© 2020 猫隼 All rights reserved. ついにニュートラルカードからppブーストできるカードが登場!先攻より後攻の方が発動条件を満たしやすいため、後攻勝率を上げる鍵を握るかもしれない。 正八胞体(せいはちほうたい、または四次元超立方体、8-cell、octachoron、tesseract)とは、四次元 正多胞体の一種で8個の立方体からなる、四次元の超立方体である。. 胞(構成立体):立方体8個 面:24枚の各正方形に立方体2個が集まる。; 辺:32本の各辺に正方形3枚、立方体3個が集まる。 2020/09/19時点での評価文です。 ニュートラルのランプカード. 天使とは神の使いであり、おそらく人より尊き者たちである。 一説によると、この天使と人間の中間的な存在が妖精らしい。 「妖精は実在するのか」天使との関係。由来。種類。ある幻想動物の系譜  伝説では、神は宇宙よりも、あるいは少なくとも人間より先に天使たちを作ったとされる。 神はその後に、人間を創る事に決めたが、天使たちは口を揃えて反対したという。 「人間は堕落しやすい存在だから」と。 しかしなぜ天使たちが、まだ作られてもいない人間の性質を知っていたのかは謎である。, 天使には階級があるという。 諸説あるが、最も有名とされているのが、『コリ・アングリ(天使の九階級)』と呼ばれているものである。 どうも天使には三つ階級があり、それぞれの階級はさらに三段階に別れているのだという。 この階級は、神に近しい存在をより上位としていて、下位ほど人間に近づいていく。, 上位階級。 (1)『熾天使(セラフィム)』 (2)『智天使(ケルビム)』 (3)『座天使(オファニム)』, 中位階級。 (4)『主天使(ドミニオンズ)』 (5)『力天使(ヴァーチャーズ)』 (6)『能天使(パワーズ)』, 下位階級。 (7)『権天使(プリンシパリティーズ)』 (8)『大天使(アークエンジェルス)』 (9)『天使(エンジェルス)』, 我々の世界(物質世界)に干渉するのは、たいてい最も下位の天使か、大天使らしく、我々に馴染み深いのはそこまでである。 そもそも人間に干渉する事が出来る事自体、人間に近しいからこその技なのだという また、一応、下位の三段階の天使は、いずれも人間を導く役割を持つようなので、権天使も、我々と何らかの関わりを持っているはずである。, 数万とか数億もいるという天使たちの中で、特に優れた能力を有する天使が、『アークエンジェルス(大天使)』である。 神の側近であるとも、並び立つ事が許された存在であるとも言われる。, 天使軍団を率いており、影響力も強く、大天使が堕天使となってしまうと、後追いで堕落する者も多いという。 「悪魔学」邪悪な霊の考察と一覧。サタン、使い魔、ゲニウス  また、神からの信頼が厚く、人間との仲介役などを任されたりもする。 このような仕事を行った記録としては、イスラム教のジブリール(ガブリエル)が有名。 「イスラム教」アッラーの最後の教え、最後の約束, 大天使の数は7人であるようで、『七大天使』と呼ばれる場合もある。 また、ユダヤ教、キリスト教の両方で共通している大天使である、ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエルは、別格的で、彼らのみで『四大天使』と言われる。 「キリスト教」聖書に加えられた新たな福音、新たな約束  四大天使は、四大元素天使でもあるという。 ミカエルは火。 ガブリエルは水。 ラファエルは風。 ウリエルは地を司るとされる。 「原子の発見の歴史」見えないものを研究した人たち  七大天使の内、四大天使以外の3名に関しては諸説ある。 候補としてラグエル、ラミエル、レミエル、サリエル、メタトロン、カマエル、ハニエル、サラカエルなどがよく挙げられる。, 七天使か四大天使、あるいは天使全ての頂点に立つ者、最高司令官、天使長とされる。 「神に似た者」、「神の御前王子」、「天使の中の天使」、「慈悲の天使」、「正義の天使」などの称号を持つ。 本来はカルデア人という部族の神だったらしい。, どんな物でも斬る事が出来る、黄金色に輝く剣を持つ(注釈1) 実は堕天使(悪魔)達の長であるサタンと、双子だという説がある。 最も偉大な者が善悪それぞれに走った場合の対比になっているのかもしれない。, イスラム教においてはミーカーイルと呼ばれ、こちらでもその影響力は強い。 キリスト教においては美青年として描かれる彼だが、イスラム教においては、髪の毛一本一本に百万の顔、大量の口から放たれるアッラー(唯一神)への言葉と、かなり異様であるという。, ミカエルのこの剣を初めとした、天使のあらゆる武器は、『神の武器庫』に保管されているものを授かったという伝説がある。 しかし神の武器庫とはいったい何なのだろうか?, ミカエル同様、元はカルデア人の神であり、ラビエルと呼ばれる場合もあるという。 「癒しを行う者」、「人の魂を守る者」、「医学天使」、「外科医天使」などの称号を持つ。 称号の通り、苦しみなどを癒す力を持つという。 医者の守護神とかでなく、彼自身が医者であるようである。, 炎の剣を武器とするようだが、彼の属性は風のはずである。 「風が吹く仕組み」台風はなぜ発生するのか?コリオリ力と気圧差「化学反応の基礎」原子とは何か、分子量は何の量か, 七天使、あるいは四大天使唯一の女性であるいう説がある(だが、そもそも天使に性別という概念があるのかがよくわからない)。 「子守りの天使」、「復活の天使」、「復讐の天使」、「死の天使」、「沈黙の天使」、「心理の天使」などの称号を持つ。, イスラム教においては、ジブリールという名で、最後の預言者ムハンマドに、アッラーの言葉を伝える役目を担った、非常に重要な存在。 また、キリスト教において、聖なる霊として神、イエスの父としての神、イエス・キリスト自身の3つの神は、あくまでもそれぞれ唯一であるとする『トリニティ(三位一体)』という考え方がある。, イスラム教においては、このガブリエルこそが三位一体の聖霊であるという説があるが、これはわりとよくわからない。, やがて世界には終末の時がくる。 その時、善人は救われ、悪人は裁かれるという。 そして実際に、善人に永遠の命を、悪人には恐ろしき拷問を与える役割を担っているのが、大天使ウリエルなのだとされる。 「天体の天使」、「太陽の統率者」とも称され、太陽系の運行の管理者だとする説もある。 「太陽と太陽系の惑星」特徴。現象。地球との関わり。生命体の可能性 この太陽系運行というのは、単に惑星の軌道とかだけでなく、元素の動きとかも含んだものらしい。, 占星術とも何らかの関わりがあるかもしれない。 「占星術」ホロスコープは何を映しているか?, 炎の剣を持つともされ、ラファエルと被っている。 こちらは地属性だから、やっぱりおかしい。, 四大天使から外されてるにも関わらず、実はミカエルよりさらに上位の存在であるという説もある謎の天使。 「神の代理人」、「小さき神」、「天使達の王」、「不出世の偉大な者」、「天の書記」、「契約の天使」、「人類の扶養者」、「天国の宰相」、「闇の支配者」、「炎の柱」などの称号を持つ。, 天使たちの中でも、かなり巨体な方らしい。 地上に立って、天に顔が届くほどの背丈とする説もある。, 人は天使と、あるいは天使を通して神と契約する事がある。 例えばモーセの十戒などがその代表例である。 「ユダヤ教」旧約聖書とは何か?神とは何か? このような契約のルールを記した書、あるいは契約を有効にする為の書があるという伝説がある。 それは『契約の書』と名付けられていて、実はメタトロンこそが、その著者なのだという。 また、悪魔が人間に持ちかける際にも、『契約の書』が用いられる場合があるともされるが、これはその悪魔(あるいはサタン)が用意した偽書であるという。 「黒魔術と魔女」悪魔と交わる人達の魔法。なぜほうきで空を飛べるのか  大天使としては珍しく、元人間の天使という説もある。 天界の旅行記的な書で、多くの天使を描写している『エノク書』の著者であるエノクその人が、神の祝福により天使になったのが、このメタトロンであるのだという。, ガリズルやサクラエルとも呼ばれるラジエルは、カバリスト(ユダヤ神秘主義者)にかなり重視されている天使である。 「秘密の領域の天使」、「至高の神秘の天使」などと称される、天界の賢者。, 彼は世界のあらゆる秘密を知る者であり、その全てを一冊の書物にまとめたとされている。 その書は、『セファー・ラジエル(天使ラジエルの書)』と呼ばれていて、並の天使にすら解読出来ない秘密の文字で書かれていると伝えられる。, かつてラジエルは、自らの書を人間(おそらく最初の人間であるアダム)に与えたが、自分たち以上の叡知を人間が手にする事を嫌った天使により、盗まれ、海に捨てられたのだという。 しかし海に捨てられたラジエルの書は、堕天使ラハブに拾われ、人間(アダム)へと返される(神の命令だったともされる)。 さらに後にはエノクに渡り、ノアに渡って、有名な方舟を作る助けになった。  さらにラジエルの書はアブラハムへと渡り、そのアブラハムが、エジプトで、この書の内容を少し明かしてしまった為に、錬金術が誕生したという伝説もある。 「錬金術」化学の裏側の魔術。ヘルメス思想と賢者の石 あるいはフリーメイソンが古代エジプト起源ならば、彼らが守る秘密の始まりはこれなのかもしれない。 「フリーメイソン」秘密結社じゃない?職人達から魔術師達となった友愛団体  アブラハムの後は、ダビデ、そしてソロモンの手に渡り、彼は例の鍵の知識を得たのだという。 「ソロモンの72柱の悪魔」一覧と鍵の基礎知識  その後、この書がどうなったかは不明である。, ラスイル、ルファエル、アクラシエルとも呼ばれる。 「地球の天使」、「神の友」、「光の世界への復讐者」と称され、天使たちの監視役とされている。, 天使はわりと堕天使になってしまうようだから、監視役が必要なのはわかる。 しかしミイラ取りがミイラになる危険性はないのだろうか?, この天使には、そもそも「堕落がありえない」という属性でもあるのか、よっぽど神に信頼されてるのかは謎。, スリエル、サラカエル、ゼラキエルと呼ばれる。 「命令の天使」、「月の天使」、「魔眼の天使」と称される。 ラグエルが天使の監視役ならば、こちらは人間の監視役であるらしい。 しかし彼は堕天使であり、月に関する知識を人間に与えたらしい。 ただガリレオやニュートンが、彼からの啓示を受けたとか、そういう記録はない。 「ニュートン」万有引力の発見。秘密主義の世紀の天才「ガリレオ・ガリレイ」望遠鏡と地動説の証明。科学界に誰よりも業績を残した男  邪視とか魔眼とか呼ばれる、不思議な効果をもたらす目の伝説があるが、このサリエルの名を刻んだ護符で無効化出来るという。 邪視のよく知られた効果として、標的の服従があるが、命令の天使と言われるように、彼自身が邪視の使い手なのかもしれない。, ラミエルとも呼ばれ、「幻影の天使」、「雷の天使」と称される。 人が見るあらゆる幻影や夢は、彼がつくりだしたモノだという説がある。 幻影は時に、未来をも見せるという。, この世界のあらゆる生物。 人や動物のみならず、草の1本1本にまで、守護天使が憑いているとされる。 守護天使とは言うものの、どうもその役割は、物理的な守護でなく、単に見守り、応援とかしてくれるだけのようらしい。, 守護天使が、一個の存在に対して、どれくらいの数の守護天使がいるのかは、定かではないが、ふたり、あるいは1万1千という説が有力とされている。, 四季の天使とよばれるのが、春を司るスプグリグエル。 夏を司るトゥビエル。 秋を司るトルクアレト。 冬を司るアタリブである。 彼らは四季それぞれの司令官であり、その下には、副官、あるいは配下の天使が複数いる。, 春の副官は、アマティエル、カラカサ、コレ、コミッソロス。 夏の副官は、ガルガテル、ガビエル、タリエル。 秋の副官は、タルクアム、グアバレル。 冬の副官は、アンバエル。カタラリ。, また、12の月、7の曜日のそれぞれを司る天使たちもいる。 一月がガブリエル。 二月がバルキエル。 三月がマルキディエル。 四月がアスモデル。 五月がアムビエル。 六月がムリエル。 七月がベルキエル。 八月がハマリエル。 九月がウリエル。 十月がバルビエル。 十一月がアドナキエル。 十二月がハナエル。, 月曜日がガブリエル。 火曜日がカマエル。 水曜日がミカエル。 木曜日がツァフイエル。 金曜日がハニエル。 土曜日がツァフイエル 日曜日がラファエル。, サイエンスとオカルトが大好きな、平民階級の読書スキーです このブログは僕が憧れる世界、歴史上の偉大な科学者たちやその研究、魔術師たちの風変わりな物語のエミュレーターです ブログに関するより詳しい説明はコチラ 創作が趣味です わりとマイペースな更新ですが、「小説家になろう」に小説投稿してます SFかSF要素の強いファンタジーとかが多いです. ラミエルとも呼ばれ、「幻影の天使」、「雷の天使」と称される。 人が見るあらゆる幻影や夢は、彼がつくりだしたモノだという説がある。 幻影は時に、未来をも見せるという。 ラミエルの評価と使い道.