海外旅行の穴場でありながら、観光スポットの多いブタペストは年末年始おすすめの海外旅行先です。, 年末年始のおすすめ海外旅行先の10個めは「チェコ/プラハ」です。 ヨーロッパの海外旅行先として有名な場所で、クリスマスから年末年始は幻想的な雰囲気を楽しめます。, バチカン市国では、12月から1月初旬までイルミネーションが続きます。

地中海に浮かぶマルタ共和国のヴァレッタは、中世の街並みが残る街全体が世界遺産に指定された街です。, マルタの首都であり、歴史的な見所が多いおすすめの海外旅行先です。 は、予算は高くなっても海外に行く価値があります。, 海外旅行で人気の高いヨーロッパ各地では、11月の半ば過ぎからクリスマスまでクリスマスマーケットが行われています。 ポルトガルの首都であるリスボンは、坂の多い街にキュートなトラムが走っている風景が有名です。, 見所のおすすめ観光地も多く存在し、街中にある巨大な塔のサンタ・ジュスタのエレベーターはバイシャ地区とシアード地区を結ぶためのエレベーターがあります。 All rights reserved. 新しい年を別の国で迎えて、いつもとは違う新年のスタートを迎えてみましょう。, 国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! フィンランドでは、クリスマスは家族や親しい人と過ごすのが習慣でなので、街でもハグをしたりほのぼのとした風景が見られます。, クリスマスシーズンは、1月6日まで続くので年末年始であれば、クリスマスの雰囲気を楽しめるので、年末年始もおすすめな時期となります。 第二次世界大戦中に、ドイツの司令部があったことで戦火を逃れた為、建造物が残っています。, 14世紀や15世紀に建てられたフロリアンスカ門やバルバカンなど重厚感がある歴史を感じられる建物があります。 年末年始の航空券は、時期を少しずらす事で比較的安い値段で取ることができるのでおすすめです。, 年末年始のおすすめ海外旅行先の5つめは「イタリア/ローマ」です。 ドゥブロヴニクの見所である、世界遺産の旧市街は城壁の中にあり、街の中を散策するだけで楽しめます。, 押さえておきたいおすすめ観光スポットは、城壁を歩いてドゥブロヴニクの街やアドリア海を見ることです。 日本では冬本番の年末年始、海外旅行をするならおすすめのポカポカあったかリゾートで身も心もリフレッシュしませんか♪「でも年末年始ってどこに行っても混雑するでしょ?」という人も必見!穴場でゆっくりできるおすすめの海外旅行先をピックアップしてみました。 1.年末年始は海外旅行より国内の穴場観光スポットを巡るのがおすすめ. 人々が花火や爆竹を持って会場に迎い、至るところで花火や爆竹をやっている人がいます。, 新年を迎えると更に盛り上がりをみせ、お酒を飲みながら新年を祝う陽気な姿がみられます。

QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。, Error: Access Token is not valid or has expired. リスボンの街を一望することができるので、絶景を楽しめるおすすめのスポットです。, サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台からは、テージョ川からサン・ジョルジェ城まで見渡せます。

クリスマスの時期は、この広場でクリスマスマーケットが行われます。, チェコの伝統料理の屋台なども出るので、お土産探しのついでに食事も楽しめます。 プラハでも年末年始は、カウントダウンが開催されています。, 有名な年末年始の大晦日に行われるカウントダウンの場所は、プラハ城がおすすめです。 日本人にも海外旅行先として人気がありますが、まだまだ穴場だと言えます。, 建造物が美しい街で、ドナウ川沿岸にある国会議事堂も観光名所となっています。 ネットで「穴場の行き先」一覧を見つけても、果たして自分にとってベストなのかは、また別の問題ではないでしょうか?
年末年始の休みは、思い切って海外旅行を計画するのも楽しい思い出となります。 寒い冬を脱出して温かい国に行ったり、穴場と言われるスポットを巡ったり、様々な旅行を計画できます。 年末年始だからこそのイベントなども楽しめるおすすめの海外旅行先をご紹介します。 スペインの南部のアンダルシア地方にある、地中海沿いにある美しい街です。, 有名なおすすめ観光スポットは、世界遺産のアルハンブラ宮殿とアルバイシン地区です。 年末年始 ヨーロッパ 穴場に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。, エイビーロードなら、多くの旅行会社から海外旅行・海外ツアー・海外航空券の比較検討が可能です。現地発のガイド情報など、豊富な観光情報もご紹介。 展望台はなんと320メートルの高さにあり、ニューヨークを一望できます。, 誰でも参加できるカウントダウンですが、午後3時ごろにはカウントダウンエリアに入るゲートが閉鎖されてしまいます。 年末年始の休みは、思い切って海外旅行を計画するのも楽しい思い出となります。 年末年始の海外旅行は、航空券が高いですが日にちを選べれば、クラフク行きはさほど高騰していません。, 全体的に物価が安い国なので、海外旅行中の滞在費もコストを抑えることができるでしょう。, 年末年始のおすすめ海外旅行先の3つめは「マルタ共和国/ヴァレッタ」です。 普段とは違う雰囲気を味わうことができる年末年始の海外旅行 とにかく見事な美しさのプラハは、年末年始の海外旅行におすすめです。, 年末年始のおすすめの海外旅行は、クリスマスや年末年始のイベントもあるので特別感があります。

This error message is only visible to WordPress admins. インスタ映えしそうな景色がたくさんあるマルタは、まだまだ穴場でありながら、留学先としても人気があるため、様々な観光客や外国人が滞在しています。, 年末年始の12月31日、1月1日は観光スポットの一部はお休みになりますが、街散策やドライブなどで過ごすのもおすすめです。 日本でも年末年始にかけて様々なところでカウントダウンが行われますが、ヨーロッパの年末年始のカウントダウンは派手な花火やイルミネーションで盛り上がります。, 海外旅行先では芸術的なプロジェクトマッピングを使うところがあったり、見ているだけでも興奮します。

Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information. 日本を脱出して、年末年始はリフレッシュして海外旅行先で新しい年を迎えるプランはよいスタートになります。, 年末年始おすすめの穴場海外旅行先や、格安海外旅行先、一人でも楽しめる海外旅行先などをご紹介します。, 年末年始のおすすめ海外旅行先の1つめは「クロアチア/ドゥブロヴニク」です。 (カウントダウンまで長時間待たなければならないのがデメリットです。), しかし無料で帽子、風船、手袋などが配布されるため、イベントが盛り上がるだけでなく、その年の記念となるでしょう。, セントラルパークでも年越し花火が打ち上げられ、パーク内ならどこからでも見ることができます◎, こちらでユニークなのは新年早々みんなが4マイルのマラソンをすること! Feed will not update. 意外に思われるけど、冬のヨーロッパは超オススメ。理由はただ一つ「圧倒的な安さ」だ。 気候的には12月から1月の気温は、10度から15度くらいなので日本よりは温かく観光しやすいです。, ただ、年末年始の時期あたりから雨が多い時期になるので雨具は用意しておく方が良いでしょう。 年末年始の海外旅行で、オーロラを見たいという夢のようなプランが実現できたら嬉しい旅行となります。, ラップランドとは、ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・ロシアの4か国をまたがる場所にあります。 世界遺産に指定されているアーヘン大聖堂や、温泉で知られる街です。, 街の中には、無料で飲める温泉水のエリーゼの泉があります。 年末年始の海外旅行なら味わってみたいカウントダウンですが、リスボンも年末年始に華やかなカウントダウンがあります。, 年末年始に行われるコメルシオ広場で行われるカウントダウンは、かなりの混雑となります。 至近距離での花火鑑賞を楽しめます。, ここでのカウントダウンイベントはありませんが、島全体に打ち上げられる花火を見渡すことができます。, 誰もが目にしたことがあるタイの寝釈迦仏。 見所のひとつプラハの街を流れるモルダウ河を臨む景色は、絵葉書のような世界となっているのでおすすめのスポットとなります。, プラハ城や聖ヴィート大聖堂、黄金の小路にあるカフカの家など様々なおすすめ観光スポットがあるので見所が満載です。 クロアチアの物価は、日本とさほど変わらず、特に観光地の物価は高めです。, お土産などは、首都のザグレブなどで探した方がよいかもしれません。 まだまだ海外旅行先としては穴場の観光地なので、とてもおすすめの街です。, ポーランドの歴史に触れる観光スポットの、アウシュビッツ収容所へも日帰りで行ける場所にあります。 そして、海外旅行先のヨーロッパでは新年を祝うのは家族や友人と乾杯をして楽しく過ごし、年が明けた1月1日はお休みですが2日からは通常通りになります。, 国によっては、年末年始にコンサートが行われたりイベントが行われる海外旅行先もあるので見逃せないおすすめポイントとなります。 その他気軽に立ち寄ることのできる温泉や、医師の処方がなければ利用できない温泉などもあります。, アーヘンは、昔から高級保養地だったこともありカジノもあり楽しめます。 年末年始の長期休みを使って旅行をするゲイは多いけど、海外の場合ほとんどが「台湾」「タイ」に集中している。, 台湾とタイはゲイ遊びの定番中の定番だけど、もし何度も行ったことがあるのなら、今年は別のプランを考えてみてはどうだろうか?, 意外に思われるけど、冬のヨーロッパは超オススメ。理由はただ一つ「圧倒的な安さ」だ。, オフシーズンの冬のヨーロッパはなんでも安く、例えばホテルは夏の約半分以下、航空券もハイシーズンの2/3ほどと、物価が高いヨーロッパでも安くお徳な旅ができる。, また、ヨーロッパの中でも寒さが穏やかな南の国、もしくは地中海に近い都市がオススメ。, 特に、イタリアとスペインは、東京とほぼ気温が同じもしくは少し暖かいくらいなので年末年始には最適。, 普段は観光客でぎゅうぎゅう詰めのローマやベネチア、バルセロナなどが街中空いていて観光もストレスフリー。, 注意点としては、冬のヨーロッパは夕暮れが極端に早いので、時間に余裕をもたせた旅プランを作るべし。, 海外旅行が好きで、人とは違った体験を求めているのなら南アフリカはかなりオススメの旅行先だ。, 南半球なので年末年始はベストシーズンで、中でも同国最大のリゾート地「ケープタウン」は欧州の人たちの避寒地として大人気。, ケープタウンでビーチリゾートを楽しむのもありだし、国内にいくつもある国立公園でサファリを楽しむのもあり。アフリカらしいワイルドなアクティビティは一生の思い出になる。, また、アフリカ大陸で唯一同性婚が認められているゲイフレンドリーな国なので、ゲイバーやクラブも多く、ナイトライフが充実しているのもポイント高い。, 平均気温30度と真夏のオーストラリアで、真っ青な空と美しいビーチでホリデーシーズンを思う存分楽しみたいところ。, 人気No.1の「ボンダイビーチ」には、世界中から観光客が集い、海水浴や日光浴、サーファーで賑わっている。その周辺にはおしゃれなカフェや施設が立ち並んでおり、街を歩いているだけでリゾート気分満載だ。, また、ゲイフレンドリーな都市として有名なので、昼はビーチで存分に遊んで、夜はゲイバー&クラブ遊びと一日中アクティブに楽しめる。, 世界遺産のアンコールワットで有名なカンボジアは、11~4月は乾季にあたるため年末年始はベストシーズン。, カンボジアの魅力はやはりアンコールワット。広大な敷地の中に装飾された回廊や塔が並んでおり、その壮観さに圧倒されること間違いなし。, アンコールワット以外にも、国王が暮らす王宮や、お寺のワットプノンなど、首都のプノンペンには観光名所も豊富。, フランスの植民地だったことから、街にはコロニアル風の建物が数多く残っており散策するだけで楽しい。, また、ゲイフレンドリーなリゾートホテルがあったりと、同じアジアでもタイとはまた違ったゲイ的アクティビティを体験できる。, ボンダイビーチ」には、世界中から観光客が集い、海水浴や日光浴、サーファーで賑わっている。その周辺にはおしゃれなカフェや施設が立ち並んでおり、街を歩いているだけでリゾート気分満載だ。. 日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。, マンハイムからバイロイトまでのドイツ古城街道には、文字通り“古い城”が多い。そんな中、アンスバッハには近世に建てられた宮殿がある。こんな立派な宮殿があるのに観光客が少ないのが不思議だ。古い街並みも保存され、落ち着いた小都市である。アンスバッハはもともとはオノルツバッハという村だったが、それが訛ってアンスバッハとなった。J.S.バッハとは何の関係もないのだが、地名に因んで毎年夏になるとバッハ音楽祭が開かれている。, 1770年にドイツのボンで生まれたベートーヴェンは、57年の生涯のうち35年間をウィーンで過ごし、ウィーンで亡くなりました。2020年は彼の生誕250周年を祝い、様々な場所での特別展示やコンサートなどが企画されています。ベートーヴェンがウィーンで生活した場所はかなりの数になりますが、その中のいくつかは博物館として今でも残されています。彼がウィーンに住んでいた場所を訪れたり、彼の作品が上演された場所でのコンサートを楽しんでみたり・・・偉大な作曲家の功績をたっぷり味わえる1年になりそうです。, 毎年世界の幸せ調査で上位にラインクインするデンマーク。クリスマスと年末年始はしっかり休みが取れる社会です。言い換えると、クリスマスに働く人はとても少なく、営業しているお店や施設はわずかとなります。ほとんどのお店は祝日にあたる12月24〜26日は休業、元日も祝日のためお休みのところがほとんどです。レストランも24日の夕方からはほぼ閉店。1年で一番街が静まる夜です。その後、大みそかは街でも家でもパーティーになり、深夜まで花火が上がってにぎやかになります。, ヨーロッパの定番の人気都市といえば、昔からロンドン、パリ、ローマですね。今回はその中のパリの、季節ごとの観光に際しての注意ポイントをお伝えしましょう。フランス北部、西ヨーロッパ内陸の平原地帯にあるパリの緯度は北緯48度で、日本の最北端よりもずっと北、樺太なら中央部付近になります。その割にさほど寒くはないのは、大西洋を北上するメキシコ湾流の影響があるから。とはいえ緯度が高いということは、夏と冬ではかなり太陽が出ている時間が違うということになります。, 海外旅行でハイシーズンやベストシーズンというと、訪れる国の気候が一番よい時期です。暑すぎず寒すぎず、雨も少なく観光にもっともふさわしい季節。ローシーズン(またはオフシーズン)とは、逆に雨季だったり、ヨーロッパなどなら1月後半から2月、もっとも寒い時期など、渡航者数が減る時期のこと。航空会社やホテルは、ハイシーズン、ローシーズンの料金をそれぞれ設けています。季節がよく、旅行者が増えるハイシーズンは当然料金が上がり、ローシーズンは反対に安く設定されています。またハイとローの間の、ミドルシーズンもあります。これはその中間の時期です。, ドイツでは11月終わりから12月24日ごろまで、各地でクリスマスマーケットが開催されます。とはいえ、なかには年末年始も開催されるマーケットもあります。その一つが、ユネスコ世界遺産の大聖堂で知られる街シュパイヤーのクリスマス&ニューイヤーマーケットです。開催期間は、2018年11月26日から2019年1月6日まで。24日聖夜の午後から26日までは閉鎖され、27日から再開します。クリスマスが過ぎてからもクリスマスの雰囲気が楽しめるとあって、市民をはじめ観光客にも毎年大好評です。マーケット開催中のハイライトは、4つ。「打ち上げ花火」、「無料コンサート」、「姉妹都市の屋台」そして「芸術家たちの作品販売や実演」です。中心となるのは、大聖堂の佇むマキシミリアン通り。650メートルほどのこの通りに屋台が50ほど立ちます。見どころ満載のシュパイヤーならではの様子を紹介しましょう。, 世界のあらゆる料理が楽しめるチューリヒで、スイス料理に加えて、ぜひ味わってほしい一品があります。生の牛肉をたたいて細かくし、味付けした「タルタルステーキ」です。ヨーロッパで広く食べられているタルタル、チューリヒでは、本当にあちこちのレストランで食べられます。スイスの肉の質は高いので、安心できるでしょう。味は、甘めと辛めから選べるレストランもあります。クリームのように口の中でとろける食感にひかれて、私も時々食べに行きます。今回は、たくさんの中から、4つのレストランをご紹介します。, 世界遺産にもなっている美しいザルツブルグ旧市街。かわいいお店も素敵なレストランもたくさんありますが、ザルツブルグを代表するレストランの1つ、と言っても過言でないレストランが今回ピックアップする「St.
時代をタイムスリップしたような気分になる、まるで絵本や映画の世界に飛び込んだ感じとなります。, この中央広場では、クリスマスマーケットが行われ、雑貨やポーランドの陶器や刺繍、お菓子など様々なものが販売されます。 日本の年末年始がまさにベストシーズンのダナンには、US版フォーブス誌が「世界の綺麗なビーチ6選」に選んだことで知られる「ミーケビーチ」があります。, 「ベトナム最後の楽園」といわれ、日本での知名度はまだまだ低いですが、これからブレイクの予感が漂う穴場リゾートがこちらのフーコック島です。, タイランド湾に浮かぶベトナム最大の離島『フーコック島』は、近年の観光開発によって外国人観光客からの人気も高まっているリゾート地です。フーコック島ならではのおすすめスポットや、観光にぴったりのシーズン・服装を紹介します。, ホイアンやハノイ、ハロン湾など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのベトナム旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでベトナムの旅行やツアーを検索・予約できます。, フィリピンのリゾートといえば、セブ島が真っ先に思う浮かぶ方も多いかもしれませんが、年末年始の海外旅行におすすめなのは断然イロイロ!, セブ島日本から4時間半で行けるやマニラ、サンペドロ要塞など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのフィリピン旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでフィリピンの旅行やツアーを検索・予約できます。, ホアヒンはタイランド湾に面したビーチが魅力の常夏リゾートで、古くからタイ王室の保養地として発展してきた歴史のある街です。, バンコクやプーケット、サムイなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのタイ旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでタイの旅行やツアーを検索・予約できます。, ランカウイはマレーシア北西部のアンダマン海に浮かぶ島で、対岸にはタイの陸地が控え、赤道にもほど近い魅惑の南国リゾートです。, マレーシア・ランカウイ島は、アンダマン海に浮かぶビーチリゾートです。エメラルドグリーンの海やマングローブの原生林など、子供と楽しみたい魅力的な風景が広がっていますよ。ここでは、親子で楽しめるランカウイ島の観光地やホテルを紹介します。, クアラルンプールやペナン島、コタキナバルなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのマレーシア旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでマレーシアの旅行やツアーを検索・予約できます。, セントマーチン島はカリブ海のリーワード諸島に属する島で、島の南半分はオランダ領、北半分はフランス領という多国籍なムードが魅力です。, ミャンマーのガパリビーチは「アジア最後の秘境」とも称される穴場リゾートで、アジアンリゾートの中では観光地としてまだまだ開発途中な分、手つかずの自然が数多く残されています。, バガン遺跡やチャイティーヨ、バガン遺跡など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのミャンマー旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでミャンマーの旅行やツアーを検索・予約できます。, 日本からは新婚旅行先として人気のあるモルディブですが、年末年始の12~1月は現地の乾季にあたり、まさに観光のベストシーズン!, 白い砂浜や碧い海、広がる青空など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのモルディブ旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでモルディブの旅行やツアーを検索・予約できます。, カンボジアの年末年始の気温は大体20~30度と過ごしやすく、乾季にあたるため晴天が続きやすいところも観光にぴったり!, 世界遺産アンコール遺跡やプノンペン、オールド・マーケットなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのカンボジア旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでカンボジアの旅行やツアーを検索・予約できます。, カリブ海に面したメキシコ南部の都市・カンクンは、これまで主にご紹介してきたアジアンリゾートとはまた趣の異なるエネルギッシュで陽気な雰囲気が特徴のひとつ。, カンクンやメキシコシティ、テオティワカンなど、見逃せない観光スポットが盛りだくさんのメキシコ・カリブ海旅行。添乗員同行の海外ツアーや、個人向けの海外旅行やフリープラン、格安ツアーまで豊富な品揃えでメキシコ・カリブ海の旅行やツアーを検索・予約できます。, 今回ご紹介したおすすめリゾートは、どこも穴場でのんびりと年末年始を過ごせるスポットばかり。, 価格重視の格安ツアーから添乗員同行の上質なツアーまで、豊富な品揃えでビーチリゾートへの旅行やツアーを検索・予約できます。海外旅行に慣れてる方も、初めての方も安心の日本旅行におまかせください。, 家族旅行やカップル旅行にもおすすめ♪人気旅行先ランキングやお得なセール情報などご紹介いたします!, ベトナムでは、近年人気が高まっているダナンや、ベトナム有数のリゾート地であるニャチャンやフーコックなど、それぞれ特色のあるビーチリゾートがアツい!ハワイなどに比べて、値段も安価で行けるので、年末年始の旅行先の候補にもピッタリ!まだあまり知られていない楽園ニャチャンとフーコックをご紹介♪, タイ南部のアンダマン海に面するプーケット島は、タイ最大の島で世界有数のリゾート地。美しい海はもちろん、山地では熱帯モンスーン気候のジャングルも楽しめます!今回はプーケット島を100%満喫するための情報やおすすめスポットをご紹介するので、ぜひ参考にしてください♪, 日本から行きやすいリゾート観光地として人気のセブ島。美しい海はもちろん様々なアクティビティがあり、思う存分大自然を満喫できます。また、格安でリゾート気分を味わえるのも魅力♪今回はセブ島が初めてでも楽しめる定番の観光地を厳選したので、ぜひ参考にしてみてください!, バリ島はインドネシアの人気ビーチリゾート。神秘的なパワースポットや豊かな自然など、ビーチ以外の魅力もたっぷりです!この記事ではバリ島の定番観光スポットをご紹介。特にバリ島観光が初めての人には外せないスポットをご紹介していきますね♪, サムイ島は、プーケットと並んで人気のあるタイ有名ビーチリゾートです。綺麗なビーチでマリンスポーツを楽しんだり、常夏気分を味わいながらホテルでのんびりと過ごしたりできます。サムイ島観光の魅力やおすすめホテルなどを紹介します。. 年末年始の海外といえば、カウントダウンイベントやイルミネーションをはじめ、日本とは一味違ったイベントを楽しめる季節。そんな年末年始の海外旅行は値段が高いと思っていませんか?今回は年末年始に海外へ安く行ける方法・裏技と、安く行ける国ベスト10をご紹介!値段の目安や安い行き方などを見ていきましょう◎, 『年末年始を海外で過ごしたい人』 年末年始よりも少し早めに入って、クリスマスマーケットを楽しむのも年末年始ならではの海外旅行の楽しみ方ができるのでおすすめです。, 特に有名な海外旅行先のクリスマスマーケットは、ドイツのアーヘンやフランスのストラスブールなどが有名です。 夕日の時間は、美しいサンセットを眺めることができるのでおすすめです。, 古代ローマ時代に建てられたサン・ジョルジェ城は、公園として開放されているので中の様子を見学することができます。 This error message is only visible to WordPress admins. マリンアクティビティも豊富です。, カフェやレストラン、バーが並んでおり、夜になるとナイトクラブが盛り上がるので、ナイトライフを楽しみたい方にはピッタリの場所です。, コムローイが空に広がる光景は他の都市では見ることのできない、特別なカウントダウンを楽しめます。, また繁華街であるバングラ通りでは、泡が出るスプレーをかけ合うとてもユニークな過ごし方をします。, 街の通りには1月6日までクリスマスイルミネーションが飾られているため、年末年始だけでなくクリスマスの雰囲気も楽しめます。, 各地でカウントダウンイベントが行われますが、一番規模が大きく盛り上がるのは『カタルーニャ広場のカウントダウン』です。, とはいえ、ロンドン アイ(London Eye)を見渡すことができ、会場はまるでナイトクラブのように音楽と熱気で盛り上がるため、購入の価値ありです!, チケットを購入できなくても花火を見渡せる場所はあるため、チケットを買い忘れても諦めずに要チェックです◎, チャイナタウン通りでは伝統音楽や赤いランタン、さまざまな出店やイベントで大にぎわいで、日本とは違った雰囲気のお正月を味わえます。, 特にマリーナベイエリアでは毎年多くの人が集まるため、ホテルやレストランを予約しておけばゆっくり過ごせます。, このイベントではビーチにパーティーゾーンが設置され様々なカウントダウンが演出されますよ♡, カンサライストリ広場では花火やダンスをはじめ、さまざまなパフォーマンスと音楽イベントが深夜まで続きます。, こちらへはマンハッタンからフェリーで約20分。 クリスマスマーケットとは、街並みを装飾し、マーケットでは様々な食べ物や雑貨などを販売しています。, 日本では、あまり見かけない各地のクリスマス時期のお菓子などを楽しむのもこの時期だけの海外旅行のおすすめポイントです。

ヴァレッタは、半島のような形をしていてリパブリックストリートを中心に様々な見所があります。, リパブリックストリートから裏路地に入ると、レストランやショップなどがあり、石畳の道にオープンカフェがあったりします。 ドイツ西部にあり、ベルギーやオランダとの国境にある都市で、古くはローマ帝国時代の首都であった街です。, あまり海外旅行先として日本人には馴染みがありませんが、ヨーロッパの歴史の中ではとても重要な都市です。

そこから急な階段を登ると…絶景を見渡すことができます!, タイと言えば水上マーケット。

ポーランドは、全体的に物価が安いことでも海外旅行先としておすすめのポイントです。, クラクフは、ポーランドの京都と言われる古都の魅力がある街です。 オーロラツアーで海外旅行先として人気があるのがフィンランドで、ヘルシンキを経由してラップランドに行くツアーがあります。, フィンランドのクリスマス時期から年末年始は、クリスマスマーケットやライトアップなどで街並みが彩られるのでおすすめなポイントです。 冬のローマは、バチカン以外でも建造物が幻想的な雰囲気となるので、年末年始の海外旅行先におすすめです。, そして、年末年始の大晦日にはローマでは様々な場所でカウントダウンが行われます。 東ヨーロッパに位置するクロアチアは、まだまだ海外旅行先の中でも穴場のおすすめの観光地で、西ヨーロッパ諸国に比べて訪れる人はまだ多くはありません。, しかし、バックパッカーや世界一周旅などの長旅の人達に人気があり、じわじわと海外旅行先として人気が高まっています。 ロマンティックな海外の街並みの中で、クリスマスマーケットを歩くだけでもワクワクします。, 年末年始を含めた海外旅行であれば、海外のクリスマスマーケットを散策するのもおすすめです。 ほとんどの海外のクリスマスマーケットは、クリスマスまでのところが多いですが、中には年末年始までやっているところもあるので調べてみるとよいでしょう。, 年末年始の海外旅行のおすすめは、カウントダウンです。 【年末年始に安い海外ベスト10】日本のお正月とは違う雰囲気の海外の年末年始。費用が高くなると思われがちですが、早い時期から予約しておけばそれだけで安い値段に節約できるんです。またここでは格安航空券の探し方や行先・宿泊先の検索方法もお伝えします。 眼下には、聖エルモ砦やグランドハーバーが見渡せる絶景ポイントもあります。, マルタ騎士団の歴史に触れられる騎士団長の宮殿&兵器庫は、実際に使用されていた武器やなどが展示されています。 城壁の開放時間は決まっていて、年末年始付近は早めに閉まるので確認が必要です。, そして、更に絶景を臨むのであればスルジ山頂がおすすめです。