手などによって適した使い方が異なります。使い方に迷ってしまったときには、「拝む=頭を下げる」「受ける」と言葉を分解してから考えるといいでしょう。, 「拝受」以外の敬語やマナーなどもこの機会にマスターして、ビジネスを円滑に進めていきましょう。. ネットメモ編集部 ~現代を生き抜くための情報サイト~ , 2020 All Rights Reserved.
Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 稼げる資格「リテールマーケティング(販売士)検定」|販売・接客のプロとして自信をつける. Copyright(c)2013-2019 Japan Businessmail Association. まずは「メールを受信した」ことだけでもお伝えしましょう。その際に「内容を確認しているため、回答に時間がかかる」ことをお伝えするようにしてください。

検討結果については〇月〇日(〇)を目処に 受け取るをへりくだって使える敬語、拝受。目上の人に使えるのか、受領や拝領などとの違いは何かなど使い方に迷う人は多いはず。今回は、拝受の意味から使い方、目上の人に使える丁寧なメール例文、言い換えできる類語まで徹底解説。ビジネス敬語の質を底上げしましょう。, Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たちの願いです。, 元々は「拝む(拝む)」と「受ける」を併せた言葉で、頭を下げるという意味を持つ「拝む」と「受ける」を一つにすることで、「へりくだって受ける」の意味に, 上司から受け取ったメールの返信や取引先の人から受け取ったもののお礼の手紙・メールなどで使われます, 「拝受」する動作の主体が相手ではなく自分であるため、「ご」を付けてしまうと自分に対して尊敬語を使ってしまうことになるからです, メールを受け取ったときの報告として「拝受しました」を使うことで、「受け取りました」よりもへりくだりながら簡潔な文章となります, 「拝受いたしました」は、「受ける」の謙譲語である「拝受」と「しました」の謙譲語である「いたしました」の組み合わせで成り立っています, 商品を送ってもらったお礼として「拝受」を使う場合、通常は「拝受しました」で問題ありません, また、「拝受いたしました」はビジネスシーンでよく使われる「よろしくご査収ください」の受け言葉としても使えることを覚えておくといいでしょう, 例文からもわかるように、とにかく受け取ったことを急いで知らせたいときに使われることが多い「取り急ぎ、拝受のご連絡まで」, 相手に失礼にならないよう配慮しながら使用することが多く、相手は取引先や上司である場合が多い傾向にあります, とりあえずお知らせしますの意味を持つ敬語、取り急ぎご連絡まで。実は、あまり使えない敬語として知られています。今回は、取り急ぎご連絡までの意味から正しい使い方、丁寧な例文、言い換えできる類語まで徹底解説。幅広いシーン, メールや年賀状、サンプルなどのものをもらう場合は「拝受」「頂戴」どちらでも差し支えありません, 「拝領」も「頂戴」と同じように「ものをもらう」という意味の謙譲語ですが、もらう相手が貴人や目上の人などの場合に使われます, 例えば相手からメールを受け取ったとき「メールを拝受しました」と返信するとメールを受け取っただけ、という意味になりますが「メールを拝見しました」と返信するとメールを読んだという意味になります, 尊敬語の接頭詞である「ご」を付け「ご査収ください」とすることで、「よく確認してお受け取りください」という意味になり、ビジネスシーンでよく使われます, 賜るの意味から正しい使い方、目上の人に使える例文、言い換えできる類語まで徹底解説。丁寧かつ失礼のないビジネスメールを送りましょう。, ご厚志の意味から、"ご芳志""寸志"との違い、使い方、お礼メールの例文などまとめて解説。言い換えできる類語まで確認していきましょう。, ご配慮の意味から使い方、目上の人に使える例文、言い換えできる類語まで解説。ビジネス敬語のレベルを上げていきましょう。, 次回ミーティングの資料を拝受しました。お忙しいところご手配いただきありがとうございます。, 「よろしくご査収ください」で締めくくられているメールや手紙に対する返事としての「確かに拝受いたしました」, 先程メールを拝受いたしました。ご連絡いただきありがとうございます。追って返信させていただきます。, メールをお送りいただきありがとうございました。添付ファイルも確認させていただきます。取り急ぎ、拝受のご連絡まで。, 履歴書をご送付いただきましたことお礼申し上げます。詳細は追って連絡させていただきます。取り急ぎ、拝受のご連絡まで。, この度はお心遣いを頂戴しまして誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。, 大変申し訳ございませんが、別の件で立て込んでおりますので、来週末までおとき間を頂戴いたします。, (社長などの自分より社会的地位が高い人から高価なものをもらった場合など)このような過分なお品を拝領し、身に余る光栄です。, お手数をおかけしまして申し訳ございませんが、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。, I acknowledged the receipt of ~. ビジネスメールでは、資料などの書類の受領に対するお礼メールを送る際に、「受領いたしました」「受けとりました」などの言葉を使います。 では、この「受領」という言葉はどういった場面で使い分けていけばいいのでしょうか?「受領」は場面によって、間違っている使い方もあるので、注意が必要です。

受け取りましたの敬語についてご存知でしょうか。そこで今回は、受け取るの敬語のビジネスメールの例文や、拝領や拝受を使う場面についてご紹介していきます。受領いたしましたや確かになど、受け取りましたの敬語を是非理解してみてくださいね。 本日確かに受け取りました。 資料送付のお礼メールを送るときは、多忙を極める中、資料の郵送手続きをしていただいたことに対して、誠意を込めて感謝の気持ちを伝えるのがビジネスマンとしての基本です。, また、お礼メールは、資料が到着した報告も兼ねているため、無事手元に資料が到着したことを知らせる意味合いも含まれています。, ここでは、資料送付のお礼メールの文例集をご紹介します。お礼メールを作成するときに心がけておきたいマナーについてもお伝えするので、参考にしてくださいね。, まずは、資料送付のお礼メールを書くときの注意点や、押さえておくべきマナーについてお伝えします。, ビジネスの世界では、資料送付のお礼メールは、相手から資料が到着したらすぐに送るのが礼儀です。メールの送信が翌日以降になってしまうと「資料を送付していただいたことに対するお礼メール」ではなく「資料到着の報告が遅れたことのお詫びメール」になってしまうくらい、スピードが大事。当日中に送ることを原則としましょう。, 資料送付のお礼メールは、相手が手間をかけてくれた厚情に対して、感謝の気持ちを伝えることが趣旨ですが、もう一つ大切な要素が含まれています。それは、送ってもらった資料が無事、手元に届いたことを相手に知らせる役割もあるということです。, 資料を送ったものの、到着の連絡がないと、相手は「送付先の住所を間違えたのではないか」と不安になってしまいます。届いたことを通知する意味合いがあることも理解し、メールを送る習慣を身につけておきましょう。, つづいては、資料送付のお礼メールの文例集をご紹介します。送付してもらった資料の内容別の文例と、文章を作成するときのポイントを記載しているので参考にしてくださいね。, この度は、「〇〇〇〇」の資料をお送りいただき、

○○○○株式会社 ○○部 取り急ぎ、カタログ到着のご報告とお礼を申し上げます。, 今後の対応についても明記しておくと親切:資料送付のお礼を伝えるときは、感謝の言葉とともに、届いた資料を今後どのように扱うかについても簡潔に一文を添えておきましょう。次のアクションを明記することによって、相手は安心感を得ることができます。, この度は、御社〇〇サービスに関する提案資料を 「拝受」とは「受ける」の謙譲語の一つ。「謹んで受ける」を意味する敬語で、ビジネスの場において書き言葉で用いられることが多い言葉で、メールや年賀状などを受け取ったときなどに使われます。, 元々は「拝む(拝む)」と「受ける」を併せた言葉で、頭を下げるという意味を持つ「拝む」と「受ける」を一つにすることで、「へりくだって受ける」の意味に。, 「拝受しました」「拝受いたしました」など、丁寧語である「しました」や謙譲語である「いたしました」など他の敬語と併せて用いられることも多く、使う相手やシーンなどによって調整しながら使える言葉です。, 「拝受」はビジネスシーンで使われることが多い謙譲語なので、上司など目上の人にも使える敬語です。主に、上司から受け取ったメールの返信や取引先の人から受け取ったもののお礼の手紙・メールなどで使われます。, 同じように「受ける」の謙譲語である「お受けする」よりややへりくだった言葉で、かしこまった場面で使われることが多いことより、ビジネスシーンで目上の人への使用に適している謙譲語といえるでしょう。, 拝受は謙譲語であるため、「ご」を付けて「ご拝受」とするのは誤りなので付けてはいけません。, 「拝受」する動作の主体が相手ではなく自分であるため、「ご」を付けてしまうと自分に対して尊敬語を使ってしまうことになるからです。, 敬語で接頭語の「ご」や「お」を付けるのは、動作の主体が上司などの目上の人である場合と覚えておきましょう。また、「拝受」自体が謙譲語なので、目上の人に対して「どうぞ受け取ってください」といいたいときに「ご拝受ください」というのも誤りです。, 謙譲語である「拝受」と丁寧語である「しました」を組み合わせていることで、自然な敬語として使える表現といえるでしょう。, 例えば直属の上司や取引先の担当者などへのメールの返信にも使いやすく、ひとまずメールを受け取ったことを知らせておきたい場合に、「メールを受け取りました」と送るより「メールを拝受しました」と送る方が、より丁寧な印象を与えらるでしょう。, メールを受け取ったときの報告として「拝受しました」を使うことで、「受け取りました」よりもへりくだりながら簡潔な文章となります。, また、資料やサンプルを受け取ったときに「受け取りました」「受領しました」などを使うのも間違った使い方ではありませんが、「拝受しました」を使うことで相手により丁寧な印象を与えられる効果も。, 履歴書を受け取ったときは相手が目上の人とは限りませんが、あえてへりくだった「拝受しました」を使うことで相手に言葉を知っている人という印象も与えられ緊張感をもって選考を進められます。, 【「例文」で使われている敬語】

○○ ○○

誠にありがとうございます。 大切に保管いただきますようお願い申し上げます。, 重要書類の送付のお礼はスピードが大事:取引に関する契約書や、個人情報・機密情報を含む資料を送付してもらった場合、資料が手元に届いたらすぐに封筒の中身を確認したうえで、到着の報告も兼ねてお礼メールを送るのがマナーです。その際、注意しないといけないのが、受領物の確認と、先方への資料が届いた報告をセットで考えるということ。相手は、ちゃんと資料が届いているか不安に感じているものです。報告を怠ったり、後回しにしたりすると、相手の不安はどんどん膨れ上がってしまいます。細やかな対応を心がけて、すぐに通知しましょう。, 契約してくれたことを喜ぶ様子を書き加えたり、その他のパターンも参考にしたい方は「契約締結のお礼メールの文例集」をご覧ください。, この度は、先般お願いしておりました、 会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズ もし、「受け取った」ことを伝えるのであれば、『メールを拝見しました』『メールを受け取りました』と一言お伝えすればよいですし、また『取り急ぎ』と伝えるのであれば『取り急ぎメール拝受のご連絡をいたします。なお社に戻り次第確認し、改めてご回答いたします』と、本来すべき内容をお伝えすると良い印象になるでしょう。 E-mail:XXXX-XXXX@XXXX.XXX 「ビジネスメール」と「ビジネスメールコミュニケーション」は、株式会社アイ・コミュニケーションの登録商標です。.

改めてご連絡を差し上げます。, 次のアクションの期日を明記するひと工夫を:相手に質問されたときは、いつまでに何をどのようにするのか、それを明確に答えるのがビジネスの基本です。営業関連の資料を送付してもらったときは「検討結果については改めてご連絡を差し上げます」でも構いませんが、期日を提示したほうがより親切といえます。, この度は急なご依頼にもかかわらず、 この基本を理解したうえで、注意が必要なのは、返信をするタイミングです。 クッション言葉や疑問形を使って、丁寧にお伝えすると良いですね。, また営業など外出の際、社外でメールを確認することがあるかもしれません。その際『取り急ぎメール拝受のご連絡まで」とメールを受け取ったことを伝える方をよく見かけますが、これを「失礼だ」と感じる方もいらっしゃるようです。もし、「受け取った」ことを伝えるのであれば、『メールを拝見しました』『メールを受け取りました』と一言お伝えすればよいですし、また『取り急ぎ』と伝えるのであれば『取り急ぎメール拝受のご連絡をいたします。なお社に戻り次第確認し、改めてご回答いたします』と、本来すべき内容をお伝えすると良い印象になるでしょう。, さて、質問者の状況を考えてみましょう。「回答しなければいけない内容ではなかったので返事をしなかった」ことに対し、メールを送った上司はどう感じるでしょうか。『ちゃんと読んだだろうか』『あれ、メールが届いていないのかな?』と心配になってしまうかもしれません。ですので、この場合なら, と返信すればいかがでしょうか。「メールをちゃんと受け取っていること」「きちんと添付書類も付いていたこと」がメールの発信者である上司に分かります。また、「分からないことは質問したい」と一言添えることで、熱心さも伝わりますね。メールを受け取った時、返信するのはもちろんですが、返信の仕方、伝え方もしっかりと身につけるようにしましょう。, この春大学を卒業し、就職したばかりの新入社員です。入社して1週間ほどしたころ、直属の上司から『この前送ったメールを確認しましたか』と聞かれました。もちろん、ちゃんと確認しましたし、添付されていた資料も読みました。回答をしなければならない内容ではなかったので、返信しなかったのですが、返信したほうがよかったのでしょうか。. 丁寧かつ迅速にご対応いただきまして、 All rights reserved. 本日、確かに受領致しました。, お預かり致しました資料をもとに、 企業の採用担当者からのご質問です。学生だけでなく、PCに届いたメールを手元のスマホでも見られるようにしている人が多いので、とても良い質問ですね。また大学の授業では、自分のスマートフォンから企業の採用担当者の方の会社のアドレスへメールする時の注意点を伝えています。, 社会人になったばかりの方は、メールに慣れていない方が多いですよね。仕事で使うメール「ビジネスメール」のマナーも知らないことばかりでしょうから、基本的な事から丁寧に確認をしてみましょう。, この方は「自分に対しての質問が書かれたメールであれば、回答をする必要がある」ということは理解していらっしゃいます。 (~確かに拝受しました), Thanks for your reply.(返信を拝受しました。ありがとうございます。). ビジネスの場で 取引相手から受領メールが届いた場合に返信は必要なのでしょうか?勉強不足にてお恥ずかしいのですが、ご回答よろしくお願いします。もし 必要でしたら例文も書いて頂けると助かります(汗 - 転職 [解決済 - 2015/03/14] | 教えて!goo 御社の新製品「○○○○」の使いやすさ、 ビジネスメールでは、件名に「契約書を受領いたしました」と記載する書き方で相手に用件を伝えることができます。 お礼のメールに使用できる 「受領いたしました」という書き方は、相手へのお礼のメールにも使用することができます。 取引先から受け取ったことを確認するためにお礼メールを返すことも多いかと思いますが、その書き方に迷うことありませんか。 そこで今回は「受領」の意味から受領したことを伝えるメールの書き方、そしてお礼メールに適切な敬語表現も紹介します。

そうだったんだ! , 何度もメールをやり取りする関係なら 「いただきました」は 「受け取りました」と同様に. TEL&FAX:XXX-XXXX-XXXX

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); © Copyright 2020 ビズ式. 取引先の会社の人から資料などを送ってもらった時、「受け取りました」の意味を込めてメールを返信しますよね!受領メールを返信するのはビジネスマンのマナーでもあります。, では、受領メールの返信はいつまでに行うと良いのでしょうか?失礼にならない返信方法は?, そこで今回は、受領メールを返信する時のポイントと、ビジネスマンが覚えて起きたい返信マナーについてお伝えします!. Copyright© Copyright © 2015-2020 Smartlog. お送りいただき、誠にありがとうございました。 誠にありがとうございます。 署名 機能性を最大限に㏚できる戦略を 書類やお礼を受領した際のビジネスメールで使う言い回しは場面と人物で変える 「受け取る」「受領する」の敬語とは 敬語は丁寧語・尊敬語・謙譲語の3種類あります。 早速のお手配に、感謝申し上げます。, 契約書は弊社にて署名捺印のうえ、1部をご返送致しますので、 心から感謝申し上げます。, 資料で不明な点などがありましたらお問い合わせしますので、 ・「申し訳ございません」は目上には使えない?間違い敬語だと言われる理由とは?, 「拝領」も「頂戴」と同じように「ものをもらう」という意味の謙譲語ですが、もらう相手が貴人や目上の人などの場合に使われます。例えば、社長や社会的地位の高い人などからものをもらう場合に「拝領」を使うといいでしょう。, 同僚や取引先の担当者からものをもらったときに「拝領」を使うと少し仰々しい印象を与えてしまうこともあります。「拝領」は「拝受」と同じ意味で使える場合もありますが、使う相手が限定される言葉ととらえておきましょう。, 【「例文」で使われている敬語】 取り急ぎ、メールにて受領のご報告とお礼まで。 署名 相手の手間のお陰で、どのように助かったかを明記する: 無理なお願いを聞き入れてもらったときは、相手の厚意によって、どのような恩恵を受けることができたかを簡潔に書き添えることにより、感謝の気持ちが最大限に伝わります。