この地球上には今現在、936個もの世界遺産が存在します。(2011年) 年々増え続けているのであと五年だったらいくつになっているか分かりませんが、もしかするとあと五年十年の間に、世界遺産は1000に近い

フランスでは英語が通じるのでしょうか?フランスで英語が通じるかどうか、発音に独特のクセがある... フランスと言えば、日本だけでなく世界から多くの観光客が訪れる人気の観光地です。そんな人気の観... OIST (Okinawa Institute of Science and Technology). フランスが有する世界遺産の数は世界第4位です。先史時代からのローマ時代、中世を経た長い歴史を反映して文化遺産が多く、どこも大変見応えがあります。今回は44あるフランスの世界遺産の中から20のスポットを選んでランキング形式でご紹介します。

華やかなフランス・パリには、人々を魅了する観光スポットがありすぎる!旅行計画の参考になるように、この記事ではパリで人気の世界遺産ランキングやパリ郊外の世界遺産、そして世界遺産の近くにあるホテルを併せてご紹介します。, パリの中心、セーヌ川の河岸付近で橋を臨む絶景や、「カルーゼル凱旋門」、ゴシック建築を代表する教会「ノートルダム大聖堂」など、心を揺さぶられる世界遺産や観光スポットの情報をお見逃しなく!, パリの魅力は、その美しい街並み。いたるところで世界遺産に登録された観光スポットがありますが、特にパリ中心を流れるセーヌ川の河岸付近一帯は世界遺産の宝庫!, まずはセーヌ川周辺でパリで人気の観光スポットになっている世界遺産をランキングでご紹介します!, パリ万博が開催された1889年に当時世界で一番高い建物として建てられ、その後も規制によって高層ビルが乱立することもなく、現在まで景観が保存されているパリの街。当時とさほど変わらないパリの景色を展望台から見ることができます。夜に美しくライトアップされた姿も必見!, エッフェル塔の足元に広がる、広大なシャンドマルス公園もパリでおすすめの世界遺産。天気のいい日はエッフェル塔を見ながらピクニックを楽しむ人で賑わいます。, 見どころは、旧陸軍士学校前にある平和の壁。49ヶ国語で「平和」を表す言葉が書かれています。日本語の「平和」の文字も探してみては?, フランスの流行歌「オー・シャンゼリゼ」でもおなじみのシャンゼリゼ通りは、パリで一番美しい通りと称される有名な観光スポット。「パリのセーヌ河岸」の一部として世界遺産に登録されています。, シャンゼリゼクレマンソー駅から凱旋門まで約2キロに渡って緩やかな坂道が続く大通りは、ルイ・ヴィトン本店など高級ブランド店が立ち並び、ショッピングを楽しむ旅行者が集まる観光スポット。オシャレなカフェもたくさん!ただし、観光客向けの価格設定の店が多いので物価が高く感じるかもしれません。, 12月のクリスマスシーズンになるとシャンゼリゼ通りは美しいイルミネーションが施され、クリスマスマーケットも出現。街散策もさらに楽しくなりますよ!, パリで最も有名な凱旋門は「エトワール凱旋門」と呼ばれ、シャンゼリゼ大通りの北西に位置していますが、世界遺産であるカルーゼル凱旋門は、比較するとちょっとミニサイズ。1806年にフランス軍がロシア・オーストリア軍を破った「アウステルリッツの戦い」で将軍ナポレオンを祝して建設されました。, カルーゼル凱旋門は、ルーヴル美術館のお隣チュイルリー公園内で観光客を迎えています。パリセーヌ河岸の一帯として世界遺産に登録されました。チュイルリー公園には軽食が楽しめるカフェもあるので、公園散策をしながらランチを楽しむのもおすすめの観光スポットです。, 大行列ができるパリのシテ島にあるカトリック教会、フランス語で「聖母マリア」を意味するノートルダム大聖堂。パリから約130km離れた観光スポット、ランスにあるノートルダム大聖堂と同じく、1991年に世界遺産に登録され、現在はフランスを代表する観光スポットになりました。, ヨーロッパの森をイメージして作られた内部は静謐な雰囲気で、ずらりと並んだステンドグラスが美しく印象的。パリの歴史を850年見守り続けた歴史の古い大聖堂は、フランスを旅するなら見逃せない観光スポットです。, 塔に登るには予約が必要になります。アプリで予約をするならば「JeFille(ジュフィル)」をダウンロードしましょう。アプリを起動し、「tours de Notre-Dame de Paris」という項目をタップ。その後「ウェイティングリストに加わる」をタップしてから「何人ですか?」の画面で人数を入力すると予約が完了します。, または大聖堂の塔入口近くにある予約発券機で予約を取ることも可能。塔を観光する当日の朝7時半から操作が可能となり、フランス語表示のみですが「人数」と「予約時間」を選択するだけで予約が完了します。, かつてフランス王の王宮として使用されていたルーヴル宮殿は、同じくパリのセーヌ河岸エリアに含まれる世界遺産。その後、総面積約40ヘクタールのルーヴル宮殿内にルーヴル美術館が創設されました。世界最大級の広さで、380,000点以上の美術品が収蔵されています。, 中庭のナポレオン広場にあるガラスのピラミッドは、パリのランドマーク的存在である観光スポット。ルーヴル美術館は世界で一番入場者数が多い美術館として日々多くの人々で旅行者で賑わっています。美術品に興味がある方もない方も、スケールに圧倒されること間違いなし!の世界遺産ですよ。, コンコルド広場は、フランス革命時代にマリー・アントワネットやルイ16世がギロチンで処刑されたというフランスの歴史的な名所であるパリの世界遺産です。, フランス市民が自由を勝ち取るために戦った場所であるため、悲劇的な場所とされてはいません。現在は大観覧車や美しい噴水が旅行者を楽しませています。, コンコルド広間のシンボルでもあるオベリスクは1831年にエジプトの王モハメド・アリがフランスに贈ったもの。近くで見ると象形文字が並んでいるのが確認できます。オランジュリー美術館やジュ・ド・ポーム美術館、ヴァンドーム広場など周辺散策も目白押しです。, パリで最も古い庭園である、チュイルリー庭園も同じくセーヌ河岸の世界遺産として登録されています。17世紀にヴェルサイユ宮殿の庭園を設計した造園師、ル・ノートルによって造られました。, 公園中央の噴水広場では、ベンチでゆっくり寛ぐのが最高。公園内には日本でもおなじみ移動式パン屋のポール(Paul)が営業中。昼間は賑わう観光スポットですが、夜は閉鎖するのでご注意を。, 上記で紹介した世界遺産以外でも、パリには見応え満点の観光スポットが目白押し!ここからは、パリ旅行の町歩きでぶらっと立ち寄りたい荘厳な世界遺産の数々をご紹介します。, パリ市庁舎は、大きなレセプション会場としても利用されている世界遺産。写真家であるロベール・ドアノーが1950年代に撮影した伝説的な写真「パリ市庁舎前のキス」で有名な場所としても知られています。, 世界遺産であるパリ市庁舎のオフィシャルショップでは、Tシャツやマグカップなど、様々なお土産品が販売中。パリ市庁舎の内部見学はグループのみとなりますが、毎年9月第三週末に開催されるイベント「ヨーロッパ文化遺産の日」は無料で一般公開しているので見学に行ってみましょう!, かつてはパリの貴族が居住していた歴史地区である、マレ地区も世界遺産に登録されています。セーヌ川の北側「右岸」である3〜4区に位置し、現在はオシャレなセレクトショップや雑貨店などが集まる再試なドレス。観光客も地元パリジャンも集まる、お買い物好きにはたまらないショッピングスポットです。, ただし、マレ地区では旅行客が買い物を狙ったスリが潜んでいることもあるので、よく注意しましょう!, 印象派のモネやドガ、ルノワール、マネなど著名な芸術家達の名作絵画をはじめ、19世紀の美術作品を所蔵するオルセー美術館。世界遺産であるパリのセーヌ川岸に含まれるフランスの人気観光スポットです。以前は鉄道駅舎兼ホテルの「オルセー駅」として利用されていました。, 人気のオルセー美術館は、優先入場できるチケットをオンラインで予約する事が可能。ですが、美術館巡りをお考えの方は美術館や観光スポットに何度でも入場できるパリミュージアムパスの利用をおすすめします!, セーヌ川沿岸の世界遺産として登録されているグランパレはフランスを代表する展覧会場でありパリ万博の際に造られた美術館です。, 世界が注目するファッションの発表会パリコレではシャネルやエルメスがショーを開催。また3ツ星シェフのエリック・フレションがプロデュースをしたレストランにも注目です!, 向かいのプティパレは、パリ市立美術館として美術展の会場として主に使われています。グランパレと同じくパリ万博の際に造られた世界遺産です。, セーヌ川をまたいでシテ島を結ぶ橋である「ポン・ヌフ」も、同じくセーヌ河岸の世界遺産。フランス語では直訳すると「新橋」!日本の新橋とはだいぶイメージが異なりますね。, ポン・ヌフはパリ最古の橋として、1604年にフランス王アンリ3世によって造られました。1991年に製作されたフランス映画「ポンヌフの恋人」の舞台にもなっています。セーヌ川を遊覧するクルーズでも見ることができる人気観光スポットです。, ナポレオンが眠る棺が安置されているアンヴァリッドは、同じくパリのセーヌ河岸一帯として登録された世界遺産。現在は一般開放されている観光スポットですが、元々はルイ14世が1671年に治療が必要な兵を看護する施設として設立した旧軍病院でした。, フランス革命時代には、アンヴァリッドの武器庫から銃を奪うためにパリの民衆が襲撃したという話があります。, 内部は一部、軍事博物館となっていて、13世紀~15世紀ごろに使われていた武器や軍服などが展示されています。中庭の馬関戦争時代に使用されていた迫力ある大砲も必見です。, 1764年に建設されたマドレーヌ寺院はギリシャ宮殿のような美しい教会で、セーヌ河岸の世界遺産です。フランス語でマドレーヌは「マグダラのマリア」(新約聖書中の福音書に出てくるイエスに従った女性)を指します。, マドレーヌ寺院で販売しているコインのような形をしたメダイはお土産に大人気。パリで有名な観光スポットにくらべると混雑していないので、ゆっくりと見学することができる世界遺産です。しかも入場料は無料。, セーヌ川を挟んでエッフェル塔の反対側に位置するパリのシャイヨー宮は、1937年のパリ万博に合わせて建造された大展示場。セーヌ河岸にある世界遺産です。エッフェル塔を撮影するには絶好のスポット。, 中央はバレエやフラメンコ、歌舞伎など様々なジャンルの公演を開催するシャイヨー劇場、南側に人物博物館と海洋博物館、東側に建築・文化財博物館(フランス文化財博物館)がそびえています。, ケ・ブランリー美術館の入場券(1年未満)を持参すれば8€ に割引されるので、ちょっとお得に見学ができちゃうのも魅力的です。, セーヌ川に架かるアレクサンドル三世橋は、フランスとロシアの友好の証として建設された橋。こちらもパリのセーヌ河岸エリアの世界遺産に含まれています。橋にはニンフの像や天使、ペガサスなどがあしらわれていて、パリで一番美しい橋だと称される観光スポット。, また、エッフェル塔の撮影ポイントとしても有名。アレクサンドル三世橋から見るセーヌ川とエッフェル塔の美しさに酔いしれましょう。, セーヌ川の中州であるサンルイ島は、「パリ発祥の地」と言われるシテ島の東側にある世界遺産。18世紀ごろからフランスの著名人や貴族などの上流階級が住む高級住宅地です。, 観光客には、Berthillon(ベルティヨン)という老舗のアイスクリーム屋さんが大人気。他にも可愛らしい雑貨店やスイーツ店など、楽しいお店や観光スポットが目白押しです!, 「聖なる礼拝堂」という意味を持つ美しいゴシック建築の教会、サントシャペルは、ルイ9世が1239年頃からコレクションとして集め続けた聖遺物を納めるために建設された歴史のある教会。, 迫力のあるステンドグラスや豪華な装飾もが見どころで、「聖なる宝石箱」と称される世界遺産です。, クラシックコンサートが開催されていますが、混雑するので事前にチケットを予約をしておくと安心です。11月~3月の第1日曜日は通常大人10ユーロする入場料が無料。, パリ発祥の地であるシテ島の約3分の1を占めるフランス法曹界の最高峰であるパレドジュスティス。日本で言うところの最高裁判所にあたり、弁護士会や検察局、重罪院、控訴院、大審裁判所など複数の主要司法機関が収容された巨大な世界遺産です。, フランス革命時代に革命裁判所があったのも、このパレドジュスティス。入場料は無料で多くの人が訪れる観光スポットとなっています。, パリ7区のブルボン宮殿は、1722年~1728年まで約6年の月日をかけて、建築家ジャック・V・ガブリエルによって建てられました。コンコルド橋を渡って正面に位置しています。, 宮殿の見どころは19世紀ロマン主義を代表するフランスの画家、ウジェーヌ・ドラクロアの彫刻や絵画、そして豪華な部屋の数々。壮大な広さの図書館も見応えあり!そちらもドラクロアによって天井画が描かれています。, 現在はフランス下院が国会議事堂として使用していますが、観光客が長蛇の列を作るほど大人気。フランスの歴史を感じる世界遺産です。, シテ島に位置するコンシェルジュリーはフランスの主要司法機関の一部であり、1793年にマリーアントワネットが投獄されていたことで知られる世界遺産です。, ここではフランス革命期恐怖政治時代の1793年~1795年までの間に、2780名もの人々に死刑が求刑され、「ギロチン控えの間」「死の牢獄」とも呼ばれていました。ギロチンで有名なロベスピエールが最後の時間を過ごしたのもコンシェルジュリーです。, 恐ろしいイメージがありますが、現在は世界遺産でもあり有名な観光スポット。コンシェルジュリーには、パリ最古の美しい壁時計が目を惹きます。ミュージアムパスで入場できる対象施設に指定されています。, パリ近郊、郊外にも必見の世界遺産がまだまだあるのでご紹介。パリを離れて少し足を伸ばすのもオススメですよ!, フランスに輝かしい貴族文化の集大成と言われる世界遺産と言えば、ヴェルサイユ宮殿。ヴェルサイユ宮殿は、パリ市内ではなくパリから1時間、およそ22キロ南西に位置する観光スポットです。, 1682年にフランスの王だったルイ14世が建てた歴史の古い宮殿は、外観もさることながら宮殿中も超豪華。バロック様式の代表作といえる世界遺産です。, 観光客の間で一番人気が高いのが、鏡の間。幅10m、長さ約75mの広い部屋に578枚もの鏡が埋め込まれていて、当時は技術力の高さの誇示でもありました。, また、17世紀~18世紀ごろは今のような水洗トイレはもちろんなく、宮殿に住む貴族もおまるのような専用トイレで用を足していたそう。もちろん現在のヴェルサイユ宮殿には観光客が使える水洗トイレがあるのでご安心ください。, そして、もう一つ見逃せないのがヴェルサイユ宮殿の庭園。天才庭師と言われるアンドレ・ル・ノートルが作った庭園は、幾何学模様に整えられた植物と噴水が調和していて、優雅な気持ちでお散歩を楽しめる場所です。, パリから65㎞の場所にある世界遺産フォンテーヌブロー宮殿は、12世紀から19世紀にかけてのフランス王が過ごした場所。貴族達が祝宴を行った「舞踏会の間」や、王が代々寝室として使っていた「玉座の間」、かつての王妃たちの寝室「王妃の寝室」などが見どころです。天気がいい日は中庭の大きな池がきらめいて清々しい気分に。, フォンテーヌブロー宮殿にはレストランやカフェはありませんが、2~3分歩くと観光スポットでもある商店街が。フランス料理店や土産店が並びます。, パリ旅行では、世界遺産の近くに宿泊すれば時間と共に姿を変える歴史的な建築を楽しむことができます。ここからは、おすすめのホテル情報をご紹介しましょう!, パリで最も有名な世界遺産であるエッフェル塔から0.7Km、歩いて7分の位置にあるのがエッフェル トロカデロホテル。エッフェル塔だけでなくトロカデロ庭園も見渡すことができる立地で、地下鉄トロカデロ駅までわずか180mです。, 室内はミニバー、薄型テレビ、エアコン、ホットドリンクメーカーがそろっていて快適。18世紀の建物を利用していて、客室はアンティーク家具が備わっているので居心地良いホテルです。, エトワール凱旋門から徒歩2分の場所にあるホテルナポレオンは一部屋一部屋のデザインや内装が上品なホテル。部屋にはエアコン、液晶テレビ、ソフトドリンク入りのミニバー付。大理石柄のお風呂にはバスタブがついているので旅の疲れをゆっくり癒すことができます。, また、凱旋門と同じく人気の観光スポット、シャンゼリゼ通りにも近いので、ゆっくりお買い物を楽むことができる好立地。シャルル・ド・ゴール・エトワール駅へは徒歩2分の距離なので各観光スポットへの移動も便利です。, マレ地区にあるオテルデュボンスミスは、オテル・ドゥ・ヴィル駅から徒歩3分の便利なホテル。ホテルを一歩出ればすぐに世界遺産のマレ地区を散策する事ができます。, ホテル内はすべての場所で無料Wi-Fi回線を提供。フロントは24時間対応しているので観光スポット巡りで夜遅くなっても安心!客室ではコーヒーメーカーや電気ポット利用できますが、世界遺産のマレ地区にはパリらしいオシャレなカフェもたくさんあるので、ゆっくりとティータイムが過ごせるでしょう。, パリではセーヌ川をクルーズしながらの世界遺産観光が日本人観光客にも人気!短時間でいくつもの世界遺産を見る事ができる上、地上とはまた違った表情を楽しむことができます。, ルーブル美術館、オルセー美術館、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、コンコルド広場、グランパレなど、外観だけですが、クルーズでセーヌ河岸の世界遺産の多くを制覇できてしまいそうです。, 1949年に創立された、世界遺産を巡るセーヌ川クルーズでは最も有名な歴史のあるクルーズ会社。バトームッシュは他と比較して、ランチやディナーで振る舞われるフランス料理がとても美味しいと評判です。, 世界遺産を横目に美味しいフランス料理なんて、なんと贅沢な時間の過ごし方!日本語対応の公式サイトもあるので、予約が簡単です。2階席は見晴らしが良く、料金も比較的リーズナブルなので気軽にセーヌ川クルーズが楽しめます。, 日本語音声ガイド付きのバトーパリジャン。昼は明るい光が差し込む中で中でランチをいただきながら、夜は生演奏と美味しいディナーを堪能しながら世界遺産を見学できます。2階席から世界遺産を眺めることもできますが、他のクルーズ船と比較すると座席が少ないので、席はなるべく早い段階で確保しましょう。, 周遊コースは予約なしでも乗船可能ですが、ランチコースとディナーコースは事前予約が必要。大晦日や7月14日の革命記念日の時などはイベントクルーズも開催しています。, 最もリーズナブルな価格でセーヌ川を周遊できるのがヴデット・デュ・ポン・ヌフ。事前にネットで予約をすることでさらに乗船料金が安くなるのでとってもお得に世界遺産巡りができます。(通常料金14€が10€に、時間指定の場合12€), 日本語パンフレットもあるので、パリの世界遺産についてもっと知りたいという方にはおすすめ。昼からは混雑するので、午前中が狙い目です。ライトアップされた世界遺産を楽しむ夜のクルーズも人気があるので、ぜひ参加してみてください。ランチやディナー付きのコースはありません。, パリの世界遺産は、それぞれスケールが大きいので短い観光日数では見切れないほど。見応えのある施設ばかりなので、目的を絞って計画を立てるのがオススメです。, 混雑する観光スポットを敬遠したければ、セーヌ川沿いをぶらぶら散策して遠くから世界遺産を眺めるだけでも、十分満足感のあるものになるはず。歴史的な世界遺産を中心にパリ散策をお楽しみください!, 『西洋の驚異』と称されているモンサンミッシェルは、“一生に一度は行っておきたい世界遺産ランキング”で必ず上位に挙がるほどのフランスの人気観光スポット。一人旅としても人気のスポットとなっています。日本語しか話せず英語やフラン…, ピンク色の「眠れる森の美女の城」がシンボルとなっているフランス・パリのディズニーパークには、2つのパークがあります。本記事では、人気のアトラクションやお土産、グッズ、おすすめのホテルやパリディズニーへの行き方、混雑情報ま…, エッフェル塔やフランス国旗だけでも、おしゃれと感じてしまうフランス。チョコレートなどのお菓子や、チーズ・バターなどの食べ物をはじめとして、フランスコスメはシャネルなどの一流ブランドからオーガニックコスメなど世界中で大人気…, バンコクのワット・パクナムは、今話題のフォトジェニックな寺院です!SNS映え抜群な極彩色空間とあって、人気急上昇中の観光スポットとなっています。仏教の宇宙観を表現したという空間は、まるでプラネタリウムのよう。そんなワット・…, エラワンの滝は、タイのカンチャナブリーにあるエラワン国立公園内の滝です。タイで最も美しい滝として有名で、バンコクから日帰りでも行き来できる観光スポットです!トレッキングをするもよし、川で天然のドクターフィッシュと触れ合う…, タイ・バンコクにあるスクンビット(Sukhumvit)は、日本や欧米、中近東からの外国人居住者が密集するエリアです。日本人在住者の多くがスクンビットエリアに暮らしているため、日本人街(ジャパニーズタウン)と言われることも。そんな…, 旅好きライター。