(1867–1936) of Craig, Kilmarnock, Scotland, by 1913 and recorded in an inventory of his belongings at Craig drawn up in July 1928; By descent to Mrs Ellison J. Dickson, Knowlton, Ayr, Scotland, by whom loaned to The National Trust, Culzean Castle, Ayrshire by 1965, and recorded in an inventory of her collection at Knowlton drawn up in October that year; By family descent until sold ("The Property of a Gentleman"), London, Christie's, 9 December 1994, lot 348, as Studio of Titian, where bought by Colnaghi; From whom acquired by Luigi Koelliker, London; New York, Sotheby's, 29 January 2009, lot 33; From Koelliker acquired by a collector in England; Purchased by the NMWA, 2012. Although parts of it were started by his workshop, the hand of Titian is evident in the subject's vividly colored costume and jewelry. なので、サロメを題材にした絵画は一部のマニア以外にはそんなに人気は無かったんですよ・・・ そんなサロメが変貌を遂げたのは19世紀になってから!! 冷たい美少女からヤンデレ美女へ ギュスターヴ・モロー作「出現」

絵画 : 所蔵番号: p.2011 ... また、サロメの服や装飾の描き方は大変優れていて、ティツィアーノの手を認めるのが妥当です。 この作品はカンヴァス裏に残る王冠と「cr」の文字から、かつてイギリス国王チャールズ1世のコレクションにあったことが分かります。 己のなすこと全てを承知して、それでもなお超然とそれを見据えているように見える。, この悪徳の花はキリスト教的な神とはまた別の神なのだ。 そして彼女は後に太陽の光を受けて輝く、月の女神と同一視されるにいたる。, ギュスターヴ・モローの絵で有名のものとしては、サロメやトロイのヘレネなどがあります。伝説や神話などの世界のできごとが、幻想的で強烈な魅力をもって見るものに迫ってきます。

当時、実際に上演された際には最後の生首に口づけするのシーンがかなりのスキャンダルになったということだが無理もない。 インタビュー形式のアンケートよりご応募いただけます。詳しくは下記応募ページをご覧ください! モローは、1826年、建築家の父と音楽家の母の間に生まれ、8歳のころからデッサンを書き始めたそうです。

サロメは絵画において男を惑わせる魔性の女として描かれていました。特に1870年代はフローベルの小説やマラルメの詩が契機となり空前のサロメブームを迎えていたと言われています。 それでもモローのサロメは神々しい。
- Venice, 1576], Tiziano Vecellio, called Titian and workshop. ギリシャ神話における「最も美しい人間の女」とされ、その美しさによって人類で初めての戦争(トロイア戦争)を引き起こした人物とされる。, 「トロイヤの城壁の下のヘレネ」は一輪の花を手に持ち、いかにも楚々として立っている。

破壊的でありながら抗い難い魔力のような魅力を持った妖艶な美女を思わせるサロメだ。 構図が、ほぼ真ん中に空中に浮かんだヨハネの首。そしてそれを指さすサロメというショッキングなもののために、技術的な面に目がいかないかもしれません。でも例えばサロメの衣装。半裸にきらびやかなアクセサリーを付けているのですが、その宝飾の描かれ方の細かさ、美しさ。サロメのベール、背景のアーチ、画面左の柱に使われている青…というよりはラピス色の美しさ。色彩の配置の巧みさ。背景まで細かく書き込まれた緻密な模様。絵画作品としての魅力は語りつくせないものがあるといえるでしょう。, 画面中央に血の滴る生首があるというショッキングな構図に目を奪われずに、絵画作品としてじっくりとその超絶技法を味わって欲しい作品でもあります。, 私は、ギュスターヴ・モローの「オルフェウス」が大好きです。初めて大塚国際美術館でこの作品を見た時、切ない顔の女性と、どことなく暗く、でも幻想的な雰囲気がとても印象的な作品だと感じました。, ギュスターヴ・モローは、パリで生まれてパリで活躍し、パリで亡くなった最初から最後までパリに縁のある芸術家として有名です。象徴主義の代表的な作家で、聖書や神話を元にした神秘的な作品を数多く描きました。途中でイタリアのローマへ留学し、そこで数多くの芸術家と出会います。晩年はアトリエで黙々と作品を描いていたと言われており、パリにあるギュスターヴ・モロー美術館で彼の作品を数多く見る事ができます。オイディプスとスフィンクス等の作品が有名です。, 「オルフェウス」は、古代ローマのトラキアと言われる場所で伝説的な詩人と言われたオルフェウスの首と、その首を切なそうに、思い深そうに抱えているトラキアの巫女が描かれています。 高く掲げ持っているのは洗礼者ヨハネに対する畏怖の念の表れだろうか。 聖書ではここは実にあっさりと描かれています。 ギュスターヴ・モローは精巧なタッチと艶かしい肌が特徴的な画家だが、その美麗な絵はどこか「不吉さ」を我々に感じさせるものが多い。, 彼の代表作は一連のサロメ連作であるが、その中の一つ「ヘロデ王の前で踊るサロメ」は白百合を掲げたサロメが虚空に手を伸ばし、今まさに踊らんとする構図を描いた絵である。, この絵に限らず、モローの絵には「白百合を掲げた人物の絵」が見られる。 Si me hubieses mirado me habrías amado. そしておそらくオスカー・ワイルドも影響を受け、 あの預言者ヨカナーンの首に口づけするサロメが生まれたのではないだろうか。, オスカー・ワイルドによるサロメの発表よりあとに描かれたこの絵画は、まるでオスカー・ワイルドの戯曲の中のサロメをそのまま具現化したようだ。妖艶な雰囲気を漂わせて胸をあらわにし腰をくねらせ、誘惑しているようだ。サロメの顔は洗礼者ヨハネの首に向けられ、その紅で赤く彩られた口は開かれ、笑みを浮かべている。これから口づけする喜びに打ち震えているのであろうか。洗礼者ヨハネの首は威徳で光り輝いているが、サロメに全く畏れは見られない。これは純粋に愛ゆえなのか、拒否されたことからくる執着か、狂気か。 生臭い血の匂いが漂ってきそうな中を純白の百合を掲げ進むサロメの美貌は、もはやのっぺらぼうとなっている。 そしてある時サロメは、舞いを舞った褒美に「ヨハネの首を切り落としてくれ」と王である叔父にねだるのです。 2018/06/13 - Pinterest で ふうが 虚狐 さんのボード「サロメ」を見てみましょう。。「サロメ, 洗礼者ヨハネ, 絵画」のアイデアをもっと見てみましょう。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1485/90年~1576年)はイタリア・ルネサンスを代表する画家のひとりです。その作品は後の画家にとっては模範であり続け、また王室や美術館のコレクションでは特に大切にされてきました。 彼女は神として恐れることなく神に対峙する。 ある宴席でヘロデ王は客の前でダンスを披露するようサロメに命ずるが、気乗りしないサロメ。だが褒美になんでもサロメの欲しいものを与えると約束され 、サロメは7つのヴェールの踊りを披露する。ヘロデ王の望み通り素晴らしい踊りを披露したサロメは約束の褒美として預言者ヨカナーンの首を所望する。預言者ヨカナーンの力を恐れるヘロデ王はなんとかしてを処刑を避けようとする。黄金や宝石、高価な香料などその他の物で気をそらそうとするヘロデ王であるがサロメは決して譲らない。ついに約束通り預言者ヨカナーンの首を切り落とし銀の皿に乗せてサロメに引き渡す。サロメは預言者ヨカナーンの首に向けて愛を語り、そして愛おしそうに口づけをする。その恐ろしい姿を見たヘロデ王はサロメをも殺してしまう。
1-2).