2019年のps4最大の話題作の一つといえばやっぱり!小島監督の『デス・ストランディング』です! デス・ストランディングは名だたるハリウッドスターがキャスティングされてることでも話題ですが、その吹き替えを担当する声優さんたちも超豪華なんです! 米ロサンゼルスで6月7日(現地時間)から、大規模なゲーム展示会「E3」が開催されます。小島プロダクションの小島秀夫監督はE3の欠席を発表しており、代わりに小島監督のインタビュー動画が小島プロダクションのE3特別サイトで公開されました。動画に仕掛けられた“ネタ”に、注目が集まっています。, 公開された動画は、携帯ゲーム機と据え置き型ゲーム機でゲームのセーブデータを共有する機能「トランスファリング」を説明する内容になっています。小島監督に元EGM/1up.comエディターのマーク・マクドナルドさんがインタビューするという形式で、英語版と日本語吹き替え版の2つの動画があります。日本語吹き替え版では、小島監督の声をなぜか声優の大塚明夫さんが“吹き替え”しています。マーク・マクドナルドさんの声は声優の大塚芳忠さんが吹き替えています。, 大塚明夫さんは「メタルギアシリーズ」のソリッド・スネークの声を担当しており、大塚芳忠さんは「メタルギアソリッド ピースウォーカー」でガルベス役を務めていました。マクドナルドさんが小島監督に見つかったときのサウンドエフェクトが、メタルギアシリーズでスネークが敵に見つかったときのものになっているなど、動画内には小島プロダクションのゲームをプレイした人ならニヤリとするネタがちりばめられています。, この“日本語吹き替え”に、はてなブックマークのコメント欄では「小島監督(CV:大塚明夫)コントに噴いたw」「W大塚&杉田の悪ふざけ(褒めてます)吹き替えに大爆笑」といった感想が寄せられています。, 小島プロダクションは、これまでにコナミの「メタルギアシリーズ」や「ZONE OF THE ENDERSシリーズ」、「ボクらの太陽シリーズ」を制作してきたゲームソフト開発チームです。, 小島プロダクションの公式サイトではE3に向けて特設ページが公開されました。「トランスファリング」機能や、「METAL GEAR SOLID」などの作品がHD化されてPS3とXbox 360向けに発売されることなどが発表されています。, 初出時、記事中のゲーム名に誤りがありました。2011年6月4日(土)11時25分に、該当個所を修正しました。お詫びして訂正いたします。, 筋肉の写真でTwitterなどを騒然とさせ、テレビなどのメディアでも引っ張りだことなっている“マッチョな歯医者”こと、表参道パトリア歯科医院(東京・北青山)の院長・嶋田泰次郎先生は、ボディビル大会で良…, 円滑な組織運営に役立つグループウェア。スケジュール管理やタスクの共有、ワークフローの仕組化など、その用途は幅広い。リスモン・ビジネス・ポータルが提供するグループウェア「J-MOTTO」は、ネオジャパン…, 人生で一番高い買い物となることが多い「マンション購入」。購入を一度でも検討したことがある人なら、「このマンションの販売価格、高いの? 安いの?」と判断に悩んだことがあるのではないでしょうか。Webサイ…, Amazon.co.jpは7月10日(月)午後6時から7月11日(火)午後11時59分まで、Amazonプライム会員向けのセール「プライムデー」を開催します。期間中は数十万種類以上の商品が特別価格に。…, フリーライターの山田井ユウキです。僕はカメラ好きでして、機材をそこそこたくさん持っています。カメラやレンズだけでなくカメラバッグや三脚、ライティング用の照明機材などもけっこうな数、持っているのですが、…, http://www.youtube.com/watch?v=DadfWwlZGJM, E3初日、Microsoft基調講演への期待度をブックマーク数で見る - はてなニュース, 裸眼で3D映像が楽しめる!「ニンテンドー3DS」E3で初お披露目 - はてなニュース, 「コジブロ」コナミ小島プロダクション公式ウェブログPowered by Ameba, “マッチョな歯科医”表参道パトリア歯科医院の嶋田泰次郎院長に、「良い歯の磨き方」を聞いてみた, グループウェアでカレーが美味しくなる!? 「NARUTO疾風伝」「機動戦士Zガンダム」「起動武闘伝Gガンダム」 「∀ガンダム」「蒼天航路」「スラムダンク」「忍玉乱太郎」「ケロロ軍曹」 「最遊記」「青の6号」「ゾイド」「ビーナス戦記」「スカイクロラ」 「YAWARA」「銀河漂流バイファム13」「湘南爆走族」「美味しんぼ」 「銀魂」「秘密」「狼と香辛料」「仮面のメイドガイ」「かんなぎ」 「北斗の拳」「BLEACH」「ドンキーコング」「ソ …

『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』(メタルギアソリッド ピースウォーカー、略称: MGSPW)は、2010年4月29日に日本で発売されたPlayStation Portable用ソフト。開発は小島プロダクション、販売はコナミ。メタルギアシリーズの作品。2011年11月10日にHD エディション(PlayStation 3版、Xbox 360版)が発売された。, 1974年の中米コスタリカを舞台に、主人公の「スネーク」 (BIG BOSS) が新型核搭載兵器「ピースウォーカー」を巡る陰謀を阻止するために活躍するアクションアドベンチャーゲーム。本編は従来の『メタルギアソリッド』シリーズの流れを汲む正統派の潜入諜報アクション。, 『メタルギアソリッド4』(2014年が舞台)でメタルギアシリーズの物語は完結を迎えたが、本作は『メタルギアソリッド3』(1964年が舞台)から『メタルギア』(1995年が舞台)までの間のミッシング・リンクの時代に当たる。シリーズの監督・小島秀夫はPSPで『メタルギアソリッド5』にあたるものを作ろうということで『メタルギアソリッド4』のスタッフを投入して本作を制作した。物語の時代は冷戦の最中であり、テーマは平和と抑止力。, 『サブシスタンス』『ポータブル・オプス』『メタルギアソリッド4』でも多人数プレイは可能だったが、いずれも対戦プレイだった。本作ではシリーズで初めて『モンスターハンター ポータブル』シリーズのような4人協力プレイが導入された。後述のように『モンスターハンターシリーズ』のキャラクターもゲスト出演している。, 『ポータブル・オプス』同様、イベントシーンはリアルタイムポリゴンデモではなく『バンドデシネ』のように絵イラストでストーリーが展開していく。ムービー中に操作を要求される事もあり、ステージ評価に影響する場合がある。今作のイラストは新川洋司を始めとする複数のイラストレーターによって描かれており、前作のイラストを担当したアシュレイ・ウッドもゲストとして参加している。また、数は多くはないがリアルタイムポリゴンデモも存在する。『ポータブル・オプス』の無線には声が付いていなかったが、本作ではフルボイスとなっている。, 2009年9月に行われた東京ゲームショウ2009では、「未体験抑止版」と銘打たれた体験版が配信され、同年11月からは内容を更新した第2バージョンの体験版「未完成抑止版」が公式サイトで無料配信された。, 敵兵士や敵の兵器を捕獲し自分の傭兵組織とその基地(マザーベース)を構築・発展させる要素があり小島は数百時間遊べるゲームだと話している。『週刊ファミ通』のクロスレビューではPSP用のゲームとしては史上初の40点満点を獲得した。, メタルギアシリーズで初めてパッケージ版とダウンロード版が同時発売された作品でもある。ダウンロード版を購入することでPlayStation Vitaでのプレイも可能。, このゲームは主に「ミッション」と呼ばれるアクションシーンと、「マザーベース」と呼ばれる基地での戦略シーンの2つからなる。, ミッションでは敵兵のいる海岸やジャングル、敵基地などに潜入し、要人の捜索や重要アイテムの回収、次のエリアへの到達、巨大兵器(ボス)の制圧などの任務をこなしていく。, また、ステルスゲームである本作は、敵兵を殺すことや敵兵に発見されることは評価としてはマイナスになる。このため、他のメタルギアシリーズ同様、敵を倒すより敵に見つからないことが重要である。また、敵兵を排除する場合でも殺さず眠らせるだけにしたり、戦闘を回避することが評価を上げることに繋がる。眠らせたり、気絶させた兵士はアイテム「フルトン回収システム」によってマザーベースに収容、味方にすることができる。, 『メタルギアソリッド3』『メタルギアソリッド4』のカムフラージュシステムも健在。出撃時にユニフォームを選ぶ方式で、ミッション中の変更はできない。, ミッション中にはレーションや武器の設計図が書かれた機密書類などのアイテムを回収できることもある。本作では、他のメタルギアシリーズと違い、ほとんどのアイテムは後述するマザーベースで製作する。ミッション中に入手するのはアイテムの開発条件が記されたキーアイテムのみ。キーアイテム入手後、マザーベースの「DEVELOP(開発)」コマンドによって開発を行う。弾薬やアイテムは所持上限を超えている場合、入手と同時にマザーベースに自動的に移送される。, ミッションの目的を達成するとミッションクリアとなり、設計図やユニフォームが手に入ったり、新しいミッションが選択可能になる。ミッションクリア時にはプレイ内容が評価され、それによって「英雄度」というパラメータが上下する。英雄度が高くなると志願兵が増えたり、より優秀な兵士が志願してくるなどのメリットがある。, 本作で実装された新要素。『ポータブル・オプス』で導入された部隊育成を更に発展させたもの。ミッションで敵兵士を捕らえたり、捕虜を奪還することで自軍の兵士を増やすことができる。仲間になった兵士は「実戦部隊」「研究開発」「糧食」「医療」「諜報」の5部門に配属させることができる。各部門は兵士の数、優秀な人材が多いほど、能力が上がり新たな兵器や装備を開発できるようになる。さらには基地そのものも発展していく。, 基地が成長するに従って訓練施設、兵器プラントなどが増設され、装甲車両や航空兵器の運用、志願兵の登用なども行える他、世界中の紛争地帯に部隊を派遣する事も可能になる。なお、公式HPで公開されているトレイラー映像によれば、このマザーベースの発展が後の「アウターヘブン」創設に繋がっていった事が示唆されている。, マザーベースの収容人数を超えて人数を増やしすぎると、マザーベースから人員が転げ落ちることもある模様である[4]。, ミッションでアイテムの設計図が書かれた機密書類を入手すると、新たなアイテムが開発可能になる。ただし、開発条件として、マザーベースの人員のレベルが必要とされるものもある。例えば回復アイテムのレーションは研究開発班のレベルが5以上ないと開発できない。ほとんどの武器は研究開発班のレベルが一定以上必要とされるが、食料系のアイテムは糧食班のレベルが必要とされたり、三つ星コック・メタマテリアル技術等の特殊なスキルを持つ兵士が必要とされる場合もある。開発条件クリア後はGMP(資金力)と呼ばれるポイントを消費することで開発が開始される。その後はミッションをクリアして行く事で開発が進行、開発終了後はそのアイテムを使用可能になる。また、開発完了後は消費したGMPは戻り、自動的にアイテムが一定数ずつ生産される。開発が完了したアイテムも、さらに改良を施すことで能力を高めることもできる。, 本作では無線LANのアドホック通信に対応しており他のプレイヤーとの協力プレイ(最大4人)、対戦プレイ(最大6人)、そして兵士やアイテムの交換ができる。『ポータブル・オプス』とは違い、インフラストラクチャーモードはコンテンツのダウンロードのみしか対応していない。, 従来のメタルギアシリーズではストーリーモードは1人でしかプレイできなかったが、本作では本編ストーリー(メインオプス)も一部のシングル限定ミッションを除き、ほとんどが2人同時の協力プレイに対応している。さらには戦車や攻撃ヘリコプターなどの大型兵器との戦いは最大4人の協力プレイも可能。1人では難しいミッションでも他のプレイヤーと協力することで達成しやすくなるといったメリットがある。本作では協力プレイを「CO-OPS(コーオプス)」(Cooperative Operationsの略)と呼称している。CO-OPSでは単純に複数のプレイヤーが同時にプレイできるだけではなく、CO-OPS専用のアクションも用意されている。, バーサスオプスは他のプレイヤーと対戦できるモード。『ポータブル・オプス』と同様、最大6人まで同時にプレイできるが、それと違いインフラストラクチャーでの対戦には対応していない。ルールは4種類あり、個人戦の「デスマッチ」、2チームに分かれての団体戦「チームデスマッチ」、ターゲットのケツァールを奪い合う「キャプチャーミッション」、マップ内にある拠点を奪い合う「拠点制圧」の4種類がある。また、対戦では一部の動作が無効になる(CQCでの拘束やホールドアップなど)また、フレンドリーファイアーも有効にできる。, マザーベースのスタッフは当初はスネークとミラーを含め数名だが、味方を増やすことでマザーベースを拡大することができるようになる。ミッション内で無力化した敵兵や捕虜を「フルトン回収」する方法、無線LANのアクセスポイントから志願者を募る「リクルート」、関連商品に書かれたパスワードを入力する「パスワード」がある。また、ミッションをクリアして英雄度を上げると兵士が志願してくることがある。, 麻酔銃、スタンロッドなどの非殺傷武器で気絶(星のマーク)[6]、睡眠状態になった敵(ZZZのマーク)[6]や、ホールドアップ状態になった敵、急所を攻撃せずに瀕死状態になった敵(赤い髑髏マークの表示)や、敵兵に捕まった捕虜の近くで「フルトン回収システム」を装備し、使用することでその兵士をマザーベースに回収することができる。ただし、英雄度が低いと回収した敵の中にはすぐには仲間にならない者もいる。また、一部の捕虜や瀕死状態で回収された敵兵は、一旦診療所に移送される。, なお、1回のミッションでフルトン回収できるのは100人までとなっているが、1回のミッション中に100人以上敵兵が出現する事は無く、全員を回収することが可能。, 特定の条件で手に入る設計図で研究開発を行っていくと高台の敵兵はフルトンランチャー、もしくは睡眠ガス地雷で回収出来る。屋内であっても問題なく使用できる。, 『メタルギアソリッド ポータブル オプス』にもあった無線LANのアクセスポイントから強めの兵士を募集する方法。ストーリーをある程度進めるとミラーから入隊志願者を募ることを提案される。マザーベースの「リクルート」の項目から「ソルジャーサーチ」に入ると、無線LANのアクセスポイント (AP) が近くにある場合は入隊試験のミッションが選べるようになる。そのミッションでは武器は使えず、一定時間内にCQCで志願者を気絶させることができれば、強力な仲間にすることができる。英雄度によって志願兵の強さが変化し、高いほどSランクの仲間が手に入りやすくなる。, ゲームスタート時に「EXTRAS」を選択し、ネットワーク接続後、「パスワード入力」を選択。サントリーから発売されている「マウンテンデュー」などに貼り付けられているシールなどに記載されているパスワードを入力すると、新たな特典兵士が仲間になる。パスワードはPlayStation Networkで管理されているため、一度入力すると同じパスワードは使用できなくなる。, 本作では以下の3種類の操作方法から選択できるようになっている。操作方法はゲーム開始時に選ぶが、その後も「システム」の「キーコンフィグ」、あるいはミッション中ならポーズメニューのメニューウィンドウから再選択可能。PS Vitaでプレイを行う場合は、右スティックを右ボタン(シューター)か方向キー(アクション・ハンター)に割り当てることで、右スティックでの視点操作が可能。, 2011年6月3日に小島プロダクションのE3 2011 ポータルサイトで発表。2011年11月10日に発売されたPlayStation 3版およびXbox 360版。メタルギアシリーズ初のダブルプラットフォームでもある。なお、HD移植には元気が携わっている。, トレニャーとギアレックス以外は後述するイスラ・デル・モンストルオ(モンスター島)にしか登場しない。モンスターに関しては狩猟しても剥ぎ取りは出来ず、素材は手に入らないが、大型モンスターのみ特定の武器が生産できるようになる、キーアイテムとなる素材のみ一定確率でミッション終了後に手に入る。, コールドマンのピースウォーカー計画により、ヒューイとストレンジラブが完成させた無人兵器の総称。エキスパートシステムによるAI(弱いAI)を搭載していて、機械の自己判断で敵を認識、攻撃することができる。ピューパ(AI搭載水陸両用戦機)、クリサリス(AI搭載垂直離着陸戦機)、コクーン(AI搭載超級戦機)がこのタイプである。完成型のピースウォーカーは戦術核ミサイルを搭載しており、2脚、または4脚で移動し任意にミサイル発射地点を変更でき、自国、または同盟国に向けた核攻撃に対する報復を目的とする。ピースウォーカーのAI「ママルポッド」はスネークのかつての師匠、ザ・ボスの思考をそのまま再現しようとしたものであり、他のAI兵器とは異なり、一般的なエキスパートシステムではない(強いAI)。, 国境なき軍隊 (Militaires Sans Frontières; MSF) は、ネイキッド・スネークが結成した私設軍隊。名前の通りどのような国家や組織、イデオロギーにも属さない組織として創設された。スネークが総司令官を、ミラーが副司令官を務めている。超大陸パンゲアと髑髏を模したマークを使用している。, ゲーム進行に応じて軍備が増強されて行き、劇中イベントで支援班を除く全勢力で出撃するシーンでは、UH-1 ヘリコプター20機強と多数の上陸用舟艇および、強襲揚陸艦らしき艦船まで見受けられた。また、大破したピースウォーカーより回収した米国製核弾頭を自作のメタルギアに抑止力として搭載しており「世界七番目の核保有国」となる。, バランキヤ海岸を当初のベースキャンプとして運用していたが、ガルベス(ひいてはクレムリン)から洋上プラントを譲渡され、本部をカリブ海洋上に移す(その後、同キャンプはリクルートキャンプとして活用されている模様)当初は錆や鳥の糞だらけだったスクウェア型プラントを改良・清掃した四角形のものが3棟だけだったが、最終的にはヘックスタイプのプラント郡になり、その名をマザープラントとする。洋上プラントが最終段階にくると空母の飛行甲板のような形のプラントができる。, 当初はCIAから派遣されていた傭兵やクレムリンの意向で派遣されていたソ連兵を拉致・説得したりCIAに捕獲されていたFSLNメンバーを奪還するなどして戦力を増強していたが、ゲーム後半になると積極的な動向や誘致が実ったか、志願兵も来るようになる。兵器群に関してもCIAからの鹵獲品が数多く存在しており、ソ連製BTR-60装甲車やアメリカ製LVTなどに始まり、当時最新型のMi-24 ハインドDやT-72(それも最新鋭のERA、コンタークト1を装備している。1974年の物語世界から見ればT-72は前年に正式採用されたばかり、ERAに至っては1982年にイスラエルが採用したのが世界初なので、時代的にはオーバーテクノロジーである)の機甲兵力や核弾頭など、小国の軍隊をゆうに上回る装備を保有している。, 物語後半においては他国や企業からの派兵要請に応じてあちこちに兵士を派遣する傭兵業を展開。それにより利益を上げており、民間軍事会社のはしりともいえる存在である。, なお、このMSFではレクリエーションとしてサッカーといった球技大会や隊員の誕生会といった行事が度々行われているようで、他にも洋上プラントに移動した際には釣りをたしなむ者もいる(これは自給自足を兼ねた意味であろう)。これらの数少ない娯楽で隊員達の結束力を養っている模様。, 前作『メタルギアソリッド4』と同じく、多くの企業とプロダクトプレイスメント契約を結び、ゲーム中に各社の商号や商品が登場する。商品の中にはゲーム上の設定ではMSFの開発班が開発したアイテムという設定があるのも存在する。, 2010年9月22日発売 (GFCA-239)。MSF設立前のミラーとスネークの出会いのエピソード等が収録されたドラマパート[12]とサウンドトラック未収録曲、ミラーとスネークのキャラクターソングが収録されている。また、ブックレットには丹野忍による描き下ろしイラストが掲載されている。初回限定盤は特製スリープケース仕様。, シュータータイプ、ハンタータイプでは△、×ボタンで、アクションタイプでは方向キー上下で選択する。, ただし、「コジマ」 (Cosima) という名前そのものは日本語以外にも存在し、劇中のブリーフィングファイルでも例として, 店舗予選に勝ち上がれなかったチームや店舗予選に参加出来なかったプレイヤーへの配慮として、地区予選大会当日に店舗予選と同じルールの「当日予選大会」が開場から1時間の間行われ、そこで勝利した1組も地区予選大会に参加できた。, 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか, Metal Gear Solid: Peace Walker -- Limited Edition, 公式サイト・「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 全国大会」開催概要変更のお知らせ, METAL GEAR SOLID PEACE WALKER OFFICIAL SITE, METAL GEAR SOLID PEACE WALKER | HD EDITION, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=メタルギアソリッド_ピースウォーカー&oldid=79406354, シュータータイプ - 『メタルギアソリッド4』の操作に近いタイプ。他の2タイプと異なり、右手で視点操作が行えるのが特徴。, ハンタータイプ - 一部を除いて『モンスターハンター ポータブル 2ndG』を踏襲した操作タイプで、他のタイプに比べてローリングや装備の切り替えが行いやすい(体験版はメニューウィンドウの「詳細マップ」にカーソルを合わせ、, 320pから1080pに解像度が向上。フレームレートも60fpsになり動きが滑らかになっている。, 右スティックでのカメラ移動対応による操作性の向上。ボタン数が増えたため、シュータータイプは元と同じように操作ができるようになった。, 実績・トロフィー機能に対応。トロフィーを獲得するにはPS3版で「NEW GAME」を選び、新しいセーブデータを作成する必要がある。振動にも対応。, Xbox360版はオリジナルアバターアイテムの無料ダウンロードコードが同梱している。, スペシャルアイテムのパスワードの入力画面の削除。このため、パスワードの入力は一度PSP版にセーブを移さなければならない。, リクルートの仕様が変更となり、ネットワーク上の相手とミッションや対戦を行った後、ソルジャーサーチをすることで志願兵が増える。このため、PSP版と比べると兵士の獲得が容易になっている。なお、1回のリクルートで獲得できる兵士は最大6人で、3回まで行えるので最大18人まで獲得できる。, METAL GEAR SOLID PEACE WALKER Main theme -戦友 ver.-, METAL GEAR SOLID PEACE WALKER Main theme -カズラジ。 ver.-.