言いたい事は理解できるが、敵が日本人を皆殺しにやってきてる最中「手も足も出ない程に疲弊した軍で出来る作戦なんて皆無」。, そもそも特攻を軍隊が行うなんて、単一民族で祖国の歴史を愛する人達でなければ無理。 投稿主:これが第二次世界戦時に日本が建造した史上最大の戦艦の大和だ 戦艦大和の貴重な当時の写真 後に色づけされてカラーになった写真 動画 太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直後の1941年(昭和16年)12月16日に就役し、1942年(昭和17年)2月12日に連合艦隊旗艦となった。1945年(昭 … 沖縄を救うどころか鹿児島の先の沖でやられたんだ。, 戦術云々も否定はしないが、中央が予算分捕り合戦で忙しい片手間に、 極東軍事裁判に唯々諾々と従うのでは無く 旧大日本帝国海軍の潜水艦による戦歴. にゅーもふ 3月30日、距離38100mで46cm主砲射撃訓練を行う[45]。第二艦隊砲術参謀藤田正路は大和の主砲射撃を見て1942年5月11日の日誌に「すでに戦艦は有用なる兵種にあらず、今重んぜられるはただ従来の惰性。偶像崇拝的信仰を得つつある」と残した[46]。5月29日、大和はミッドウェー作戦により山本五十六連合艦隊司令長官が座乗して柱島泊地を出航したが、主隊として後方にいたため大和が直接アメリカ軍と砲火を交えることはなかった[要出典]。6月10日、アメリカ軍の潜水艦に対して二番副砲と高角砲を発砲した[47]。同6月14日柱島に帰投する[要出典]。, 大和が機動部隊と同行しなかったのは、戦前からの艦隊決戦思想と同じく空母は前衛部隊、戦艦は主力部隊という思想の元に兵力配備をしたからであり、艦艇の最高速度との直接的な関係はなかった。実際、主力空母のうち最も低速の空母加賀の速度差は殆ど0、飛鷹型航空母艦は25ノットで大和型戦艦より劣速である。ただ、飛鷹型空母は民間客船を改造した艦で、正規空母ではなく、航空母艦の護衛はより高速な艦が必要だったのは事実である。実際、空母の護衛には戦艦の中では高速戦艦に分類される金剛・比叡・榛名・霧島が用いられることが多かった。日本海軍の主戦力が空母と認識されたのはミッドウェー海戦での敗戦を受けてのことであり、この時点では少なくとも編成上は戦艦が主力の扱いであった。, 1942年(昭和17年)8月7日、アメリカ軍がガダルカナル島に来襲してガダルカナル島の戦いが始まった。8月17日、山本長官以下連合艦隊司令部を乗せた大和は、空母大鷹(春日丸)、第7駆逐隊(潮、漣、曙)と共にソロモン方面の支援のため柱島を出航する[48]。8月21日、グリメス島付近を航行し[49]、航海中に第二次ソロモン海戦が勃発した。航空機輸送のため2隻(大鷹、曙)をラバウルに向かわせたのち、3隻(大和、潮、漣)は8月28日にチューク諸島トラック泊地に入港したが[50]、入泊直前に大和はアメリカの潜水艦フライングフィッシュから魚雷4本を撃ち込まれた。2本は自爆、1本を回避している[51]。その後、トラック泊地で待機した。 まとめたった速報 やきもち妬いている、国が近くにありますがな。, 将来、有望だった多くの若者が、鉄の棺桶になった大和に乗って国のために死んだ 裁かれる人が裁かれてないってのは賛成だけど、裁判って東京裁判(笑)のこと?, 東京裁判(笑)の経緯や内容をひとつひとつ精査しての意見? 複数の銃座で同じ目標をしつこく追っかけ回したとかもあるし, 真面目な話、ガチで戦ったアメリカ人の方が「なぜ日本が戦争を仕掛けたか」については知識持つようになってきてるよな。日本の近所の国に比べれば。, そうだね、戦争じゃ沖縄のことばかり殊更に言われるけど しかしうまくいかなかった, だいたいほとんどの海軍首脳は、この作戦は無意味だから反対してたんだよ ]。同時に、後部射撃指揮所(後部艦橋)が破壊された[178]。さらに中甲板で火災が発生、防御指揮所の能村副長は副砲弾庫温度上昇を確認したが、すぐに「油布が燃えた程度」と鎮火の報告が入ったという[179]。建造当初から弱点として問題視された副砲周辺部の命中弾による火災は、沈没時まで消火されずに燃え続けた[180]。実際には攻撃が激しく消火どころではなかったようで、一度小康状態になったものが、その後延焼している。前部中甲板でも火災が発生したとする研究者もいる[181]。清水副砲長は沖縄まで行けるかもしれないと希望を抱いた[182]。, アメリカ軍は戦闘機、爆撃機、雷撃機が大和に対し同時攻撃を行った。複数方向から多数の魚雷が発射される上に、戦闘機と爆撃機に悩まされながらの対処だったため、巨大な大和が完全に回避する事は困難だった[183]。ベニントン隊に続きホーネットの第17爆撃機中隊(ロバート・ウォード中佐)が大和を攻撃した。艦首、前部艦橋、煙突後方への直撃弾を主張し、写真も残っている[184]。12時40分、ホーネット (CV-12) の第17雷撃機中隊8機が大和を雷撃し、魚雷4本命中を主張した[185]。「軍艦大和戦闘詳報」では12時45分、左舷前部に1本命中である[173]。戦後の米軍対日技術調査団に対し、森下参謀長、能村副長、清水副砲術長は爆弾4発、宮本砲術参謀は爆弾3発の命中と証言[186]。魚雷については、宮本砲術参謀は3本、能村副長は4本、森下参謀長は2本、清水福砲術長は3本(全員左舷)と証言した[187]。これを受けて、アメリカ海軍情報部は艦中央部左舷に魚雷2本命中と推定、アメリカ軍攻撃隊は魚雷命中8本、爆弾命中5発と主張し「風評通りに極めてタフなフネだった」と述べている[188]。大和では主要防御区画内への浸水で左舷外側機械室が浸水を起こし、第八罐室が運転不能となっていた[189]。左舷に5度傾斜するも、これは右舷への注水で回復した。, 13時2分、第二波攻撃が始まった[190]。アメリカ軍攻撃隊94機中、大和に59機が向かった[191]。第83戦闘爆撃機中隊・雷撃機中隊が攻撃を開始。雷撃隊搭乗員は、大和が主砲を発射したと証言している[192]。射撃指揮所勤務兵も、砲術長が艦長の許可を得ずに発砲したと証言するが[193]、発砲しなかったという反論もある[194]。いずれにせよアメリカ軍機の阻止には至らず、エセックスの攻撃隊が大和の艦尾から急降下し、爆弾命中によりマストを倒した[195]。さらに直撃弾と火災により、大和からアメリカ軍機を確認することが困難となった[195]。アメリカ軍機は攻勢を強め、エセックスの雷撃隊(ホワイト少佐)が大和の左右から同時雷撃を行い、9本の魚雷命中を主張した[196]。バターンの雷撃隊(ハロルド・マッザ少佐)9機は全発射魚雷命中、もしくは4本命中確実を主張した[197]。バンカーヒルの雷撃隊(チャールス・スワッソン少佐)は13本を発射し、9本命中を主張した[198]。キャボットの雷撃隊(ジャック・アンダーソン大尉)は、大和の右舷に照準を定めたが進行方向を間違えていたので、実際には左舷を攻撃した[199]。魚雷4本の命中を主張し、これで第一波、第二波攻撃隊が大和に命中させた魚雷は29本となった[199]。これは雷撃隊が同時攻撃をかけたため、戦果を誤認したものと考えられる[199]。, 大和の防空指揮所にいた塚本高夫艦長伝令、渡辺志郎見張長はアメリカ軍が見た事のない激しい波状攻撃を行ったと証言している[201]。宮本砲術参謀は右舷に魚雷2本命中したとする。大和の速力は18ノットに落ち、左舷に15度傾いた[202]。左舷側区画は大量に浸水し、右舷への注水でかろうじて傾斜は回復したが、もはや限界に達しようとしていた[203]。左舷高角砲発令所(左舷副砲塔跡)が全滅し、甲板の対空火器が減殺された[204]。, 13時30分、イントレピッド、ヨークタウン、ラングレーの攻撃隊105機が大和の上空に到着した[208]。13時42分、ホーネット、イントレピッドの第10戦闘爆撃機中隊4機は、1000ポンド爆弾1発命中・2発至近弾、第10急降下爆撃機中隊14機は、雷撃機隊12機と共同して右舷に魚雷2本、左舷に魚雷3本、爆弾27発命中を主張した[209]。この頃、上空の視界が良くなったという[210]。, 大和は多数の爆弾の直撃を受け、艦内では火災が発生した。大和の艦上では、爆弾の直撃やアメリカ軍戦闘機の機銃掃射、ロケット弾攻撃により、対空兵器が破壊されて死傷者が続出する。水面下では、アメリカ軍の高性能爆薬を搭載した魚雷が左舷に多数命中した結果、復元性の喪失と操艦不能を起こした。「いったい何本の魚雷が命中してるかわからなかった」という証言があるほどである[212]。後部注排水制御室の破壊により注排水が困難となって状況は悪化した。船体の傾斜が5度になると主砲、10度で副砲、15度で高角砲が射撃不能となった。また13時30分に副舵が故障し、一時的に舵を切った状態で固定され、直進ないし左旋回のみしか出来なくなった[190]。このことに関して、傾斜を食い止めるために意図的に左旋回ばかりしていたと錯覚する生存者もいる[誰? ワロタあんてな NEWS CHOICE ニュース速報まとめ桜 台湾へ向かうように偽装航路をとり、それに一縷の望みをかけた 官僚仕事よろしく判子を付くがごとく大和を向かわせた人564どもが許せない。 大和の影に隠れがちだが、米戦艦とガチでボコりあったり、ガダルカナルの飛行場を砲撃で滅茶苦茶にしたりと、日本の戦艦で一番戦果をあげていると思う。ただし、のちに後者のような作戦を行ったのは日本軍ではなく米軍というおまけつき。 条約破りまくってたのは連合軍側。 戦術も戦略もない気分や空気に流された作戦, すでに日本の領海という領海、そこらじゅう機雷が撒かれてて 政治的国際的な決着としてはまずまず 一億総特攻の先駆けだっつうて 逆に日本軍は捕虜にゴボウ食わせてやったら「木の根っこ食わされた」と訴えられた。 明るい未来がある事を信じて…。 しかし米軍機は、機上レーダーで雲上からでも艦隊の位置や陣形まで把握することができ、 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, https://wiki.chakuriki.net/index.php?title=大日本帝国海軍の戦艦&oldid=1566338, 海防艦、練習艦、工作艦となった。明石の先輩艦。太平洋戦争で現役工作艦として戦没した。, 対馬沖の決戦は海軍の大艦巨砲主義を盛り上げるに至った。(世界的な流れでもあったけど), 「丁字路」は殆どの人が今は「T字路」と認識している。甲乙丙丁戊の時代でなくなったから致し方なし……(甲乙はまだ使われるが), 太平洋戦争敗戦後に、米軍将兵にいろんな部品を持っていかれたり「キャバレートーゴー」なる物が建ったりひどい目にあった。が、チェスター・ニミッツの尽力によって、元にもっどた。ただし一部がいまだ行方不明。, なお、現在の三笠の評価額は2円。これは船でも建物でもなく、土地に置かれた構造物(ようはガラクタ)とされているため。, 水爆2発食らってもまだ浮かんでいた上、誰にも見られずに沈んでいった。連合艦隊最後の意地を見せたといえよう。, 長門は穴を開けたり機雷を撒きつけて無理やり撃沈、酒匂は曳航しようとしたら引っ張ろうとした拒否するかのように船を巻き込もうとしながら沈没、プリンツ・オイゲンも拒否するかのように座礁。と「枢軸国最後の勝利」と言われたとか。まあ、米軍艦も沈んでないの結構居るけど, 米軍は戦艦に対して核攻撃がどれだけ有効かという実験をしたわけ。んで鉄の塊ってやつは、案外丈夫ということがわかった。, 扶桑型以降の旧国名由来の戦艦の名称については、歴代の都があった国や神話に因む国が割と目立つ。, 終戦まで残ったこと、戦前の日本人にとっての代表戦艦というだけあって、一定の人気を持つ。, だからこそ、実艦標的にされたわけで。敵国としては、相手のプライドを完全に破壊しないといけないからね。, というか、終戦直後に某水産会社が捕鯨母船として何か貸し出してくれないかと復員省(もと海軍省)に申し入れたところ、リストの筆頭に挙がっていたとか。, あんまり関係ないが、終戦直後に「長門」を米軍へ引き渡す際、居た堪れない気持ちでいた海兵はやはり多いらしい。最後まで残ったこともあって、一心同体だと感じていた人が多い模様。, 「長門」と聞いた時、最初に何を思いだすかでその人が何のファンか分かる。(他には長門裕之と山陽本線・山陰本線の急行「ながと」がある), タービンがアメリカ製で、砲塔設計は英艦からの流用ってのは意外と知られて……おや?こんな時間に(ry, 「大和は嫌い」「長門の方が均整が取れている」と言う人間も多数居るが、脱条約時代を見据えた改装にいたっても20年は時代遅れのケースメイト式副砲が残され、とうとう終戦まで撤去されなかった事実には目を向けないらしい。, まぁ、WWII時の日本海軍でケースメイト式副砲を持たなかったのは大和型だけなんだけどさ。, 軍縮で廃棄予定だったが、建造をごり押し。その代わり米英もコロラド級やネルソン級を追加建造。, ゴリ押しをしてなんとか建造したものの、下にあるように大した結果もあげずに爆沈。運命には逆らえなかったようだ。, 陸奥の鉄が引き揚げられた後に利用されたという話を聞くと、むしろ沈んでから活躍したのではと思えてしまう・・・, 山口県周防大島の陸奥記念館に陸奥の艦首やスクリュー、14cm砲などが展示されてある。陸奥ファンなら是非行こう, 陸奥なんだから、青森に展示すればいいのにな。山口にはやはり長門のなにかを展示すべきだろ。, 進水したときは高波が起きて周辺の川の水位が上昇、さらに対岸の民家で床上浸水が発生した。, そのため津波がきた!とあわてて家を飛び出す住人が続出し、武蔵を目撃。 外出禁止令を出して機密にしようとしてたのに、即日モロバレ。, 建造時、建物をシュロ縄で囲ったらしい。そのため、一時期、九州一帯のシュロ縄在庫が払底したのだとか。さらに、進水直前にシュロ縄の一部が火事で焼け落ちたらしい。危ないなぁもう。, 建造時に図面が紛失する事件が発生。疑われた工員は厳しい取調べを受け、一部の人は帰ってこなかった(比喩表現)。犯人は本当に帰ってこなかったらしい。, 進水の時、そのままでは港が狭く出港不能なため、右側の碇を過剰に重たくすることによって重心をずらして無理矢理出したんだとか。, 坂が多い長崎の立地上、防諜には苦労した。高台にあったソ連公使館の隣に倉庫を建てて目隠しするとか。, あまりに建造を周囲に隠すあまり、進水式の際には、出席した皇族の伏見宮博恭王ですら、会場入りしてから軍服に着替えるという徹底ぶりだった。, 豪華客船を建造したことがある長崎三菱造船所だけあって、司令部区画の内装はかなりよかった。, 大和を建造していた呉工廠は、武蔵と同じ調度品を長崎三菱造船所に作らせ、大和に載せていた。, 米軍による空前絶後の攻撃に曝されてもなお交戦していたところに、どことなく弁慶を彷彿とさせる。, 実際のところは正確な沈没地点がわからないというほうが正しい。武蔵の戦闘詳報は沈没時に沈没地点を記載しているわけじゃないし、沈没時近くにいた駆逐艦は航法装置を損傷しており正確な位置を記録できていなかった可能性がある。, つい先日(現在2015/3/9)ついにシブヤン海で発見された。大爆発でバラバラになってしまった大和よりはるかに原型をとどめていたが、海中漂流説の方がロマンがあったと思うのは自分だけではないはずだ。, 武蔵作って航空機に沈められるくらいならその金を空母造りに回した方が良かったんじゃ……, 他にも「世界最大の戦艦(総排水量)、「最大の艦砲を搭載した軍艦」としてもギネス記録に残っている。, しかしレイテ沖海戦の直前に、他の艦よりも明るい「銀鼠色」に塗り替えられたとされる。, 黒甲板については、レイテ直前に銀鼠色と一緒に塗られたとか、1943年半ば以降から塗られたとか、色々説があるっぽい。, 砲塔をつけすぎたため、被弾に弱い箇所が多かった。おまけに居住空間や機関室も圧迫している。, 超弩級戦艦の開発ノウハウが皆無の日本が、イギリス設計の金剛型巡洋戦艦を参考に設計したんだから、そりゃ無茶苦茶なことになる。, 発射速度向上と防炎対策で、主砲には固定装填方式を日本の戦艦で初めて採用したが、機構が複雑で故障が多かった。, 日本の戦艦の中でも操艦が最も難しいとされ、真っ直ぐ走らせることすら大変だったとか。, 艦船ファンお馴染み(多分)のウォーターラインシリーズでは真ん中の砲塔が艦橋に引っ掛かってきちんと旋回しなかった。, 扶桑は魚雷を2~3本食らって真っ二つになって沈んだので、やはり防御には欠陥があったのだろう。, 何の戦果もないと言うのは間違い。魚雷艇を数隻沈めた。しかも、西村艦隊が米艦隊の砲弾、弾薬を消費させたのでもし、栗田艦隊がレイテに突入できていたら、レイテ戦はもっと良かったかもしれない。, 無駄に全否定するから揚げ足を取られる。「魚雷艇を数隻沈めた程度で戦果はほぼ無かった」くらいの説明で良かった。, オルデンドルフの戦艦部隊がスリガオ海峡海戦で徹甲弾をほぼ射耗していたと言われているが、実はもう一度海戦をするだけの徹甲弾は残っていたらしい。なので栗田艦隊が反転せずにオルデンドルフ艦隊とぶつかっていた場合、いかに大和を擁するといえども苦戦は必至で、戦力差からしても(栗田の傷ついた戦艦4隻に対してほぼ無傷の6隻、巡洋艦以下は圧倒的多数)栗田艦隊はレイテ湾を見ることもなく全滅していたという主張も存在する。, 火達磨となって沈みゆく扶桑の映像が残っているが、戦時中の日本ニュースでは「敵艦」として虚偽の報道がされた, ずっとドックに引篭もった挙句、開戦後も出撃させる機会が無く浮かんでいるだけだった。, あまりにアレな性能だったので、開戦後も練習戦艦として使用されてたが、艦隊戦力がどんどん減っていったので、仕方がなく戦場へ引っ張り出された。そしてこの始末。, 扶桑艦長だった鶴岡信道からは「結果的には、扶桑、山城という戦艦は、本来、太平洋戦争で使ってはならないフネだったわけですね」と言われてしまっている。, 最終的な改装のあと、どこに被害を一発受けても沈みかねないだとか、鈍足過ぎるとかなんとかいわれていたらしい。, 最後の戦い、スリガオ沖海戦にて最上に誤射してしまい、最上乗員から「あれは扶桑でない、クソーだ」という悲しいアダ名を付けられた, 伊勢型戦艦改造後に改造予定だったが、伊勢型よりも工事が複雑になって時間がかかるのでとりやめになった。, いや、第3砲塔の位置が変わったでしょ。でも、そのせいでなおさら前面が手薄という本末転倒に。, これについては、「彗星」を発艦させて使い捨てる(着水させるか別の空母の飛行甲板に一旦下ろして搭乗員だけ回収する)方法と、水上機の「瑞雲」「晴嵐」を使う案とがあった。, 補足。「彗星」は、着水させるのではなく、もよりの陸上基地に着陸させる、または別の空母に着艦させるが正しいのではないかと思われます。, 上について、彗星は「機体を不時着水させてパイロットを回収する」と言う意味で「着水させる」とかかれたものと思われます。, 「飛行機運用したこと無いじゃん!航空戦艦じゃなくて防空戦艦だよw」なんて口が裂けても言わないで下さい(泣)。, 伊勢と日向のレイテでの爆弾、航空魚雷回避はもはや、神業…(しかも、一発も被弾(被雷)していないし・・・)。, 北号作戦もそうだが、アメリカは本気で沈めに行ったが、どうやっても無理だった。あの艦はどうなっていたんだとか言われたらしい。, 松田千秋第四航空戦隊司令が標的艦攝津艦長時代に考案した爆撃回避マニュアルを作って訓練させた。人事畑の、中瀬泝伊勢艦長も教えを受けて回避運動を覚えたとかで、練習で出来る業らしい。, ちなみにその「ひゅうが」艦内には、「日向」と「ひゅうが」が邂逅している姿を描いた画が飾られている, この絵画、実はロッキードマーチンからプレゼントされた物である。嘗ての敵艦を絵画にして送るなんて粋。, 通称「最強の輸送艦」。理由は北号作戦での僚艦との攻撃の回避っぷり。この作戦、皆ノーダメージで帰還してしまった。数隻沈むかもと思ったらみんな無傷で帰ってくるとは、海軍は思わなかったらしい。, 伊勢の総員退艦のときマストから軍艦旗を降ろそうとしたが、何かに引っ掛かったように降りてこない。乗組員は「伊勢はまだ戦うつもりなんだ……」と涙したという。, 巡洋戦艦を改造した戦艦。そのため、30ノットで航行でき、機動艦隊の護衛に使われた。, そのせいで「巡洋戦艦は戦艦の火力を持つ巡洋艦」であるにもかかわらず「戦艦と巡洋艦の中間種」と思い込む人多数。, まぁ、巡洋艦と戦艦の主砲に大差なかった頃はともかく、金剛型や、『レパルス』『フッド』あたりになると自身が搭載する主砲の能力から言って、巡洋艦と同じ防御力ってわけにも行かなかったからね。, それは間違い。アメリカは真珠湾で沈んだ鈍足戦艦を修理して機動部隊の護衛に使ってたりする。, 間違いと言うより、当時のアメリカにはそれしか戦艦を空母の護衛につける方法が無かったというのが正しく、機動部隊の足を引っ張らないで随伴できるという意味では確かに日本で唯一の戦艦だった。, 航空戦主体になってしまったとはいえ、出し渋りであんまり活躍の出来なかった他の戦艦とは対照的。, 大和の影に隠れがちだが、米戦艦とガチでボコりあったり、ガダルカナルの飛行場を砲撃で滅茶苦茶にしたりと、日本の戦艦で一番戦果をあげていると思う。ただし、のちに後者のような作戦を行ったのは日本軍ではなく米軍というおまけつき。, 「あいつらだけ速度速いしなー。ま、対抗して高速戦艦作っちゃえばいいや」という金持ち発想。, 初代の金剛と初代の比叡は、エルトゥールル号遭難事件の生存者の本国送還のために、ともにイスタンブールまで赴いている。, 後の改装工事のとき、ほかの艦では甲板にドリルが通ったのに、金剛ではドリルのほうが折れてしまった。材質は同じでも製造技術にはだいぶ開きがあったようだ。, 同じ鉄でも添加される成分によって粘り強くなったり脆くなったりする。ひょっとすると製鉄技術の差が出たのかもしれない。, ちなみにこのVC鋼板と後のVHやNVNCは作り方が違うだけで中身は同じ。茶葉が加工によって緑茶になったり紅茶になったりするようなイメージ。, 「金剛」という名前の軍艦は常に海外にタイプシップを求めている。初代と2代目がイギリス、3代目(海上自衛隊「こんごう」)はアメリカ。, 設計・建造したヴィッカース社いわく、「(制約なしに好き勝手できたので)実に楽し、いや興味深い仕事だった」, 初代金剛の甲板は、海軍兵学校(現在の海上自衛隊幹部候補生学校)の玄関に再利用されているらしい。, なぜか、比叡は某架空戦記で連合艦隊の旗艦になっている。(長門他もっと、強力なのがいたのに…), 実は、それもちょっと……だったりする。と言うのは、金剛型はもともと連合艦隊旗艦として使う予定のない設計だったので、そう言ったものを詰め込む余裕はなかった。それなら扶桑型か、伊勢型を改造したほうが良かった。, 天皇の御召艦となったり、大和型戦艦のテストベッドになったりして、他の姉妹艦と比べて変化が激しかった。, 軍縮条約のあおりを受けて練習戦艦に格下げ、主砲や装甲も大部分が撤去された。それが転じて空いたスペースに御召艦用装備を。, サウスダコタとワシントン相手にサウスダコタをボロボロにした。が、ワシントンの砲撃で沈没。その後、サウスダコタはワシントンの乗組員に罵倒されたとか。, 上部構造物が中破しただけなのに、電気系統の操作ミスで兵装が使用不能になってスゴスゴ後方へ退避したから。, 飛行場攻撃用の焼夷弾(三式弾だったかな)で攻撃したせいで、その二隻を撃ち漏らしたんだとか。多少被害受けても徹甲弾に変えてから攻撃すべきだって言う意見もちらほら。, ある部分ではハンマーで叩くとドサドサと海水の染みた錆の塊が落ちてくるほどだったという。, この事を知った関係者は「トサがドザになってしまった」と言ったとか言わなかったとか。, 個人的にはもし廃艦にならず戦艦として使われていたとしても、陸奥と同じような顛末を辿っていた気がする・・・, 長門型は近代化改装で、土佐型の砲塔を流用して主砲仰角の引き上げをしている。土佐型が戦艦として完成していたら。扶桑型が廃艦になり大改装されない陸奥は事故を免れて、スリガオ海峡に行ったのかも知れない。, 軍縮条約の煽りを受け、赤城と共に速力の速い巡洋戦艦は、空母として建造されることになり。, 横須賀で建造を開始されたが、建造中に関東大震災でキールを損傷。廃艦にされ、代わりに加賀が空母に改装された。, 太平洋戦争における大日本帝国海軍最初の損失戦艦。超ウルトラ軍機のため日本国内にも詳細なデータは残っていないらしいぞ。同型艦その他もまったく不明なんだ!, 実際は米軍が仕留め損ねた軽巡洋艦「名取」の戦果を誇大報告したものだぞ!軽巡から超弩級戦艦という空前絶後の大躍進のせいで最近まで誰も気が付かなかったんだ!.
古今東西で軍隊が組織的な作戦で任意性で行った特別攻撃は日本以外皆無。, ロシアの露払いとか督戦隊とか政治将校なんてのは強制させる為に居る存在だし、日本軍にはそんな連中居なかった。 日本の軍艦はどれも男らしい佇まいだな 死刑になったのもクソ野郎ばっかだしな, しかし他に裁かれるべき連中が裁かれてもいないし、戦争になった経緯について掘り下げられていないのが問題, 捨石というか本土決戦の時間稼ぎにされた 日本海軍の常識では雲高1000m以下の曇天では、動く目標への正確な雷爆撃は困難だった。 このブログをフォローする. 日米が争った戦線のこと? 被雷により明らかになった欠陥に対して、浸水範囲をせばめるための水密隔壁が追加されたが、装甲の継手と装甲の支持鋼材の継手とが一致してしまっているという根本的欠陥は補強する方法もなく(支持鋼材の継手に角度をつけることでクサビ効果があると設計では考えられていたが、そのとおりには機能しなかった)、元のとおりに修理されただけであった[79]。この工事と並行して、両舷副砲を撤去し、高角砲6基と機銃を増設して対空兵装の強化を図った[要出典]。 2chまとめのまとめアンテナ 撃沈戦果 [筆者注:調査未完です] *すべて船名が確認できた確実な撃沈数。未確認は含まず。 伊一潜:輸送船1隻(8,667トン)撃沈. 東京裁判は、太平洋戦争を丸く収める為の日米談合の出来レース 俺は大和で戦艦に興味持ったから艦橋前寄りの艦に違和感あったけど、今はその魅力が理解できる。扶桑型とか至高w, まぁ当時、大和の代わりに出撃して沖縄までたどり着ける軍艦があったかというと、有り得ないよな。それだけの規模だった >だいたいほとんどの海軍首脳は、この作戦は無意味だから反対してたんだよ, つーか君、無意味だから反対していたってのに計画は周到に練られたって辻褄が合っていないと思うけどw, 人間は機械じゃないんだから無意味だと思うことを周到に計画することなんて出来ないよ。意識的だろうと無意識的だろうと必ず打算的になる。それとも何か?無意味だと思った人たち(ほとんどの海軍首脳)は計画を練らず、必ず意味があるって考えた人たちだけが計画を練ったとでも言うのか? カタチだけでも周到に計画したはずだ!っても、それはまともに計画されなかったってことだからね。, 良く日教組とかの反日極左系が「日本人は沖縄を見捨てた!」を連呼するけども、 まあ本土決戦せずに無駄に死んだんですけどね, ※18 大和級は艦橋が後寄りなのがなぁ・・・ 8月11日、帰京した朝融王は天皇に大和進水式について報告した[33]。, 大和進水後のドックでは大和型4番艦111号艦の建造がはじまったが、大和の艤装工事に労力を割いたため111号艦の進捗は遅れた[36]。一方の大和は前述のように1942年6月の竣工を目指して艤装工事を続けたが、日本海軍は本艦の完成時期繰り上げを命令[14]。, 1941年(昭和16年)10月18日、土佐沖で荒天(風速南西20m)の中で速力27.4ノットを記録[14]。続いて30日に全力公試27.46ノットを記録[2]、11月25日には山本五十六連合艦隊司令長官が視察に訪れた[37]。12月7日、周防灘で主砲射撃を実施した[14]。真珠湾攻撃の前日だった。12月8日、南雲機動部隊の収容掩護のため豊後水道を南下する戦艦6隻(長門、陸奥、扶桑、山城、伊勢、日向)、空母鳳翔、第三水雷戦隊以下連合艦隊主力艦隊とすれ違う[38]。 国を守って戦ってくれた兵隊さんに文句はないけど。, やられると知ってて(真っ昼間に)沖縄に向かったが正解 大和(やまと) は、大日本帝国海軍が建造した大和型戦艦の1番艦 。 2番艦の武蔵とともに、史上最大にして唯一46センチ砲を搭載した超弩級戦艦で呉海軍工廠で建造。. ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 航空作戦、地上作戦の成否如何にかかわらず突入戦を強行、水上部隊最後の海戦を実施する, 「【電令作603号】(発信時刻13時59分) 8日黎明を目途として、急速出撃準備を完成せよ。部隊行動未掃海面の対潜掃蕩を実施させよ。31戦隊の駆逐艦で九州南方海面まで対潜、対空警戒に当たらせよ。海上護衛隊長官は部下航空機で九州南方、南東海面の索敵、対潜警戒を展開せよ。」「【電令作611号】(発信時刻15時)海軍部隊及び六航軍は沖縄周辺の艦船攻撃を行え。陸軍もこれに呼応し攻撃を実施す。7日黎明時豊後水道出撃。8日黎明沖縄西方海面に突入せよ。」, 「【電令作611号改】(時刻7時51分)沖縄突入を大和と二水戦、矢矧+駆逐艦8隻に改める。出撃時機は第一遊撃部隊指揮官所定を了解。」として、豊後水道出撃の時間は第二艦隊に一任された。第二艦隊は同日夕刻、, 機械室・ボイラー室は、それぞれの床下にある冷却用の配管を人力で壊して浸水させる必要があり, 「昭和16年12月1日〜昭和16年12月31日 呉鎮守府戦時日誌(1)」p.30「一戦隊に大和を加ふ」, 海軍省発行『海軍制度沿革』第15篇「艦船」、第4章「進水 命名 本籍」、第2節「命名」の序文より。, 戦史叢書第62巻 中部太平洋方面海軍作戦<2>昭和十七年六月以降、525-526ページ, 巨大戦艦 大和 〜乗組員たちが見つめた生と死〜 戦争証言アーガイブズ NHKオンデマンド, 『The World Wonder'd: What Really Happened Off Samar』Robert Lundgren, 戦史叢書17沖縄方面海軍作戦626頁、戦史叢書93大本営海軍部・聯合艦隊(7)戦争最終期273頁, 4月6日1545、豊田副武「帝国海軍部隊は陸軍と協力 空海陸の全力を挙げて沖縄島周辺の敵艦船に対する総攻撃を決行せんとす 皇国の興廃は正に此の一戦に結集し光輝ある帝国海軍海上部隊の伝統を発揚すると共に其の栄光を後昆に伝へんとするに外ならず 各隊は其の特攻隊たると否とを問わず愈々殊死奮戦敵艦隊を随所に殲滅し以て皇国無窮の礎を確立すべし」(片仮名を平仮名に), 呉海事博物館での紹介映像では2番と3番主砲の弾薬庫が転覆によって誘爆したと紹介されている, 昭和21年2月18日付 第二復員省辞令公報 甲 第62号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072158500 で閲覧可能。, NHK特集 海底の大和 ~巨大戦艦・40年目の鎮魂~-NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス, NHK特集 戦艦“大和”探索 悲劇の航跡を追って- NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, 巨大戦艦 大和 ~乗組員たちが見つめた生と死~ -NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス, 戦艦大和 建造秘録 完全復刻改訂版[資料・写真集] ALL ABOUT SUPER BATTLESHIP YAMATO, #艦船模型スペシャル 戦艦大和の最期:天一号作戦―沖縄海上特攻 2019SPRINGp, #別冊宝島 2548 米軍から見た太平洋戦争 独自入手!米国資料からわかった「敗戦の真実」p, #保存版 戦艦大和 最期の証言 生存者が語る歴史の真実!
狂っとる, ※19 それすらやらなかった時点で完全に死ぬ気だったんだよ