『こんなことしとったら、日本は壊れてしまうわな』という彼がよく口にした言葉を最近特に思い出します。保守の中のもっとも良識的な姿勢で日本を見続けてきた後藤田なら『改憲は時期尚早』と首相を窘めたのではないかと私は思うのです。ところが今の自民党には、後藤田のような『重石 「デフレからの脱却、少子高齢化への挑戦、戦後外交の総決算、その先には憲法改正もある。チャレンジャーの気持ちで令和の新しい時代をつくる」, 11月20日、安倍晋三首相の通算在職日数が、2887日となり、桂太郎を抜いて歴代単独1位となった。記者団に対して、安倍首相はその感慨を述べ、続けて残る任期での憲法改正実現への意欲を冒頭のような言葉で語った。, 安倍政権が掲げる「憲法改正」のロードマップ。だが、その拙速な取り組みに疑問を呈したのがノンフィクション作家の保阪正康さんだ。発売中の「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」でインタビューに答えた。, 「安倍首相は『2020年の改正憲法施行』を、繰り返し主張しています。しかし、憲法を改正するということ自体が目的化し、なぜいま改憲なのか、この国をどの方向に持っていこうとするのか、その土台から論議を進めていく姿勢は全く見られません。とにかく衆参両院の3分の2の同意を取り付けて、何が何でも在任中に『改正』を実現させたい。首相としてのレガシーを残したいという思いだけで、憲法改正を行おうとしているように見えます」, 「(今の状況を見るたびに)私はもし後藤田正晴が存命ならば、と思わずにはいられません。『こんなことしとったら、日本は壊れてしまうわな』という彼がよく口にした言葉を最近特に思い出します。保守の中のもっとも良識的な姿勢で日本を見続けてきた後藤田なら『改憲は時期尚早』と首相を窘めたのではないかと私は思うのです。ところが今の自民党には、後藤田のような『重石』はいなくなってしまったようです」, 保阪氏は、「私自身はいわゆる護憲派ではなく、現行憲法には時代に合わなくなってきたさまざまな点があり、いずれ改憲は必要という立場です」という。, 「しかし、改憲には歴史への深い考察がまず必要です。そこを一切飛ばした、安倍政権の現在のスケジュール闘争のようなやり方はいかにも拙速です。これを軌道修正できる後藤田のような有為な政治家がいない今の政治状況を、私は非常に不幸なことだと思うのです」, 後藤田正晴(1914年~2005年)は「護憲」の政治家としてしられる。警察庁長官を務めたのち、政界に進出し、内閣官房長官を長く務めた。93年の宮澤喜一内閣では副総理、晩年は首相にも擬せられた。, 「旧内務省出身の官僚というイメージとは異なる柔軟な思想の持ち主で、自民党のリベラル派とも言うべき体質を持っていました。のちに宮澤内閣で、PKOへの自衛隊出動にも一定の歯止めをかけて、軍事を政治のコントロール下に置くことを実現させています」, と保阪さんは語る。93年、保阪さんはそうした彼の政治的姿勢に関心を持ち、幾度も本人取材を重ね、彼の評論を書き、『後藤田正晴——異色官僚政治家の軌跡』として出版した。, 【文藝春秋 目次】日本再生、私の戦略 永守重信・竹中平蔵 ほか/ここまでわかった「コロナの新常識」/芸能人「自殺連鎖」の病理, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 後藤真希の美貌がヤバい! 35歳になった“永遠のアイドル”は、なぜこんなにも輝き続けるのか, 大胆なビキニも……深田恭子37歳 “不思議ちゃん”から“カッコかわいい”まで“キャラ変”の歴史, 「なんで検察官の方を向くんだ!」威圧に号泣 河井克行・案里被告の裁判は“無法地帯”, 若手保育士との不倫疑惑、20年来の愛人が取締役就任…「ヨコミネ式」創設者・横峯吉文氏の“乱倫経営”を元妻が告発, 「ごめんなさい」「今さら許さへん」中1生徒の背骨を折った体罰教師は、怒り爆発で生徒が気絶しても投げ続けた, 《8人を失神させ強制性交》座間9人殺害・白石被告が購入した「ニンニク」と猟奇的ネット履歴, 《本人直撃》「あいのり」でっぱりん傷害事件の全内幕「このクソ貧乏人が!」彼女は逆上して恋人も殴った, 20歳年上の“美魔女”61歳と“心中”した元ヤクザ…なぜ二人は死ななければならなかったのか, 《ジャニーズ元MADE・稲葉光を直撃》元Berryz工房との“渋谷ホテルデート”から滝沢秀明副社長まですべて聞いた!, “菅政権のブレーン”竹中平蔵が新たな提言「都知事は政府が任命。東京を日本政府直轄地にせよ」, 「彼女はいないと言ってたけど…」BUMP OF CHICKENベーシストが結婚隠してコスプレ三昧不倫, 「まともな精神状態なのか!」韓国人“射殺焼却”でも北朝鮮に怒らない文在寅のダブルスタンダード《3大紙は失望》, 眞子さまと小室圭さん“ご結婚”再び延期か…「長女の気持ちをできる限り尊重」紀子さまの“本当のお気持ち”, 「春田と牧のプロポーズを超える新作を……」『おっさんずラブ』Pが明かす“「-in the sky-」誕生秘話”, 三浦瑠麗氏インタビュー「日本学術会議はちぐはぐな組織。それでも、パンはパン屋の言うとおりに作らせておくのが『保守の知恵』です」, ウイルスを99.99%ブロックするマニフレックス×ハイキュ ヴィロブロックの新たなマットレス, 「自分にとっての当たり前が……」SMBCグループCEOが衝撃を受けた『北の国から』あの名言, 「駅近、約1,200㎡の広大な敷地」「自宅の建て替えと地域貢献を両立する土地活用」プロが出した答えとは?, 好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!, 歴代最長の安倍政権は一体いつ終わるのか? あえて憲法改正に踏み込まない「政権維持術」, GSOMIA維持……それでも文在寅政権はアメリカに切り捨てられる!「もはや国家としての統制が取れていない」, ノンフィクション作家・保阪正康が語る「『昭和史』からの教訓と、平成の天皇との私的な懇談」, 「歴史家」保阪正康が明かす「フリー独立前、20代に電通PRセンターで見聞きしたこと」.