尾張地方を代表する都市が名古屋市であることから名古屋弁と呼ばれることも多い。 名古屋弁でなく尾張弁と呼ぶ場合は、 名古屋市中心部の狭義の名古屋弁と区別する。。(特に一宮市、稲沢市など尾張北部 首都圏方言・房州弁・茨城弁・栃木弁・会津弁・福島弁・浜通り方言・仙台弁・盛岡弁の比較表 総州・常陸 下野 奥州 首都圏方言 房総弁 茨城弁 栃木弁 会津弁 福島弁 浜通り方言 仙台弁 盛岡弁; 内房 外房 南部 仙台都市圏 北部 アクセント 中輪東京式 中輪東京式の変種 無アクセント: 特殊式 � 江戸言葉(えどことば)または江戸弁(えどべん)は、東京都中心部(かつての江戸)で使われていた日本語の方言。江戸なまりや江戸語などとも呼ばれるほか、下町言葉(したまちことば)と呼ばれることもある。山の手言葉等と共に東京方言を構成する。, 話芸や文芸でも使用され、時代劇や江戸落語などでよく聴かれるのは江戸っ子の「べらんめえ調(べらんめえ口調)[1]」である。, 山の手言葉が武家言葉に京言葉などが混ざって形成された言葉であるのに対し、江戸言葉は町人社会で発達した言葉である。江戸時代の江戸町人が使用した言葉の特徴を引き継いでいることから「江戸言葉」と呼ぶ。江戸言葉の内部においても、職種によって細かな言い回しの違いがあり、例えば職人社会では「べらんめえ調」を盛んに用いたのに対し、商売人は「べらんめえ調」は使用されにくい傾向にあった。, この江戸言葉も、学校教育やラジオ・テレビなどの影響で廃れつつある状況は各地の方言と同様であり、現在その特徴をはっきり残すのは、昭和中期までに生まれたごく一部の話者のみである。, 江戸では参勤交代や他地方からの人口流入が多かったため、江戸言葉の成立には日本各地の方言が影響を与えたとされ、周辺の西関東方言とは異なる発展を遂げた。江戸時代の前期・中期においては江戸町人の話し言葉のまとまった記録や史料は少なく、不明な点が多い。江戸時代後期になると町人の話し言葉を巧みに描写する文芸作品(滑稽本・洒落本など)が盛んに作られるようになり、とりわけ式亭三馬の『浮世風呂』は江戸言葉研究の定番史料となっている。, 江戸っ子は東京の街や文化に強い誇りと愛着を抱いており、関東大震災や東京大空襲などの災害や戦災に伴って多数の郊外移住者を出しながらも、江戸言葉の特徴は比較的最近までよく保たれていた。ところが、若年人口が都心を離れて郊外へ移住すると、高齢化が進み、さらに東京の若者の間では主に首都圏方言が話されるようになり、江戸言葉の後継者は減少している。ただし、現在でも旧江戸地域で生まれ育った人にはその特徴が引き継がれていることもあり、首都圏方言に影響を与えている面もある。, 中輪東京式アクセント。山口幸洋は関東西部から中部地方東部にかけての中輪東京式の分布を、徳川武士団の西三河から江戸への移住によるものとしている[2]。, 俗に“「白鬚橋」(シラヒゲバシ)を「ヒラシゲバシ」と言う”などと言われ、そのほかにも, などの「は行抜け現象」が聞かれる。「ヒラシゲバシ」の例では、本来の [s] が [ç] に発音される現象と、逆に本来の [h] が [ɕ] に発音される現象とが同時に起こっており[3]、これによるなら、音素上の区別はすでになくなっているものの、音声としては未だ不安定であるということになる[4]。実際、少なくとも江戸言葉の話者でない者には、一つの語が話者によって、時によって、異なって聞こえるのがこの現象の特徴でもあり、「白鬚橋」は「シラシゲバシ」のように聞こえることもある。これらの現象は規則的な音韻法則であり、特定の語にのみ起こるものではない。, 類似の現象は東関東(茨城弁など)から東北にかけての一部の方言や琉球語などにも見られるが、それらの方言では一般に (1) “「チ」と「キ」との混同[5]”や“「ジ」と「ギ」との混同[6]”が同時に見られ、また (2) その音声は一意的に [ɕ] [ʨ] [ʥ] などの子音に確定されるのに対し、江戸言葉では (1) 「チ」と「キ」や「ジ」と「ギ」を混同することはない点、(2) 上記のとおり音声の揺らぎが見られる点において、違いが顕著である。また「シ→ヒ」は京都や大阪などの近畿方言でも見られる(例: シツコイ→ヒツコイ)が、これは「シ」に限らずサ行全般で起こるハ行音化(例: ソレナラ→ホンナラ→ホナ、サン(敬称)→ハン など)の一環であり、後続する /i, y/ による口蓋化の有無とは関係がなく、また特定の語のみで起こるものであり、江戸言葉の「シ→ヒ」とはカテゴリの異なる事象である。, アイ・アエ・オイがエー、ウイがイーと変化する。これは下町特有の現象ではなく、関東地方で広く見られる音変化で、若年層にも比較的引き継がれている。, http://www.muse.dti.ne.jp/~squat/tokyoben.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=江戸言葉&oldid=75717228. 博多弁は、最近テレビで特集されたり、博多華丸大吉さんが使うので、みなさん一度は耳にしたことがある方言でしょう!そこでもっとみなさんが福岡県の博多弁に興味津々になっちゃうような、面白い博多弁の方言のセリフをご紹介します!, 方言の意味 「今、何してるの?」 基本、語尾には「と」が付きます。疑問形にも、肯定文にも使います。親しい人との電話の時に、多くの博多っ子は「もしもし」のかわりに、「何しようと?」を使います。, 方言の意味 「今、博多華丸大吉のDVD見てたんだよね〜♪」 博多華丸大吉は、福岡の大スターです。「と」と同じくらい、語尾に使うのが「ちゃんね〜」や「ちゃん」。疑問文には使いません。「うまっかちゃん」という名前の、有名袋ラーメンもあるくらいです。ちなみに、方言の意味 「とっても美味しい」。, 方言の意味 「博多華丸大吉のライブチケット取ってあるの!? 何回「と」を使うのかとよくつっこまれますが…方言です。本当に、よく使います。「とっとうと!?」は、疑問文にも使いますし、肯定文にも使います。「とっとうと!?」の返事は、「とっとうと!」です。このやりとりをしていると他県の方に爆笑されます。「取ってるの!?」「取ってるよ!」という、意味です。改めて考えると、質問も答えも同じ言葉って面白いですよね。, 方言の意味 「こんなに面白い人が居るの!?」 まず、「こげん」は、「こんなに」という意味でよく使います。「こげんことしきらん!」とか。(笑)方言の意味 「こんなことできないよ!」です。「と」もよく使いますが、「か」もよく使います。 先ほどの、「うまかっちゃん」の「うまか」の「か」も、一緒です。多くは、形容詞に使います。「可愛い」「美味しい」「面白い」など。文章の途中で使うのではなく、単体で使う場合は、語尾を伸ばして使います。 例えば、「今度の合コン、可愛いか女の子ば連れてきんしゃいね」のときの「可愛か」は語尾を伸ばしません。ちなみに、方言の意味 「今度の合コン、可愛い女の子連れてきてね」です。街で可愛い子を見て、「可愛か〜」と言う時は、語尾を伸ばします。 最後に、「しゃーと!?」ですが、語尾に「と」をつけると疑問形になって、「しゃー」だけだと、肯定文になります。敬語までは、いかないけど軽い丁寧語みたいなニュアンスで使います。話している相手に対しての丁寧語ではなく、例えば、「しとんしゃー」の意味は「している」。その行動をしている人に対しての丁寧語になります。「有名な先生が手術しとんしゃーけん大丈夫とよ」=「有名な先生が手術してくれたから大丈夫だよ」, 方言の意味 「昨日さぁ、すごく美味しいラーメン食べたんだよね!」です。 まず、「くさ」は「さぁ」「だよ」という意味で使います。「そうくさ」もよく使います。方言の意味 「そうだよ」です。「くさ」を使うと、他県の方は、「草?」という顔をします(笑) 次に、「ちかっぱ」ですが、「とっても」とか、「すごく」という意味で使います。「ちかっぱ可愛いか〜」=「とっても可愛い」です。「ちかっぱ」と同じような意味で使われているのが、「バリ」です。「バリ可愛いか〜」=「とっても可愛い」最後に、「○○っちゃん」「○○っちゃんね」ですが、またまた登場、「うまかっちゃん」。方言の意味 「美味しいんだよね」。「○○だよね」に当たります。「明日、合コンするっちゃん」=「明日合コンするんだよね」, 方言の意味 「今日は私がご飯作ってあげるから!」です。 「ちゃーけん」は、ちょっと上から「○○してあげるから」という意味です。「掃除しちゃーけん」=「掃除してあげるから」ポイントは、ちょっと上からというところです。(笑), 方言の意味 「今、お腹空いてないから、いらないよ。」です。 まず、「なか」は「ない」。対義語は、「よか」=「よい」「よかごとある」は直訳すると「よいようにある」。「よいようにある」から「いらないよ」という意味になります。例えば、「モデルさんごとある」=「モデルさんのようだね」, 方言の意味 「そんなことしたらいけないでしょう!」です。 まず、「そげん」は「そんな」とか「そんなに」という意味で使います。「そげん食べてから」=「そんなに食べて」そして、「いかんめえもん」は、ドラえもんの新キャラではありません。(笑)「いかん」は「いけない」「よくない」という意味で、「めえもん」は「いかん」とセットで使います。, 方言の意味 「あなたの言うことは全然わかりません!」です。 「いっちょん」は「全然」「全く」という意味です。 例えば、「いっちょん聞こえん」=「全く聞こえん」だんだん語尾の「と」には慣れてきましたか(笑), 方言の意味 「もうあなたとは今日でバイバイですね!!」です。 これを聞いた人は、何回「ばい」いうのと、突っ込みたくなるでしょう。語尾に、「ばい」を使うこともある福岡人は、普通の別れ際の「バイバイ」には「バイバイ」を使います。 しかし、例えばカップルが別れ話をして、もう会うことはないでしょう、「これで本当にバイバイだよ」という時に、「これで本当にバイバイばい」と使います。ワザとでも、大げさでもないです。嘘みたいな本当の話です。, いかがでしたか?博多弁のとりこになっちゃいますよね。女の子が使うととっても可愛くて、男の子が使うと男らしくかっこいいです。ぜひ福岡に行って、生の博多弁を聞いてみてください。もっと、博多弁のとりこになること間違いなしです!!, 地元民が伝える 観光・グルメ・文化… 「知って得する!話して楽しい!」を全国から!, みなさんは旅行に行ったとき、その地域の方言を聞いてドキッとしたことはありませんか?「女の子が方言を使っているのを見るとドキドキする」という声はたくさん聞きますが、意外と注目を浴びないのが男性の方言。そこで今回は男らしい長崎弁の方言告白のセリフをお届けします。, 関西弁と何が違うの?と思われることが多い奈良弁。しかし、奈良にも大和言葉という地の方言があるのです。関西弁の中でも何だかちょっと違う盆地の言葉。今回は、奈良県人の女子が告白するときにはどのような感じになるのか、ご紹介しましょう。, 最近はネット上でも甲州弁に関する書き込みを多く目にする様になりました。「ダサい」「怖い」「喧嘩してるのかと思った」などなど、あまり良いコメントは見られないのですが・・・。今回はそんな荒っぽい印象の山梨の甲州弁だからこそ感じられる、男らしい方言告白のセリフをまとめてみました。, 山形県出身の知り合いがいたり、山形県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!山形は、村山弁・新庄弁・置賜弁・庄内弁の4つ。何となく判読できるものから判読不能な面白い方言が多い山形弁。本記事では「面白い山形弁★絶対判読不可能な方言のセリフ10選」をご紹介いたします!, 北海道弁で有名なものは「なまら」「ごみ投げ」「しばれる」「~だべさ」と何だかはんかくさい方言ばかり。でも北海道弁にはとってもかわいいものもあるんです。ちっちゃい子やめんこい女子に言ってもらうと破壊力抜群!そんな超かわいい北海道弁のキュンとくる方言の言葉をご紹介します。, 大阪府へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!女の子の方言で評判が高いのが大阪弁。標準語や関東弁にはない独特のやわらかさ、温かみにキュンとくるそうです。本記事では「かわいい大阪弁一覧★関東人にモテる方言の言葉15選」をご紹介いたします!, 「日本一汚い方言」として名高い山梨の方言、甲州弁。「おら、田中ちゃんの愛人っつーこんずら」・・・「月曜から夜ふかし」で取り上げられて話題となった甲州弁のフレーズです。今回は甲州弁でのちょっと笑っちゃうかわいいキュンとくる方言告白を紹介していきます。, おだやかでのんびりした印象の静岡ッ子。そんな静岡ッ子が胸に秘めた想いを告げるとき・・・一体どんな方言で伝えるのでしょ〜か?今回は男子がキュンとくる、超かわいいキュンとくる静岡弁の方言告白をこっそり、お教えしちゃいます。, 茨城県へ旅行や引っ越し、仕事でいらっしゃる方へ!茨城弁で怒ってるときにはどんなフレーズが出てくるのでしょうか。このセリフが出てきたら、無用な反発や煽りは禁物ですよ!本記事では「茨城県人が方言で怒ってる!超危険な茨城弁15選」をご紹介いたします!, 山形弁は、どういう意味なのか想像しても全く思いもよらないような意味だったりするところがとても面白い方言です!標準語にはない、ちょっとした言い回しが趣が有ります。今回は、癒される面白い山形弁をご紹介します!. 日本語の方言の比較表(にほんごのほうげんひかくひょう)は、様々な地域の日本語の方言の特徴を比較した表である。, ※1 三重県桑名市の揖斐川以東と木曽岬町には内輪東京式アクセントが、東紀州区域には京阪式の変種や内輪東京式アクセントが分布する(これらの地域は伊勢弁とはみなされず、前者は尾張弁、後者は紀州弁に含まれる)。, ※3 頭高型以外のアクセント型(低起)において、ピッチの上がり目が3拍以降に出るもの。例:4拍語であれば、「低低高高」または「低低低高」。, ※5 「だろう」は粗野な言葉とされており、敬語を使っていない文脈でも「だろう」の使用を敬遠し、「でしょう」と言うことが多い。, ※6 近年ではいずれも使用頻度が低く、標準語・共通語由来の「から」がむしろ通常多く使用される。, ※9 使い分けがある。「かしゃん」が答えを期待しない独り言であるのに対し、他は相手の答えを期待している。, ※10 静岡県西部地方の西側は連用形+(り)んで、静岡県西部地方の東側は連用形+ごうを使う。, ※3 古い方言。「〜なんだ」系の使用は年配層に限定されてきており、中若年層は近畿で「〜へ/ひんかった」、その他では「〜んかった」を使う。, ※1 だらの語源は「足らず」が転訛したものと言われている。北陸から山陰にかけて広く頒布した表現。, ※ 原則として京阪式アクセントであるが、四国島の西端部に無アクセントや内輪東京式アクセントが見られる。, 甲:甲種アクセント(京阪式アクセント)またはその亜種 乙:乙種アクセント(東京式アクセント) 無:無アクセント 二:二型式アクセント, 江戸時代には藩、天領、寺社領、旗本知行地といった、統治者の領分を越えた人の往来が制限されたため、各地に特徴のある方言が形成された。その後、廃藩置県を経てもそれぞれの方言のもつ従来よりの特徴は残った。, 存在動詞「いる」と「おる」を例にとれば、その境は太平洋側ではほぼ浜名湖の東西、内陸側では長野県南部で県内を東西に横断する線の北側と南側、同県北部では岐阜県との県境を成す飛騨山脈の東西など、必ずしも言境と県境・国境が一致する地域ばかりではない。, 例えば、同じ愛知県でも三河弁と尾張弁は若干異なっており、更に三河弁の中においても西三河は尾張弁に近く、東三河は遠州弁に近い。新潟県糸魚川市や静岡県遠江地方でも県境付近では「おる」が使用される。三重県桑名市長島町は、三重県(伊勢国)でありながら尾張系(尾張国)の語彙が話され、静岡県湖西市は、静岡県(遠江国)でありながら三河系の言葉が話されているといった事例が挙げられる。, 又、離島は本土よりも更に人の往来が制限されていた為、現在経済的に依存している本土自治体の方言とかなり違う事が多い。さらに旧国とされた島々は、中小の島々よりも更に独立性を持っていた為、特にこの傾向が強い。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本語の方言の比較表&oldid=79795901, 〜(が)やちゃ、〜がいちゃ、〜(が)やよ/やわ、〜(が)だちゃ/だわ(富山市周辺), 〜かろ、〜にか、〜ねか、〜ねけ、〜やろ、〜にけ(砺波地方)、〜だにか(富山市周辺), 連用形+られ、連用形+られよ、連用形+られま、連用形+ま、連用形+っしゃい、連用形+っしゃいよ、連用形+っしゃいま(砺波地方), 〜にか、〜ねか、〜やにか、〜やねか、〜やねけ、〜やないけ(砺波地方)、〜だにか(富山市周辺), すてる、ほっぽる、ほっちゃる、おっちゃる(「ほっちゃる」と「おっちゃる」は放っておく意味のほうが強い), 連用形+やい。または、五段サ変カ変の連用形の長音化したもの/上一段、下二段の連用形+りー. 粢(しとぎ)とは。意味や解説、類語。水に浸した生米をつき砕いて、種々の形に固めた食物。神饌 (しんせん) に用いるが、古代の米食法の一種といわれ、後世は、もち米を蒸して少しつき、卵形に丸めたものもいう。しとぎもち。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。 尾張弁(おわりべん)は、愛知県西部(尾張国)で話される日本語の方言。. 概要. 江戸言葉(えどことば)または江戸弁(えどべん)は、東京都中心部(かつての江戸)で使われていた日本語の方言。 江戸なまりや江戸語などとも呼ばれるほか、下町言葉(したまちことば)と呼ばれることもある。 山の手言葉等と共に東京方言を構成する。 博多弁は、最近テレビで特集されたり、博多華丸大吉さんが使うので、みなさん一度は耳にしたことがある方言でしょう!そこでもっとみなさんが福岡県の博多弁に興味津々になっちゃうような、面白い博多弁の方言のセリフをご紹介します!