椎の実拾いをした神社には樹齢何百年かとも 思われる大きな椎の木があり、 今でもたくさんの椎の実が実ります。 そのため、季節を外しさえしなければ、 椎の木の下にたっぷりと椎の実を見つけることができるので、 ドングリ拾いをするように、 シイ(椎)の木は、東北地方以南の山地に分布する、常緑高木です。一般的にどんぐりの木といったほうがわかりやすいでしょう。活用用途は幅広く、防火防風林としてや、実は食用になり、材木は建築材料や器具にもなります。 シイ(椎)の木の代表的な用途は、シイタケのほだ木に利用することでしょう。樹皮は染料に使うことができます。 椎の実は、ブナ科クリ亜科シイ属の樹木の果実の総称なのですが、日本に自生しているのは「ツブラジイ」「スダジイ」の2種類だけです。 この2つの椎の実の特徴を覚えておけば、どんぐりと椎の実を簡単に見分けることができるでしょう。 シイ(椎)は、ブナ科クリ亜科 (Castaneoideae) シイ属 (Castanopsis) の樹木の総称である、シイ属は主にアジアに約100種類が分布、日本はこの属の分布北限となり2種が自生する。ほかに日本ではシイ属に近縁のマテバシイ属 (Lithocarpus) のマテバシイ (Lithocarpus edulis) もこの名で呼ばれている。ブナ科に属し、果実はいわゆるドングリに含まれるが、食用に適しているため、個別に『椎の実』と俗称される。

「およそ椎の木心は白樫に似ていて粗く、理(きめ)は微黒。堅そうにみえるが蛙(むし)がくい易く、屋柱にはできない。ただ繊(ほそ)長い木を椽(たるき)の用材とするだけである。俗に椎丸太とい … 〇その名の通り、堅果は小さくて丸く、「コジイ」という名もある。初夏の開花では、まるで紅葉したかのように、木全体がまっ黄色になる。 〇「椎の実」は生食できる。 殻斗に棘やイガなどの特徴があるもの クリ アベマキ クヌギ カシワ 【ツブラジイとは】 ・関東以西の本州、四国及び九州に見られる代表的な常緑広葉樹。類種のスダジイと併せて一般にシイノキと呼ばれる。 庭木としては江戸時代から防火用として垣根などに多用され、現代においても大きな屋敷や寺院にその名残が見られる。

【画像】食べられるドングリがなる木の代表。椎茸のホダ木になることでも知られる。 いわゆる「鎮守の森」を形成する代表的な樹種。都市部の「お屋敷」や学校等にも広く植えられており、スダジイが一本あるだけで・・・