子供はインフルエンザにかかりやすいです。 でも子供のインフルエンザの症状って風邪と似てるからわかりにくいです。 この記事では、子供のインフルエンザの初期症状の見分け方について解説します。 冬に流行するインフルエンザ。その合併症のなかで「インフルエンザ脳症」というものがあり、命に危険が及んだり後遺症が残ったりする恐れがあります。今回はインフルエンザ脳症の症状や診断方法、治療法、予防法などをご紹介します。 インフルエンザ脳症とは?

Copyright (C) 2020 知恵の泉 All Rights Reserved. 子供のインフルエンザの初期症状は、前兆がなく急な高熱(38度以上)がポイント ; 熱が上がったり下がったりしても体を冷やさないようケアするのが早く治すコツ; インフルエンザは治っても1日は家で静養して外出は控えた方がよい; オススメ記事. 冬に流行するインフルエンザ。その合併症のなかで「インフルエンザ脳症」というものがあり、命に危険が及んだり後遺症が残ったりする恐れがあります。今回はインフルエンザ脳症の症状や診断方法、治療法、予防法などをご紹介します。 インフルエンザ脳症とは? 【小児科医が解説】後遺症リスク・死亡率ともに高いインフルエンザ脳症。5歳以下の子供に多いインフルエンザの合併症で、主に発熱から48時間以内に起こります。大人の発症・死亡例もあるインフルエンザ脳症の原因・症状・後遺症・治療法・予防法について解説します。 子供のインフルエンザの症状は?初期症状は発熱? 子供のインフルエンザの症状として特徴的なのは、治療をしていないと39度以上の熱が2〜5日ほど続き、熱が上昇するにつれて頭痛や筋肉痛、関節痛、倦怠感といった全身症状がみられることです。 妊活記録.

妊娠中. 2020年5月8日 新型コロナウイルスのPCR検査について厚生労働省は5月8日、新たな相談の目安を公表し、2月以降「37度5分以上の発熱が4日以上」としていた表記を取りやめました。具体的な体温は示さず、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。 厚生労働省はことし2月、感染が疑われる人が相談や受診をする目安として「37度5分以上の発熱が4日以上続く場合」などと具体的な体 … 子供のインフルエンザの初期症状は? まず風邪とインフルエンザとの違いは、「急激に症状が出てくるかどうか」「全身症状かどうか」の2点です。 インフルエンザで特徴的なのは、 突然の高熱です。 何の前触れもなく、突然高熱がでます。 妊活豆知識.

関連.

高熱が出た場合、普通は解熱剤の使用を 考えますよね。 しかし、子供のインフルエンザで解熱剤を むやみに用いると、「インフルエンザ脳症」を 引き起こす可能性があるから注意が必要です。 インフルエンザ脳症は、脳に後遺症が残ったり、 死亡率は約10%程度もあります。 だから、子供に高熱が出た場合は、インフルエンザを疑い、 解熱剤を使用するなどの、誤った自己判断は 危険なのでやめましょう。 必ず、医療機関へ行き医 … 今回は、子供のインフルエンザの初期症状や主な症状の特徴、対処法、潜伏期間についてご紹介します。 寒い時期になるとインフルエンザの流行とともに子供の感染が増えます。 子供のインフルエンザの症状は重症化しやすいのですが、「この症状はインフルエンザ? 小1の子供がインフルエンザに感染しました。初期症状や治るまでの経過、嫌がるタミフルを飲んでもらう方法などをまとめました。 妊活を始めて3人目を妊娠出産しました。子供たちとの毎日の記録です。 3人子持ちママの妊活から育児まで. ワーママ. また、子供に多く見られる高熱が出ても朝には下がり、また夕方になると発熱するというケースもあります。 熱が下がると、「もう大丈夫なのかな」と病院に行くべきか悩んでしまいます。 インフルエンザの初期症状、風邪との違いとは? でもそんなニュースを見る前に、小学1年生の長女がインフルエンザになりました(^_^;), 手洗いうがいをもっとちゃんとやらせれば良かったな~と反省していることもありますが、かかってしまったものは仕方ない。, 今回インフルエンザにかかった長女の初期症状や、苦ーいタミフルの飲ませ方などをご紹介します。, でもその日は1日中遊んでいて、特に午後は3時間ぐらい寒い外で公園遊びをしていました。, もともと行こうと思っていて、長女は少し気になるけれど受けに行くチャンスもなかなかないので受けちゃおう!と。, 普段は熱が出てもなかなか寝ないのに、3時間ぐらいずっと寝ていて珍しいなぁと思ったんです。, 熱が高いことと昨日予防接種をしたこと、私が赤ちゃんを連れていることを考慮して、ベッドのある部屋で待たせてもらえました。, 予防接種を受けたせいで、病院に連れていくのが遅くなってしまい、申し訳なかったです。。, ゾフルーザは最近ニュースでも取り上げられていましたが、一度飲むだけで効果がずっと続くそうです。, でも子供の場合、薬を飲んで吐いてしまったらもう飲めないので、薬をちゃんと飲めないリスクがあるとこのこと。, タミフルは5日間飲み続けるので一回吐いてしまってもある程度薬の効果が期待できます。, 長女はインフルエンザにかかったことがあり、タミフルも飲んだことがあったのでタミフルを選びました。, 異常行動はタミフルを飲んでから1、2時間以内に起こることが多いらしいので、もし飲むなら気を付けてあげてください。, インフルエンザは飛沫感染なので咳はちょっと気になりますが、今日の夜ご飯は一緒に食べました。, 治るものだと分かっているけど、脳症や肺炎などになってしまったらどうしよう、とずっと心配でした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 生後3ヶ月の赤ちゃんの、首の下や脇の下が赤くただれてしまいました。お風呂に入ったときにここに気を付けたら、治すことができました。, アロベビーミルクローションを乾燥肌の赤ちゃんに1週間使ってみたら、こんなに変わりました。実際使って気づいたメリットデメリットや使い方についてご紹介します。, 子供がインフルエンザになったら、家族にうつらないか心配ですよね。今回兄弟やパパママにうつらずに治ったので、気を付けていたことをまとめました。. インフルエンザを疑ったら、下記の症状があるかチェックしてみましょう。 □38度以上の急な発熱 □強い倦怠感 □節々の痛み □筋肉痛 □全身の悪寒 □頭痛 □激しい咳 インフルエンザの特徴は、急激に38度を超える高熱が起こること、くしゃみや咳などの局所症状よりも、全身の痛み・だるさ・筋肉痛が強く症状に出ることがあげられます。

熱を出しても、インフルエンザか単なる風邪か見分けずにいると病気が長引いたり、強いインフルエンザだと後遺症が出ることもあります。, 最近は、新型インフルエンザとして強毒性のあるインフルエンザも流行する可能性があると言われています。, 強毒性インフルエンザは、体の弱い子どもや高齢者の症状が重篤化しやすいと傾向にあります。そのため、インフルエンザの可能性があるかを冬場は気を付けたいです。, 特に、子供がインフルエンザにかかったら、初期症状をしっかり見極めて、病院に行くなどの初期の対処が肝心です。初期対応がしっかりできていれば、高熱になっても医師の処方・判断があれば、最悪のケースは防ぐことが出来ます。, 市販の風邪薬は熱を下げたり、咳などを抑える成分が入っていてインフルエンザのウイルスをやっつける効果はないのです。, 弱めのインフルエンザや、抗体がある方なら自然にインフルエンザを治すことができるかもしれませんが、どの種類のインフルエンザに感染しているかわからない状態では自然に治るか分からないのです。, 危険なのはインフルエンザかも?と思って、風邪薬を飲ませて様子見をしていると、インフルエンザが悪化して脳症・肺炎などの他の疾患の発病も懸念されます。, 大人でも風邪か、インフルエンザか初期症状では見分けが難しいので、インフルエンザの症状かも?と思ったら早めに外出を控えるなど初期段階の判断も大事だったりするんですね。, ここでは、子供のインフルエンザの初期症状、上がったり下がったりするぶり返す熱の対処方法などについてご紹介します。, インフルエンザウイルスに感染すると、約1~7日間程度の潜伏期間を経て気づいたら高熱が出るといった初期症状がでます。, 普通の風邪だと、くしゃみ・鼻水・咳が出たり体調の兆候がありますが、インフルエンザの場合、咳などの兆候がなく、急に高熱(38度程度)が出ます。, 急に高熱が出る時は、体温を上げるために体の血管が収縮するため、一旦寒気・悪寒を感じます。, 悪寒を感じたあと、24時間以内に急に体温が38度以上の高熱が出て、フラフラするなどの体調の変化が出てきます。, 子供の場合、自分で症状をうまく伝えられないことがあるので、いつもと違う様子だったり、顔が赤かったりするなどしたらすぐ熱を測るようするとよいです。, 38度以上の高熱が出ている時は、市販の解熱剤の薬を飲ませるのは危険なので注意したいです。熱が出ているのは、インフルエンザウイルスが生息・繁殖しづらい温度に体温を上げて体がウイルスと戦っている証拠です。, そのため、解熱剤で熱を下げるとウイルスがさらに元気になって病状が悪化することがあります。, また、ピリン系と言われる解熱剤は、アスピリンなどの薬用成分が腎臓・脳に負担をかけてしまいライ症候群と言った後遺症になることがあります。どうしても飲ませたい時は、アセトアミノフェンの解熱剤を利用します。, いずれにしろ解熱剤を子供に飲ませたい時は、医師の診断・薬剤師の方に相談して決めたほうがよいですね。, 子供のインフルエンザの熱の特徴に、およそ1~5日間、熱が上がったり下がったりすることがあります。, 下がった熱がまたぶり返すと慌ててしまうかと思いますが、インフルエンザの場合はよくあるケースなので、慌てずにまた熱が下がるのを待ちます。, もし、この時点で病院にかかっていないなら早めに病院で診てもらうことが大事です。熱が上がり・下がりを繰り返すので、症状が収まってもしばらくは寝て安静にするようにして頂きたいです。, 熱の上昇ともに沢山の汗をかくので、水分補給をこまめにするようにします。子供は発熱が続くとすぐ脱水症状になりやすいので注意したいです。, インフルエンザの時は、頭痛薬を飲ませるのは、解熱剤と同じように飲ませるのは注意したいです。, 頭痛はアスピリン系ではなく、アセトアミノフェンの頭痛薬を飲ませるとよいです。ただ、解熱作用があると熱が下がると同時にインフルエンザがさらに勢いを増します。頭痛で苦しむ姿を見るのはつらいですが、、自己判断で市販薬を飲ませないほうがよいですね。, 急な高熱と一緒にヒドイ頭痛がするときは、インフルエンザかも?と疑ってみて早めに病院に行くようにしたいですね。, そのため、一旦治ったと思って、普通の生活をしようとするとまた高熱を出して倒れてしまうことがあります。インフルエンザにかかった時は、熱が下がっても1日は様子見をして、外出などを控えて布団で安静に寝ているようにするといいです。, 熱の上下は、長くて5日間くらいかかることがあります。体が弱っていると、さらに長引くこともあります。, インフルエンザを早めに治すには、熱が下がった時に汗で体を冷やさないようにするのがポイントです。, 熱が下がると、汗をかいたままのパジャマや下着が体から体温を奪い、ウイルスを元気にさせてしまいさらに悪化させることになります。, 一度、熱が下がったらパジャマ・下着は着替えさせて、上半身だけでも蒸しタオルで拭いてあげて下さい。それだけでもかなり体がサッパリして眠りやすくなります。, 子供の熱が下がって一旦元気になりかけると、布団でじっとしているのがガマンできなくなり遊び始める事が多いです。, インフルエンザはまた高熱が襲ってくる可能性があるので、半日~1日は熱が下がっても布団で安静にしておきたいです。, 布団にいながら遊べるおもちゃ、絵本などで布団でジッとしているようにしてあげてください。, またしばらく寝ていると体力が落ちているので、足元がおぼつかないこともあり、走り回ることで転んだりケガをしないように見ておくことも大事です。, 高熱が出ると大量の汗をかいていて、体内の水分を体の外に出していることになります。子供の体の水分量は約80%で、少し水分が不足すると脱水症状になります。, 子供が脱水症状になると、舌が乾く、皮膚がカサカサになる、手足が冷たくなるといった症状が出ます。, 脱水症状になると、熱中症のように意識がもうろうとしたり、インフルエンザとは違う体調に異変が出てきて、場合によっては危険な状態になることもあります。, 子供がインフルエンザにかかった時は、市販薬(解熱剤・鎮痛剤)を飲ませてはいけません。, ですが、インフルエンザの原因になっている「ウイルス」は、体内に残ったままになります。, そのため、熱が下がると、インフルエンザ・ウイルスが活動が始まってしまい、再度、高熱になるのです。, さらに、市販薬で熱を下げようとすると、体温が下がりウイルスが活動をして・・という悪循環になるのです。, インフルエンザにかかる=急な高熱になる症状が出ているなら、早めに病院で医師の診断・治療をしてもらってください。, すぐに病院に行けないと言ったときには「かかりつけ医」に電話などで相談してくださいね。, ちなみに、子供にあう鎮痛剤は、ドラッグストアで売っている効果が高い「アスピリン」「イブプロフェン」系の薬は副作用の危険性があるので注意です。, 最近のインフルエンザは新型インフルエンザ、強毒型インフルエンザといった強力な種類も増えています。インフルエンザといってあなどらずに危険な病気という意識をもって子供の看病をしてあげて頂きたいです。.