このため、工作物(建築物含む)の新築や木竹の伐採等の行為を行う際には、許可申請や届出が必要となる場合があります。, 「栃木県立自然公園条例」に基づく行為の許可申請や届出の窓口が、平成22年4月1日より栃木県県北環境森林事務所から町建設課へと変更になりました。, 特別地域内における許可の申請が必要な行為については、「栃木県立自然公園条例」第19条第3項各号に規定されています。(注)詳しい内容や審査基準等については、町建設課までお問合せください。, 普通地域内における届出が必要な行為については、「栃木県立自然公園条例」第21条第1項各号に規定されています。(注)詳しい内容や審査基準等については、町建設課までお問合せください。, 「八溝県立自然公園」の区域内にて、許可の申請や届出を要する行為を行う場合には、事前に町建設課までご相談ください。.

0000001728 00000 n 0000158077 00000 n Bing NAVITIME 0000170865 00000 n 0000001533 00000 n 自然公園は、国や県を代表する優れた自然の風景地を保護するとともに、適正な利用を図っていくために、国や県が一定の地域を指定し、管理しているものです。
データのダウンロード〈2.各データ詳細) 選択したデータ項目は、国土数値情報 自然公園地域データ です。 最新のデータは製品仕様書第3.0版に基づいています。(データ作成年度:平成22年度) 製品仕様書第2.0版のデータ詳細は こちら (データ作成年度:平成18年度) 「栃木県立自然公園条例(以下,「条例」という。)」に基づき,「宇都宮県立自然 公園」の区域内で行う行為について,許可の申請や届出の提出等,許認可に係る 事務について説明します。 1.始めに (1)自然公園とは . endstream endobj 727 0 obj <>/Size 687/Type/XRef>>stream %PDF-1.4 %���� 0000005767 00000 n

国立公園 | 国定公園 | 国営公園 国立公園一覧 名前 ヘクタール 都道府県 利尻礼文サロベツ国立公園 21222 北海道 知床国立公園 38633 北海道 阿寒国立公園 90481 北海道 釧路湿原国立公園 26861 北海道 大雪山国立公園 226764 北海道 支笏洞爺国立公園 99302 北海道 0000003018 00000 n

I�,B�b4J�E�%���b%oc��( �}I�,�KU��%k̽�T�3�P4�z��нt�"���!�ד�JG���g�_��}���$!m�9n�N���ٜ7����=yY�:"�2{)��. 県北部に日光国立公園が立地し、日光・那須は観光・保養地として知られる。 0000157028 00000 n x�bb�b`b``Ń3� ���ţ�1�x4>F�R` ��E startxref 0000157510 00000 n 687 42 %%EOF 0000052024 00000 n

また、特別地区内で特定の野生動植物の保護のため特に必要があるときは、野生動植物保護地区を指定します。特別地区以外の区域を普通地区に指定します。 栃木県の自然環境保全地域は、国指定が1箇所、県指定が29箇所あります。 こんな規制を 0000158213 00000 n 0000156045 00000 n xref この条例は、栃木県内にあるすぐれた自然の風景地を保護するとともにその利用を図り、もって県民の保健、休養及び教育に資することを目的として、昭和33年4月に制定されています。, 那須町の一部地域が、栃木県立自然公園条例に基づき、八溝県立自然公園として指定されています。 自然環境課 〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階. 那須町役場 建設課 景観係 (2)主な取扱事務 電話番号:028-623-3211. Copyright © Nasu Town.

栃木県(とちぎけん、英: Tochigi Prefecture )は、日本の関東地方に位置する県。 県庁所在地及び最大の都市は宇都宮市。.

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp ファックス番号:028-623-3212. 電話番号:028-623-3211. MapFan このほか、渡良瀬川、田川、鬼怒川、那珂川、思川などの河川中流域には、それぞれ足利市、下野市、真岡市、那須烏山市、鹿沼市、栃木市、小山市といった中規模都市が発達している。, 2010年(平成22年)国勢調査による栃木県の人口密度は、1平方キロメートルあたり313.29人である。, 人口密度が1平方キロメートルあたり1,000人以上の市は宇都宮市のみで、可住地人口密度が1平方キロメートルあたり1,500人以上の市は宇都宮・足利の2市である。, 第1回国勢調査が実施された1920年(大正9年)の県人口は約104万人であり、47道府県中25位であった。人口3万人以上の市町村は宇都宮・足利・足尾の3市町であった。, 2000年(平成12年)国勢調査での県人口は約200万人であり、47都道府県中20位。人口3万人以上の市町村は宇都宮・足利・栃木・佐野・鹿沼・今市・小山・真岡・大田原・矢板・黒磯・河内・壬生・西那須野の14市町であった。, 下表には、栃木県内の全ての市とその中心市街を構成する旧町(宇都宮・足利・栃木・佐野・鹿沼・日光・今市・小山・真岡・大田原・矢板・黒磯/那須塩原・氏家/さくら・烏山/那須烏山・石橋/下野)、人口3万人以上の町とその旧町村(上三川・古里/河内・足尾・壬生・阿久津/高根沢・芦野/那須・西那須野・田沼)の計23市町村の国勢調査人口の変遷を記載した。, 2010年(平成22年)国勢調査による栃木県内のDID(人口集中地区)は、15市町22地区あり、人口5万人以上のDIDは宇都宮市I・足利市・小山市Iの3地区であった。, 2008年(平成20年)度の県民総生産は7兆9901億円である[33]。国のGDPと比較しても、過半数の国よりも大きな規模を有している。主要産業は、宇都宮市のほか上三川町、小山市、大田原市、真岡市、栃木市、足利市、鹿沼市、矢板市などに代表される内陸型近代工業で、これらは北関東工業地域の一部を形成している。ほか、農業も盛んであり、県北から流出する河川の豊かな水を利用した産業地帯で、米作が盛んなほか飲料工業も発達している。那須塩原市や大田原市、宇都宮市は国内有数の米産地となっているほか、那須塩原市では酪農も盛んであり、国内生乳生産量は北海道に次いで高い。ほか、真岡市や鹿沼市などを中心にいちごの栽培が盛んであり、壬生町や鹿沼市のかんぴょうとともに県の特産品となっている。商業は宇都宮市で盛んで、栃木県内年間商品販売額の約半分が宇都宮市で占められており、栃木県内第一の商業都市となっている。観光産業も盛んで、日光市や那須塩原市、足利市の歴史・自然遺産(日光の社寺、足尾銅山跡、足利学校跡、中禅寺湖、華厳滝、鬼怒川温泉、那須岳、那須高原、塩原温泉など)、宇都宮市の餃子やカクテル、ジャズ、茂木町のツインリンクもてぎ、栃木市の蔵の街なども観光資源となっている。, 県庁所在地の宇都宮市は全国屈指の米産地であるほか、栃木県の年間製品販売額の約半分を占め、工業生産額も栃木県内市町村最大となっており、栃木県内最大の農商工業都市となっている。, 栃木県のほぼ中心を南北に東京と東北地方を結ぶJR東北新幹線、JR宇都宮線(東北本線)、東北自動車道、国道4号が南北に走る。 0000011854 00000 n 0000008098 00000 n GeoHack Yahoo! 瀬戸内海国立公園 せとないかいこくりつこうえん. 0000002404 00000 n 0000170298 00000 n 0000051493 00000 n ファックス番号:028-623-3212. 0

Google

また宇都宮を中心にして放射線状に栃木県内各地へと路線が伸びている。宇都宮を基準にして各方向への主要路線は次の通り。, このほかに東西を結ぶ路線は、県南部では茨城県、群馬県両県間を結ぶ北関東自動車道やJR両毛線、JR水戸線、国道50号など。県北部では、国道400号などがある。南北方向には、県東部では国道294号など。県西部には東京から直通する鉄道路線の東武日光線、東武鬼怒川線、野岩鉄道会津鬼怒川線が走る。, 栃木県内に空港は存在しない。最寄りの空港は成田国際空港(千葉県成田市)・東京国際空港(東京都)など。, 放送対象地域は関東広域圏に属する。栃木県域放送のとちぎテレビ・NHK宇都宮放送局のほかに、NHK放送センター(教育テレビ)と在京キー局5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)が栃木県内全域が放送区域になっている。県中部以南の関東平野では放送対象地域外のNHK東京総合テレビが受信エリアのめやすとなっている[37]。また、とちぎテレビのみならずNHK・キー局ともに栃木県内各地に中継局を置いている。, ※JRN系列のTBSラジオ、NRN系列の文化放送・ニッポン放送も放送対象地域になっている。, 1994年(平成6年)、栃木市の栃木コミュニティ放送に免許が交付されたことがあるが(JOZZ3AA-FM:FM蔵の街)、経済的な問題もあり免許を取り下げたため、コミュニティ放送局は2015年10月までない[要文献特定詳細情報]状態が20年近く続き、新規の開局の機運はなく、全国で唯一コミュニティ放送の無い都道府県「空白県」であったが、2015年(平成27年)1月27日、栃木ケーブルテレビ(運営・ケーブルテレビ株式会社)が運営するとちぎシティエフエム(JOZZ3CB-FM)に予備免許[38]が交付され、栃木県にもコミュニティ放送が開局の見通しとなった。, 栃木県には120以上のゴルフ場があり、平成時代までは国内ツアーを各地で行われていた。ゴルフブームが終わったが現在高齢者の人気スポーツとして都心に近い栃木市や佐野市には多くの他県から来場しに来る。栃木県のゴルフ場は山岳コースが多く、関東平野にある河川敷や平坦なコースと違い変化がある。料金的に魅力があり自然の中でプレイが楽しめる。, 栃木県名誉県民の称号は、2001年(平成13年)12月27日に制定された栃木県名誉県民条例(平成13年12月27日栃木県条例第42号)に基づき、「社会の発展に卓絶した功績があり、県民が郷土の誇りとしてひとしく敬愛する者」へ贈られる(条例第1条)[40]。対象者は「栃木県内に居住し、又は居住していた者で、産業経済の発展、保健医療の向上、福祉の増進又は学術、文化若しくはスポーツの振興に貢献したもの」であり、栃木県知事が栃木県議会の同意を得て選定することが定められている(条例第2条)[40]。名誉県民に選定された者には、栃木県名誉県民称号記および記念品が贈呈される(条例第3条)[40]。, 足利大学 | 宇都宮大学 | 宇都宮共和大学 | 国際医療福祉大学 | 作新学院大学 | 自治医科大学 | 帝京大学 | 獨協医科大学 | 白鷗大学 | 文星芸術大学 | 放送大学栃木学習センター, 足利短期大学 | 宇都宮短期大学 | 宇都宮文星短期大学 | 國學院大學栃木短期大学 | 作新学院大学女子短期大学部 | 佐野日本大学短期大学, 橋本澄朗「栃木のあけぼの」 阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 11-12ページ, 季刊・東北学2008年第15号『高原山黒曜石原産地遺跡の発掘』P27-45より、国武貞克著, 橋本澄朗「栃木のあけぼの」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 14ページ, 橋本澄朗「古代の下野」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 6-57ページ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=栃木県&oldid=80010146, 益子県立自然公園、太平山県立自然公園、唐沢山県立自然公園、前日光県立自然公園、足利県立自然公園、宇都宮県立自然公園、那珂川県立自然公園、八溝県立自然公園, 県央地域(宇都宮市・鹿沼市・さくら市・那須烏山市・河内郡・塩谷郡高根沢町・那須郡那珂川町), 他の都市雇用圏に包含された都市雇用圏は灰色、都市雇用圏が成立していない場合は灰色かつ「-」で示す。, 宇河地区、安足地区、那須地区などの分類(主に音楽、スポーツ競技など学校関連イベントの地区割に用いられる), 「国府は都賀郡にあり」(『和名類聚抄』)とあり、発掘の結果、国府の政庁は宮目神社(栃木市田村町)周辺で発見され、約90メートル四方の範囲を塀によって区画され、南門を入ると正面に前殿が、その両脇に東・西脇殿が確認された。政庁は8世紀前半から10世紀前葉まで4回建て替えられ存続した。, 郡の役所である郡衙は、那須郡(小川町那須官衙跡)・芳賀郡(真岡市堂法田遺跡)・河内郡(上三川町多功遺跡)・寒川郡(小山市千駄塚浅間遺跡)・足利郡(足利市国府遺跡)の5遺跡発見されている。内容が判明している那須郡衙跡は、那珂川と箒川の合流地点に近い小川町梅曽に位置する。郡衙の範囲は南北に200メートル、東西400メートルで、その中を溝で西・中央・東の3ブロックに分けている。西ブロックは幅4メートル、深さ1メートルの大溝によって囲われた1辺約200メートルの不正方形で、倉庫と考えられる総柱式の掘立建物が多数見つかっている。中央・東ブロックは宅地になっている。中央ブロックからは礎石立ちの倉庫と考えられる建物が2棟発見されている, 那須戦争博物館、ガラスの芸術 エミール ガレ美術館、りんどう湖ギャラリー、那須オルゴール美術館、那須クラシックカー博物館、那須とりっくあーとぴあ、那須歴史探訪館、木の葉化石園、那須野が原博物館、乃木神社宝物館、大田原市那須与一伝承館、大田原市黒羽芭蕉の館、那珂川町なす風土記の丘資料館、大田原市ふれあいの丘自然観察館、栃木県なかがわ水遊園、公益財団法人山縣有朋記念館、矢板市立郷土資料館、和気記念館、さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-、大田原市なす風土記の丘湯津上資料館、那珂川町馬頭広重美術館、上野記念館、栃木県立文書館、栃木県子ども総合科学館、川島美術館、芳賀町総合情報館(知恵の環館)、大畑武者絵資料館、市貝町立歴史民俗資料館、ホンダコレクションホール、益子陶芸美術館 / 陶芸メッセ・益子、濱田庄司記念益子参考館、ワグナー・ナンドール アートギャラリー、二宮尊徳資料館、日光人形の美術館、日光竹久夢二美術館、株式会社小西美術工藝社付属うるし博物館、小杉放菴記念日光美術館、日光自然博物館、日光市歴史民俗資料館、屋台のまち中央公園、鹿沼市粟野歴史民俗資料館、壬生町おもちゃ博物館、壬生町立歴史民俗資料館、栃木市都賀歴史民俗資料館、とちぎ蔵の街美術館、あだち好古館、塚田歴史伝説館、下野国庁跡資料館、. ゼンリン, 栃木県(とちぎけん、英: Tochigi Prefecture)は、日本の関東地方に位置する県。県庁所在地及び最大の都市は宇都宮市。, 関東地方北部に位置する県で、人口は約195万人。境界部に海岸線を有しない内陸県である。県内の地域区分は概ね県中部の宇都宮市・鹿沼市・真岡市から県南部の小山市や栃木市、県南西部両毛線沿線の佐野市・足利市など茨城・群馬両県と繋がりが深い県南と那須野が原に広がる那須塩原市や観光地那須町、県北西部を占める日光市を中心とする県北に分類される。, 地勢は、北部から北西部にかけて奥羽山脈、日光連山、足尾山地が連なり、標高1500m - 2500m程の急峻な山岳が連なっている。これらの山々から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等諸河川が関東平野の北端を形成し、更に北に進むと那須野が原に至り、県北の町並みが広がる。, 県土のほぼ中央に宇都宮市が立地し、人口は県全体の4分の1に当たる約50万人が集中している。人口10万人以上の市として、県南の小山・栃木・足利・佐野の各市、県北の那須塩原市があり、宇都宮線・両毛線の沿線に人口の多い市が連なっている。そのほか、地域の行政中心地として、鹿沼・真岡・大田原・矢板の各市がある。, 農業は、平野部が米や麦の産地、那須野が原などの高原部(那須高原)が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も生産されている。, 工業は、東北自動車道・国道4号と北関東自動車道・国道50号を軸とする地域に、北関東工業地域、及び、関東内陸工業地域(本県の場合は両者の定義に当てはまる)が広がり、第二次世界大戦中に軍需産業が集積した宇都宮市では、機械工業や金属工業、食品・飲料工業が、真岡市、上三川町、芳賀町では自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、那須塩原市、大田原市ではタイヤ製造や精密機械工業(医療機器、写真用レンズ製造)がそれぞれ発達している。また、県南では、食品・飲料工業や機械工業、益子焼の生産、機械・自動車部品等の中小規模の工場が広く立地するほか、伝統的に繊維産業が盛んである(結城紬、足利銘仙)。, 観光業は、日光・鬼怒川エリアや、那須・塩原エリアで盛んで、日光市の鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、日光湯元温泉、那須町、那須塩原市の那須温泉郷、塩原温泉郷のような、飛鳥時代や奈良時代からの古い歴史を持つ名湯。東照宮・日光二荒山神社・輪王寺の二社一寺で構成される世界遺産、日光の社寺。いろは坂に華厳滝、中禅寺湖や戦場ヶ原など、風光明媚な奥日光の景勝地。皇室の御用邸や那須岳、殺生石に代表される別荘地や牧場、温泉が広がる那須高原と豊かな自然や文化に育まれた名所を有している。これらの地域は日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。日光市の一部には尾瀬国立公園に指定された地域も存在する。, 明治時代には「栃木」の表記に揺れがあった。「栃」は「櫔」(lì)を簡略化したと考えられ、「櫔木」の表記もあった。また、1871年の廃藩置県の後は「橡木」の表記が使われる例[1]もあったが、「杤木」の表記が主であった[2][3]。旁の「万」は、下側を「力」とつくる例[4]もあった。1881年(明治14年)ごろより、「栃木」の表記が見られるが、旁は「櫔」に従って「厂」の中に「万」が主である[5]。「厂」の中の「万」の部分は下側を「力」とつくる例[6]や「丂」とつくる例[7]もあった。「厂」の1画目を右から書く字形が生まれたのは昭和中期以降である。なお、中国語の文書で「櫪」や「枥」を使う例もみられるが、主に飼い葉桶を意味する字であり、誤りである。, 人口は、約198万人で全国第18位(本県に近い人口規模の県としては、岐阜県の約204万人、群馬県の約197万人、福島県の約193万人、岡山県の約192万人等が挙げることができる)。面積は6,408.28km2で全国第20位(関東地方最大の面積)、東西約84km・南北約98km。県庁所在地の宇都宮市は、東京から約100km、JR東北新幹線で約50分強の位置にあり、中核市の指定を受けている。, 地形的には東部の八溝山地、北部から西部にかけての那須連山・下野山地(高原山・日光連山・帝釈山地)・足尾山地の山岳地帯と、県中央部の那珂川・鬼怒川・渡良瀬川の沿岸平野部の3地域に大別される。, 東部の八溝山地は標高600 - 1,000mの阿武隈高地に続く比較的なだらかな山地が連なる。, 北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光・鬼怒川・川治・塩原・那須などの観光地がある。北部には奥羽山脈(那須火山帯)に連なる那須連山・高原・男体・日光白根山などの諸火山がある。日光連山他の険しい山岳地帯は、標高2,000m以上の山脈が関東の北限を形成し、瀑布や湖沼が点在している。また、諸河川の源にもなっており、鬼怒川は中央部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れ利根川に合流し、那珂川は八溝地域から東折し茨城県に入り、ともに太平洋に注いでいる。, 南部・東部は、そのほとんどが関東平野の一端で、首都圏の一角として市街化が進んでいる。, 群馬県や茨城県、福島県の隣接自治体と深いつながりを持つ県内市町がある一方で、埼玉県との隣接に関しては、渡良瀬遊水地により飛地状態になっている栃木市藤岡町下宮地区とのみ、自動車用道路で行き来可能である。事実上、自動車や鉄道で埼玉県に入る場合、群馬県か茨城県を経由しなければならない。栃木県と埼玉県を結ぶ主要幹線の国道4号、東北本線、東北新幹線は茨城県、同じく東北自動車道、東武伊勢崎線、東武日光線は群馬県を経由して埼玉県に入る。, なお、この地区は栃木県・群馬県・埼玉県の3県境が交差する地点が畑の中に存在し、看板が設置されている。山間部や河川上で3県が交差する地点はあるが、平地にあるのは珍しい。, 中南部地域は関東平野の中北部に立地し、南端部には渡良瀬川と思川、利根川、また田川と鬼怒川のそれぞれ合流点があり、茨城県、群馬県、埼玉県と境界を接している。一方、県北西部地域は奥羽山脈の南端部に位置し、山岳地域となっており、北東部は低山地で那珂川が縦断して開析が進んだ八溝山地とともに茨城県境を形成しているが、北西部は関東地方屈指の山岳地帯であり、標高2,000メートル以上の山並みが続き群馬県および福島県との境界を形成している。特に日光連山は標高2,300メートル以上の峻険な独立峰を複数有し、空気の澄んだ日には関東南部からも遠望できる。この日光連山と八溝山地の北部接点付近に立地する那須岳は関東の最北端であり、福島県との境を成す。, 気候は太平洋側気候を呈し、山間部では冬季の降雪、また平地部では同じく冬季の乾燥と夏季の雷を特徴とする。全県で夏季多雨多湿、冬季少雨乾燥を呈し、年間降水量は山間部で多く奥日光では2,000mmを超すが、平地部では少なく県南部では1,200mm程度である。, 以下は観光動態調査などによる5地域区分である。塩谷地区北部が那須地域に、塩谷地区南部と南那須地区が県央地域に含まれる。, 以下は農業振興事務所・教育事務所などによる7地域区分である。塩谷地区と南那須地区が同一の管轄区域となる。, 以下の14市5郡11町がある。町はすべて「まち」と読む。栃木県内に村は無い。ただし、平成の大合併以前には“村”があり、その時はすべて「むら」と読んでいた。, 歴史的には古墳時代、毛野川(けぬのかわ)(現在の鬼怒川)流域一帯には「毛野国」が成立し、これを上下に分かって「下毛野国(しもつけぬのくに)」「下野国(しもつけのくに)」が成立し、唐名では「野州(やしゅう)」と称する。現在でも「下野(しもつけ)」の呼称が広く使われている。, 近世には豊臣政権による仕置が行われ、壬生氏、小山氏ら中世以来の氏族は領地を没収されるが、宇都宮氏や大関・大田原両氏の那須衆は豊臣政権に臣従し旧領を安堵されたほか、鎌倉公方の名跡を継ぐ喜連川氏や成田氏などが領地を得た。天正18年(1590年)には徳川家康が関東に移封され、下野は豊臣系大名と徳川領国の接点に位置する。なお、豊臣政権下での1597年(慶長2年)には宇都宮氏が改易されている。, 豊臣秀吉没後の豊臣政権では五大老の家康と五大老の上杉景勝、五奉行の石田三成が対立し、慶長5年5月に家康は景勝討伐のため会津出兵を行う。三成は家康の出兵中に上方において挙兵し、家康は小山において上片へ引き返し、関ヶ原の戦いにおいて三成方を撃破する。家康が江戸に徳川幕府を開くと、中世以来の有力豪族は相次いで下野から姿を消し、県域は幕府直轄領や旗本領に細分化され、徳川家の譜代大名や旗本が支配するようになった。, 江戸時代の幕藩体制においては宇都宮藩、壬生藩、烏山藩、黒羽藩、大田原藩、佐野藩、足利藩、吹上藩、高徳藩、喜連川藩の諸藩が成立し、福原家の佐久山陣屋、芦野家の芦野陣屋、那須家の福原陣屋、大田原家の森田陣屋など交代寄合の陣屋による領内統治が行われた。, 下野国は江戸から奥州へ向かう結節点に位置し、近世には日光道中や奥州街道、壬生通りなど街道や脇往還、が整備され、小山宿や今市宿などの宿駅も整備された。また、利根川水系の渡良瀬川や思川、鬼怒川などの河川交通網も整備され、河岸が設置され舟運が行われた。, 日光(日光市)は幕府の聖地として、東照宮をはじめとする華麗な建物が作られ、特別に保護・崇敬された。, 近世期には日光山麓をはじめ各地で新田開発・用水開削が進むが、それに伴い秣場を巡る争論や水論も発生した。, 江戸時代後期に入ると、今の栃木県域は、地域社会の著しい疲弊・荒廃と、急激な人口減少に見舞われることになる。人口推計[27]によれば、江戸中期の享保6年(1721年)から、江戸後期の天保5年(1834年)までの約1世紀の間に、下野国の総人口は、約56万人から、61.1%の約32万人[28]まで減少し、1世紀で約4割の人口減少という、事実上の人口崩壊状態となっている。同時期、日本の総人口は、度重なる飢饉にも関わらず、約10%の伸び(110.3%)[29]を見せており、とりわけ飢饉が深刻であったとされる、東北太平洋側の陸奥国でも、1.5割弱の人口減少(86.1%)に抑えている[30]ことから考えても、江戸後期における、下野国の際立った荒廃ぶりが伺える[31]。, このような状態の中で、二宮尊徳は農村のたて直しを図るため、桜町(現在の真岡市旧二宮町)の旗本領の復興につとめ、以後各地で報徳仕法と呼ばれる改革事業を実施した。, 県人口は、1,974,255人(2015年(平成27年)国勢調査)で、都道府県で18位(都道府県の人口一覧)である。国勢調査最大人口は、2005年(平成17年)の2,016,631人であり、都道府県で20位であった。, 2000年(平成12年)の国勢調査で人口順位が上位100位内の市は、宇都宮(34位)の1市であった(都道府県庁所在地と政令指定都市の人口順位)。各年の国勢調査で人口順位が上位100位内に入ったことのある市町は、宇都宮(最高位:2010年(平成22年)27位・2015年(平成27年)27位)・足利(最高位:1965年(昭和40年)88位)・足尾(最高位:1920年(大正9年)98位)の2市1町であった。, 栃木県の都市は、主に北部山岳地域から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等の諸河川が太平洋に向かう流路帯の沖積平野と河岸段丘部に発達している。県域のほぼ中央に位置する宇都宮市は、北西部の山地部と中南部の平野部から成り、市街地はこの山地部と平野部の境界部に形成されている。
0000002842 00000 n 0000156257 00000 n x�b```b``�a`c`ff@ aV�(DŽ �Z4�0E������T^� �\��Y�rAC��AOSQ�C�Z�,Y�|]=yV�m��k��J(KH� �I�@Fq(D7 i�H"[ 0000001158 00000 n Mapion 電話番号:028-623-3211. 0000155284 00000 n