日本人は古くから鳥や四季に親しみを持って詩歌を作ってきました。春と梅をセットにしたウグイスは万葉集で多く詠まれています。また、「鳴かぬなら〜」で始まる句は、鳴かないホトトギスをどう扱うかで信長・秀吉・家康の3人の性格を表した俳句として有名ですね。, ウグイスは、スズメと同じくらいの大きさで、暗い緑茶色をした鳥です。生物分類学上では、スズメ目ウグイス科に属します。, 英語では “bush warbler” と言います。茂みにいるムシクイという意味です。その名の通り、普段はやぶの中に隠れていてあまり姿を現しません。, ウグイスは日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう)の一つとしても有名な春を告げる鳥です。オスは「ホーホケキョ」というさえずりが特徴的です。早春になるとオスは、メスに求愛するためにいかに上手くさえずるか練習します。中には「ホーホケ」で止まってしまうような個体もいます。, ウグイスは漢字では「鶯」と書きます。「うぐいす色」とは、ウグイスの体色のような茶色がかった緑色のことです。しかし、ウグイスと同様に春先に現れるメジロの鮮やかな黄緑色と混同されることがあります。メジロは目の周りが白いのが特徴的なウグイスとは異なる鳥です。, ホトトギスは、ハトより小さく、青みがかった頭と背中に黒褐色(こっかっしょく)の翼と長い尾羽(おばね)を持ち、お腹に黒い横斑(おうはん)がある鳥です。生物分類学上では、カッコウ目カッコウ科に属します。カッコウに非常に見た目が似ていますが、カッコウはホトトギスよりも大きいです。, 英語では “lesser cuckoo” と言います。 “lesser” は「小型の」という意味です。レッサーパンダのレッサーも同じ英語から来ています。, ホトトギスは、5月中旬頃、九州より北の日本へ飛んできて繁殖します。夏を告げる代表的な鳥です。オスは「キョッキョッ キョキョキョキョ」という特徴的なリズムでさえずります。これを「テッペンカケタカ」「特許許可局(とっきょきょかきょく)」という風に聞きなされることもあります。, 他にも、ホトトギスは鳥では珍しく夜にも鳴きます。その年に初めて聞くホトトギスの鳴き声を忍び音(しのびね)といいます。ホトトギスがひそひそと声をひそめて鳴く様子が、平安時代から詩歌に詠まれ(よまれ)てきました。, ホトトギスは漢字の異名がたくさんあります。一般的には「時鳥」と書きます。「霍公鳥」「杜宇」「蜀魂」「不如帰」「子規」「田鵑」などと書くこともあります。, [出典:https://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2017042600058.html?page=1], ホトトギスは主にウグイスの巣に自分の卵を産み付けます。仮親(かりおや)のウグイスは自分の子供と間違えてホトトギスのヒナを育てます。, ホトトギスは体温調節が苦手で、自分で卵を温めることができません。そこで、卵の色が似ているウグイスの巣に、自分の卵を産み付けて、元々あったウグイスの卵を1つ捨て総数を合わせます。卵の大きさは同じくらいのため、ウグイスは見分けがつきません。, ウグイスの卵より先に産まれたホトトギスのヒナは、巣にある他の卵を捨て巣を独り占めします。ヒナが自分の体より大きくなっても、中が真っ赤な大きな口を開けると、仮親のウグイスは本能的にエサを与えずにはいられないのです。, 鳴き声が特徴なウグイスとホトトギスですが、見た目や生態は大きく異なるということがおわかりいただけたでしょうか。これからはどっちがどっちかすぐイメージできるようにしたいですね。, ホトトギスは、ハトより小さく、青みがかった頭と背中に黒褐色(こっかっしょく)の翼と長い尾羽(おばね)を持ち、お腹に黒い横斑(おうはん)がある鳥, [出典:https://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2017042600058.html?page=1.

ホトトギスは、托卵する習性もカッコウと同じ。 ウグイスの巣に卵を産み、ヒナを育ててもらいます。 そのためホトトギスは、うぐいすが生息している場所に渡来してくるので、ホトトギスとうぐいすの鳴き声は一緒に聞こえてくることも多いんです。 ではどうしてホトトギスの鳴き声だけが夜中に聞こえるのか?その理由が気になりますよね。, ホトトギスが夜中に泣く理由とは?意外に知らないホトトギスの生態は?などホトトギスについてご紹介いたします。, また鳴き声がうるさくて眠れないという方の為に、グッスリと眠れる方法についても調べてみました。, 今の日本ですと夜は家族でテレビを見ていたりするので外の音というのはほとんど聞こえませんし気にもなりませんが、確かにキャンプなどへ出かけると夜に鳥の鳴き声が聞こえる事がありました。あれはホトトギスだったのかもしれませんね。, 大昔のテレビもないような時代の日本人もきっとホトトギスの鳴き声をよく聞いていたのでしょう。, ホトトギスは夜中鳴き続けるわけではなく夜中の3時ころから日の出までの間によく鳴くと言われています。, 時々「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ」と言った声を出しますが、これがホトトギスが普段出す鳴き声でメスはこの鳴き方しかしません。, 繁殖の季節になると特に夜に鳴き声が聞こえる事が増えてくると思います。ホトトギスだけでなくウグイスの声も聞こえる事があるでしょう。ホトトギスは体も鳩くらいの大きさがありますから小鳥に比べると鳴き声も大きく、よく響くのかもしれませんね。 大槻文彦編『大言海』ホトトギス【不如帰】(名)霍公・郭公・時鳥〔郭公の字を用ゐれど、こは、かっこうどりなり、啼く聲を名とす、歌に「己が名を名のる」と詠める多し〕(一){攀禽類の鳥の名。山中の樹に棲み、夏の初より、晝夜を分かず啼きて、秋に至りて止む。

鳴き声が特徴なウグイスとホトトギスですが、見た目や生態は大きく異なるということがおわかりいただけたでしょうか。これからはどっちがどっちかすぐイメージできるようにしたいですね。 普段は心地よい鳥の声も夜中にうるさく聞こえるのは眠りも妨げられますし、あまり激しいと悩みの種にもなってしまうでしょう。, 鳥が元気に鳴き声を上げるのは主にオスの方でメスはおとなしいです。オスはパートナーを探し気を惹きつけるためにアピールして鳴きます。, そうしてパートナーを見つける事が出来れば鳴き声もおさまりますが、見つからない時にはパートナーを求めて昼夜関係なく鳴き続ける事でしょう。, 夜に聞こえる鳴き声を聞くとわかる通り必至に呼んでいる様に鳴いていますよね。広い自然界でパートナーを見つけ繁殖し、子孫を残すことは簡単な事ではないのです。, ホトトギスの繁殖の時期は春から夏の短い期間ですので、ホトトギスも必死に鳴きます。そのため、この時期の夜鳴きの激しさに慣れていない人は驚くでしょう。, 自然界では5月に巣立ったヒナは6月には自立する時期を迎えるなど成長も早く体も大人とさほど変わりのない姿へとなります。, ホトトギスは全長28センチほどで鳩くらいの大きさの鳥で、見た目はカッコウに似ている渡り鳥です。, 春になると東南アジアから日本へ繁殖のために毎年同じ場所へ飛来し林の周辺の藪や草原を好み暮らしています。, そして卵を産み無事に繁殖を終え、秋になるとまた温かい地域へと渡り冬を過ごすのです。, 日本国内では九州から北の地域で繁殖し、北海道では南の一部の地域でしか見る事が出来ないそう。, 渡り鳥は小さな体でも本能だけで数千キロを飛び続け海を越えてくるのですからものすごいスタミナを持っていますし、本当に神秘的な生き物ですよね。, ホトトギスは自分で産んだ卵を他の鳥に温め孵化させてもらう「托卵」という習性を持つ鳥です。, 主にウグイスなどが卵を育て、ホトトギスは卵を産み付けたら飛び去って行ってしまうのです。, ウグイスなどの代理で子育てをしてくれる鳥は、他の鳥の卵と知って温めているわけではありません。, 托卵しようとしている時には威嚇もしますし自分の卵ではないと気づいた時はそれを排除しようともします。ウグイスの卵とホトトギスの卵は確かに一見そっくりです。, 色は同じような茶色ですが若干ホトトギスの方が濃い茶色ですし、大きさも少し大きくウグイスの卵よりも丸みを帯びて少し大きい卵になっています。確かに紛れ込んでしまうと見分けがつかないかもしれませんがそれでも敏感な親鳥は気づくこともあるのです。, 孵化する事が成功しウグイスなどの他の鳥に育てられたホトトギスは巣から旅立ち、また大人になった時に同じように托卵をして繁殖していく不思議な習性を持っています。, 最初は耳を塞いで寝るのが嫌だと感じる人もいるでしょうが、慣れればすごく快適に寝る事ができますよ。, ある程度大きな音は聞こえる事もありますが、鳥の鳴き声くらいですと気にならずに熟睡する事ができます。, キャンプに行く時も耳栓は活躍してくれます。キャンプに行くと、普段は聞くことのないような自然界の音がたくさん聞こえてきます。, 昼間は気にもならないですが、さすがに眠る時は静かな環境じゃないと眠りにつけないのではないでしょうか。, 自然界では夜も音がなり響いています。例えば鹿の甲高い鳴き声やカエル、朝方になると早朝から小鳥がさえずり始め、なかなかうるさく感じるのがカラスの声です。, 未来を作る人を応援するWEBマガジン「シルコト」では「知識でより良い未来を作り出す」をテーマに生活に役立つコンテンツを配信しています!知っているだけで全く違う結果が得られる「知ること」の力を是非体験してください!. 百人一首や万葉集などでもよく名前が出るホトトギスは、カッコウ目カッコウ科に分類される鳥類の一種です。 新緑の季節が過ぎて森に青葉が広がる頃になると、鳴き声を聞くことも増えてきますよ。この記事では、ホトトギスの生態や分布、鳴き声についてまとめました。

百人一首や万葉集などでもよく名前が出るホトトギスは、カッコウ目カッコウ科に分類される鳥類の一種です。, 新緑の季節が過ぎて森に青葉が広がる頃になると、鳴き声を聞くことも増えてきますよ。この記事では、ホトトギスの生態や分布、鳴き声についてまとめました。, ホトトギスは全長28cm前後、羽を広げた状態(翼開長)は約46cmほどです。ヒヨドリより少し大きく、ハトよりやや小さい大きさです。, 「青灰色の頭部と背中」「黒褐色の翼と尾羽」「腹にある黒い横斑」「黄色いアイリング」が特徴的ですね。, オスとメスはほぼ同色です。頭部から背中は青灰色で、翼から尾は灰色がかった黒褐色をしています。胸以下の下面は白く、お腹には7~9本の細い黒褐色の横斑がありますよ。, ホトトギスは肉食性です。「ガの幼虫」や「昆虫」を主食としていますが、特に「毛虫」を好みますよ。, 毛虫を好む理由としては、とても食べにくい毛虫を食べることで他の鳥たちとエサの奪い合いを回避していると考えられています。, 托卵とは、他の鳥の巣に卵を産み抱卵や育雛をその巣の主に任せてしまう習性のことをいいます。, ホトトギスは主にウグイスの巣に托卵しますが、他にもミソサザイ、クロツグミ、アオジ、ベニマシコ、センダイムシクイにも托卵しますよ。, 托卵するときは巣から1卵くわえとり、ウグイスの卵によく似たチョコレート色の卵を1つ生みます。抜き取った卵は産卵中もくわえたままでいることが多いですが、最終的には食べてしまいますよ。, ホトトギスに托卵されることが多いウグイスですが、ウグイスも黙って托卵されているわけではないですよ。, ホトトギスに対して激しく威嚇、托卵されたと気づけば卵を取り除いたり巣を放棄するなど対抗措置を行います。, 実際は本人たちが詠んだ句ではなく『詠み人知らず』として後世に残ったものですが、武将それぞれの性格を端的に表しており面白いですよね。, ホトトギスは、インドから中国南部・マダガスカル・アフリカ東部まで広く分布しています。, 夏鳥として5月ごろに日本に渡ってきて、北海道南部・本州・四国・九州・伊豆半島・沖縄で繁殖します。林の周辺にある藪のある場所、草原などに多く生息していますよ。, ホトトギスのオスは、「キョ、キョ、キョキョキョキョ」と4節目にアクセントがある鳴き方で鳴きます。夜明け前や日没後に鳴く場合が多いとされていますよ。, メスは、カッコウやツツドリよりも高くテンポの早い声で「ピピピピ」と鳴きます。メスはこの「ピピピピ」という鳴き声だけしか鳴きません。, 聞きなし(鳥の鳴き声を人の言葉に置き換えたもの)では「特許許可局」「本尊懸けたか(テッペンカケタカ)」と表現しますよ。, ホトトギスはカッコウやツツドリとの外見上の区別が難しいため、鳴き声が最大の識別ポイントとなっていますよ。, この記事で紹介した内容を参考にして、古来から様々な詩歌や万葉集に詠われてきたホトトギスを観察してみてくださいね。. 鳥が夜中に泣いているけど何の鳥?それはホトトギスの鳴き声かもしれません。 ではどうしてホトトギスの鳴き声だけが夜中に聞こえるのか?その理由が気になりますよね。 ホトトギスが夜中に泣く理由とは?意外に知らないホトトギスの生態は?などホトトギスについてご紹介いたします。