『今日は一日 三昧(ざんまい)』は、さまざまな音楽のジャンルから一種類のジャンルだけにスポットを当てて、一日たっぷり堪能してもらう番組です。曲のリクエスト待っています!

vol.

!アワーラブバンケット!annex 第26回(ゲスト:菅沼久義さん) リスナーの皆さん、こんバンケット!

福岡のFMラジオ局 LOVE FM。周波数76.1MHz。九州北部広範囲をカバーする10ヶ国語の多言語放送局。, 【music × serendipity内オンエア企画】ONE OK ROCKのトートバックプレゼントに応募しよう!. 『モンベル五ケ山ベースキャンプ』で手ぶらキャンプ体験!自然アクティビティ満喫ツアー旅のポイントアウトドアブランド『mont・bell(モンベル)』が全国初として手がけた、大人... 【LOVEFM×YouTube同時放送!】家アゲ花火project 放送決定!今年は新型コロナの影響で花火大会は延期や中止が続き色んな楽しみがなくなった夏でした。そんな中、ち... 2011年から始まった、エヴァ脱出コラボの最新作にして最高峰。今大注目の体験型エンターテイメント「リアル脱出ゲーム」。今回のコラボレーションは、日本のみならず世界的に熱狂的な... (C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会進撃の巨人展FINALver.福岡圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いた諫⼭創原作のダークファンタジーバ... 海のごみの約7割は、私たちが暮らす陸から発生し、川などを通じて流れ込んでくるといわれています。世界的な問題となっている“海洋ごみ“について知り、その多くを占める”プラスチック... 【リスナー様ご招待】アクロス・ランチタイムコンサート vol.84《新・福岡古楽音楽祭2020》バッハの鼓動「ヴァイオリン協奏曲」.

10年前、どこにいた? 『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、KADOKAWA(アスキー・メディアワークスブランド)、ランティス(現・バンダイナムコアーツ)、サンライズの3社によるプロジェクト「ラブライブ!シリーズ」の第1作。, 音ノ木坂学院を舞台に活動するスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」を主人公としたシリーズ第1作であり、シリーズの人気を確立した作品である。, サンライズから『電撃G's magazine』編集部に美少女系企画の共同制作の提案があり、『G's』サイドから提案した3パターンのうち、サンライズも以前から検討していた「アイドルもの」が採択された後、音楽要素が必要ということから、『G's』が過去に手掛けた『シスター・プリンセス』にも関わったランティスの参画が決まった[1]。, 2010年6月から『G's』誌上で連載が開始され、同年8月にμ’s(当時は「ラブライブ!」名義)のファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」を発売。その最高位はオリコンランキング167位であった[2]。, 2011年に鴇田アルミ作画の漫画が『G's』誌上で連載開始となり、翌2012年にはμ’sの声優陣によるファーストライブが開催された。こういったワンマンライブやリリースイベントなど担当声優による精力的な活動を通じて、CDもリリース毎に売上を伸ばしていった[注 1]。, 2013年には設定を一新したテレビアニメを放送、翌2014年にテレビアニメ第2期を放送、翌2015年に完結編となる劇場版が公開された。テレビアニメ化後は女性ファンも増え[3]、2015年初冬の5thワンマンライブではさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードで2日間に渡って開催して延べ7万人以上の観客を動員するに至った[4][5]他、第66回NHK紅白歌合戦に出場を果たすなど社会的な認知も上がっていった。公野櫻子による小説シリーズ「School idol diary」が刊行されたのもこの時期である。また、『G's』2015年12月号を持って、それまで最長であった『マリッジロワイヤル』を抜き、『G's』で最も長く連載している読者参加企画となった。, 2015年末のファイナルシングル「MOMENT RING」発売、「最後のワンマンライブ」と発表された2016年4月のワンマンライブ開催以降も、『G's』誌上の連載や『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』シリーズの展開、出演声優陣の各種イベント出演など、作品・キャラクター・声優の活動は現在も継続中である。, 前述のとおり、男性読者の多いアニメ・ゲーム雑誌である『G's』の美少女系企画として始まった本作であるが、ほぼ女性キャラクターのみが登場する作品としては女性ファンの比率が高い印象があり、その理由として、アイドル活動を通してぶつかる様々な壁を努力によって乗り越えて絆を深めていく、いわゆる「スポ根」的な青春ドラマの要素が本作にはあり、男女を問わず共感して応援できるコンテンツとして受け入れられたのではないかという点が指摘されている[6][7]。, 本シリーズの作品は実在の地域を舞台にすることが多く、本作でもμ’sが通う音ノ木坂学院が東京都の神保町近辺にあると設定されていることから、周辺の店舗や名所でのコラボレーションが盛んに行なわれた(詳しくは#コラボレーションを参照)。また、主人公・穂乃果の実家のモデルとなった竹むらなど、コラボレーションは行われていないが、実在の店舗や名所がモデルとなったり劇中に登場したりすることもあり、取り分けテレビアニメに登場した際は、エンドクレジットで確かめることができる。, また、「Loveca(ラブカ)」または「Loveca+(ラブカプラス)」というポイント制度が行なわれていたのも、シリーズ中で本作品のみである。このポイントは、商品に封入されるなどされたトレーディングカードに付属しており、集めることで希少な景品と交換できるものであった。カード自体も、『G's』の読者投稿コーナーで採用されなければ獲得できないもの、複数の種類からランダムで封入されたものなどがあり、蒐集品の側面を持っていた。, 東京都千代田区にある、ごく普通の女子高校の「音ノ木坂学院(おとのきざかがくいん)」。地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統あるこの学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。そんな中、9人の生徒が立ち上がる。彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。今、少女たちと、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが始まった。, 主に基礎設定、複数のメディアで共通する設定を記述する。各メディア固有の設定は別途記述する。特記ない限り、付記された声優はテレビアニメにおける担当を指し、また声優の付記がないキャラクターは、アニメ・ボイスドラマ等、音声を伴う媒体での台詞が一切ない。一部のサブキャラクターは、演出により顔の一部が描写されない。, 読みは「こくりつおとのきざかがくいん」。漫画での通称は「音ノ木(オトノキ)」、アニメでは専ら「音ノ木坂学院」と呼ばれる。高坂穂乃果などが通う、秋葉原、神田、神保町という3つの街のはざまにある伝統校[8]。女子校であり、現在入学希望者は少なく廃校の検討が発表されている。, 『G's』では、明治期から始まり、創立115年を数える名門校として、地域ナンバーワンを誇っていた。制服はテレビアニメが始まるまで統一されておらず、冬服の青のブレザーのみが共通しており、ネクタイやスカート、夏服のワイシャツ等はキャラクターによって色や形が異なっていた。テレビアニメ開始以降は、テレビアニメに準じている。, テレビアニメでは、1年生は1クラス、2年生は2クラス、3年生は3クラスとなっている。ネクタイの色は学年ごとに固定されており、1年生は水色、2年生は赤色、3年生は緑色。部活は同好会でも設立には最低5人必要だが、その後は5人以下になってもいい。学園祭での講堂の使用はガラポンくじで決めるのが昔から伝統となっている。学校教育法上では国立学校として分類される名称だが、本作では学校法人が設立・運営する私立学校に近い性格を持った学校として描写されている。第1期にて廃校は撤回された。, 漫画では、序盤の冬服は『G's』の初期版に準じているが、夏服はテレビアニメに準じた統一パターン(色はモノクロのため不明)となっている。部活動の新規申請の要件として、最低人数が9人となっている。, 音ノ木坂学院を入学希望者の減少による廃校から救うため、学校の宣伝を目的として結成されたスクールアイドルグループ。グループ名の読み「ミューズ」はムーサに由来する[9]。またグループ内で3人ずつのミニユニットに分かれての活動もしているが、言及されるのはCD収録のボイスドラマのみで、テレビアニメ、漫画、小説でのミニユニット活動の描写はない。(活動の詳細は#ストーリーを参照)。, テレビアニメではアイドル研究部に所属し、穂乃果・ことり・海未の3人が揃った時点で「μ’s」を名乗り、ファーストライブを開催した。第1回「ラブライブ!」では開催前に棄権、第2回「ラブライブ!」では優勝を果たし、絵里・希・にこの卒業を機に、解散した。続編となるテレビアニメ版『ラブライブ!サンシャイン!

このタイミングで耳にすることが増えたんじゃないかな、と... 今日はこれまで、LOVE CONNECTION FRIDAYの中でお届けしてきた英語のフレーズで印象的だったものを振り返ります。 長らく応援している福島県相馬市への気持ちのリレー、みなさんに沢山つないでいただき... アーティストがプレイリストをお届けする【LISTEN!

力なり、やん! × TOKYO FM LOVE CONNECTION"(10月23日、東京ミッドタウンキャノピー・スクエア), marunouchi oazo Special Talk & Live Events "LOVE sings CHRISTMAS LIVE"(12月4日、, 「中之島にぎわいの森づくり」×DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2010 〜LOVE CENTRAL〜(12月5日、大阪中之島・, WINTER FANTASIA 2010 〜 DCTgarden "THE LIVE!!!

男女の秘密の関係を描いた安全地帯「碧い瞳のエリス」、事実が関わってるってホント!? ANNEX 通巻570号)、エムオン・エンタテインメント、pp.176 - 177。, 『ラブライブ! μ's →NEXT LoveLive!

「You can walk the sky if you go ... 「継続は努力なり」

Days』)』Vol.1(2019年7月1日発行)より連載開始。作画:たかみ裕紀。『電撃G's magazine』2016年7月号より連載された「Special Edition」(未単行本化)を原作としている。, 本作品のアニメは、μ'sのCDに同梱されるDVD・BDに収録されたPVと、2013年から始まったテレビアニメの2つに大別される。製作はどちらもサンライズ。, CDに付属するDVDに収録されたPVは、2D作画と3DCGの合成アニメーションとなっている。5 - 6分程度の短いアニメに通常の30分作品以上の予算と手間がかけられており、2Dと3Dを高いレベルで融合させた高品質なものに仕上がっている[49]。また、このPVでキャラクターたちが披露するダンスをライブイベントのステージ上で担当声優たち自身が実演し、楽曲ごとに異なる各キャラクターのポジションやフォーメーションをも含め、ほぼ完全に再現する点が見どころになっている。生身では困難とも思えるアニメ劇中の動きを実現させるため、演者たちには一般的なライブ以上に密度の濃い特訓が課せられることもあるという[50]。, μ'sを主人公にしたテレビアニメ『ラブライブ!』は、第1期が2013年1月から3月までTOKYO MX・読売テレビ・テレビ愛知・BS11にて全13話[51][52]、第2期が2014年4月から6月まで全13話で放映された。続編として2015年6月13日に映画『ラブライブ!The School Idol Movie』が公開された。, 『ラブライブ! School idol diary』は、μ'sメンバー自身が書いた活動日誌という体裁の掌編集。各章の末尾には、日誌を書いたメンバー以外のメンバーから寄せられたコメントが添えられている。付録として、表紙イラストを利用した「Loveca+」が添えられている。また、いずれも漫画化されている(#漫画)を参照。, 第13作『春色バレンタイン☆』は2015年2月28日に発売予定であったが、数回の発売延期を経て2015年7月以降は発売日未定となり[54]、『G's』2018年12月号から連載形式で発表され、2019年5月30日に単行本が発売された[55]。, また、μ'sがファイナルライブを行った直後に発売された『G's』2016年6月号掲載の予告を経て、翌2016年7月号から2017年9月号まで「Special Edition」(略称「Sid SE」)が連載された。こちらは2019年現在、未単行本化。, 公野櫻子(著)室田雄平、音乃夏、清瀬赤目(イラスト)、KADOKAWA アスキー・メディアワークス, 公野櫻子(著)室田雄平、柴崎しょうじ、清瀬赤目(イラスト)、KADOKAWA アスキー・メディアワークス, 号数は『電撃G's magazine』のもの。μ’sを演じる声優は名字のみで表記する。.

2010 "WOW FES!

例えば、7月3日。「通天閣の日」にご紹介したのがこんなフレーズ。 !アワーラブバンケット!annex 第26回(ゲスト:菅沼久義さん) リスナーの皆さん、こんバンケット!

!~, Aqours 2nd LoveLive!

「♪私マジマジマジマジ君好き〜」

2020/3/30 【annex】&cast!! ○○ちゃん♥ - μ'sメンバーにプライベートな質問をする。担当メンバーは各回で交代する。2013年3月号より開始。, 輝け! 『ラブライブ!』コラボも! 神田明神の縁起物フィギュアに、ラブライバーがコミケ翌日の朝から結集!!

マイナビニュース, ローソンで劇場版「ラブライブ!」キャンペーン ローソン制服の海未フィギュアがかわいい! - ねとらぼ, CLUB AT-X 「ラブライブ!」特集[2010.11.19] AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル, http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=3836, JUNO、CODE-Vらが出演した「For Smile韓日友好チャリティーコンサート2012」開催! | RanRanEntertainment ランランエンタメ!, ニュース|ラブライブ!Official Web Site|Daily Archives: 2013年1月13日, 新田恵海、久保ユリカ、楠田亜衣奈が登壇!「ラブライブ!」第13話上映&フィルムライブが開催! - 声優ニュース|こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト, ニュース|ラブライブ!Official Web Site|Daily Archives: 2013年11月8日, ニュース|ラブライブ!Official Web Site|Daily Archives: 2013年12月2日, ニュース|ラブライブ!Official Web Site|Daily Archives: 2013年12月15日, ニュース|ラブライブ!Official Web Site|Daily Archives: 2014年3月14日, μ’sが日本ゴールドディスク大賞特別賞、アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーをW受賞, PS Vita用ゲームソフト「ラブライブ!School idol paradise」公式サイト, ラブライ部 ラジオ課外活動 〜にこりんぱな〜 - ラブライ部 μ's広報部 〜にこりんぱな〜, Believe again/Brightest Melody/Over The Next Rainbow, Aqours First LoveLive! 2014 〜ENDLESS PARADE〜 パンフレット』p.43, 『リスアニ!』2013 Jul.

片平里菜さんの「ふるさとを想うプレイリスト」 HAPPY PARTY TRAIN TOUR, Aqours 3rd LoveLive! ♫ Hailee Steinfeld「Love Myself 」 【館内のポスターやBGMもジャック】「アトレ秋葉原×ラブライブ!~私たちと一緒にお祭りしよっ! SUNSHINE!!

!』では、構成は不明だが3人から活動を開始し、第1回「ラブライブ!」で優勝した。, 『スクスタ』では物語開始時点で既にμ’sとして9人で活動を始めてからしばらく経っており、「ラブライブ!」出場ではなく、もっぱら「スクールアイドルフェスティバル」開催を目的に活動している。音ノ木坂学院の廃校問題には言及されていない。, 『電撃G's magazine』2010年11月号でユニット名公募企画が行なわれるまで、作品タイトルの「ラブライブ!」をユニット名として、誌面やCDで使用していた。また、登場人物を演じる声優陣が、本作品の出演者としてライブイベントなどにゲスト出演する際は「μ's from ラブライブ!」というユニット名を名乗ることもある。, 各メンバーの血液型、身長、スリーサイズ、誕生日、イメージカラー、点呼番号、各メディアでの加入順は「μ's#μ'sメンバー基本データ一覧」を参照。, 上記のほか、数学担当の男性教師・猪木、地理担当の男性教師・北村、還暦をすぎた英語担当の男性教員・ピーターソン(以上、小説)、数学担当の男性教師・安田、古文担当の女性教師・丘野、音楽担当の女性教師・酒井(以上、漫画)が、登場人物によって言及されている。, 秋葉原に在する、周辺地域で一番人気のエスカレーター式の高校。現在も生徒をたくさん集めている。その校舎は秋葉原UDXビルをモデルにしている[26]。漫画版では「-学園」、テレビアニメ版では「-学院[注 7]」と校名が異なり、また漫画版では共学[27]、テレビアニメ版では女子校と異なっている。, 漫画、テレビアニメに登場。UTX学院の3人組の看板アイドルグループ。本作のライバルグループで、μ'sの強力なライバルとして登場する。, 漫画ではUTX生徒会長の策略で、「ラブライブ!」出場権を賭けてμ'sと戦うことになる。μ'sと直接面識はないため、対決自体の意味が見出せないことに悩みつつも、トップスクールアイドルとして全力を尽くそうとする。, テレビアニメでは、第2期においてμ'sと接触。μ'sを評価しており、良きライバルとして戦い、また時折助言もする。劇場版では卒業後にプロデビューすることが決定するとともに、μ'sが主催するイベントに積極的に協力する。, 本作品では、『電撃G's magazine』の読者や本作品のファンの投稿や投票によって展開を左右したり、クイズ形式の企画が行なわれた。本節では代表的な企画を紹介する。, 本作品に登場するスクールアイドルグループのうち、ヒロイン全員による「μ's(ミューズ)」、3人ずつで構成されるミニユニット「Printemps(プランタン)」「BiBi(ビビ)」「lily white(リリー・ホワイト)」のユニット名は、いずれもユーザーからの公募で決定されている他、ミニユニットのメンバー構成は、高坂穂乃果、絢瀬絵里、園田海未をリーダーに据えた3人構成という条件のもと、製作側が提示した5つの構成案から、ユーザーによる投票で最多得票のものが選ばれている(下表参照)。それぞれのユニットのメンバー構成や発表楽曲は、「μ's#作品」や「ラブライブ!のディスコグラフィ」を参照。, この他、本作品に登場する日本全国のスクールアイドルのグループ名も募集され、G's編集部による選考の元、採用された。一部は実際にテレビアニメ等で使用された。, 『電撃G's magazine』2011年7月号から2014年5月号まで連載。『G's』誌上における、本作品のファンページ。東條希、西木野真姫、絢瀬絵里が担当する。ユーザーから投稿された文字ネタやイラストを掲載する。各投稿内容には、上記の3人以外のμ'sメンバーのコメントも寄せられる。Vol.10(2012年5月号)からはカラーページだけでなくモノクロページでも展開されるようになった。主要コーナーは以下の通り。, 『電撃G's magazine』2014年7月号から2017年8月号まで連載。『のぞまきえり』に代わる、新しいファンページ。主要コーナーは以下の通り。, 『電撃G's magazine』2014年7月号にて実施。μ'sメンバー9人と、12のテーマの組み合わせで投票を行い、結果に基づいて新作エピソードを製作する。2017年現在、結果発表等は行われていない。, 『電撃G's magazine』2014年7月号にて実施。公式イラストレーターの一人・清瀬赤目によるイラストを用いたグッズ案を公募。グッズは本誌や姉妹誌の付録、プライズ景品などとして販売された。結果発表スケジュールは#歴史参照。, 『電撃G's magazine』2014年8月号から2015年8月号まで連載開始。作詞や衣装などの段階でファンの意見を取り入れ、1曲の楽曲を製作する。同時に、毎月楽曲製作についてのμ'sメンバーによる一人称視点のイラストノベルを連載した。製作された楽曲は「ミはμ'sicのミ」。製作の流れは#歴史参照。, 『電撃G's magazine』2015年9月号から2016年6月号まで連載。ノベルと連動したクイズ企画で、完全正答するとノベル冒頭の見開きイラストを使用したグッズを景品として貰えた。, ここでは、ユーザー投票によって決定したダンスフォーメーションでのポジションやイメージガール、投票によらないポジションやユニット構成等を記載する。, 「あなたと行きたい♪ 旅ガール決定戦」については全世界で投票されたため、各言語版別の1位も掲載する。, 『電撃G's magazine』2011年12月号のプレ連載を経て、2012年1月号から2014年5月号まで掲載。以降は『電撃G'sコミック』に移籍して連載していたが、Vol.10(2015年3月号)での掲載を最後に編集部都合による休載が続き、その後『電撃G's magazine』に再移籍して2016年3月号より連載を再開。その後、2017年11月号を最後に長期休載となっている。, 国立音ノ木坂学院を閉校の危機から救うため、高坂穂乃果は剣道部の活動に打ち込んでいた。しかし大会で優勝しても、状況が好転するほど大きな話題にはならなかった。失意の穂乃果は秋葉原を訪れ、音ノ木の生徒数減少の一因である最新校・UTX学園を目にする。同校の擁する校内アイドル「A-RISE」に魅了された彼女は、音ノ木の知名度を上げるため、剣道部を辞めて自分もアイドルになると言い出す。幼なじみの南ことり、後輩の星空凛と彼女に引っ張られてきた小泉花陽がすぐに賛同した。同じ剣道部だった園田海未は穂乃果の変心を責めたが、彼女が真剣であることを見て取ると、自らも仲間に加わる。しかし彼女たちにとっての最後のチャンスというべき、全国アイドルクラブコンテスト「ラブライブ!」に参加するためには、9人の部員と顧問をそろえて正式な部活を発足させねばならなかった。(第1巻), 超常現象研究会の会員を集められなかった東條希が顧問つきで合流し、「ラブライブ!」の優勝者に与えられるUTX学園の無試験編入枠を狙う西木野真姫と矢澤にこが加わったことで、必要な人数はあと1人になった。一同は絢瀬絵里に期待をかけるが、彼女は生徒会長職の多忙を理由に誘いを断る。(第2巻), 「ラブライブ!」へのエントリー申請を済ませ、楽曲や衣装制作に取り組むμ's。そんな中、近隣校の生徒会による合同会議で音ノ木坂をバカにされた絵里は、学校を救うための行動をしなくていいのかと自問し始める。そしてμ'sの活動を見て思い直した絵里はμ'sへの加入を決意。8人もそれを受け入れ、9人となったμ'sはかねてより準備していたデビュー曲「僕らのLIVE 君とのLIFE」のPVを「ラブライブ!」公式サイトにアップロードする。期待と不安に胸を膨らませるメンバーだが、アップロードの翌日に待っていたのは、メンバー以外の誰もPVに投票していないという非情な現実だった。(第3巻), UTX学園を訪れた絵里と希は、PVを見たUTX学園の生徒会長から、μ’sとA-RISEとの勝負を持ち掛けられる。負けた方は「ラブライブ!」出場を辞退するという条件に、当初は乗り気でなかった絵里だが、A-RISEを利用してμ’sの知名度を上げられるというにこの説得で、勝負を受けることに。A-RISEの実力を知るにこは、搦め手の勝負方法を提案するが、絵里と穂乃果の考案で「匿名での新曲発表による動画再生数勝負」「学校宣伝パンフレットによる知名度上昇度勝負」「音ノ木坂・UTXの生徒を50名ずつ招いてのステージバトル」の三本勝負を行うこととなる。その勝負のための新曲を任された真姫だが、知らず知らずにプレッシャーを受け、スランプ状態に陥ってしまう。(第4巻), 何とかスランプを抜けた真姫が曲を完成させ、作業は作詞担当の海未にバトンタッチされる。果たして匿名で公開された両グループの新曲は、片方がA-RISEではないかというファンの憶測に牽引される形で、μ'sの曲も話題になる。しかし、匿名曲の片方がA-RISEだというネットニュースのせいで、勝負はA-RISEに軍配が上がる。だが、にこが密かに作っていたμ'sの紹介動画をアップロードすることで、新曲に興味を持った視聴者にアピールするという手を打ったμ'sは、次のパンフレット配布勝負に取り掛かる。元々有名なUTXに比べ、無名の音ノ木は「パンフレットによる知名度アップ」という点では有利と踏んだμ'sだったが…。(第5巻), 後述の同名小説シリーズを原作とした漫画化作品。ただし、性格やビジュアル、口調などがテレビアニメに準じている部分もある。, 『電撃G'sコミック』Vol.1より連載中。作画:おだまさる。小説第1期(穂乃果編から絵里編)を原作としている。, 『電撃G'sコミック』2016年4月号より連載開始。作画:柴崎しょうじ。小説第2期(『μ’sの夏休み』以降)を原作としている。, 『ラブライブ!総合マガジン(Vol.3以降は『LoveLive! 今日はこの10年は災害の10年でもありました、 Tour ~WONDERFUL STORIES~, Aqours 4th LoveLive! スクールアイドルフェスティバル - ラブライブ! アーティストがプレイリストをお届けする【LISTEN! みなさんのこの10年で一番頑張ったことメールを読みながら聞いていたら、力が湧きました。 "(11月-12月、全国6都市9公演。DREAMS COME TRUEと共演), SWEET GREEN GIRL'S LIVE 〜 SWEET COLLECTION 〜(3月27日、札幌KRAPS HALL), RED RIBBON LIVE 2009 Spring 〜HIV検査に行こう!〜(5月31日、, 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009(7月15日、逗子海岸特設ライブハウスOTODAMA SEA STUDIO), Thanksgiving to Mother Earth 森への恩返しコンサート(10月11日、, WINTER FANTASIA 2009 〜 DCTgarden "THE LIVE!!!