どんぐり倶楽部とは? 「どんぐり倶楽部」は、独自の教材を使ってすべての教科に役立つ万能の思考力「 絶対学力 」を伸ばすためのユニークな学習方法を提唱している糸山泰造氏によって主宰されています。 「どうして勉強しなきゃいけないの?」「数学が何の役に立つんですか?」「英語なんて使わないのにどうして覚えなきゃいけないんですか?」等と言われて困った経験はありませんか。 それは「自分を信じる力」があるかどうかにかかっています。自分を信じることを自信と言います。では、自分に自信があるとはどういうことでしょう。自信があるとは、色んな価値観の中でも自分の価値観を見失わずに生きていけるということです。誰に何と言われても自分の判断を信じて生きていけるということです。自分が作り出した価値観・判断基準を持てる力のことを「生きる力」と呼ぶのです。そして、この力をつけるには、どうしても「考える力」が必要になります。, だから人は勉強するんです。色んな考え方が出来るように勉強するんです。

 間違ってはいけない。頭はへんてこりんな計算をするためにあるのではありません。頭は自分の判断基準を作るためにあるのです。そして、これがあると人生は一気に楽しくなります。だから「生きる力」=「人生を楽しむことが出来る力」となるのです。
ニューリーフ・アカデミーでは2008年4月より、どんぐり倶楽部公式準拠教室としてどんぐり倶楽部の教材を使い、一人一人の学力に合わせて「ゆっくり・じっくり・丁寧に」学習を指導していく教室を開講することとなりました。ぜひ、お子様を頭を固くしてしまう危険な学習から守り、人生を楽しむことができる本当の力である「絶対学力」を身につけさせてみませんか?, ・考えることを楽しめる力 ・イメージで思考できる力(視考力), 本当の学力とは、「単に計算が速い」とか「知識量が多い」ということとはまったく関係ありません。計算がいくら速くても、知識量が多くても、柔軟な思考回路を持たなくては、9歳の壁、12歳の壁にぶつかり、勉強についていけなくなってしまいます。, 以下<生きる力と勉強する理由>「絶対学力(糸山泰造著)」より引用 どんぐり初心者ママのお悩み:どんぐり倶楽部の教材が多すぎて何から手を付けていいかわかりません! で、 とりあえず、『 良質の算数文章問題 』=通称 どんぐり問題 だけで 大丈夫 だよ! ・あきらめずに自分なりの答えを導き出せる力 それは自分しかいません。今も昔も自分を守るのは自分しかいないんです。いつまでも親がいるわけではありません。いつも隣に親友がいてくれるわけではありません。いつでもどこでも一緒にいるのは自分だけなんです。では、どうしたら自分で自分を守れるのでしょう。何が力になるのでしょう。

せっかく効果的な子育てとお勉強のヒントがいっぱい詰まった、どんぐり倶楽部に出会っても「うちには合わない。」「失敗だった!」と挫折してしまう方も多いのも事実。どんぐりに出会ったばかりのビギナーさんにまず見て欲しい書籍やページをご紹介します。



教育界では「生きる力」という言葉が流行しています。しかし「生きる力」と言われても、どうもピンとこない。そこで「生き抜く力」と言ってみると少しは分かりやすいでしょう。

・人間らしい判断力 〜どんぐり倶楽部のオリジナル教材〜 購入は右の< 注文はコチラ>から *テキストは 冊子(印刷して郵送します) 各自でファイルをdl(ダウンロード)して印刷して利用 があります。 *ファイルのほうが経済的です。 *プリンターがなくてもコンビニなどでプリント可能。

B ・いくつもの柔軟な思考パターン つまり、世界のどこにいても生き抜くことができる力のことを「生きる力」と言うんです。日本は今まで海と言葉に守られて来ました。ですが、これからは海も言葉も守ってはくれません。仕事と同じように、時代が進むとともに距離の壁も言葉の壁もなくなる(ボーダーレスになる)からです。そんな時に一体何が自分を守ってくれるのでしょう。

どんぐり倶楽部の<理論・教材>の説明、正しい使い方、目的、実践例などの情報を 糸山先生自身がセミリアルタイムでお届けする、<donguri-pilot>を始めます。 œ‘SŽè–{Š¿Žš—ûK’ i¬‚UƒTƒ“ƒvƒ‹j¦¬‚P‚Í“Á•Ê”Łi‘å‚«‚¢•¶Žšj‚à—pˆÓ‚µ‚Ü‚µ‚½B, ¡ŽOŠpŒvŽZ‚Ƃ͉½‚©FŽ‹ŽZ‚Æ‚¢‚¤ŒvŽZ•û–@‚ɂ‚¢‚Ä.

<内容サンプル:小3>「どんぐり倶楽部」の良質の算数文章問題<3mx00-99> <使用上の注意> 1.まとめてやらない! 2.ゆっくり、ジックリ、丁寧に解く! 3.必ず絵(図)を書いて、目で考える! 4.暗算はしないで、筆算を記録しておく! どんぐり倶楽部の講義講演全集(期間限定) 2008年~2016年までに行われた腫瘍な講演会をすべて網羅した特別視聴案内です。 一度購入されると、いつでもどこでも視聴可能です。 <どんぐり理論> 理論解説180分 <講義録> これが「教育とは人生を楽しむことが出来る力を育てること」と言える理由です。, 「どんぐり倶楽部」は、独自の教材を使ってすべての教科に役立つ万能の思考力「絶対学力」を伸ばすためのユニークな学習方法を提唱している糸山泰造氏によって主宰されています。糸山氏の主な著書に『絶対学力』『子育てと教育の大原則』『新・絶対学力』『糸山メソッド

どんぐり倶楽部の教材を採用している教室は『 協力教室 』として全国の教室案内ページ内でリンク オンラインの方は、良質の算数文章問題を元に作られた、学習の手引きも気になりますね。



勉強をする理由は「勉強は人間(成人)になるための頭の体操だから」です。そして「教育とは人生を楽しむことが出来る力を育てること」です。他の理由は全てオマケです。  本来、9歳くらいまでに養われるべき「深い思考力」は、ゆっくり・じっくり・丁寧に「目で考える学習」をしていかないと育ちません。ところが、早期教育の影響などで、幼い頃から詰め込み暗記や大量計算問題などを行ってしまうと、「柔軟な思考パターン」が作られることなく成長してしまうため、応用問題にはまったく歯が立たない「考えられない子供」になってしまう可能性があるのです。, そんな危険な学習から子供を守り、すべての教科に役立つ万能の思考力【絶対学力】を伸ばすために、独自の教材を使ってユニークな学習方法を提唱している糸山泰造氏によって「どんぐり倶楽部」は主宰されています。(糸山氏の主な著書に『絶対学力』『子育てと教育の大原則』『新・絶対学力』などがあります。)

※「どんぐり倶楽部」の教材を使われる場合には是非一読下さい。 自著を語る(中日新聞) 「思考の臨界期:e-BOOK:索引&注文ページへ」:今すぐに読むことが出来ます(Wordファイルです)上記3冊の底 … 絵で解く算数』などがあります。, kenjisensei11216@gmail.com(スパム対策で「@」を大文字にしております。小文字に直してご送信下さい). クローズアップ現代でニューリーフ・アカデミーが「考える力を育てる塾」として取り上げられました(H21年6月18日放送), 現在の学習の主流となっている百マス計算や公文式に代表されるような大量高速反復計算や暗記は、実は、「子供の考える力」をつぶしてしまう大変危険な学習なのです!