⑩幼子イエスを抱いて祝福したエルサレムの老シメオン(ルカ2:25 28, 34) 

信仰生活28年のプロテスタントクリスチャンで、愛称は"キートン"(本名:辻 勇輝)。 人間的にも、決し... ジーザス、エブリワン!キートンです。

12弟子(使徒)とは? 12弟子とは、 イエスキリストが最初に選ばれた代表的な12人の弟子 のことです。 “12使徒”とも呼ばれます。 12弟子は生前のイエスキリストと行動を共にし、イエスキリストが昇天後はそれぞれその教えを広めていきました。

救い主であるイエスキリストはその生涯の中でたくさんの人々と出会い、教えを語り、大きな... ジーザス、エブリワン!キートンです! 12弟子は、ペテロをやアンデレなどガリラヤ出身の漁師が多く、徴税人のマタイや熱心派(反ローマ帝国の過激派)のシモンなどがおり、イエスからその教えを学んだ。 イエスの昇天後、12弟子はイエスの教え「福音」を伝えるために、各地で布教を行った。�

⑧サマリヤの魔術師シモン(使徒8:9, 13, 18, 24)  ペトロは漁師でヘブライ名は シモン (シメオン)、 ペテロ 、ケファともいわれる。1 12使徒の最長老でリーダー的存在。�

⑥イエスを食事に招いたパリサイ人のシモン(ルカ7:40, 43, 44) ⑦イエスがベタニヤで滞在していたらい病人のシモン(マタイ26:6、マルコ14:3)  ‚鎞AÈ‚ÉŒü‚©‚Á‚āu_‚ð–Y‚ê‚é‚ȁiMement DominiIjv‚Æ‹©‚ñ‚¾‚Ɖ]‚¤B, @w‹UƒNƒŒƒƒ“ƒX•¶‘x‚É‚æ‚ê‚΁Aƒyƒgƒ‚̓pƒ“‚ɃIƒŠ[ƒu‚ð“Y‚¦‚ĐH‚ׁAƒgƒDƒjƒJ‚ƃ}ƒ“ƒg‚¾‚¯‚ð’…‚Ä‚¨‚èAƒCƒGƒX‚Æ‚¢‚½Šì‚Ñ‚ÆŽå‚ð”Û”F‚µ‚½Œã‰÷‚Ƃŗ܂𗬂µA‚Ü‚½AŒ{‚̖‚«º‚Æ‹¤‚É‹N‚«‚Ä‹F‚è‚ð•ù‚°‚Ä‚ÍŒƒ‚µ‚­‹ƒ‚¢‚Ä‚¢‚½‚½‚߁AŠç‚Í”G‚ê‚Ä‚½‚¾‚ꂽ‚悤‚Å‚ ‚Á‚½‚Æ“`‚¦‚ç‚ê‚éB, @_‚ւ̈¤‚É”R‚¦‚Ä‚¢‚½‚Æ‚³‚ê‚él‚ŁAŒã¢‚̃AƒEƒOƒXƒgƒDƒX‚âƒNƒŠƒ…ƒ\ƒXƒgƒ‚ƒX‚́AÅŒã‚̔ӎ`‚ŃCƒGƒX‚ª— Ø‚èŽÒ‚Ì–¼‚𖾂©‚µ‚Ä‚¢‚½‚çA”ò‚яo‚µ‚ÄŽE‚µ‚Ä‚¢‚½‚¾‚낤‚Əq‚ׂĂ¢‚éB. 初代ローマ教皇。十二使徒。ベトサイダ出身ガリラヤ湖の漁師シモン。ヨハネ、大ヤコブと共にイエスにつき従う初期キリスト教の中心人物のひとり。十二使徒でも常に筆頭に上げられ、イエスによって「あなたはペトロ(岩)。 ⑨ペテロが滞在していたヨッパの皮なめしシモン(使徒9:43、10:6, 17, 32)  2 十二使徒の名は次のとおりである。まず、ペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、 。。。え、イエ... https://keaton511.com/wp-content/uploads/2020/05/キートンの_キリスト教講座_.png, 【12弟子】”熱心党のシモン”ってどんな人?過激な反ローマ主義者!?【3分で分かる】.

有名な言葉... ジーザス、エブリワン!キートンです。 所属教会は”ひばりが丘バイブルチャーチ”です。 ③イェシュアの兄弟の一人シモン(マタイ13:55、マルコ6:3) 

今回は、イエスキリスト12弟子の1人、“熱心党のシモン”をご紹介したいと思います。, 名前だけ聞くと、何だかめっちゃ情熱的な松岡修造さんみたいな人物をイメージするのですが、実際はどうなんでしょう。, 熱心党のシモンがどのような経緯で、イエス様の弟子になったのかは聖書に記述がありません。, 「十二使徒の名は、次のとおりである。まずペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、それからゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、アルパヨの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモンとイスカリオテのユダ。」, ただし、熱心党のシモンは、ローマからの独立を先導してくれる指導者の存在を求めていました。, なので、この時点では、熱心党のシモンはイエス様を政治的に利用しようと考えていたみたいですね。, そして、抵抗組織のメンバーから穏やかな使徒へと変えられていき、キリストの教えを人々に伝えるようになりました。, 最も有力なのは、エジプトで伝道を行い、同じく弟子のタダイと共にペルシアやアルメニア辺りで活動し※殉教(じゅんきょう)したというもの。, シモンが所属していた”熱心党”は、1世紀に活動した反ローマを掲げる過激派集団のことです。, そこで熱心党は、ユダヤ人たちでローマに対する反乱を起こし、ローマをイスラエルから追い出すことを目標としていたのです。, 上記のような過激派組織に所属していたから、熱心党のシモンという呼び名がついたと言われている一方で、, 熱心党というのが、文字通り彼の熱心な人柄を表しているのではないかということですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 月間2万PVを達成! 熱心党のシモンは、イエスキリスト12弟子の1人です。 聖書に登場する他のシモンと区別するために、このような名前がついています。 熱心党というのは、 ローマからの解放を目指す過激な宗教的政治集団 … ②イェシュアの弟子である熱心党のシモン(マタイ10:4、マルコ3:18、ルカ6:15、使徒1:13)  ⑪アンテオケ教会の指導者の一人、ニゲル(黒人)と呼ばれるシメオン(使徒13:1)、④と⑪と同一人物。, トップ|空知太栄光キリスト教会| 詩篇の世界 | 霊性の回復セミナー| ヘブル語コラム |ヘブル語のキーワード|ヘブル語デイリー・ブレッド|ヘブル・ミドゥラーシュ例会|ヨハネの黙示録を味わう | 再臨と終末預言 |主の例祭における預言的意味 |キリストの花嫁 |「光」についての神学的瞑想| 神の住まい(幕屋)|マタイの福音書1|マタイの福音書2|創世記1~3章の原語に基づく瞑想|主の受難24(改定)|The Hebrew Bible|A Hebrew-English Bible|The Greek Bible |Living Bible | Hebrew New Testament|Bible Hub|eBible Japan|原語で聖書検索|, Copyright © 2020 Hidenori Meigata All Rights Reserved. ④イェシュアの十字架を負わされたクレネ人シモン(マタイ27:32、マルコ15:21、ルカ23:26) 

2:8 ペテロに働きかけて、割礼を受けている者(=ユダヤ人)への使徒とされた方が、私にも働きかけて、異邦人への使徒としてくださったからでした。, 【新改訳2017】詩篇132篇13~14節

13 【主】はシオンを選びそれをご自分の住まいとして望まれた。 キリスト教の面白さを伝えるために、分かりやす~く情報を発信中。

イエスが最初に選んだ弟子の一人で、ぺトロ(岩/教会の礎石)という名を命名された。 イエスが処刑された後、ペテロは初代教会の指導者となり、ローマ・カトリックでは初代教皇(在位:~64頃)と … アインシュタイン?レオナルド... 「十二使徒の名は、次のとおりである。まずペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、それからゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、.

4 熱心党のシモンと、イエスを裏切ったイスカリオテのユダである。, 【新改訳2017】詩篇 119篇71節 12弟子(使徒)とは? 12弟子とは、 イエスキリストが最初に選ばれた代表的な12人の弟子 のことです。 “12使徒”とも呼ばれます。 12弟子は生前のイエスキリストと行動を共にし、イエスキリストが昇天後はそれぞれその教えを広めていきました。 3 ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、アルパヨの子ヤコブとタダイ、 キリスト教の開祖であるイエス・キリストには多くの弟子が存在しています。 その主要な高弟を「十二使徒」と呼ぶことがありますが、彼らを示す「使徒」という言葉には特別な意味があります。 使徒とはイエス・キリストの弟子でありキリスト教の僧侶であるだけではなく、「キリスト教を広めるため … 〒073-0175 北海道砂川市空知太西5条7丁目1-24,TEL(教会) 0125-53-3150 / (自宅) 0125-53-2089, powered by Quick Homepage Maker 5.2 based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

イエス・キリストの弟子たちは、元々社会的地位が低い人ばかり。 【新改訳2017】マタイの福音書10章1~4節 1:1人々から出たのではなく、人間を通してでもなく、イエス・キリストと、キリストを死者の中からよみがえらせた 皆さんは、"十戒(じっかい)"という言葉を聞いたことがありますか? 父なる神によって、使徒とされたパウロと、

ジーザス、エブリワン!キートンです。 1 イエスは十二弟子を呼んで、汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいを癒やすためであった。 14 「これはとこしえにわたしの安息の場所。ここにわたしは住む。わたしがそれを望んだから。, ①イェシュアの弟子であるシモン 

苦しみにあったことは私にとって幸せでした。それにより私はあなたのおきてを学びました。, 【新改訳2017】ガラテヤ人への手紙 1章1節、2章8節 12使徒 マティアって誰? 12使徒は、ペテロ、ヨハネ、アンデレ、大ヤコブ、ピリポ、バルトロマイ、マタイ、トマス、小ヤコブ、タダイ、シモン、マティアの十二人です。さて、この中のマティア、私はその名前を見た時に「それって誰?」と思いました。 ジーザス、エブリワン!キートンです。 QHM, イェシュアは「ペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ」を、さらには別の二人の兄弟「ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ」を弟子として呼び出しています(4:18~22)。しかも後者の兄弟は、イェシュアの呼びかけに対して「すぐに舟も父も残して」従っています。しかし、シモンとアンデレは「網だけを捨てて」従っていますから、彼らの父親はすでになくなっていたかもしれません。これらの四人に加えて、イェシュアは収税所に座っているマタイを呼び出しています(9:9)。ところが今回の10章2~4節では、さらに七人の名前が加えられて、全部で十二人となっています。この箇所から、, マタイ10章1節の「十二弟子」が、2節では「十二使徒」に言い換えられています。「十二弟子」ということばは、新改訳第三版では四つの福音書で23回使われていたのが、新改訳2017ではわずか4回(マタイ10:1,11:1,20:17、ヨハネ20:24)のみです。なぜ極端に少ないのかといえば、新改訳2017のギリシア語の底本がネストレ・アーラントの校正28版を用いているためです(それまでは27版)。マタイは4回のうち3回ですが、その「十二使徒」ということばは、新改訳第三版ではマタイ10章2節と使徒6章2節の二箇所で使われていましたが、新改訳2017ではマタイ10章2節のみだけです。これも同様、ネストレ・アーラントの校正28版を用いているためです。, 「十二弟子」と言われている者たちは、どちらかと言えば、彼らが教えられやすい人たちであったからです。「弟子」はヘブル語で「タルミード」(, この詩篇119篇は、「みことば賛歌」とも呼ばれる詩篇ですが、「苦しみにあったことは私にとって幸せでした」とあるように、捕囚経験を通して神のトーラーのすばらしさを見出した喜びが書き記されている詩篇です。イェシュアの弟子たちはみな神の「トーラー」の教えからはほど遠い、「無学のただ人」と言われるようなガリラヤ出身(イスカリオテのユダを除いて)の者たちでした。しかし彼らさまざまな失敗の経験を通してすばらしい弟子とされていきます。弟子とは「神の教えを学ぶ人」、神の教えを聞く者のことなのです。当時の律法学者やパリサイ人は神のトーラーを神のみこころから外れた私的解釈をしていた者たちであり、イェシュアの教えを謙虚に学ぶことをせず、自分たちの権威を守ろうとするあまり、決して自分たちの「理解の型紙」を破ろうとしなかった人たちです。そのような者たちをイェシュアは弟子として選ぶことをせず、どちらかというと、従順で、教えられやすい謙虚な者たちを選ばれたのでした。, 「使徒」という言葉は、イェシュアにから権威を与えられて「遣わされる者」という意味です。ギリシア語の「アポストロス」(, ただし、使徒であることはイェシュアの弟子ではありますが、イェシュアの弟子であることは必ずしも使徒であるとは限りません。使徒であることの条件は聖書の中に記されています。それはイェシュアの直弟子として三年半の公生涯をイェシュアと寝食をともにし、イェシュアの十字架と復活、および昇天を目撃した弟子のことです(使徒1:22)。唯一の例外は、使徒パウロです。彼はイェシュアとともに地上では歩んでいません。しかし彼はイェシュアから直接に啓示を受けた者であり、使徒と呼ばれています。しかも特別に「異邦人の使徒」と言われています。, 「教会」は使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。それほどに使徒たちの教えには権威が与えられているのです。なぜなら御子イェシュアがまさに御父のみこころのメッセンジャーであったように、使徒たちもイェシュアが伝えたことの意味を正しく教えることのできたメッセンジャーだからです。, これはイスラエルの部族が十二部族であったことによります。しかしそれだけでは不十分です。より深い理解を持つ必要があります。イスカリオテのユダがイェシュアを裏切ったことで、使徒の数は十一となりました。そこでペテロはイェシュアの公生涯にいつも行動をともにした者たちの中から使徒職の地位を継がせようとして、マッテヤという人物を選んでいます。それほどに十二という数は欠けてはならないのです。一言でいうならば、十二という数には「, キリスト教会は「置換神学」と「伝道至上主義」の影響により、ユダヤ人に対する神のご計画と預言的啓示を軽視したため、神の奥義としての全イスラエルの回復が理解できなくなっています。またキリスト教会の歴史において、コンスタンティヌス帝以降、教会の中からユダヤ的なルーツが立ち切られたことにも大いに関係があります。しかし聖書において、「, ここではダビデが全イスラエルを統一するための拠点としたシオンを、神がご自分の住まいとして「望まれる」と言うこと意味で使われています。それ以来、「シオン」はきわめて重要な場所となりました。シオンは「エルサレム」の雅名でもあります。その理由はそこに神と人とが永遠に住まれることを主が望まれたからです。つまり、全イスラエルの回復はシオンと呼ばれるエルサレム以外にはあり得ないのです。, 「十二」が「神の望まれる象徴的な数」とすれば、その倍数(12×2)の「24」、その10倍(12×10)の「120」、その1000倍(12×1000)の「12,000」、12の積数(12×12)の「144」、その1000倍の「144,000」も同様です。聖書でこれらの数を検索するならば、それらが「全イスラエルの回復」と密接な関係があることは一目瞭然であり、神の永遠に望まれる数だと分かるのです。, 表を見る限り、四人が一組になっているのは明らかです。その組が三つあるのは、一組のそれぞれの冒頭にある名前(シモン、ピリポ、小ヤコブ)が同一の名前となっているからです(太字で記されています)。四人一組の第一グループである「シモン、アンデレ、ヤコブ、ヨハネ」の四人の名前がこぞって出て来る箇所は、マルコ13章3節のイェシュアが神殿崩壊の予告をした時です。この四人がイェシュアに「お話しください。いつ、そのようなことが起こるのですか。また、それらがすべて終わりに近づくときのしるしは、どのようなものですか。」と尋ねたことで、イェシュアは終末に関する一連の説教を語っています。この四人に共通するのは、彼らがガリラヤ湖畔のベツサイダの, その四人組が二人一組になって、二人ずつの六つのグループを形成していたようです。事実、マルコ6章7節には「また、十二人を呼び、, 十二使徒の中の「初め」と「終わり」にある名前について留意してみたいと思います。なぜなら、その二つには神のご計画とみこころが啓示されていると考えるからです。それは「, 旧約ではシメオンは呪われた部族としてその姿が見えなくなっていました。ところが新約聖書では、以下のように、同じ名前を持つ人物(=シモン)がなんと多く登場しているのです。, これらの中のうち「シモン」、あるいは「シメオン」の名が、ルカ文書では地域別に記されています。, シモンがなにゆえにイェシュアからペテロと呼ばれたのか、そのことにも神のご計画の必然性が隠されています。ヨハネの福音書によれば、シモンの兄弟アンデレがシモンにイェシュアを紹介したときに、イェシュァハ「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします」と最初から言っています。, マタイ4章でも「ペテロと呼ばれるシモン」と記されていますが、マタイ16章ではペテロのことを「バルヨナ・シモン」と言っています(16:。「バルヨナ・シモン」とは「ヨハネの子シモン」という意味です(ヨハネ1:42/21:15~17)。私たちが「ペテロ」と呼んでいる人物の正式の名前は「ヨハネの子シモン」なのです。イェシュアもそのように呼んでいたのですが、ピリポ・カイザリヤでヘテロがイェシュアのことを「あなたは、生ける神の御子キリストです」と告白した後には、もろにイェシュアから「あなたはペテロです」と正式に呼ばれています。「ペテロ」とは「岩」を意味します。「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません」と言っています。ここには、かつてイスラエルの民が聞く耳をもたず捨てた「岩」(申命記32章)を再び回復するために、イェシュアは意図的に全イスラエルの代表として、シモン(シメオン)を「ペテロ」(岩)と呼んだのです。, 「モーセの歌」(申命記32章)は、 実は「シメオン」に対して語られた預言的な歌なのです。その内容を見るなら、そこには神が選ばれたイスラエルに対する数限りない恵みが綴られています。特に、10節から14節に記されている動詞の数々ー主は彼(イスラエル)を「見つけ」「いだき」「世話をし」「(ひとみのように)守り」「導き」「食べさせ」「飲ませ」「養い」・・の恩寵用語には圧倒されます。にもかかわらず、神の民はその神の声に聞き従わず、「捨て」「軽んじた」のです。「シメオン」に隠された神の使命は「聞く」ことです。神のことばに耳が開かれることです。その使命を担った「シメオン」が旧約において呪われているのは、イスラエルの本来の使命的位置づけを代表しているからです。あ, 「モーセの歌」には「五つの岩」が出てきます。「岩」は「モーセの歌」のキーワードです。ここでの「岩」(冠詞付きの「ハッツール」, イェシュアが自分を裏切ることになるイスカリオテのユダ(「イスカリオテ」とは「イーシュ・ケリヨーテ」, ユダの裏切りは神のご計画においてはなくてならない必然的なことだったのです。イェシュアが捕らえられて、十字架で死なれ、聖書が示すように、三日目によみがえることがなかったとしたら、罪の贖いはなく、全イスラエルの回復も実現しません。その意味において、イスカリオテのユダの存在はきわめて好都合な存在だったと言えます。ヨハネの福音書13章27節には次のように記されています。最後の晩餐においてユダが「パン切れを受け取ると、そのとき、サタンが彼の中にはいった。そこで、イエスは彼に言われた。『あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい。』」と。これはすべてを知っておられたイェシュアが御父のみこころを実現させるために、イェシュアの方からイスカリオテのユダにひと切れのパンを分け与えることで、ユダの裏切りをいわば先導させたかたちです。ユダの中に入ったサタンでさえも、被造物の中で最も賢く狡猾な存在でありながら、自分の巧みな策略が逆に神の計画を実現させてしまうとは夢にも思っていなかったはずです。高慢なサタンが神の知恵によって欺かれたことに気づいた時には「時すでに遅し」です。サタンは地団太踏んで悔しがったに違いありません。. 皆さんは、聖書に登場する人物のことをどれくらい知っていますか? さて、今回はクリスチャンにとって大切な活動"福音伝道"についてお話ししたいと思います... ジーザス、エブリワン!キートンです。

⑧サマリヤの魔術師シモン(使徒8:9, 13, 18, 24) ⑨ペテロが滞在していたヨッパの皮なめしシモン(使徒9:43、10:6, 17, 32) ⑩幼子イエスを抱いて祝福したエルサレムの老シメオン(ルカ2:25 28, 34) ⑤イスカリオテのユダの父シモン(ヨハネ6:71、13:2、13:26)

皆さんは、人類史上最も有名な人物は誰だと思いますか?

使徒シモン・ペトロ ペトロ(生年不明 - 67年?)は、新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストに従った使徒の一人。 本名はシモン(ヘブライ語読みでは「シメオン」שמעון。 趣味は、曲作り、映画鑑賞、読書、筋トレ、散歩など。.