: Influenza vaccines in immunosuppressed adults with cancer. 予防接種Q&A |公益財団法人東京都医師会 2013; 10: CD008983. インフルエンザの予防接種の後に起こる副反応についてわかりやすく解説。腫れや痛みなどの局部症状から発熱や倦怠感などの全身症状、子供に現れやすい副反応まで、詳しく紹介します。副反応をおこしにくくする予防対策もピックアップ!, インフルエンザ予防接種に副作用があると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?, 予防接種などの注射の後に現れる体調の変化は、予防接種の副作用ではなく「副反応」と呼ばれる体の自然な反応です。副反応は、予防接種の目的である「抗体を得る」以外の皮ふや全身に起こる反応なのです。, 現在日本で使われているインフルエンザワクチンは、ウイルスから病原性を取りのぞいた「不活化ワクチン」と呼ばれるもので、安全性が非常に高く安心して接種をうけることができます。, インフルエンザ予防接種の後に起こりやすい副反応は、注射をした部位やその周辺の赤み(紅斑)・腫れ・かたくなる・痛み・熱感などがあります。注射をした部位に現れる症状を「局部症状」、全身に現れる症状を「全身症状」と呼び区別しています。, 軽度な副反応は2〜3日でおさまることがほとんどで、基本的には通院などの特別な対処は必要なく自然に治るのを待ちます。, 副反応のほとんどは、予防接種をした後の24時間以内に発生します。特に接種後の30分程度は重篤な副反応を見逃さないように、体調の変化に十分に注意してください。, インフルエンザ予防接種を行った人の10〜20%程度に、接種した部位やその周辺の腫れ、かゆみ、痛みなどの軽度な症状が現れます。, 腫れ以外にも、むずむずとしたかゆみ、うずくような痛み、注射跡が硬くなる、熱を持つ、赤くなるなどの局所反応が起こることがあります。, 腫れやかゆみ、痛みが気になるときは、濡れタオルや氷・保冷剤をくるんだタオルで冷やしてください。引っ掻く、もむ、直接氷を当てるなど、刺激を与えることはやめましょう。, 予防接種の後に下痢や吐き気、嘔吐などの消化器系の症状が現れることがあります。嘔吐や下痢による脱水症状に注意し、水分補給をして安静にしましょう。, 予防接種の後に頭痛やめまいなどの症状が現れることがあります。2〜3日程度で治りますが、長引く場合は医療機関を受診してください。頭痛がひどい場合は一時的に解熱鎮痛剤を使用することも可能です。, なお、子供、鎮痛剤の効果が感じられない方、3日程度で治らない方は医師・薬剤師に相談してください。, 予防接種の後に全身の寒気、倦怠感、動悸、リンパ節の腫れなどの全身症状を訴える方もいます。接種した側の脇の下のリンパ節が腫れることも多くみられます。, 予防接種が原因と考えられる指先のしびれには、2~3日で治る一過性の軽い副反応のケースと、重症化して健康に影響をおよぼす重篤な副反応のケースがあります。, 指先のしびれがでるおそれがある重篤な副反応は、ギラン・バレー症候群と急性散在性脳脊髄炎です。, 予防接種後に指先のしびれが現れたとしても、原因を自分で判断することは危険です。しびれを感じたら医療機関を受診しましょう。, インフルエンザワクチンを製造している北里第一三共ワクチン株式会社の研究報告によれば、予防接種を受けた人の1.6%に発熱が現れています。また、13歳未満では5%以上の子供に発熱が現れており、子供は大人と比べて発熱しやすい傾向にあるといえます。, 予防接種による発熱の症状は通常2〜3日には治るので、基本的には自然に治るのを待ちましょう。ただし、38.5℃以上の高熱が出ていたり発熱が長引いたりする場合は別の原因が考えられるので、医療機関を受診しましょう。, 副反応の発熱は抗体を得るために起こる体の生理的な反応なので、周りの人にうつる心配はありません。, ただし、ワクチンとは無関係な風邪などによる発熱の場合は、周りの人にうつることがあります。発熱と一緒に咳や鼻水などの症状が現れている場合は風邪のおそれがあるため、マスクをつけるなど周りの人にうつさない対策をとりましょう。, 重篤な副反応はめったに起こることはありませんが、全く起こらないとは言い切れません。, 厚生労働省が発表している平成26年度シーズンの副反応の報告では、重篤な副反応が99件、そのうち死亡に至ったケースが11件でした。特に予防接種の後の30分程度は、アナフィラキシーなどの重篤な症状が起こった場合にすぐに対処できるように院内で安静にするなど注意しましょう。, インフルエンザ予防接種の後に以下のような初期症状が現れたら、すぐに医療機関を受診しましょう。特にけいれんや呼吸困難、意識混濁などが見られた場合は救急車を呼んで迅速に対応してください。, インフルエンザ予防接種の副反応は、9歳未満の子供と70歳以上の高齢者からの報告が多くなっています。特に重篤な副反応や死亡例はほとんどが子供と高齢者です。, ただし、予防接種後の死亡例とワクチン接種の因果関係は認められていません。死亡例の多くが基礎疾患の悪化や他の原因によるものとされています。, いずれにしても、基本的に基礎免疫力が下がっていると考えられる高齢者や免疫力が低い子供は予防接種後の体調の変化には十分に注意しましょう。, 北里第一三共ワクチン株式会社の報告では、予防接種を受けた13歳未満の子供のうち20~40%の子供に何らかの副反応が確認されています。, 子供は年齢によって起こりやすい副反応が異なりますが、どの年齢でも注射した部位の赤みや腫れが現れやすい報告があります。子供は自分では症状をうまく伝えられず、副反応に気付くのが遅れてしまう場合があるので、予防接種後の子供の様子には気を配りましょう。, 特に接種後30分以内は一人きりにしないようにし、院内の待合室などで安静に過ごしてください。, 注射した部位やその周辺での赤み(紅斑)、腫れ、かゆみ、痛み、熱を感じる(熱感)、かたくなる(硬結)が現れやすい症状です。, 最も現れやすいのは紅斑と腫れで、副反応が現れた子供のうち20~30%に現れたと報告されています。かゆみや痛み、熱感、硬結の発生頻度は約10%以下ですが、副反応としては比較的現れやすい症状です。, 予防接種後、数日中に現れ、2~3日ほどで症状がなくなります。局部症状が長引いたり、悪化したりする場合は医療機関を受診しましょう。, 発熱や頭痛、下痢、じんましん、発疹、鼻水といった風邪のような症状が比較的現れやすくなっています。, 全身症状の発生頻度は最も現れやすい発熱でも3%未満です。局部症状に比べるとそこまで高い頻度ではありませんが、予防接種後に風邪のような症状が現れたら、副反応の可能性も疑ってください。, 全身症状も局部症状と同様に、2~3日ほどで症状がなくなります。症状が長引いたり悪化したりする場合は別の原因も考えられるので、医師に診断してもらいましょう。, じんましんについては関連記事をごらんください。関連記事ではインフルエンザ予防接種でじんましんが出ることについても触れています。, インフルエンザの副反応は体の反応なので、予防することは困難です。しかし、予防接種後の過ごし方を知っておくことで、副反応を悪化させないようにしたり迅速な対処が可能です。, インフルエンザ予防接種の副反応は、ほとんどが接種後24時間以内に起こります。ワクチン接種後は次のことを心がけましょう。, ・接種した部位は清潔にしこすらない https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html B. スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。, \今ならキャンペーン中/ 2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務 【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!, 公開日:2019-10-23 | 更新日:2020-09-10, 2回目接種のタイミングで子どもが発熱してしまい、予防接種に行けませんでした。もういちど最初から受けなおすべきですか?, 体温が37.4度以下で元気がある場合、多少の鼻水・せきが出ていても接種するケースが多いようです。, おたふく風邪やMRワクチン、水痘ワクチンなど、他のワクチンと同時に接種することはできますか?, https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html, https://www.mcfh.or.jp/netsoudan/article.php, https://www.tokyo.med.or.jp/citizen/inoculation. ・接種後30分は院内の待合室などで安静にする 2017年 「なごみクリニック」の院長として勤務 PLoS One, 2011; 6(12): e29249, Beck CR, McKenzie BC, Hashim AB, et al. ・接種した当日は激しい運動を控える 2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修 インフルエンザワクチンの副作用、副反応は、アレルギー反応が主な症状として報告されております。 尚、1971年以前の全粒子ワクチン時代に問題となった発熱、神経系の副作用は、現在、大幅に減少しております。 【公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医】1歳の子どものインフルエンザの予防接種のスケジュールの立て方(受ける時期・回数・間隔)や必要性やリスク(副反応/副作用)についてお医者さんが解説します。費用目安も。 2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務

「予防接種をしたあと副反応を起こしたらどうしよう」と心配しているママもいるのではないでしょうか。接種後いつから副反応が出やすいのかや発熱、腫れ、下痢などどんな副反応が出やすいのか調べてみました。また、重篤な副反応にはどんなものがあるか、出てしまった場合の対処法などもご紹介します。, 予防接種後にワクチンや、ワクチンに含まれる成分の一部によって、たまに引き起こされる反応を副反応といいます。またワクチンの成分によりアレルギーなどを引き起こすことも。, 予防接種の副反応とはどのようなものがあるのでしょうか。副反応は、数日で消える場合がほとんどですが、腫れが広範囲ではないかや熱を持っていないかなど注意しながら観察するとよいでしょう。またかゆみがある場合は患部を冷やしてあげるのも効果的なようです。, 予防接種後に接種した部分が固くなることがあります。それをしこりと言い、数日から数カ月残ることもあるようです。赤く腫れた後しこりになることもあるようです。, 接種後すぐや次の日などに発熱のみの症状がある場合は、副反応の可能性があります。そのほかの見分け方としては鼻水や咳などの風邪の症状がみられないことや、短期間で熱が下がることなどがあるようです。, 子どもによってはワクチンの成分にアレルギー反応を起こしてしまうこともあるようです。蕁麻疹などの症状が出ますが数日で治まることが多いようです。しかしまれに、意識障害や呼吸困難などの症状を引き起こしてしまうこともあるので、息が苦しい、ぐったりするなどの症状が出始めたら早めに受診しましょう。さまざまな副反応を紹介しましたが、副反応はほとんどが数日で収まるようです。, 副反応が出やすいのは一般的に生ワクチンは1~2週間後、不活性ワクチンの場合には接種当日から3日後といわれているようです。ワクチンに対する強いアレルギー反応の場合、接種後30分以内に起こるようなので、予防接種後30分ほどは病院に留まるか戻れるようにしておくとよいでしょう。, 副反応かな?と思う症状が一度出たら繰り返すのか、本当に副反応なのかなどの見分け方を調べてみました。, 「一度副反応が出ると出やすくなってしまうのでは?」と心配になるママもいるのではないでしょうか。専門家によると、, では、予防接種後に発熱などの症状がみられた場合、予防接種による副反応か、全く違う理由によるものかを見分けるにはどうすればいいのでしょうか。, とのことなので、次に受ける予防接種に不安がある場合は、接種前にかかりつけ医に、接種するべきかどうか、副反応についての不安を相談してみるとよいでしょう。, 重篤な副反応がでてしまったときどのような方法で報告をすればよいのでしょうか。厚生労働省のホームページにある「予防接種後副反応報告制度」を確認してみると、「予防接種法第12条第1項の規定に基づき、医師等が予防接種を受けた者が一定の症状を呈していることを知った場合に、厚生労働省に報告しなければならない制度」とあります。予防接種後に生じる種々の身体的反応や副反応と思われる症状が出て場合、それについて情報を収集し、ワクチンの安全性について管理・検討を行い、以て広く国民に情報を提供すること及び今後の予防接種行政の推進に資することを目的としています。, 実際の報告方法は医師等が副反応と診断をした場合、厚生労働省に報告する流れになっているようなので、気になる症状が出た場合は医療機関を受診するのがよいかもしれません。, 予防接種は病気から身体を守る大切なものです。しかし、稀に軽いものから重篤なものまでいろいろな副反応を引き起こしてしまうこともあります。予防接種後、副反応が現れやすいのはいつまでかを前もって確認しておくと、万一の際に慌てずに済みます。さらに、発熱や下痢、腫れといったような「副反応かな?」と思われる症状が出たら、重篤な場合は医療機関の受診を、軽症なら後日接種した医師に報告しておきましょう。副反応が出た時のことを考えて普段、子どもの体調管理をいっしょにみてもらっている、かかりつけ医で予防接種をするのが望ましいでしょう。, 小児科専門医、地域総合小児医療認定医。小児の感染症、アレルギー、免疫・膠原病を中心に東京、横浜の病院で研修・診療の経験を積み、2015年に東京の十条にておひさまクリニック(小児科、耳鼻咽喉科)を開院。子どもたちが健やかに成長していくためのサポートをしたいと思っております。また、3児の父でもあるので、子どもに関することでしたら、お気軽にご相談ください。, 「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。, 1カ月健診は、赤ちゃんが生まれて退院後初めての健診となるので、どのようなことをするのか不安に思うママもいるでしょう。1カ月健診の目的と内容、チェックするポイントについて解説します。また、健診時の服装や異常が見られたときの対応法についてもご紹介します。, 赤ちゃんが生後3カ月を迎えると接種ができる四種混合(DPT-IPV)ワクチンとは、具体的にどのような病気を予防できるのでしょうか。四種混合ワクチンで予防できる病気について、ワクチンの値段、接種のタイミング、同時接種や副作用(副反応)について説明します。また、四種混合の追加接種ワクチン、DT2期についても解説します。, 子どもを感染症から守るために、予防接種は大切です。しかし全てのワクチンを把握し、赤ちゃんの体調を考慮しながらスケジュールを立てるのは忙しいママには大変なことです。0歳、1歳の年齢別、接種の時期順に一覧でご紹介。同時接種や副反応についても小児科医千葉智子先生監修のもと解説します。, 日本脳炎は定期接種の予防接種です。日本脳炎の感染経路や潜伏期間、症状をご紹介します。日本脳炎ワクチンは1期と2期で間隔があいてしまうため、受け忘れがないようにスケジュールを把握することが重要です。予防接種のタイミングや発熱などの対処法、副反応についても解説します。, 水痘(水疱瘡)は例年、流行時期になると保育園や幼稚園で集団感染がおこるほど感染力の強い病気です。水疱瘡の予防接種、水痘ワクチンは、数年前まで任意接種でしたが、2014年に定期接種となりました。水疱瘡の感染経路や潜伏期間、症状。また水痘ワクチンの値段や接種の間隔、同時接種や副作用について解説します。, 【小児科医監修】保育園、幼稚園で毎年流行るノロウイルス。2018年の動向や予防ワクチン, 保育園や幼稚園でも流行るノロウイルス感染症。毎年、感染のお知らせが出る園もあるのではないでしょうか。ノロウイルスの流行時期はいつからいつまでか、感染経路や原因、登園基準についてクローバーこどもクリニック院長、眞々田容子先生の監修のもと、ご紹介します。また、ワクチンで予防ができるのかも解説します。, 平成28年より定期接種となったB型肝炎の予防接種。接種回数やほかのワクチンとの同時接種、予防接種後の副反応や過ごし方について解説します。またB型肝炎という病名は知っていても、実際の症状や原因を詳しく知らないママのために上高田ちば整形外科・小児科、副院長の千葉智子先生にB型肝炎の詳細を聞きました。, 生後2カ月から定期予防接種が受けられる肺炎球菌感染症とヒブ(Hib)感染症は2歳以下から集団保育を予定する子どもには、感染に注意が必要な病気です。上高田ちば整形外科・小児科副院長の千葉智子先生の監修のもと、ワクチンの同時接種や追加接種のタイミング、副反応について解説します。, 【小児科医監修】予防接種のはしか(麻しん)・風しん(MRワクチン)で防げる病気と副反応について, 子どもに予防接種をするときに「接種した後にどんな副反応が出るか心配」「この予防接種、本当に必要?」と考えるママもいるのではないでしょうか。そこで医師の監修のもとはしか(麻しん)、風しん予防となるMRワクチンとは何か、MRワクチンで予防できる病気、予防接種は自費かどうか。追加接種の必要性、接種回数とタイミング、接種方法、接種を忘れたときの対応法、どんな副反応が出やすいかについて解説します。, 【小児科医監修】予防接種後の赤ちゃんの過ごし方。お風呂や発熱、副反応など気をつけること, 0~1歳の赤ちゃんは、予防接種を受ける機会が多いですよね。お風呂に入れる・入れないを含めて接種後の望ましい過ごし方のポイントを、小児科医に教えてもらいました。さらに、発熱、赤い腫れなど接種後に現れる副作用(副反応)のうち、どのような症状が出た時に注意が必要かも併せて紹介します。, 【小児科医監修】必要性はどのくらい?予防接種のロタワクチンの接種にかかる値段、接種回数など, 生後2カ月から始まる予防接種。その中にロタウイルスワクチンがあります。ママの中には「ロタウイルスワクチンっていったいなんだろう?」というママもいるかもしれません。そこで、ロタウイルスってどんな病気なのか、予防接種する場合の回数や、必要性、出やすい副反応について専門家に聞いてみました。, 予防接種の中には公費で接種できるものと、自費で接種する任意接種があります。おたふく風邪は自費で接種する任意接種になりますが、ママの中には「受けるか迷っている…」という人も多いのではないでしょうか。そこでおたふくの予防接種の料金、接種する時期と間隔、出やすい副作用(予防接種では副反応と呼ぶ)について専門家に聞いてみました。, 【がん保険のシミュレーション】しっかり治療と向き合うために知っておきたい「がん保険」のこと, 公園ピクニックやお外ランチにも! 子どもとのおでかけにぴったりなPascoの「超熟」サンドイッチアレンジ, 子育て中のママ・パパに向けて、「育児や仕事」「子どもの遊びや教育」「健康」などをテーマにおすすめ記事を毎日更新。子育てをさらに楽しくするアイディアを提案します!, ワクチンそのものであれば,他の予防接種では何ともない可能性はありますが,添加物による反応であれば,同じ添加物を含む予防接種では熱が出る可能性があります。, ある添加物が体に合わない場合,その添加物が含まれている他の予防接種でも同じような反応が出ることがあります。, あとはその副反応による影響と,予防接種を受けなかったことによる将来の病気に対する不安をどのように考えるかと言うことになります。, ワクチンに対して強い副反応が出る場合は30分以内が多いようで、待合室で待機のところもありま, 予防接種の手引きの冊子に副反応についても載っているので、予防接種前にどのような副反応が出る, うちの子は午後に予防接種をしてその日の22時ごろから発熱するパターンが多かったです。基本的, 病院では予防接種の後「30分間は様子をみてください」と必ず言われます。だいたいうちは予防接, 予防接種を打ってから、30分くらいは様子を見るために病院で待機するようにしています。その日, 【小児科医監修】予防接種の副反応が出やすいのはいつまで?発熱など気をつけたい3つの症状, 子どもや幼児に多い病気のひとつ、急性中耳炎はプールの水が耳に入ることが原因と聞いたことはありませんか。急性中耳炎の真の原因や中耳炎が悪化する理由、症状や子どもの様子などを解説します。また中耳炎にかかったときは、いつからプールやお風呂には入れるのか、注意点や対策についてもご紹介します。, 夏は子どもと海水浴などのレジャーやおでかけが楽しみなママも多いでしょう。そこで気になるのが日焼けによるダメージです。今回は海、プールなどの水着のときの日焼け対策や日焼け対策グッズ、自転車や外遊びなど日常生活で使える日焼け対策法と、日焼け後のケアや対処法について専門家の意見をまじえながら紹介します。, 子どもに多い夏の肌トラブルのうち、あせもや虫さされなどと並んで、ママたちが耳にする機会が多いのが水いぼです。今回は、水いぼの症状、感染源や感染経路について解説。さらに、水いぼの治し方、自然治癒の期間、かゆいときの対応、免疫との関係性、ヨクイニンや処方薬などについても、専門医に確認しました。.