なので、インフレ化で不況の場合、まず消費者が苦しくなりますが、いずれ生産者も苦しくなります。, また生産者は、稼いだ所得で消費するので、別の場所では消費者でもあります。なので、デフレ下で不況の場合は、まず生産者が苦しくなりますが、いずれ消費者も苦しくなります。, 物価が急激に大きく上がり下がりすると、経済が混乱するので、どの国でも各国の政府は自国の物価を安定させる努力をしています。, また、政府が通貨を多く発行したりして市場に流通させれば、市場に多くのお金が流れ込みますが、社会全体の物の量はそのままなので、物価が上がりインフレになるのが普通です。, デフレ下で不況の場合、デフレの影響を弱めるために、このようなインフレ政策が取られる場合があります。, どんな好景気もつづかず、終わります。不景気も、いつかは終わっていくのが、普通です。, たとえば、よく売れる商品は、多くの企業が、その商品を作ります。その結果、そのうち社会全体では、その商品が作りすぎになって、売れ残りが出てしまい、余って在庫(ざいこ)になってしまいます。 なぜ日本だけが長期デフレなのでしょうか。過去には、日本だけが高度経済成長していました。(なぜ日本だけが高度経済成長できたのか。その行動様式とは)両者は「日本だけ」の現象という共通点があります。同じ日本での現象だから、高度経済成長期にはうまく 売れ残りのぶんは、当然、もうかりません。なので、生産に使ったお金が回収できなくなります。 デフレ不況は人々の気持ちをリスクから遠ざけるため、デフレ不況下では人々は新しいことにチャレンジせずに、安全策を取る傾向にある 。 デフレは企業も消費者もリスクを避けがちになり、消費や投資も伸びない悪循環で経済の活力がどんどん落ちる [55] 。 ‚Æ‚¢‚¤•‰‚̃XƒpƒCƒ‰ƒ‹‚ªo—ˆã‚ª‚éB‚±‚̏󋵂ªu•s‹µv‚Å‚ ‚éB‚‚܂èAuƒfƒtƒŒv‚à‘±‚­‚±‚Æ‚É‚æ‚Á‚āu•s‹µv‚É‚È‚éB. デフレはしばしば経済を不況へと導きます。 デフレに対抗するために、中央銀行は経済に信用供給を注入している。 膨張の定義 . 物価のインフレーションとは、単に多くの商品の物価が、全体的に上がっていくことです。, 物価が上がること自体は、別に好況でも不況でも無い。同様に、物価が下がること自体も、別に好況でも不況でも無い。, 物価のうごきは、前年度を基準の100とした指数で表すことで多い。このような指数で表した物価の動きを 物価指数(ぶっか しすう、英:price index) という。 日本では、中東で中東戦争が起きて石油の輸入が滞って石油危機(oil crisis)が起きた時には、多くの商品の物価が上がりました。この石油危機のとき、多くの会社が倒産しました。, インフレになった時、賃金も上がることが多いが、物価も上がる。たとえ賃金が上がっても、物価がそれ以上に上がれば、労働者の暮らしは楽にはならない。そこで、物価との比較で見た実質的な賃金のことを実質賃金(じっしつ ちんぎん)と言い、賃金を消費者物価指数で割り算した数で表す。, つまり労働者の給料が2割増加しても、同時に物価も2割増加しているならば労働者は多くの物資を購入できるようになっていないため実質賃金は向上していないというわけである。労働者の賃金が変化していなくても経済状況などにより物価が上昇しているならば実質賃金は下落しているということになる。, いっぽう、不景気のときは、お金を節約しようとして、なるべく安い商品を買いたがるので、デフレになりやすいと考えられています。しかし、物価が下がっていっても、かならずしも不景気とは限りません。, 技術革新などをすれば、今までよりも安く物を作れるようになるので、物価は下がります。たとえば、日本の第二次大戦後の高度経済成長期には、工業技術の進歩により、多くの工業製品の値段は下がっていきました。しかし高度成長は物価が下がっても好景気であり、不景気ではありません。, デフレと不景気は違います。 たとえば物価が前年度より5%上がったら、物価指数は105である。, 物価指数を、英語で Consumer Price Index というので、英語の頭文字を取って CPI と略す場合もある。, (※ ウィキペディアの仕様で数式表示中に日本語が使えないので、英語ですがガマンしてください。), 物価には生産財の物価である企業物価(きぎょう ぶっか、英:producer price)と、消費者が実際に購入する消費財の物価である消費者物価(しょうひしゃ ぶっか、英:consumer price)がある。消費者物価指数(しょうひしゃ ぶっかしすう、consumer price index、 略:CPI)とは、消費者物価の物価指数のこと。, 好景気のときは、物価が高くても安心して買えるから、商品の値段が高くてもモノが売れるので、物価が上がりやすく、インフレになりやすい、と言われています。, しかし、物価が高くなっても、かならずしも好景気とは限りません。インフレでも不景気になる場合はあります。, 例えば第二次大戦前の世界恐慌時のドイツでのハイパーインフレ(hyperinflation)のときは、ドイツは失業が増えて不況でした。 デフレと不況の違いはなんですか? デフレ・・・物価が持続的に下落していく経済現象を指す。不況・・・経済全体の活動水準である景気において、循環的に見られる変動のこと。 物価と景気は、べつの概念(がいねん)だが、物価の動きと景気は深く関わりがあり、物価と景気の組み合わせによって、いろんな経済現象が起きる。それを、これから学んでいく。, 物価のデフレーションとは、単に多くの商品の物価が、全体的に下がっていくことです。 デフレーションとデフレスパイラルの違いはなんですか?どちらも不況下で物価が下落することですよね?デフレーションでの下がり方がデフレスパイラルってことですか?>どちらも不況下で物価が下落することですよね?そう。でも、デフレ デフレと不景気は違います。 日本では、バブル崩壊後の不景気の時期が、デフレの時期とも重なったので、「デフレ不況」(デフレふきょう)と言われましたが、けっして不況になると必ずデフレになるというわけでは、ありません。 物価と貯金の関係 インフレ率が0%を下回る、またはマイナスのインフレ率と言ったときにデフレが起こります。 逆に、ディスインフレはインフレ率の減速です。 デフレとディスインフレの重要な違いを知るためにこの記事を注意深く読んでください。, デフレは、マネーサプライ、消費者需要、投資および政府支出の減少により、経済生産の価格が経済内で下落する期間として説明されます。 インフレ率が0%未満、すなわちマイナスの場合に発生します。 それはお金の本当の価値の上昇をもたらします。 このような状況では、人々の購買力が上がり、今では同じ金額でより多くの商品を買うことができます。, デフレでは、全般的な物価水準が急激に低下しており、これは経済の不健康な状況を示しています。 それは、高い失業率、一時解雇の増加、賃金率の低下、利益の減少、低需要、低所得、経済における信用供給の制限を引き起こす可能性があります。 デフレはしばしば経済を不況へと導きます。 デフレに対抗するために、中央銀行は経済に信用供給を注入している。, インフレ率はインフレ率が時間とともに減少しているが、それでもプラスであり、率がゼロに等しくなるまで続きます。 それは経済における全体的な物価水準の上昇率の減速です。すなわち、商品やサービスの価格は、以前は上昇していたため、上昇していません。 一般的な物価水準はインフレ率が上がると上昇しますが、インフレ率は期間中に低下します。, デフレは景気減速の兆候ではありませんが、物価を通常の水準に引き下げるために政府が行った意図的な行動です。 発展途上国にとっては良いことです。, デフレとディスインフレという用語を理解するためには、インフレの意味を知る必要があります。これは経済生産の価格が上昇するときの状況です。 インフレ率が減速すると、それはディスインフレであり、それがゼロになるまで続きますが、ゼロ以下になるとそれはデフレです。 これら2つの基本的な違いは、デフレは全体的な物価水準の低下の結果であり、ディスインフレはインフレ率の低下の結果であるということです。, OnePlusは、OnePlus 6 Hypeビデオを作成するためのアイデアを求めています, 7インチタブレットの戦い:iPad MiniのNexus、Fire、Tab 2に対応, 一般的な物価水準の下落があるとき、経済全体において、そのような状況はデフレとして知られています。, インフレ率はインフレ率が時間の経過とともに低下する傾向があるがプラスのままである状況です。, デフレは、経済全体の中で一般的な物価水準が下落する条件として説明されています。 インフレ率は、時間の経過とともにインフレ率が低下したときの状態です。, インフレ率はプラスだが時間の経過とともに減少する状況は、インフレです。 一方、インフレ率がマイナスの場合、この状況はデフレと呼ばれます。, デフレの主な原因は、経済生産の需要と供給のシフトです。 逆に、ディスインフレは政府の意図的な政策です。, 雇用水準について言うと、100%雇用前にデフレが発生し、100%雇用の段階に達した後にディスインフレが発生します。, デフレでは、価格の下落に制限はないため、価格は通常の水準を下回ります。 インフレとは対照的に、これは価格を通常の水準に引き下げるのに役立ちます。. 日本では、バブル崩壊後の不景気の時期が、デフレの時期とも重なったので、「デフレ不況」(デフレふきょう)と言われましたが、けっして不況になると必ずデフレになるというわけでは、ありません。, 通貨を基準にして物価のしくみを考えましたが、逆に物を基準にして通貨について考えることもできます。, インフレは、たとえば今まで100円の物が120円になれば、通貨の1円あたりの価値が下がったことになります。今まで100円を出せば買えた物が、今度は120円を出さないと買えなくなったわけですから。, デフレでは、通貨の価値が上がることになります。たとえば今まで100円の物が90円になれば、100円を使えば10円があまって、その10円で別の物を買えます。, インフレでの不況の場合、物価が上がるので、消費者は物が買いづらくなり、消費者は苦しくなります。, いっぽう、デフレでの不況の場合、生産者は物の値段を上がられないので、売り上げを出しづらく、生産者が苦しくなります。, 大人の消費者は、お金をかせぐために仕事をしているので、別の場所では生産者でもあります。 「デフレ」とは「デフレーション」が正式名称で、お金の価値が上がるため物の価値が下がることをいう。 一方、「不況」とは景気の状況を表す語で、生産量も雇用も縮小され、物の価値も給料も利子率も低く、経済が停滞した状況のことをいう。

次では、デフレの問題点を見てみましょう。 デフレの問題点とは?何がデメリットなの? ニュースなどでデフレのことを聞くとき、デフレ不況やデフレからの脱却という言い方をされるので、経済によくないものという印象を受けますよね。 インフレ率はインフレ率が時間とともに減少しているが、それでもプラスであり、率がゼロに等しくなるまで続きます。 正しくは,好況と不況,インフレとデフレが対になる言葉です。 では,それぞれどのような意味かと言うと, 好況と不況は,景気が良いか,悪いかということにですね。 景気が良ければ,好況(好景気)ですし,悪ければ,不況(不景気)ということになります。 生産しても売れなければ、お金が回収できなくなるので、当然、新しくその商品を生産をする会社は減ります。そうなると、今までその商品を作っていた会社や労働者は役割がなくなるので、失業が起こります。, このようにして、ある業界では好景気が終わり、不景気になっていきます。社会の多くの業界で好景気が終わり不景気になれば、社会も不景気になっていきます。, なぜならば、不景気では、生産しても売れないのだから、生産量が減っていきます。そうなると、そのうち社会全体で物の量が減っていきます。そして社会で物不足になっていき、みんなが困るようになれば、今度は物が必要なので物が売れるようになっていきます。こうして、物を生産すれば、売れるように変わるので、好景気になっていきます。, https://ja.wikibooks.org/w/index.php?title=中学校社会_公民/景気の変動と物価&oldid=112530.