閉じる, 2回目の訪問です。今回はツアーではなかったので、ゆっくり買い物出来ました🎵 ...  ここには日本人スタッフがいます。(2015年7月現在) ・・・しかし、英語...  おすすめ度(5段階):★★★★★ フィレンツェ「レッチョ(Leccio)」に位置するアウトレット。フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅横のバス乗り場からバスで40〜50分ほどの位置にあります。 ■最大の見所であるグッチは… 最大の見所はグッチのアウトレットですが、建物の見た目ほど商 … S.M.N駅近くのバスターミナルからバスで訪問。チケットは車内でも買えます。 チーズもコナードの方が安かったです。

同行した母と友人はボッテガ・ヴェネタでそれぞれ財布を、COACHでバックを購入。かなり安く買えたみたいです。 今回のお目当てはモンクレールでしたが、気に入ったダウンはありませんでした。でもPRADAで掘り出し物のロングブーツをGET🎵100ユーロ。 閉じる.

すごく... 

続きを読むマーケットとは気づかず通り過ぎてしまいそうな店構えです。店内はそう広くはありませんが、野菜や果物、ハムやチーズ、ワインやビール、日用品、お菓子やお土産になりそうなものが一通り揃っています。

市場=安いと言う訳ではないようです。

「コナードより質が高いチーズのはず」と自分に言い聞かせましたが、ミラノの高級食材店ペックを覗いてみたら、そこで扱っているチーズと比べてもペックの方がやや安い感じでした。 せっかくなので中にも入りましたが、特に嫌な顔をされることなくみて回れました おかげさまで、言葉の壁を登らずに買い物できやした。, にもフィレンツェっていう皮製品がイッパイ! フィレンツェと聞いて思い浮かべるのはルネッサンスにダビデ像、何世紀にもわたって歴史的ドラマを繰り広げたメディチ家のスキャンダルなど。 現在のイタリアでかつて最も強い影響力を誇ったこの都市には、壮大な建築、他に類を見ない芸術的遺産、時を経ても変わることのない美しさがあります。 その歴史的意義に加えて、ファッショニスタにとっては、グッチ、サルバトーレ・フェラガモなど世界屈指のブランドの発祥の地でもあります。 フィレンツェでのショッピングは、それ自体が文化体験のようなもの。贅沢な買い物を後ろめたく感じる必要はありません。, 正確には地区ではありませんが、あえて別に紹介するだけの価値はある、フィレンツェの代表的なショッピング・スポット。 たいていの人が遠くからただ憧れるしかないような、自然なエレガンスさと近寄りがたさを醸し出しています。 通りには、かつてフィレンツェの有力な一族が暮らした大邸宅が点在し、現在では、エルメス、プラダなどの最高級ブランドが店を構えています。 「ティファニーで朝食を」のように着飾って、たとえウィンドウショッピングだけでも、真の上流社会に触れてみましょう。, 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, エレガントなレザーの手袋をお探しなら、ぜひマドヴァに行きましょう。 高品質で丈夫なのに柔らかい手袋は、いつの時代も活躍するスタイルで有名です。, プラダに行かずしてイタリアでショッピングを終えるべからず。 世界に誇る、このイタリアブランドのブティックには、洋服や靴、豪華なアクセサリーなどの高級アイテムが揃っています。, 家族経営のレザー専門店では、ジャケット、靴、ベルト、バッグなどのアクセサリーを販売しています。 地元の職人技が光る商品は、すべてイタリア製。 海外発送にも対応しています。, レザー製品を主に扱う屋外マーケットは、豚の像があることで有名。 鼻をなでると、この街に必ず戻って来ることができるという伝説があります。 ショッピングをする際は、遠慮しないで値切り交渉をしましょう。, このお店とワークショップの使命は、ルネッサンス時代から続く石のモザイクの伝統を維持すること。 職人が作業をしている様子を見た後は、石造りのアーチを眺めて、他にはない商品を購入しましょう。, ここには、同じ陶磁器は2つとしてありません。 すべては、アーティスト兼オーナーのマリア・ジョバンニ・チミノ氏の手によるもの。 ここで作られたほとんどの商品は、トスカーナの田園地方をイメージしています。, 地元の職人の手によりレザーや紙、木を使ったユニークな商品が所狭しと並ぶ専門店では、イタリアでも屈指の素敵なおみやげが手に入ります。 今なお伝統が息づく商品をお見逃しなく。, 手作りの木のおもちゃがずらりと並ぶ店内は、まるでゼペットおじいさんのお店のよう。 実物大のオートバイ、ベッドルームのインテリア、そしてもちろん、数え切れないほどのピノキオが置いてあります。, 大枚をはたかずにイタリアらしい買い物を楽しみたいなら、この市場に行きましょう。 欲しいものがなんでも見つかるうえ、いつでも割引価格です。, 自分へのご褒美に、質の高いハンドメイド・ジュエリーをこの家族経営店で探してみませんか。 ディスプレイされている商品がピンとこなかったら、カスタムメイドで自分好みのものをオーダーしましょう。, 「手紙を書く」という消えつつある伝統をこよなく愛する人のための専門店。 カードや羽根ペン、図案が施された文房具、手作りの日記帳などがここで見つかります。, レザーシューズが人気のショップですが、上質なアクセサリーやジャケットも販売しています。 デザインは上品でクラシックなものが多く、時代を問わずに活躍してくれるはず。, 100%イタリア製のハンドメイド・レザーシューズとバッグは、この家族経営店の自慢。 店内にディスプレイされたソールから選ぶことも、カスタムメイドでぴったりフィットする靴をオーダーすることもできます。, おそらくフィレンツェで最も美しい香水販売店でしょう。16世紀の建物をほとんどそのままの状態で利用しています。 繊細な飾りが施された建物の中に入ると、様々な種類の香水が見つかります。, フィレンツェ南部にあり、バスでアクセスできる高級アウトレットモール。 デザイナーズブランドの人気アイテムが割引価格で販売されているので、買い物をせずにはいられないでしょう。, 高級レザー製品を1945年からフィレンツェ内外で提供しているショップ。伝統を感じさせる商品はすべて、非常に厳格な商品基準を通過した、上質な素材で作られています。, アクアフロールはただの香水店ではありません。 香水や保湿クリーム、石けん、ローション、キャンドルなども販売していますが、 ラボのツアーや香水のワークショップがあるのは、このお店ならでは。, 上質な素材だけを使ったスカーフやネクタイを専門に扱う高級衣料品店。 シルク、ウール、カシミヤといった上質な素材が使われているため、手触りも抜群です。, サン・ロレンツォ・マーケットの中にあるレザーショップは、商品の品質と素晴らしいカスタマーサービスで際立っています。 ジャケットとハンドバックを除き、EU以外の人は免税の対象になるのもポイント。, 果物などの生鮮食品が並ぶマーケットは、小規模ながらもトスカーナの食材のフレッシュなおいしさを味わうのに最適なスポット。 食料品の他にも、お得なファッションや日用品が見つかり、人間観察もできます。, 表示されている地図にはピンがありません。 地図を移動させるか、検索条件を変更してお試しください。, 高評価の観光スポット、およびトリップアドバイザーで予約可能なツアーやアクティビティを掲載しているツアー催行会社。, 素晴らしい地元の食材をチェックして、おいしい熟成バルサミコyummoを試してみました, 上の階のあなたは、食品の店の本当に素晴らしい範囲を持っていますが(!) - - ...非常に楽しい散歩する完全な.

強くお勧めします。  中にはいると店員さんに指示され小さいクッションに腕を立てると店員さんがサッとサイズピッタリな手袋をはめてくれます。少々指の間が余るピッチリ、それは使い続けると伸びる幅のようです。もういっこ大きいサイズをはめてもらうと微妙に大きすぎでした。 でも、大丈夫。 フィレンツェにもしまた行く機会があればまた行って買いたいです。, 類がありました。他、ボディソープとか、乾燥ポルチーニ茸、パスタなど。ローマのスーパーで買うより安かったので、重かったですが、大量買い!見ているだけでワクワクするお店です, が苦手。 チーズもコナードの方が安かったです。 フィレンツェSMN駅からも、宿泊先のホテルからも徒歩5-6分のところにありました。...  強くお勧めします。, そんな薬局では、マドモアゼルたちがキャハキャハ騒ぐ。 以前来た時は8月だったので、アウトレットもバーゲン中でした。その時の方が、お得感はあったかもしれません。。。, 。また,4階から階段でその上にあがるとレストランがあります。天気の良い日はそこで共和国広場を見下しながらのランチも良いでしょう。, 席になりました。私はパスタではなくピザを食べました。美味しいし、大きかった。 の方が3倍くらい入っていました。〔パッケージもお洒落〕 お土産を探すのに便利なお店。, 大きいです、たしかにお城のようです ここは開店時間は7:30~20:30(20:00までしか入店できません)ですので、夜より朝がお勧めです。, ウッフィチーナ プロフーモ ファルマチェウティカ ディ サンタ マリア ノヴェッラ (サンタ マリア ノヴェッラ薬局). ということで、やってきましたグッチ本店。

薬局のハズなのに、薬ってあったっけ?!, せんが、色とりどりの品物が並べられていて見ているだけでも結構楽しいです。近くにはイノシシの像があり、観光客がみな鼻を触るのでその廻りが金ぴかに輝いています。, S.M.N駅近くのバスターミナルからバスで訪問。チケットは車内でも買えます。 中もすばらしいです, マーケットとは気づかず通り過ぎてしまいそうな店構えです。店内はそう広くはありませんが、野菜や果物、ハムやチーズ、ワインやビール、日用品、お菓子やお土産になりそうなものが一通り揃っています。 フィレンツェにもしまた行く機会があればまた行って買いたいです。  今回のお目当てはモンクレールでしたが、気に入ったダウンはありませんでした。でもPRADAで掘り出し物のロングブーツをGET🎵100ユーロ。

日本(表参道や銀座等)にも支店がありますが、

続きを読む せっかくなので中にも入りましたが、特に嫌な顔をされることなくみて回れました

ローラは私たちのワインの試飲会を主催し、ブドウ、土壌、そして気候の彼女の情熱と知識を共有しました... 次にそれはGreveの町でした、そこで我々は若干のワインの試飲をして、そして少しワイン試飲のためにユニークな肉屋店, を探していて、オーダーメイドになる完璧な作品を見つけました。それは家族経営の、本当の職人の, あなたが金を買おうとしているFirenzeにいるならば、古い橋の上の店から離れて、代わりにMassai, です、そしてそれは魅力的な所有者の専門家の助けを借りてこの小さなブティックでの喜びの, 当社は、2013年にダヴィデの店を訪問し、ダビデは、各クライアントに合わせてちょうどいいジャケットやコート, 私達は1月の終わりにフィレンツェにいました、そして私達は私達の友人Kathyによってドゥオーモ近くのこの素晴らしい陶磁器店のオーナーとアーティスト、Maria, オーナーとアーティスト、Maria Giovannaに紹介されたことは幸運でした。, 、ペストリー屋さんとジェラート屋さんを訪ねて店に戻り、赤ワインの試飲、オリーブオイル、トリュフオイルとペーストの試飲を終えました!, 買い物をしたいのであれば、Sant 'Ambrogio Mercatoをチェックしてください。, 外の一般的な大規模な果物や野菜の部分だけでなく、服のベンダー、バッグや「もの」がある一方、サンタンブロージョの内部では、チーズやサラミの肉屋, の本の中でそれらのリックスティーブの支持を読んで、我々が本当の取引を見つけたということを知った。, Duomo - Cattedrale di Santa Maria del Fiore周辺の観光スポット, Professional Photographer and Driver Private Florence Tour, Private Half-Day Shopping Tour at The Mall from Florence, Private Shopping Tour at The Mall from Florence. 香水やら、ソープやら、香り高い女子たちの楽園。 をチェックしてから市場で購入することを 朝イチのバスでしたがほぼ満席でした。 中にはいると店員さんに指示され小さいクッションに腕を立てると店員さんがサッとサイズピッタリな手袋をはめてくれます。少々指の間が余るピッチリ、それは使い続けると伸びる幅のようです。もういっこ大きいサイズをはめてもらうと微妙に大きすぎでした。 閉じる, ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性もあります。, フォートラベルはみんなで作る旅行ガイドです。 閉じる, ドゥオーモ近く、食材の豊富なお店。

その国や都市のおすすめショッピング・買い物スポットを探すなら、現地の人に聞くのが正解です!ここでは、フィレンツェ在住日本人が選ぶ!おすすめおショッピング・買い物スポットをご紹介します。 お土産を探すのに便利なお店。 

閉じる, どうせ買うなら、本店で。 続きを読むので行くと決めていました。ベッキオ橋のそばでショーウィンドウに手袋がズラーっと飾ってるのですぐわかります。 間違いなくスーパーの方が安く、 閉じる, NHK,BSの「2度目のフィレンツェ」で紹介されていてお手ごろなお値段で買えると知り気になった...  閉じる, 「世界最古の薬局」という謳い文句に誘われ、 閉じる, 靴を買いに行った訳ではないのですが、建物が素晴らしいと聞いていたので行ってみました。 商品も大変気に入ってます。行った本人しかピッタリサイズが買えないのでお土産には不向きですが、自分用に良質な革手袋を買うのにピッタリなお店だと思います。 閉じる, 駅からすぐなのですがちょっとわかりずらい通りにあります。 閉じる, ニロテルのコーナーでも記載しましたが、コープは徒歩5分のところにありお勧めです。観光地で買うよ...  ここには日本人スタッフがいます。(2015年7月現在) DIESELでデニム2本150ユーロ、夏物のTシャツ30ユーロを購入。

2956円 その他 裁縫道具 道具・キット 手芸・クラフト・生地 日用品雑貨・文房具・手芸 手芸 キッズ りりあん 編みキット 編み機 オリムパス 高速式回転ひもより器 ストリング-iiアクセサリーキット 小学生 リ …

朝イチのバスでしたがほぼ満席でした。

続きを読む。また,4階から階段でその上にあがるとレストランがあります。天気の良い日はそこで共和国広場を見下しながらのランチも良いでしょう。 

石造りの建物にあって、一見スーパー...  日本には無いデザインや色もあるのでお勧めです。 有名ブランドをお得にお買い物♪アウトレットモール「ザ・モール(THE MALL)」と「プラダ・スペース(PRADA SPACE)」への往復送迎サービスです。つい... 中規模のデパートですが品揃えはいいほうでしょう。4階にトイレがあるのでよく利用させてもらいます...  乾燥ポルチーニも真空状態でなくて良ければ ただ、そこで購入したオリーブ油は ただ、そこで購入したオリーブ油は 表ではお茶をしました。ちょうど通りでアコーディオンの演奏。小銭で寄付しました。食材が豊富なので見ていても楽しく、 DIESELでデニム2本150ユーロ、夏物のTシャツ30ユーロを購入。 日本(表参道や銀座等)にも支店がありますが、

クリスマス時期はパネトーネと呼ばれる、ドライフルーツやレーズンが入ったしっとりしたパンのようなケーキ?が売っています。これがなかなか美味しい!1個1kgぐらいあるので、行ったらすぐに買ってイタリア滞在中の簡単な食事にしていました。この時期しか手に入らないので是非ご賞味あれ。冬はタロッコと呼ばれるシチリア産の果肉が赤いオレンジもすごく美味しいですよ!, ので行くと決めていました。ベッキオ橋のそばでショーウィンドウに手袋がズラーっと飾ってるのですぐわかります。 続きを読むさり、買い物しやすかったです。 続きを読むにもフィレンツェっていう皮製品がイッパイ! 閉じる, お土産探しにとても楽しいお店。ドラックストアっぽくて話題のマーベラスの歯磨き粉もめちゃくちゃ種...  コナード〔スーパーマーケット〕でも同じものが売っていてコナードの方が3ユーロも安かったです。 そういえば・・・ をチェックしてから市場で購入することを なお、イタリアのお店の営業時間はテキトーです。 薬局のハズなのに、薬ってあったっけ?!  時間に余裕がある方は予めスーパーなどで価格

閉じる, このお店は職人によるハンドメイド&本物志向のレザーアイテムが置いてあるお店です。 閉じる, 屋根の高いロッジアの下で革製品のお店がひしめき合うようにある新市場。商品の品質はどうかわかりま... 

芸術と美食の国イタリアの中でも、とりわけ芸術の都と呼ばれるフィレンツェ。街にはこの地域ならではの特産品やイタリアブランドなど楽しく買い物できる店がいっぱい。この記事ではそんな魅力的なショッピングスポットを紹介します。 時間に余裕がある方は予めスーパーなどで価格 香水やら、ソープやら、香り高い女子たちの楽園。 ...  中もすばらしいです  なお、イタリアのお店の営業時間はテキトーです。 続きを読むそんな薬局では、マドモアゼルたちがキャハキャハ騒ぐ。 続きを読む席になりました。私はパスタではなくピザを食べました。美味しいし、大きかった。 続きを読む類がありました。他、ボディソープとか、乾燥ポルチーニ茸、パスタなど。ローマのスーパーで買うより安かったので、重かったですが、大量買い!見ているだけでワクワクするお店です  “ フィレンツェにはたくさんの美しい革の店があり、 買い物 は必見です! “ 私はフィレン ツェでの素晴らしい1日の思い出と、この特別な 店の 幸せな思い出として役立つ、ユニークでよくでき たアンクルブーツのペアになりました。

イタリア最安 続きを読むせんが、色とりどりの品物が並べられていて見ているだけでも結構楽しいです。近くにはイノシシの像があり、観光客がみな鼻を触るのでその廻りが金ぴかに輝いています。  市場の外にも出店が並び、賑わっています。市場内は、肉に魚に、チーズにワインと豊富に 同行した母と友人はボッテガ・ヴェネタでそれぞれ財布を、COACHでバックを購入。かなり安く買えたみたいです。 続きを読む でも、大丈夫。 450円/日~. 日本人スタッフの女性が色々説明して下...  クリスマス時期はパネトーネと呼ばれる、ドライフルーツやレーズンが入ったしっとりしたパンのようなケーキ?が売っています。これがなかなか美味しい!1個1kgぐらいあるので、行ったらすぐに買ってイタリア滞在中の簡単な食事にしていました。この時期しか手に入らないので是非ご賞味あれ。冬はタロッコと呼ばれるシチリア産の果肉が赤いオレンジもすごく美味しいですよ!  以前来た時は8月だったので、アウトレットもバーゲン中でした。その時の方が、お得感はあったかもしれません。。。 

色で迷ったけどいろいろ出してくれ、最終的にオレンジを購入しました。 手入れもされているようです、素晴らしいと思いました

手入れもされているようです、素晴らしいと思いました そういえば・・・ おかげさまで、言葉の壁を登らずに買い物できやした。  「コナードより質が高いチーズのはず」と自分に言い聞かせましたが、ミラノの高級食材店ペックを覗いてみたら、そこで扱っているチーズと比べてもペックの方がやや安い感じでした。

表ではお茶をしました。ちょうど通りでアコーディオンの演奏。小銭で寄付しました。食材が豊富なので見ていても楽しく、 おすすめの観光スポット、レストラン、ホテル、交通機関があればぜひ教えてください。, フォートラベル GLOBAL WiFiなら の方が3倍くらい入っていました。〔パッケージもお洒落〕 Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. 店内はいか...  「屋根のない博物館」と称される芸術都市「フィレンツェ」ですが、1日もあれば主要観光地を巡ることができます。, 2泊3日の旅行でも十分ショッピングを楽しむことができるため、フィレンツェ観光では買い物スポットをしっかり押さえておきたいところです。, フィレンツェはグッチ、サルヴァトーレ・フェラガモなど著名ブランドの創業地ということもあり、今回は実際に滞在した筆者がアウトレットやブランド店街を中心に買い物スポットを紹介します。ぜひ、フィレンツェ観光の参考にしてください!, フィレンツェ「レッチョ(Leccio)」に位置するアウトレット。フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅横のバス乗り場からバスで40〜50分ほどの位置にあります。, 最大の見所はグッチのアウトレットですが、建物の見た目ほど商品数は多くないといった印象を受けました。服系は豊富ですが、サイズは大きめ。靴は品揃えが悪く、バッグや財布の品揃えはその他の都市にあるグッチのアウトレットとあまり変わりませんでした。, ザ・モールを訪れて驚いたことは、ほぼ全てのブティックの店員の態度が悪かったことです。挨拶をしないのはもちろん、ヴァレンティノの40〜50代の女性店員は店に入るなと言わんばかりに睨んでくる始末。ヨーロッパ各地のアウトレットを巡ってきましたが、ここまで接客態度がひどいアウトレットは初めてでした。, その一方、唯一接客態度が良かったのはグッチの中国系男性でした。商品の質問にも快く答えてくれ、在庫のサイズを確認するので気になる商品があれば声を掛けてください、といった丁寧な対応をしてくれました。, 店員の接客態度は最悪でしたが、ブランド数の多さはやはり魅力的です。グッチやサルヴァトーレ・フェラガモなどイタリアブランドを筆頭に、一度に多くのブランドを見ることができるため、フィレンツェの買い物スポットでは一番押さえておきたい場所になります。, なお、ブランド一覧や各ブランドの割引率、アクセス方法に関する情報は以下の記事を確認してください。, フィレンツェ郊外「モンテヴァルキ(Montevarchi)」に位置するプラダのファクトリーアウトレット。, 規模は大きく、全体の7割ほどが女性もの。特にバッグや財布、靴などの品揃えが豊富で、バッグはピンクなど比較的カラフルなものが中心。服はサイズが大きめで、バッグや財布、靴目的、プラダファンの方は訪問の価値があると思います。, その一方、店員の接客態度は悪く、試着を申し込んでも嫌々対応する始末。試着ルームはどこですかと質問しても、無言で指差しのみ。それが1人だけではなく、3人も同じような対応をされたため、接客には期待しない方が無難です。, アンティノーリ広場(Piazza degli Antinori)とサンタ・トリニタ橋(Ponte Santa Trinita)を結ぶ全長約300メートルの通り。こちらがフィレンツェのブランド店街になり、グッチやサルヴァトーレ・フェラガモ、エミリオ・プッチ等の本店があります。, さらに、歴史的建造物の多さも見所になります。通りの名前の由来にもなっているトルナブオーニ宮(Palazzo Tornabuoni)のほか、サルヴァトーレ・フェラガモの本店があるスピーニ・フェローニ宮(Palazzo Spini Feroni)、バーバリーのブティックがあるミネルベッティ宮(Palazzo Minerbetti)、ディオールのブティックがあるジャンフィリッアツィ塔(Torre dei Gianfigliazzi)などがあります。, トルナブオーニ通りとレプッブリカ広場(Piazza della Repubblica)を結ぶ全長約180メートルの通り。エルマンノ・シェルヴィーノ本店に加え、ボッテガ・ヴェネタやカルティエ、ルイ・ヴィトンなどのブティックがあります。そのほか、名前の由来にもなっているストロッツィ宮(Palazzo Strozzi)に加え、ヴェッキエッティ宮(Palazzo Vecchietti)などの歴史的建造物もあります。, サン・ジョヴァンニ広場(Piazza di San Giovanni)とレプッブリカ広場を結ぶ全長約100メートルの通り。こちらの通りにはグッチやプラダ、ミュウミュウ等のブティックがあります。ブランド数は少ないですが、押さえておきたいブランド店街になります。, また、5つ星ホテル「ホテル・サボイ(Hotel Savoy)」のほか、1700年代からの歴史を持つ「カフェ・ジッリ(Caffè Gilli)」等もあります。なお、レプッブリカ広場から先はカリマラ通り(Via Calimala)等と名前が変わりますが、カジュアル系ブランドが主体になるため、今回はローマ通りに絞ってブランド一覧を掲載しています。, ジュゼッペ・ポッジ広場(Piazza Giuseppe Poggi)とモッツィ広場(Piazza dè Mozzi)を結ぶ全長約500メートルの通り。世界的に知られているフィレンツェ発のシューズブランド「ステファノ・ベーメル(Stefano Bemer)」に加え、ギャラリーやアトリエが増えてきている注目のエリアです。, 衣料品等を取り扱うショップもありますが、アート作品やアンティークなど一味違ったショッピングが楽しめる場所として押さえておきたい通りです。さらに、フィレンツェの景色が一望できるミケランジェロ広場から近く、中世の雰囲気を感じることができるため、街を散策するコースの一つとしてもサン・ニッコロ通りはおすすめです。, なお、モッツィ広場から先はバルディ通り(Via de’ Bardi)等として通りは続き、歩き続けるとヴェッキオ橋にたどり着きます。, 19世紀後半に開設された中央市場。設計はミラノの「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を手掛けた建築家「ジュゼッペ・メンゴーニ(Giuseppe Mengoni)」が担当しています。, 1階はチーズやサラミなど各種肉製品、生鮮食品等が取り扱われており、2階はフードコートになっています。お土産購入はもちろん、気軽に食事を楽しめる場所としておすすめです。その一方、週末は混雑するため、食事時は席が確保できない場合もあります。, そのほか、市場外にあるメルカート・ディ・サン・ロレンツォ(Mercato di San Lorenzo)ではバッグやベルトなど革製品が多く取り扱われています。, ドゥオーモ広場から徒歩14分の場所にあるマーケット。マーケットの建物内部はハムなどの肉製品、チーズ等を販売している店舗があり、パン屋さんではサンドイッチやクロワッサンなどが売られています。さらに、軽食を提供している店舗もあり、店舗数は少ないですが、軽食を取る場所としておすすめです。, マーケットの外側は野菜等の生鮮食品、服系が主体になります。ただし、黒人男性が買い物する人に声をかけて物乞いをしていたため、訪問する際は念のため注意するようにしてください。, なお、マーケットの隣にはフリーマーケット(Mercatino delle Pulci)があり、食器や家具、アンティーク品等が取り扱われていました。こちらは掘り出し物を探したい方におすすめです。, イタリアの老舗百貨店「リナシェンテ」のフィレンツェ店。ゲス(GUESS)やマージュ(maje)、マイケル・コース(MICHAEL KORS)、サンドロ(sandro)、ザディグ・エ・ヴォルテール (ZADIG&VOLTAIRE)等が取り扱われています。, ブランド面ではあまりおすすめできませんが、雑貨や食品類のお土産購入、きれいなトイレが利用できることから押さえておくべき買い物スポットの一つだと言えます。, イタリアの百貨店チェーン「コイン(COIN)」のフィレンツェ店。コスメからカジュアルウェアなどが取り扱われています。比較的手に届きやすい商品が多く、雑貨類やインテリア用品が販売されているため、少し立ち寄るには良い場所だと言えます。また、こちらもトイレ利用ができるため、念のために押さえておくと何かと役に立ちます。, フィレンツェにおけるショッピングはアウトレット、グッチやサルヴァトーレ・フェラガモ等の本店巡りが主体になると思います。各アウトレットの接客は残念なものでしたが、商品とは別問題です。接客面のハードルを下げて訪問すると、特に問題は感じないかもしれません。, また、フィレンツェは良質なレザー製品で有名な街でもあり、街を歩けばレザー製品を取り扱う店に当たるというくらい関連した店舗があります。ブランドのブティックと合わせて、そのような街の革製品屋さんに立ち寄るとより良いショッピングを楽しむことができると思います。, ※なお、フィレンツェの買い物スポットの場所については以下のグーグルマップにまとめています。, フィレンツェのアウトレット「ザ・モール(THE MALL)」の見所は?接客態度には要注意だった?!グッチのシューズは品揃え不足?気になる割引率は?シャトルバスの注意事項とは?ブランド一覧や近隣のプラダアウトレットの情報も掲載しています!, フィレンツェ郊外にあるプラダのアウトレット「スペース」について紹介!店員の接客態度はまさかの最低だった?レディースバッグのカラーは何色が多め?平日15時以降の店内の様子とは?商品構成や値段感について解説。行き方も掲載しています!, イタリアの花の都「フィレンツェ」のおすすめ観光地を紹介!ドゥオーモの内部はどんな感じ?ミケランジェロやガリレオ・ガリレイが眠る教会があった?ヴィーナスの誕生で知られる美術館とは?世界遺産「フィレンツェ歴史地区」の主要スポットを中心に掲載!, フィレンツェに本店を構えるブランドを紹介!グッチ本店はまるで迷路のようだった?気になるディスプレイ商品の価格は?日本法人もある注目のレザーブランドとは?フェラガモや老舗陶磁器メーカーなど押さえておきたいブランドを網羅しています!, 世界一周で巡ったイタリア「フィレンツェ」の写真を大公開!フィレンツェ歴史地区として世界遺産に登録されている街並みが見所。「アルノ川右岸」、「アルノ川左岸」に分けてお届け!, イタリア・フィレンツェの物価は安い?それとも高い?ビッグマックセットは日本円で900円超?!5つ星ホテル「フォーシーズンズ・ホテル」は1泊いくら?半額シールで滞在費節約も?滞在費の目安も掲載。現地スーパーマーケットで価格を調査しています!, イタリアの花の都「フィレンツェ」の夜景を無料で楽しもう!気になるミケランジェロ広場から見た絶景って?アルノ川沿いの夜景も見逃せない!その夜景を見るおすすめスポットはどこ?ドゥオーモ、ヴェッキオ橋など観光地の夜の姿も掲載しています!.