クマバチ(熊蜂、学名:Xylocopa)は、ミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称。一般に大型のハナバチであり、これまで、約500種が記載されている。方言によっては、連濁に伴う入り渡り鼻音を挟んでクマンバチとも呼ばれる。, 北海道から九州にかけて広く分布するクマバチ(別名キムネクマバチ[2]、Xylocopa appendiculata circumvolans (Smith, 1873)) を指すことが多い。, 体長は2cmを超え、ずんぐりした体形で、胸部には細く細かい毛が多い。全身が黒く、翅(昆虫の羽のこと)も黒い中、胸部の毛は黄色いのでよく目立つ[2]。体の大きさの割には小さめな翅を持つ。翅はかすかに黒い。, メスは顔全体が黒く、複眼は切れ長。額は広く、顎も大きいため、全体に頭が大きい印象。それに対し、オスは複眼が丸く大き目で、やや狭い額に黄白色の毛が密生し[2]、全体に小顔な印象。, 本州のクマバチ(キムネクマバチ)は、おおむね山桜類カスミザクラなどが咲き終わる晩春頃に出現し、街中でもフジやニセアカシアの花などに活発に訪花するのがよく見られる。成虫の活動期間は晩春から中秋頃まで。寿命は1年程度と推定され、その年生まれの新成虫は越冬して[2]翌年に繁殖活動に参加すると推定されている。, 食性は、他のハナバチ同様、花蜜・花粉食。初夏から秋にかけてさまざまな花を訪れるが、頑丈な頸と太い口吻を生かして花の根元に穴を開けて蜜だけを得る盗蜜もよく行う。この頑丈な頸は、後述の穿孔営巣性によって発達したものと考えられ、このハチの形態的特徴のひとつである。, フジの仲間の花はクマバチに特に好まれるが、とても固い構造で蜜を守っており、クマバチの力でこじ開けないと花が正面から開かない。また、クマバチが花に止まって蜜を飲もうとすると、初めて固い花弁が開いて隠れていた花柱と葯が裸出し、クマバチの胸部や腹部に接する。このことから、フジはクマバチを花粉媒介のパートナーとして特に選んでいると考えられる。こうした、クマバチに特に花粉媒介を委ねている花はクマバチ媒花と呼ばれ、トケイソウ科のパッションフルーツなどの熱帯果樹や、マメ科のフジやユクノキなどに見られる[3][要ページ番号]。, 春先の山道や林道では、オスが交尾のために縄張り内の比較的低空をホバリングし、近づくメスを待つ様子が多数見られる。また、オスはメスに限らず飛翔中の他の昆虫や鳥類など接近してくる対象のすべてを追跡し、メスであるか否かを確認する習性がある。, 初夏、メスが太い枯れ枝や木造家屋の垂木などに細長い巣穴を掘り[2](穿孔営巣性)、中に蜜と花粉を集める。蜜と花粉の団子[2]を幼虫1匹分ずつ丸めて産卵して間仕切りをするため、1つの巣穴に1列に複数の個室が並ぶ。その夏のうちに羽化する子供はまだ性的に未成熟な亜成虫と呼ばれ、しばらく巣に残って親から花粉などを貰う。また、その際には亜成虫が巣の入口に陣取ることにより、天敵の侵入が若干だが防がれる。こうした成虫の姿での母子の同居は通常の単独性のハナバチには見られない行動であり、亜社会性と呼ばれる。これはまた、ミツバチやマルハナバチなどにみられる高度な社会性(真社会性)につながる社会性への中間段階を示すものとも考えられる。巣の周囲で他の個体への激しい排斥行動は行わないため、同じ枯れ木に複数が集まって営巣することもある。, 体が大きく羽音の印象が強烈であるため、獰猛な種類として扱われることが多いが、性質はきわめて温厚である[2]。ひたすら花を求めて飛び回り、人間にはほとんど関心を示さない。オスは比較的行動的であるが、針が無いため、刺すことはない。毒針を持つのはメスのみであり、メスは巣があることを知らずに巣に近づいたり、個体を脅かしたりすると刺すことがあるが、たとえ刺されても重症に至ることは少ない(アナフィラキシーショックは別)。, 大型の体とそれに見合わない小さな翅から、かつてはマルハナバチとともに「航空力学的に、飛べるはずのない形なのに飛べている」とされ、長年その飛行方法は大きな謎であった。「彼らは、飛べると信じているから飛べるのだ」という説が大真面目に論じられていたほどである。現在はレイノルズ数(空気の粘度)を計算に入れることで飛行法は証明されているが、ここからクマバチは「不可能を可能にする」象徴とされ、しばしば会社やスポーツチームのシンボルマークとして使われる。, リムスキー=コルサコフの楽曲『ru:Полет шмеля』(ロシア語)、『en:The flight of bumble bee』(英語)は邦題『熊蜂の飛行』として知られるが、ロシア語の"Шмели"も英語の"bumble bee" もクマバチではなくマルハナバチのことである。, 「クマ」は哺乳類の熊になぞらえ、大きいもの、強いものを修飾する語として用いられる。このため、日本各地の方言において「クマンバチ」という地域が多数あるが、クマンバチという語の指す対象は必ずしもクマバチだけではない場合(クマバチ[6]・スズメバチ[6][7]・マルハナバチ・ウシアブほか)があり、多様な含みを持つ語である。クマバチとクマンバチでは別のハチを指す場合もある[7]。「ン」は熊と蜂の橋渡しをする音便化用法であり、方言としても一般的な形である。, 本種は大型ゆえにしばしば危険なハチだと解されることがあり、スズメバチとの混同がさらなる誤解を招いている。スズメバチのことを「クマンバチ(熊蜂)」と呼ぶことがあり[6][7]、これが誤解の原因のひとつと考えられる。花粉を集めるクマバチが全身を軟らかい毛で覆われているのに対し、虫を狩るスズメバチ類はほとんど無毛か粗い毛が生えるのみであり、体色も大型スズメバチの黄色と黒の縞とはまったく異なるため、外見上で取り違えることはまずない。, ハチ類の特徴的な「ブーン」という羽音は、我々にとって「刺すハチ」を想像する危険音として記憶しやすく、特にスズメバチの羽音とクマバチの羽音は良く似た低音であるため、同様に危険なハチとして扱われやすい。, かつて、児童文学作品の『みつばちマーヤの冒険』において、蜜蜂の国を攻撃するクマンバチの絵がクマバチになっていたものがあったり、『昆虫物語 みなしごハッチ』のエピソード(第32話)で略奪を尽くす集団・熊王らがクマバチであった。少なくとも日本において、ミツバチのような社会性の巣を集団で襲撃するのは肉食性のスズメバチ(特にオオスズメバチ)であり、花粉や蜜のみ食べるクマバチにはそのような習性はない。このように、本種が凶暴で攻撃的な種であるとの誤解が多分に広まってしまっており、修正はなかなか困難な様子である。, National Center for Biotechnology Information, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=クマバチ&oldid=80000018. ‚é’l そこらへんにあるどんぐりを拾って、加熱して食べても平気なのですか?もし危険なら、どこか食用としてどんぐりを、生産・販売しているところは知りませんか?>安全性について確信は得られるのでしょうか?野山にあるものの安全性を疑う どんぐり自体の毒性は問題なくとも、落ちているものには思わぬ毒が付いていることもあります。 まずはどんぐりであれ、何であれ、「拾い食い」自体をしないようにトレーニングすることが大切です。犬の健康を守ることができるのは飼い主さんだけです。 ^Ží”í‚ðŠÜ‚Ü‚È‚¢j, œ•â‘«FƒIƒjƒOƒ‹ƒ~‚ƃjƒzƒ“ƒŠƒX‚Ì’™Hs“®‚ɂ‚¢‚Ä, u”íH–hŒä•¨Ž¿ƒ^ƒ“ƒjƒ“‚É•x‚Þƒhƒ“ƒOƒŠ‚ðƒAƒJƒlƒYƒ~‚ª—˜—p‚Å‚«‚é‚킯vX—Ñ‘‡Œ¤‹†Š•½¬. 毒と薬は紙一重であり、日本人はこれらを上手に利用してきたのですが、御家庭に小さなお子さんがいたり、犬を飼っていたりした場合、そんな悠長なことは言ってられません。知らずに毒のある木を植え、誤って実や枝葉を口にされることのないよう、食べると危険な「毒のある木」を・・・ 秋の散歩で気を付けたいのが犬の「誤食」です。その中でも「どんぐり」を食べてしまったというワンちゃんが多くいます。どんぐりは犬が食べても大丈夫なのでしょうか?, 日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。, 秋には木の実や落ち葉が落ちており、犬の興味を刺激するものがたくさんあります。中でもよく聞くのが「どんぐり」を食べてしまったという飼い主さんの心配の声。木の実や植物によっては、毒性があり、犬が中毒になってしまう物もありますので、心配ですよね。, どんぐりの主な成分はでんぷんとタンパク質です。脂質、タンニン、サポニンといった物質が続いて含まれています。この中でも特徴的なのが「タンニン」と呼ばれる成分ですが、このタンニンが含まれていることで、どんぐりに苦味や渋みが出ます。, タンニンは抗酸化物質でもあるため、少量であれば殺菌、解毒といったように犬にとっても有用に働くことがあるそう。しかし、タンニンを多量に摂取することは、中毒症状として下痢、便秘、膵臓や腎臓への負担や、消化管の障害が発生する場合があります。, また、どんぐりとっても種類はいくつかあります。クリ、ブナ、スダジイ、マテバシイの木になるどんぐりはタンニンが少ないといわれています。一方、コナラ、ミズナラのどんぐりにはタンニンの量が多いのだそうです。, そんな中毒症状の発生が懸念されるどんぐりですが、実際には大量のどんぐりを食べない限りは、中毒症状がおこることはないといわれています。また、犬は苦味を嫌うため、どんぐりを食べる場合はタンニンが抜けた熟したどんぐりを選んでいるともいわれています。, しかし、熟しているもの、熟していないものを判断せずに、食べられそうなものを拾い食いしてしまう犬もいると思います。また、堅いどんぐりの皮が消化されずに体内を通るため、消化管に傷をつけるといった恐れもあります。落ちているどんぐりにはカビが生えていたり、除草剤などが付着している可能性もあります。, 万が一どんぐりを誤食してしまった場合、相当量でない限り、中毒症状の心配はなさそうです。しかし、どんぐり以外でも誤食は命の危険も伴うため、対処を理解しておく必要があります。, 目の前で誤食や誤飲が発生した場合、間に合えばすぐに口を開けて取り出してください。もし間に合わなかった場合、飲み込んだものが「中毒を起こすようなものでなく」、「詰まる恐れのないもの」であれば、便として排出されるのを待ちます。, しかし「何を飲み込んだのかわからない」「中毒性のあるもの」「詰まる可能性があるもの」のいづれかであれば、病院へ連れていきましょう。食べてすぐであれば病院で取り出してもらえる可能性があります。, また、一見は普通の葉っぱや木の実、花びらだったとしても、毒性を持ち合わせていることがあります。その場合、強い中毒症状が発生し、最悪の場合は死に至ることもあります。誤飲、誤食をした際は、飼い主が判断せずに必ず動物病院へ相談するようにしましょう。, 大量のどんぐりを食べてしまうと、中毒症状が表れることが分かりました。また、少量だったとしても、消化不良を起こしたり、や消化管を傷つけたりする恐れがあります。どんぐり自体の毒性は問題なくとも、落ちているものには思わぬ毒が付いていることもあります。, まずはどんぐりであれ、何であれ、「拾い食い」自体をしないようにトレーニングすることが大切です。犬の健康を守ることができるのは飼い主さんだけです。また、万が一の時は、飼い主さんが自己判断をせずに、獣医さんへ相談することが大切です。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。.